いろいろメモ

リンクはご自由にどうぞ。
ブログ→ http://arpus.blog121.fc2.com/
ウェブ→ http://arpus.web.fc2.com/ (雑誌発売日情報など置いてます)

更新:2017年8月1日
※ 情報は個人で雑誌やウェブから収集したものが主体なので
  最終的な確認は閲覧者個人で行われるようにお願いいたします。

■ 雑誌発売日変更


■ 放送変更など(関東地区参考)


■ 2017年春アニメ新番組(関東地区)
☆ 縁結びの妖狐ちゃん          7月 1日(土) 21:00~ TOKYO MX
★ 賭ケグルイ               7月 1日(土) 22:00~ TOKYO MX
☆ ひなろじ~from Luck&Logic~ 7月 1日(土) 22:30~ TOKYO MX
☆ Fate/Apocrypha          7月 1日(土) 24:00~ TOKYO MX
☆ 活撃 刀剣乱舞             7月 1日(土) 24:30~ TOKYO MX
☆ 戦姫絶唱シンフォギアAXZ      7月 1日(土) 25:00~ TOKYO MX
☆ ナイツ&マジック          7月 2日(日) 22:30~ TOKYO MX
☆ 潔癖男子!青山くん        7月 2日(日) 24:00~ TOKYO MX
☆ バトルガール ハイスクール     7月 2日(日) 24:30~ TOKYO MX
☆ スカートの中はケダモノでした   7月 2日(日) 25:00~ TOKYO MX
☆ 妖怪アパートの幽雅な日常  7月 3日(月) 23:00~ TOKYO MX
☆ 恋と嘘              7月 3日(月) 24:00~ TOKYO MX
★ 異世界食堂           7月 3日(月) 25:35~ テレビ東京
☆ 無責任ギャラクシー☆タイラー 7月 4日(火) 21:55~ AT-X
★ アホガール            7月 4日(火) 23:00~ TOKYO MX
☆ 徒然チルドレン          7月 4日(火) 23:15~ TOKYO MX
★ ナナマル サンバツ        7月 4日(火) 25:59~ 日本テレビ
☆ 最遊記RELOAD BLAST   7月 5日(水) 22:30~ AT-X
☆ 捏造トラップ-NTR-       7月 5日(水) 27:40~ TOKYO MX
〇 最遊記RELOAD BLAST   7月 6日(木) 24:00~ TOKYO MX
☆ DIVE!!              7月 6日(木) 24:55~ フジテレビ
〇 無責任ギャラクシー☆タイラー 7月 6日(木) 25:30~ テレ玉
☆ コンビニカレシ            7月 6日(木) 25:58~ TBS
☆ アクションヒロイン チアフルーツ  7月 6日(木) 26:28~ TBS
☆ メイドインアビス         7月 7日(金) 21:30~ AT-X
☆ 18if                7月 7日(金) 22:00~ TOKYO MX
☆ 地獄少女 宵伽          7月 7日(金) 24:00~ TOKYO MX
☆ RWBY VOLUME 1-3 The Beginning 7月 7日(金) 25:05~ TOKYO MX
〇 メイドインアビス          7月 7日(金) 25:40~ TOKYO MX
☆ 時間の支配者           7月 7日(金) 26:25~ TOKYO MX
☆ 将国のアルタイル         7月 7日(金) 26:25~ TBS
〇 無責任ギャラクシー☆タイラー 7月 7日(金) 26:55~ tvk
〇 ひとりじめマイヒーロー      7月 8日(土) 25:30~ TOKYO MX
★ セントールの悩み         7月 9日(日) 22:00~ TOKYO MX
☆ プリンセス・プリンシパル     7月 9日(日) 23:00~ TOKYO MX
★ ボールルームへようこそ     7月 9日(日) 23:30~ TOKYO MX
〇 天使の3P!           7月10日(月) 24:30~ TOKYO MX
☆ 異世界はスマートフォンとともに。 7月11日(火) 20:30~ AT-X
★ NEW GAME!!        7月11日(火) 24:30~ TOKYO MX
☆ 魔法陣グルグル          7月11日(火) 25:35~ テレビ東京
☆ カイトアンサ            7月12日(水) 20:10~ AT-X
☆ クリオネの灯り          7月12日(水) 20:20~ AT-X
〇 カイトアンサ            7月12日(水) 22:00~ TOKYO MX
☆ イケメン戦国◆時をかけるが恋は始まらない 7月12日(水) 22:10~ TOKYO MX
〇 クリオネの灯り          7月12日(水) 22:30~ TOKYO MX
☆ てーきゅう 9期          7月12日(水) 22:40~ TOKYO MX
★ はじめてのギャル        7月12日(水) 23:00~ AT-X
☆ ようこそ実力至上主義の教室へ 7月12日(水) 23:30~ AT-X
〇 異世界はスマートフォンとともに。 7月12日(水) 25:00~ BS11
〇 ようこそ実力至上主義の教室へ 7月12日(水) 25:05~ TOKYO MX
○ はじめてのギャル         7月12日(水) 25:35~ TOKYO MX
☆ ゲーマーズ!             7月13日(木) 21:00~ AT-X
〇 異世界はスマートフォンとともに。 7月13日(木) 22:00~ TOKYO MX
〇 ゲーマーズ!             7月13日(木) 23:30~ TOKYO MX
☆ バチカン奇跡調査官        7月14日(金) 22:30~ TOKYO MX
☆ THE REFLECTION -ザ・リフレクション- 7月22日(土) 23:00~ NHK総合

★ 終物語 第2期     8月12日(土)、13日(日) 19:00~ TOKYO MX
☆ むさしの!   放送未定

■ 2017年春アニメ新番組(関東地区)は続きを読むに移動。

■ そのほか
ゆる本で気になっているアニメリンクはこちら。

ニコニコ動画マイリスト(比較的新しい動画)
ちょっと古いのはマイリストを分離。MAD系旧作二軍
あまり積極的には使っていませんがYouTubeのチャンネル

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

続きを読む

スポンサーサイト

サクラクエスト #25 「桜の王国」 <終>

五人の勇者の行く道は? 「サクラクエスト」の最終話。

桜咲きほこる中で復活の「間野山みずち祭り」は盛況。
一方でサンダルさんの伝手で姉妹都市をなんとか結ぼうとキーマンを探しに
金沢へ飛んでいった丑松はチュパカブラのマスクを被ったまま探していたために
警察に保護されるが、幸いにもお目当てのナウマン市長と合流できる。
20170920s_01.jpg
劇の時間が迫る中、ガス欠やら何やらでトラブルの丑松。
そんなバタバタしたなかでも由乃の妹と両親が挨拶に来たり、雨宮がちゃんとした
ニュースソースとして取材に来たり、凛々子が心の準備をしたりと進む。
20170920s_11.jpg
なんとか丑松も間に合って劇が開幕。
伝説になぞらえた物語のクライマックスで凛々子の出番となり、美しい歌声を披露。
20170920s_21.jpg
祭りは大成功で由乃達も肩の荷が下りる。
そして花見をした桜の下でこれからのことを話す五人。
凛々子は劇が成功したら間野山の外を見てみたいと千登勢にお願いしてたという。
そして由乃は国王の契約期限が切れると共に間野山を離れることを決意していた。
20170920s_31.jpg
そのことを丑松に報告する由乃、丑松もなにか決心を固めていた。

国王の退任式、由乃は間野山での一年を振り返り自分の知った間野山を語る。
最後には若者で余所者で馬鹿者と言われた自分を受け入れた人々に感謝の言葉。

続けて挨拶をする丑松、間野山の気風を由乃によって再認識させられたことで
チュパカブラ王国の役割は終え解散をすると宣言する。
そして「ありがとう国王」と王冠を回収し、さらなる拍手を集める。
20170920s_41.jpg
一年を過ごした寮の荷物はすでに引き上げられ広い部屋を静かに見つめる由乃。
声をかけられて外へ出ると「5人の勇者たち」と看板が掲げられた桜の苗木が。
これからも桜を植え続けて間野山を桜でいっぱいにするとしおり。
そしていつか五人で見ようと約束を交わす。

元大臣達、観光協会の面々が駅で由乃を見送るがそこに丑松の姿はない。
ゆっくりと加速していく電車を追いかけながら見送る。
駅から離れて少し寂しそうにうつむく由乃だったが、車窓から車で追いかけて
来てくれている商店街や青年会の人達に気付き手を振る。
そして最後に立っていたのは「ありがとう木  春由乃」と書かれた垂れ幕を
持った丑松と信楽の二人。
「ここはお前の町じゃ~、いつでも帰ってこい!」と丑松の声に涙がこぼれる。

「町をちょっとだけ元気にした国王は、自分も沢山元気になって去ってゆきました」
サンダルさんの絵本の〆の一幕。
20170920s_51.jpg
元国王の行き先は東京でも地元でもなく・・・・
揺れる小型機で海を越える由乃、空港で現地の人達に迎えられる。

少し時間が過ぎて、しおりはちょっとだけ忙しくなった観光協会で、真希は引き続き
地元劇団を率いて、早苗は商店街で開いたコンサルタントを始めていた。
凛々子は千登勢と約束していた外の世界を見るべく旅行の準備を進める。
そして新天地で少しだけ日に焼けた由乃の姿が。

ちなみに由乃は引き続きモデル事務所からの派遣のようだけど
町おこしコンサルとかじゃないんですね。w

なんというか大団円感がすごく心地良い終わり方でした。
間野山を離れたのは由乃だけですが実は五人とも選択が違う。
間野山に住みこれからも間野山に住むしおり、
間野山に住み一旦外の世界を見てきたいと凛々子、
一旦は外に出ていたけど戻って来て根付こうとする真希、
外から入ってきてやっぱり根付こうとする早苗、
外から入ってきて次の地へと旅立っていく由乃。

誰の選択もこれからそのままになるかどうかも分からないけど今はそれぞれの
幸せを願わずにはいられない。
町の人達も由乃の元気によって煽られただけかも知れないけど、そのまま黙って
消滅を待つことにも抗う事のなかった人達にちょっとだけ切っ掛けを与えたのは
確かなわけで、これからは中の外の若い人達も動き続けるでしょう。

P.A.WORKSらしい人情ドラマ溢れた作品でとても面白かったです。
スタッフとキャストの皆様、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。













コミカライズ版も面白い。

NEW GAME!! #11 「心になにか抱えてるのか」

ひふみんが感じていた青葉の闇にコウもようやく感付いたw、 「NEW GAME!!」の第11話。

やっぱ、これがまず浮かんだ・・・
20170919n_00.jpg
多分、そこそこもらっていると思います。w

PECOのマスターアップが近付いている中でインターンながら開発のお手伝いを
バリバリと熟していくツバメ。うみこに作業の早さを誉められてねねを牽制するが
コードの冗長な部分を指摘されて慌てて修正。
20170919n_01.jpg
ねねは気分を変えるために食堂へ席を移すとそこでは紅葉がもずくとお戯れ。
コウもやって来た所でねねは紅葉にツバメはどういう人か聞いてみる。
紅葉から聞かされたのはツバメがイーグルジャンプに入社するために親の反対を
蹴ってかなり苦労してきたということ。

逆に紅葉が聞かされた青葉の話、画の上手い友人の傍で落ち込むことも多かったと
聞いて驚く紅葉。
そんな話をしているとうみこが会議があるとねねを呼びに来る。
20170919n_11.jpg
ツバメが手早く処理していた仕事がバグだらけだったと問題に。
採用も諦めかけたツバメにねねが自分がデバッグに協力すると応援する。
うみこの許可も得てツーマンセルでのデバッグが始まる。
20170919n_21.jpg
他のスタッフも会社で寝泊まりする修羅場の中でついにバグはほぼ駆逐。
厳しく言ってはいたものの実はなんとかなると踏んでいたうみこ。
いくらかの問題はあったものの実力は十分だとということでツバメの正式採用が
うみこから伝えられる。そしてねねもさらに三ヶ月の契約延長が決定。

一方、コウはクリスティーナに転職の紹介をお願いしていてその話がまとまりそう。
クリスティーナも反対するがコウの意思は固いらしく、それを偶然に聞いてしまったりん。
20170919n_31.jpg
ラーメン屋でたまたま同席したコウとうみこ。
それぞれの部署の新人の情報を交換。
そしてうみこの誘いでマスターアップ前の社内お披露目に参加することに。
興味はありながらも忙しいと遠慮気味なキャラ班を引っぱって食堂へ出向くコウ。

だれが代表となってゲームをプレイするかという声かけに引っ込み思案な
青葉と紅葉だったがここでもコウが強引にジャンケンに参加させるとこの二人が
プレイヤーになる。
20170919n_41.jpg
ゲームの仕様はあまり分かっていないけど自分のデザインやモデリングが
実際に動いているのを見ると感動が隠せない二人。
それは後ろで見ていたはじめやゆんも同じ。

コウは積極的に紅葉にも声をかけてキャラデザを目指す事を応援する。
もちろん青葉も負けてはいられない。
20170919n_51.jpg
そんなコウを後ろから見ていたりん、プレゼントでもらった時計を握りしめる・・・

若くて張り切っていると仕事を早く沢山こなしてという気持ちは分かりますね。
ましてや本採用になるかも知れないインターンの期間ともなれば・・・
でもこれは完全に面倒役が悪いよなぁ。
クロスチェックは基本だし、ましてやインターンや新人のコードをいくら修羅場中といえ
スルーで組み込みとかないわ。w
人間は絶対に失敗するからね。

でもツバメの事情を聞いてしまっていたとはいえ、ねねっちはええ子やぁ。

そして無事にデバッグを終えて生贄採用決定となったツバメを迎える
プログラマのお姉さん達。こんなお姉さん達が寝袋で死屍累々とか・・・
レッドブルも良いけどショコラB.B.が欠かせないだろうなぁ。

いよいよ出て来たコウの移籍話。
りんはもちろんのこと青葉も辛いだろうけど、ようやく憧れの八神コウに積極的に
声をかけてもらった紅葉も可哀想なだぁ。
と言うわけで次回が最終回のようですが、前半がPECOの発売の話で後半が
コウとのお別れといった感じになるんでしょうか。
ちょっと詰めすぎになる気がしますね・・・












テーマ : NEW GAME!
ジャンル : アニメ・コミック

異世界食堂 #12 「とん汁」「コロッケ」 <終>

最後は縁は縁でも「血縁」のお話。 「異世界食堂」の最終話。

毎月29日は「肉の日」で付け合わせが豚汁にグレードアップ。
モーニングでも豚汁を試したくて気になるアレッタだけど・・・w

かつての四人の英雄、そのうちの二人は若き日の賢者アルトリウスと
ライオネルを制圧したハーフエルフの剣士アレクサンデル。
四人のうちの一人「ヨミ」の犠牲をもって邪神を討ち果たし平和を取り戻す。
20170919i_01.jpg
突然、アレクサンデルがアルトリウスを訪ねてきて異世界食堂へ連れて行って欲しいと願う。
顔をあわすとまずい相手もいるのでと時間を調整するアルトリウス。

店内は豚汁でいつも以上のペースでおかわりが進んで大忙し。
肉の日は毎月だけどこちらの人達ににとってはさらにドヨウも重なる必要があり
まさしくラッキーデーとなっている様子。
店主は昼休憩も追加の野菜の下ごしらえをするほど。
20170919i_11.jpg
いつもよりも少々遅い時間に店を訪れるアルトリウス。
そして軽いノリで挨拶を交わとアレクサンデルはメニューを見ることなくコロッケを注文する。
しかしアレクサンデルも四英雄の一人、店内のクロの気配に気付いて
子犬が怯えるがごとく一気に静かになる。w
20170919i_21.jpg
大人しくしていれば恐れはないということでここでコロッケ登場。
アレクサンデル達の世界でもダンシャクが普及しコロッケが存在はしているが
見た目から明らかに異なる風合い。そして味も段違いに美味しい異世界食堂のコロッケ。
さらに味わいを増すソースという調味料はまだ作ることさえ出来ないという話となり
アルトリウスの口から「ヨミ」の名前が出てくる。
死んでいると思われていたヨミは異世界に飛ばされて店主の祖父と結婚していた。
ヨミが孫である店主のことを話していたとアルトリウスに聞いて「魔王を滅ぼすために
作られた」と言っていた事を思い出す。
「楽しくやっていたんだな」とヨミが生きていたことを祝い乾杯する二人。
20170919i_31.jpg
祖父と曾祖母の墓へと向かうアーデルハイド。
先客として花を手向けていたのはアレクサンデル。
アーデルハイドの祖父であり息子から聞かされていた異世界食堂のコロッケを
食べてきたと報告をする。そして曾祖母の墓前で助け出した後の事を詫びる。
そこにやって来たアーデルハイドが声をかけるが僅かに目を離したスキに
アレクサンデルは姿を消す。

肉の日でいつも以上に忙しかったとアレッタ、豚汁なんてタダで出してお店は大丈夫なのか
心配になって店主に確認する。月に一度のことだし料理も出るから大丈夫だと説明した上で
店主は祖父の言っていた「料理屋のサービスは金じゃなくて料理でやれって」を守っていた。
店主と店主の祖父の心根に感動するアレッタ。
いつものように晩の賄いを準備する店主。
20170919i_41.jpg
そしてまたねこやの扉が新たなお客を待つ。


前回末に続いてクロが出社のときもちゃんと声で挨拶をするのにほっこり。

豚汁ってあく取りとかしないと美味しくならないからけっこう面倒なんだよね。
おかわり自由であれだけ大食漢なお客達に振る舞うとすると本当に昼飯どころじゃ
ないんじゃないかな?
でもお客さん達はこの日ばかりはパンでなくてご飯を選んでいるのか。

ライオネルを奴隷闘士に討ったハーフエルフが再登場、軽口を叩いていたけど
クロへのビビリ方が半端なくてワロタ。
まあ、それだけ六柱が格上という訳なんだろうけど。
でもアーデルハイドの曾祖父にあたるということなんですよね・・・
奥さん達を逃がした後も長い戦いに明け暮れてしまい死に目には会えなかったのを
悔いていたんでしょうか。

開始当初は食べ物のアニメしては食べた時のリアクションとか表現が薄めと
思いましたがキャラによってはそうでも無かったし、そもそもお客一人一人が
異世界食堂と出会うというドラマを楽しむ感じでした。
最後に店主のルーツ的な話もちょっとだけありましたが、各回の主役はあくまでも
料理を食べに来たお客さん。
毎回美味しそうに食事を楽しむ姿を面白く視聴することが出来ました。

自分はもしこういうお店に出会ったらまずはいろいろとチャレンジしてみるかな?
そしてある程度は収束していってだと思うけど、一品の名前が付くほどには
そればかり食べるようにはならないかも。w
もちろん古株の人達もいろいろ食べた上で行きついたのかも知れないけど
なんとなく「いつもの」で通じるお店があるというのも憧れる。

原作小説のメニューはまだまだかなりあるようなのでまた続きをやってくれると良いなぁ。

とりあえずスタッフとキャストの皆様、お疲れさまでした。そしてご馳走さま!!








コミックス版の第二巻発売近し。

Re:CREATORS<レクリエーターズ> #22 「Re:CREATORS」 <終>

大団円、あれ?でも誰か忘れているような・・・ 「Re:CREATOR」の第22話。

颯太によって顕界されたセツナと二人だけの世界へと消えたアルタイル。
世界の救済と共にエリミネーション・チャンバー・フェスは幕を閉じる。
セレジアとアリステリアを失った創造主二人に苦い思いを残しつつも。
20170916r_01.jpg
しかし顕界されたセレジアは犠牲になっても松原の手によって作中で生き続ける。
セレジアが望んだコーヒーと物語を送り込んだ世界で真の大団円を迎えるために。
まりねとメテオラの言葉にいくらか救われた松原。

セツナの登場を含め話題を残しながらの日々が過ぎる。
メテオラによって招集された被造物達、騒がしい中でメテオラは各世界へ帰る日が
近いと知らせる。選択の余地もあるが別れる前に創造主へ言いたいことなどは
済ませておくようにと。
20170916r_11.jpg
まずは優夜達二人、締め切り近い八頭司を連れて海に連れて行くと、自分達の世界で
きっちりケリは付けるため戻ると宣言する。

出来の良いギガスマキナのプラモデルをお土産に帰ると瑠偉、ひかゆも自分の
世界に戻ることで意思は固まっている。
颯太はメテオラと共にセツナの墓前に立つ。
真鍳の後押し無しで顕現出来なかったことを悔いるが、メテオラは颯太の書いた
セツナだったからこそ大団円を迎えることができたと諭す。
20170916r_21.jpg
おそらく世界の修復機能によって最後に開かれることとなるであろう巨大な魔方陣。
コックピットにプラモデルを大量に詰め込んだために操縦性が悪くなったことにキレつつ
顕現直後から世話になった中乃鐘達へ別れを告げて魔方陣へと消える瑠偉とギガスマキナ。
そして清々しい態度で続く優夜と翔。

さらに続くひかゆに大西の涙の登場。
呆れつつも大西には愛しのマサユキ君と出会わせてくれたことには感謝していると伝える。
20170916r_31.jpg
若干、ねじ曲がった雰囲気の別れとなった駿河とブリッツの別れの挨拶。
「これからもうちは命削ってあんたらに酷いことするで、せやから死ぬ気で乗り越えや」
ブリッツに奇妙なエールを送る駿河。そんな二人のやりとりを不思議そうに見るエリナ。

残ったメテオラに別れを惜しむ一同だったが実はメテオラは魔方陣を維持するため
戻ることは出来ない。
もっともメテオラ自身もすでにこちらの世界は気に入っており、何かを創造する者として
残ることを決意しているという。
もちろん魔法はなくなってしまうが創造に必要なのは情熱と修練、そして天運。
世界に残るメテオラのために生活に必要な書類を改めて整備すると菊地原さん。
その菊地原さんも対策室解散と同時に退官するという。
20170916r_41.jpg
松原が菊地原さんと再開したのは意外な場所。
出版社である講学社漫画賞贈呈パーティーの会場の受付。
フェスでの調整役であったことでいろいろとツテが出来ていたらしい。

さらに「緋色のアリステリア」で受賞し壇上で挨拶をする高良田。
「面白いものを死ぬ気で書け」とアリステリアに言われたことを心に留め
報いるために上を目指していると言う。
そういった気持ちに同意しながらも自分達は上ではなく先を目指して
ハッピーエンドに近付くようにと松原。

エリミネーション・チャンバー・フェスの作品のまとめ役を務めた中乃鐘は
プロである自分達の用意した設定はアルタイルに通じず、セツナという
イレギュラーによって事態が解決したことを口惜しく思っていた。
しかし大西にモノ作りを止めるかと聞かれれば、その答えはNO。

それぞれの作品はますます広がりを見せる。
投稿用の作品にひと区切りを付けた颯太に独立したメテオラからメールが。
メテオラもまた小説という創作活動を始めて応募作を書き上げた所だという。
しかしタイトルが決まらないと相談をしてきた。
20170916r_51.jpg
アニメ2期の番宣でテレビから語りかけるセレジア。
再びタブレットのペンを取る颯太、そして多くのクリエーター達。

そして颯太がメテオラに返信したタイトル案は・・・
「Re:CREATORS」
20170916r_61.jpg
そして颯太の新しい投稿イラストのタイトル「親愛なる我が兄弟たち」


アルタイルについては完全に前回で完結していました。
今考えるとちょっとあっさりとしたもの過ぎたような・・・
しかも中乃鐘が特に感じていたように多くの伏線などもある意味すっ飛ばした形で。

神である創造主次第であるとはいえ自分の手で自分の世界をどうにかすると
決意して戻っていくキャラ達。
実は彼等が戻ったからといってすでに進んでいる物語が変わるわけでもないし
顕現していた時の記憶がそのまま繋がるわけでもない。
いわゆる「戻ると記憶は消える」な訳だけど、逆に彼等の願いや思いは原作者達に
間違いなく伝わっているわけで、自然と作品に戻されて言うと思われる。
残念ながら現実には救われない形で終わるバッドエンド作品もあるし、そもそも
終わることも出来ない作品もあるが、この作品に出て来た作品達はハッピー
エンドとなることを願うばかり。

そして皆を見送った後も残るメテオラ。
魔導書はなくなってしまうけど持ち前の好奇心と賢者としての知識を総動員して
きっと成功出来るのはないでしょか?
でも政府のバックアップがなくなるとあの大食漢は生活に厳しいかも。w

で、真鍳はそのまま姿を見せなかったわけですが。
多分彼女も力は失ったと思われるけど、投資などで成功して隠居生活ですかね。
でも明確な意思を持って人を殺めているしその辺はどうなるんだろう。

広江礼威氏、あおきえい氏のタッグということでかなりの期待作だったこの作品。
なかなか豪華な作りで多少中だるみもあった感じですが、特番を挟んで2期後半の
完結に向けてはなかなか盛り上がりました。
多分、作っている人達も一度は考えたこともあるであろう事象。
面白く作っていたのではないでしょうか。

ともかくスタッフとキャストの皆様、お疲れさまでした!








最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告