俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第13話 「俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない」 (配信版)

TV放送版からの別ルート。「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の配信版、第2話。
電撃のサイトはこちら。

京介の高校に入学してきたピカピカの一年生、黒猫。
ここでようやく「五更 瑠璃(ごこうるり)」という人間としての名前が明らかになる。

桐乃がいなくなってもそれなりにおつきあいの続く京介と黒猫とバジーナ。
人んちでプラモデルを作りながらも自分にも何の相談もなく留学してしまった桐乃へ
些かの寂しさと怒りをグチる。
20110405o_01.jpg
学校で京介をやや避け目の黒猫だが、京介は細々と世話を焼く。
それは黒猫の存在がいまひとつクラスの中でも浮いているようだったから。

京介の家に良く集まるようになり「クラスメイトと遊ぶよりあなたと一緒にいたいわ~」と
黒猫をからかうバジーナ。ww
さらに京介にも「後輩に良い所を見せてエッチなお礼をしてもらっちゃうもんね!」と煽る。
バジーナ、ノリノリだな。ww
それでも心配で何とかしてやりたいと思う気持ちは外れではないと明かす京介。
20110405o_12.jpg
バジーナのアイデアで「ゲーム研究会」を見学することとなった黒猫と京介。
ここの部長はTRUE ROUTEの時に秋葉原で自転車を貸してくれた人だった。

なんだかんだと機材や資料が豊富だと言うことで入部することになる黒猫。

ある日、一人で掃除をする黒猫を見てしまった京介は黙って手伝うが逆に黒猫を
「私はあなたの妹の代用品ではないわ!バカにしないで頂戴!」と刺激してしまう。
それは黒猫なりの配慮ではないかと電話口で説明するバジーナ。
20110405o_23.jpg
ここで引くわけもなくゲーム研の新歓会に一緒に参加する京介。
この時もうひとりの一年生女子部員だという「赤城 瀬菜(あかぎせな)」と出会う。
おたくをあまり快く思っていないような口ぶりで黒猫と火花を散らす。

赤城という名字をなにやら気にしていた京介は後片付けの途中にゲームが好きか
聞いてから「『ホモゲ部』ってやったことある?」とカマをかけてみる。
あれ、神ゲですよね!とヒット!www
京介のクラスメイトで桐乃が旅立つ直前の夜にアキバにホモゲを買いに来ていた
「赤城 浩平」の妹だった。ホモゲを買いに行かせた超本人。
20110405o_35.jpg
あとはグダグダ、開き直ったら直ったでゲーム研の先輩たちまで妄想のネタにしていたと
口外してしまい、最後には発狂。絶対に部長からパンツ見えている。ww

収拾がつかなくなり赤城兄に救済を求める京介。
「瀬菜ちゃん、かわいいよ~、瀬菜ちゃんは悪くないよ~、と落ち着くまで慰め続ける」と
アドバイスされるが京介は「お前も病気なんだな」と返す。
やむなく直接赤城兄が直接なだめる(本当にアドバイスどおり慰めたんだろうか?)と
落ち着きを取り戻した瀬菜。
20110405o_46.jpg
一件落着で一緒に下校する京介と黒猫。
あんな妹(桐乃)でもいなくなると寂しくて、つい構ってしまっていた点を素直に
詫びる京介。しかし黒猫のことが心配なのは本当なのでこれからもお節介を焼くと宣言。
「勝手にしたら、もう諦めたわ・・・」と少し口元を緩める黒猫。
エンディング「†命短し恋せよ乙女†」

次回 「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」
って、可愛いがってんじゃん。

前回の話やキャラが色々と繋がってきました。
アキバで自転車を貸してくれた兄さんが同じ学校とは何という偶然。
そしてホモゲを兄貴に買いに行かせた妹がこんな形で出会えるというのも、世界狭すぎ。w
しかし「腐」だとばれた後のテンパリ様はなあ~。面白いけど情緒不安定だろ。
まぁ早めにカミングアウトしてしまえばどうって事はないさ。

でも赤城兄は本当に妹ラブなんだな。電話で京介に言った感じでなだめたんだろうか?
それで本当に落ち着いたのならきっと家で猫可愛がりで、瀬菜も結構甘えんぼさん?
両親共働きで兄が良く妹の面倒を見ているとこんな感じの兄妹になる場合もあるみたいだけど。

今回、学校のシーンではいつも京介について回っていた地味子さんですが、
次回は例の話となってしまうのでしょうか?ドキワクで次回を待つ。
2011年4月27日 コミック最新刊発売。
スポンサーサイト

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ジャンル : アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録II 第23話 「開戦前」

何とか山は越えた「とある魔術の禁書目録II」の第23話。
でも、来る更なる障害の前の静けさ。

解放された氷華は自分の運命を呪うがむしろ戦っていた相手より人間らしい
優しさを持つ氷華を「友達」と呼ぶ当麻。
20110325t_01.jpg
木原を消し飛ばしたアクセラレータは学園都市統括理事会の子飼いグループからスカウトされる。
そして大人達もいろいろ牽制やお願い事など動く。

秋沙といっしょにお弁当。当麻からのおすそ分けの里芋を喉に詰まらせた秋沙の
背中をさすっていたらホックが外れてしまう。これは不可抗力、同情。
20110325t_15.jpg
入れ替わりに「フロントホック」の制理。
つか弁当喰っている人の机に座るな。お行儀の悪い。w
そこで戦争が近い雰囲気の話となるが物価の上昇から鍋の話へ。
その話が教室中に広がってオデコ前回で気合いを入れた制理仕切りで鍋投票。

そして決まったのは「すき焼き」、束の間かも知れないけど平和ですね。
20110325t_29.jpg
戦争ともなれば規模が大きくなって個人的な救済だけでは対応出来なくなると
忠告する土御門。その警告を受けて「英語を勉強する」と決意する当麻。

グループとして仕事を請け負うことになったアクセラレータ。
地下活動を行うスキルアウトのリーダー「駒場 利徳(こまば りとく)」の暗殺。
そしてその作戦には以前アクセラレータにボコられた結標淡希も参加しており
ターゲットに先に接触する。
20110325t_42.jpg
なぜか美琴ママが絡んでくるようです。
次回 最終回「武装集団(スキルアウト)」

大きな戦いの後の束の間の平和と思いきやもう戦争状態。
それでも一般市民へはまだ実感の湧かない状態らしい。

というか淡希がいつの間にか秋沙の後釜で小萌先生の家に居候しているって・・・
なんかwikipediaで補間しながらでないと人物や所属も把握できない。w

テーマ : とある魔術の禁書目録
ジャンル : アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録II 第22話 「天罰術式」

対峙する相手は固まったところで決着迫る、「とある魔術の禁書目録II」の第22話。

AT-Xは放送されましたが地上波では地震特別報道のため休止となるそうです。
残り期間が少ないため2話一挙放送とか変則的なスケジュールが予想されますので
今後の放送情報を要チェックです。
(AT-Xもリピートになる可能性ありですが本日(3/12)現在はEPG上変更なし)

ラストオーダーをめぐってアクセラレータvs.木原、氷華をめぐって我らが当麻vs.ヴェントの戦い。
アクセラレータは最後の力を振り絞って木原に襲いかかるが、文字通りの電池切れで
動けなくなってしまう。
ヴェントの攻撃を封じながらも決定力のない当麻も苦戦中。
さらに周囲に倒れている人も多く巻き込まないように気にするが、そんな当麻を
援護したのは意識の有無もはっきりしなかった氷華だった。
「日頃から不幸不幸って言ってるけど、これだけあれば充分に幸せじゃねえか、なぁ!
 風斬、今インデックスがお前を助けるために動いてくれてる。
 なんたってお前の友達だからな。期待に応えてくれるだろ!」
20110311t_01.jpg
ゾンビのようにゆっくりと立ち上がり木原に取り憑くアクセラレータ、
髪を掴み引きちぎる。掴めば力は強いらしいが、動きは緩慢。
しかしそれが返って不気味さを増して木原を同様させる。
そこでアクセラレータの目的を潰すためにラストオーダーを救うための唯一の
手段を目の前で破壊する木原。

そこに氷華を救うためのキーを探していたインデックスが現れる。

氷華の協力を得た当麻は「魔力の循環不全」でハンデを追うヴェントを徐々に追い詰める。
「科学が嫌い」と全否定のヴェントが「私の弟は科学によって殺された」と話し出す。
遊園地のアトラクションの不備、病院での輸血血液不足による弟の死、さらに聖書への冒涜。
これらがすべて科学を否定する理由。
科学を潰すのが弟の命を食いつぶした自分の義務だと言う。

それを聞いた当麻は事故も元々は楽しませようと思って作られた遊具が不幸にも
起こしてしまったもの、医者も最初から見捨てるつもりでは無かったはずだとの反論。
弟も自分の置かれた状況を分かった上で姉を助ける決断をしたはず、
その姉にこのようなことをさせるために生かせたのではないと熱弁する。

と、言われた所で今さらはいそうですかと納得は出来ないヴェント。
「風斬が抱えている危機的状況も、ヴェントが捕らわれている科学への憎しみも
 そんな幻想はまとめてぶち壊す!弟にはぜんぜん足りないが、少しだけお前を
 救ってやる!もう一度やり直してこい、この大バカ野郎!!!」
幻想殺しパンチ炸裂。本当に今回は女の顔にパンチする場面が多い。w
20110311t_14.jpg
ラストオーダーに走り寄るインデックス、凄む木原をアクセラレータが押さえ込む。
「基本は天使の構築」 分析をする上で必要な情報を美琴に問い合わせするインデックス。

「私達の祈りは届くから、私達の祈りで救ってみせる、この子も氷華も学園都市も」と
木原がアクセラレータをぶちのめすので夢中になっている脇で祈りを始めるインデックス。
なんかすごく場違いというか対照的というか・・・
20110311t_25.jpg
なんども立ち上がるアクセラレータを殴り倒して手榴弾を見舞う木原は高笑いするが
手榴弾のダメージを受けずに立ち上がり黒い羽根をはやしたアクセラレータに捕まる。
「新たなクリアランス取得!?こいつパーソナルリアリティに何の数値を入力した?
 まさか天使だの何だのあの力の正体は!?気付いているのかバケモノ」
アクセラレータによって空に飛ばされて光の矢となってしまった木原・・・
20110311t_33.jpg
氷華を助けようとする当麻だが手を出すわけにはいかないと躊躇していると
ヴェントを回収しようとする男が現れる。ヴェントと同じ神の右席で「後方のアックア」と名乗る男。
「私は聖人だ、むやみにケンカを売ると寿命を縮めるぞ」と言葉を残して消える。
次回 「10月30日(かいせんまえ)」
戦いは終わったけどまだ氷華が残ってますよ・・・

アクセラレータの最後の力が唐突すぎてよく分かってない。
そのうち解説でも読みますか・・・

ヴェントの理屈ですがすべて科学のせいというのはどうなんだろうな?
事故は事故で科学(と言うより技術)は常に事故0%に近づけようとする手段で
0%になるようでならない。人為的要員が絡めば絡むほど。
病院での話に関しても同じ。むしろそういった事故などの事象を「神のイタズラ」と
神を恨むなら分かるけど。
あるいはやっぱり人間の責任だよね・・・
むしろ弟を失った悲しみや恨みを科学への敵意として救った(洗脳した)宗教が
本当にヴェントを救ったのかと言う疑問さえ湧く。

同時に科学によって縛られた氷華とラストオーダーをインデックスが救おうとしている。
これってインデックスの持つ魔法知識が実は科学と近しい或いは同質のモノで
「魔法」や錬金術は異なる理論を根源に持つ「科学」であり、「科学」が高次元に
到達したものが「魔法」、それに捕らわれ執着していったものが「宗教」なのかな?
と、そんな単純なもんではないだろうけど。

テーマ : とある魔術の禁書目録
ジャンル : アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録II 第21話 「学習装置(テスタメント)」

敵味方入り乱れて混戦模様、「とある魔術の禁書目録II」の第21話。

孤独な戦いの土御門出番は冒頭部分だけ?
手配書も回り隠れながらもラストオーダーを追うアクセラレータ。
突然、血を吐いたヴェントも学園都市に仕掛けられた罠の正体に気付きつつあった。

ラストオーダーの携帯電話を介してアクセラレータに連絡を取る当麻。
互いに以前戦った相手とは知らず、相方を託し合った者同士で落ち合う場所を決める、が。

今度は木原からの挑発めいた連絡を受けるアクセラレータ。
しかし冷静に木原の出方を見たアクセラレータは巨大な背後を感じ取る。
怒りにまかせてビルを吹っ飛ばして統括理事会の入るビルへぶつける。
しかしビクともしないビルに返って敵の大きさを知ることに。
20110304t_01.jpg
アレイスターにとって騒がしい程度の出来事だったらしく、そのまま展開が完了した
虚数学区五行機関。魔術師が魔術を使うことで自爆するという。
その影響力を広げるという氷華の存在。

落ち合う予定だった橋の上で再び出会ってしまう当麻とヴェント。
ラストオーダーを連れ去った相手だと思って絡んだ当麻に軽い一発だが、
すぐに学園都市中心で起こっている出来事に気付いてそちらに向かうヴェント。
「そうまでして私達を貶めたいかー!」 お互い様だと思うけど・・・

「まさか、天使?」 異常な光景にそちらへ向かうことにする当麻。
再びアクセラレータと連絡を取り天使を止めるため協力は出来なくなったと告げる当麻。

そしてネットワークを介して操られるシスターズ。
そして学園都市幹部宅へ押し入りラストオーダーの行方を捜すアクセラレータ。
氷華の元へ集う当麻達が合流、氷華を死なせないためには当麻のみ右手を近づける
訳にはいかないインデックスは必死に止めるが、助けるため止めるため向かうという。
20110304t_16.jpg
そんな男気が気になったのか自分から猟犬部隊の相手を買って出る美琴。
互いに生きて返ることを約束して当麻を送り出す。カッコいいね!

アクセラレータも木原のアジトに突っ込んでラストオーダーを奪取。
そして天使の元に辿り着いた当麻が見たものは変わり果てた氷華の姿だった。
さらに後ろからはヴェントも現れ氷華を守るために正面衝突することになる。
20110304t_26.jpg
次回 「天罰述式」
美琴も加わってさらにさらに混迷を極めます。

怒りなどのネガティブな感情に反応する天罰述式とか、魔法を自爆させる
エネルギー波とか双方とも奇っ怪かつ無慈悲、無差別攻撃過ぎるわ!
個人としては大きな力を持っているといっても小さな個人である当麻や
アクセラレータがそして美琴が自分の大切な人や友人を守るための戦いの渦に
自らの信念で飛び込んでいっても結果は彼等の納得のいくものとなって欲しいものです。

でも氷華の扱いは本当に酷すぎるなぁ・・・冬虫夏草?


テーマ : とある魔術の禁書目録
ジャンル : アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録II 第20話 「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」

とにかくめまぐるしい学園都市でのドタバタ。「とある魔術の禁書目録II」の第20話。

木原数多にボコられながらもどうにかラストオーダーだけは逃がすアクセラレータ。
そこにインデックスが鉢合わせるが、目撃者は消すという木原の言葉を聞いた
アクセラレータは車へ飛び込みインデックスを連れて何とかその場を逃げ出す。
離れる車を狙う木原だがその間に学園都市を襲うベントが割り込む。
躊躇無くロケットの引き金を引く木原。ww
その程度の攻撃などものともしないベントを部下に任せアクセラレータを追う木原。
20110225t_01.jpg
現場に戻ってきた当麻とラストオーダーは再び猟犬部隊に追われることになる。
最新鋭日用品(ポケットティッシュ)をアクセラレータに返したインデックスは
アクセラレータに頼まれたままカエル先生の元へ言付けに走る。

ファミレスに逃げ込んだ当麻達、店員も客もなぜか意識を失っている状態に
驚くヒマもなく猟犬部隊の襲撃を受けてしまう。

カエル先生に連絡を取るアクセラレータ、ラストオーダーの無事は確認したものの
ラストオーダーの救出と木原の抹殺、猟犬部隊の撲滅は行動目標が多すぎて不可能だと
先生に指摘されてしまう。さらにラストオーダーの救出に目的を絞るべきだと言われ
「上等じゃねぇか」とほくそ笑む。
ベントによる混乱が続く中で黄泉川先生にも魔の手が迫る。
20110225t_16.jpg
ファミレスで猟犬部隊に襲われていた当麻達は入れ替わってベントに襲われることに。
右手でベントの攻撃にどうにか対処する当麻。
一方のアクセラレータも「匂い」で追ってくる猟犬部隊を工場で迎え撃つ。

当麻を一方的に責めていたベントはなぜか突然苦しみだして逃げ出してしまう。
アクセラレータは隊員の殆どを始末した所で、口汚い捨て台詞を吐く最後の一人を
アンチスキルの前でミンチにしてしまう。
20110225t_31.jpg
なにものかと対峙する土御門。
さらにアクセラレータには殺人容疑者として手配がかかる。
次回 「学習装置(テスタメント)」

いやー、とにかく目まぐるしい。
追う者、追われる者、迎え撃つ者、割り込まれる者、蚊帳の外なのに影響を受ける者。
眠らされてしまう人とそうじゃない人の違いとか、続きをみないと分かりません。ww
次回はさらにシスターズも参戦するし、アクセラレータはアンチスキルにも追われる
ハメになり大混戦必死。

テーマ : とある魔術の禁書目録
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告