Re:CREATORS<レクリエーターズ> #12 「エンドロールには早すぎる」

菊地原さん、過労死すんじゃね? 「Re:CREATOR」の第12話。

今までの出来事を踏まえてもトーカーの迷いの無さに疑問を感じるアリステリア。
20170624r_01.jpg
炎上騒動となったセツナから距離を取ってしまった後の経緯を説明する颯太。
最終的に彼女が亡くなったことは彼女の母から知らされ、現実から逃げるために
そして忘れるために彼女と関わった全てを消し去っていたという。

颯太のやったことに同情も出来ないがそのことを恥じて悔いて
だからこそアルタイルのことを止めなければいけないと考えていると
覚悟を確認したメテオラは新たなる方策を口にする。
20170624r_11.jpg
幽閉されていた自分の創造主をちょっと荒っぽく外へ連れ出すアリステリア。
彼女は創造主である高良に対して自分の作品に対する思い、アリステリアの
世界をどうしたいのか、読者に何を伝えたかったのかと問いただす。

アルタイルの能力を検証すると二次制作によってアップデートされていることを知る。
20170624r_21.jpg
高良の答えに一応の納得を見せたアリステリアは高良を解放して
アリステリアが救う世界を打ち切りされないように書き続けることを願う。

アルタイルに対抗するためには特定の空間に押さえ込み
恒久的に認知された能力によってアップデートしたキャラ達で
戦いに挑むしかないと結論付けられる。
そのために会社やメディアの枠を超えた協力態勢が必要となる。
幸いにも政府公認のチームということで菊地原さんが音頭を取ることに。
20170624r_31.jpg
まだ時期尚早だったとアルタイル、その彼女が次の一手のために
新しい被造物を召喚していた。
アルタイルの説明と人捜しという目的が一致してという事のようだが・・・


前回共に説明多くて総集編がない作画班への体力温存期間なのかなと。w
セツナに関する颯太のやり取りは概ね想像の範疇。
でもセツナがパクリとかで叩かれていた割りには、最後に残したアルタイルが
二次創作(実際には似つかないけどセツナのアルタイルが二次創作だから
三次創作になる?)が続けられているというのは皮肉。

アリステリアが少しだけ原作者などの真意に触れたことで手にかけると言った
最悪の事態は回避。だけどやっぱり立ち位置は変わらないのかな?
解放した高良はすぐに政府に保護されるようになれば多少なりとも別の視点の
情報も得られるかも知れないけどどう力になってくれるか?

最後にアルタイルが召喚した新キャラ、RPG世界的な軽装鎧の雰囲気からすると
アリステリアの相方のように見えるけど。キャラの性格がよく分からないけど
セレジアの言うことをあまり受け入れない性格だと厄介だな。








スポンサーサイト

ひなこのーと #12 「あこがれのばしょ」 <終>

男不要のバレンタイン。 「ひなこのーと」の最終話。

寒さで寝付けないひな子は温かいミルクでもとキッチンへと向かう。
そこには「あきちゃん」と連呼しながら鍋でヘラを回す真雪の姿が。
20170623h_01.jpg
そのあまりにも魔術的な様子にくいなや千秋に警告するひな子。

なんてことはなく単にバレンタインデーで千秋と喫茶店のお客さん向けの
チョコを作っていたということ。コートは寒かったから着込んでいただけ。

ゆあもバレンタインで千秋へのアプローチを考えていた。
しかし千秋の競争率は高くゆあは近付くことも出来ない。
20170623h_11.jpg
ようやく渡すチャンスが来たと思ったらさっくりと千秋へチョコを手渡すひな子。

次のチャンスを伺うゆあの目の前では別の女の子からチョコをもらう千秋。
髪飾りを直してもらっているのを見てゆあもリボンを緩める。w
千秋の人気の理由を自分の体験を元に説明する真雪。
先輩に囲まれている所を助けてもらったということだが、ひな子の想像は
若干違っていた様子。でも不良先輩の「めんこいのぉ~」は笑う。
20170623h_21.jpg
実際には「かわいい」と囲まれていた先輩達を引き寄せただけだった。
そんな千秋のため真雪と同じように寒いキッチンでチョコを作ったゆあ。
ついに千秋と二人きりになりチョコを手渡すことに成功したゆあは放課後に
喫茶ひととせに誘われる。

喫茶ひととせはバレンタインのイベント中。
メイド服を着た千秋やひな子も加わって真雪の作ったチョコをお客さんに配っていた。
胸元露わな千秋のメイド服姿を見て眼福満足なゆあ。
20170623h_31.jpg
真雪へバレンタインのお礼がしたいとお出かけに誘う千秋、大喜びの真雪だが
演劇チケットを多めにもらってひな子やくいなも同行と聞いてガックリ。

始めは興味がないと愚図っていたけど、目的地が劇団ひととせの目標のすずらんがある
近くということで一緒に行くことを快諾する真雪。

大工事中で迷路と化している下北沢の駅で案の定はぐれてしまったひな子。
行き違いをしたりしているうちにくいなは駅周辺グルメを堪能。
20170623h_41.jpg
観劇前にまずすずらんを見に行く四人、歴史ある趣に感動、そして夢は強く。

演劇を鑑賞、コメディだったのに感動したと涙を流すひな子。
近くにはゆあもひな子と同じように涙を流していた。
そしてルリ子とママさんも観劇に来ていた。
みんなが揃った所でひととせに戻ってお話をしようというと盛り上がる。
20170623h_51.jpg
エンディングは後日譚版。
「また来週」っていっても最終回だから来週はない・・・
そしてなんだかエロいカットの予告もない・・・残念。

真雪のチョコを作る姿が怪しいからって確かに毒入りはないよな。本当に失礼。w
でもあんまり寒いキッチンだとお菓子作りには支障が出るような気がする。
つか、ゆあまでそんな寒いキッチンで料理しているんだよ。

喫茶店での千秋のメイド服姿、これはお客さん増えるわ。w
衣装は真雪製だからあの胸の露出は真雪チョイスなんだよね?
というか千秋も何の疑問も持たずによくというか・・・

下北沢といえばあまり降りたことないけど昔は小田急沿線に住んでいたので
乗り換えには良く使っていました。
小田急線はいまも複々線かとか地下化とかいろいろやっているので
あわせて駅の改装も盛んなんですよね。
でも地元民はなんとなくニヤリと出来たかも。

最後も主人公以上にコスプレを披露してくれた大家さん。
主役さえコスプレしていないのに。w
20170623h_61.jpg
きらら系の作品っぽいけど角川ということでエロスやや濃いめの作品。
そのアンバランスさはなかなかツボでした。
しかもちょっと圧縮気味とは言えちゃんと演劇もやって押さえる所は押さえていたし
真雪とかは可愛かったし面白かったです。
むしろもう少しひな子とくいなを押しても良かったかな?

少なくとも大家さんと真雪の卒業まではお話的に勧められるので続きを見て見たいですね。
演劇部と劇団ひととせ共にひな子達が活躍するのが楽しみです。

と言うわけで、二期を期待しつつスタッフとキャストの皆様、お疲れさまでした!








サクラクエスト #12 「夜明けのギルド」

情熱大(ry 「サクラクエスト」の第12話。

王国健立祭の規格で盛り上がる所にテレビの取材がやって来た。
しかもディレクターの雨宮は間野山出身。
盛り上がるのであればと密着取材に応じる。
20170621s_01.jpg
テレビのカメラに緊張するのは王国関係者だけではない。
20170621s_11.jpg
取材は大臣達へのインタビューなども行われるが雨宮はどうも由乃に不満。
インパクトがないと言われて落ち込む由乃。

なかなか協賛金が集まらず目玉のクイズ大会が縮小の危機。
そこへ雨宮がやって来てテレビ局の広報と協力して人気バンドを呼ぶという。
はじめはいろいろと不安要素を上げていた一同だが雨宮が声を荒げると
なんとなく受け入れることに。
雨宮がいった通りテレビでも紹介されてネットで話題になり大きく事態は動き出す。
20170621s_21.jpg
予算の不足に対してストレートに商店会や青年会に協力を求める由乃。
しかし地元客相手の店などは強力のメリットがないと乗り気ではない。
しかし飲食店などを中心に協力的な意見も出てアンジェリカや千登勢の助成も
あってどうにか協力取り付けることに成功する。
20170621s_31.jpg
イベントを前に王国前に足場が組まれる。そして対岸でもコンサート会場が。
そして夜には前日入りの客のテントまで・・・

次回 「マリオネットの饗宴」
対岸にゴッソリ持って行かれそう。

なんだかんだ言ってテレビというのは今でも最大のメディアな訳で
取り上げられたりすると効果が大きい。それはプラスマイナス込みで。
間野山出身の雨宮Dが由乃達を意図して貶めるようなことはしないとは思うけど
メディアの目的が必ずしもそのまま見えているものでは無い以上はそのツケを
誰かが払うことになってしまうことがある。

はてさて、由乃達の運命は如何に?

メガネかわいい。w
サクラクエスト









アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 #12

かな子の水着姿はえっちい。 「シンデレラガールズ劇場」の第12話。

お忍びで市民プールへやって来た幸子。
地味な姿で来たのになぜかすぐに正体がばれてしまう。
ゴーグルをかけても効果はなく、「僕の可愛いオーラは隠せない」という結論に至る。
が、単にスク水の名札があっただけ。
20170620i_01.jpg
南国のビーチでくつろぐかな子、ゆったりと楽しむがこの時間が脂肪へと
置き換えられていることを想像してしまうと・・・

ビーチで戯れる三人、しかしサンサンとしたビーチに逃げ腰な文香は
ボールを落として転んで流されてしまう。
20170620i_11.jpg
次回はランランが登場か。

普通名札は名字が書かれている気がするのだが・・・
でも幸子のキャラだと市民プールでスク水はむしろ美味しい感じがする。

デフォルメキャラに見慣れているせいか水着のかな子が太ましくないというか
ボン・キュ・ボンでやるじゃんと言う感じ。

レシーブに失敗する姿を見て思い出したのがこれ。

でも離岸流は恐いのでマジ海では気を付けてな。













フレームアームズ・ガール #12 「ラストバトル」ほか <終>

衣装替えはモデリングが間に合わず・・・ 「フレームアームズ・ガール」の最終話。

「ラストバトル」

暴走するフレズヴェルク、珍しくあおが声を荒げて轟雷を鼓舞する。
20170619f_01.jpg
あおに応えようとする轟雷、そして他の仲間たちも自分の武器を戦闘空間へ送り込む。

それらを取り入れて金色に輝く轟雷はフレズヴェルクを撃破する。
20170619f_11.jpg
意識を取り戻したフレズヴェルクは正気を取り戻していた。
轟雷と戦おうとするが既に体力は尽きており、轟雷も残れると喜んでいたあお。
しかしメーカーから轟雷回収のメールが届き、ドローンによって連れ去られてしまう。

他の気を失っていたFAガール達も目覚め轟雷が回収されてしまった事を聞く。
そしてなんとも暗い雰囲気となっているとブレーカーが復旧して轟雷が帰ってくる。
回収といってもメンテナンスが目的でフレズヴェルクの暴走に関するお詫びと
轟雷の「涙」によるFAガールの可能性が説明されていた。
「今後も轟雷をよろしくお願いします」とあおに預けられることとなった。
20170619f_21.jpg
「君に贈るもの」

FAガール達と過ごすクリスマスのために買い物をするあお。
フレズヴェルクのウェルカム・パーティも兼ねて楽しむクリスマス。

その夜、もっとちゃんとしたプレゼントをあげたいと言うあおに轟雷は
あおと同じ名字が欲しいと言う。
あおはその希望を受け入れると、「源内 轟雷」と轟雷は名乗る。
「なんか家族みたいで恥ずかしい」とあお。
20170619f_31.jpg
そのやりとりを聞いていた他のFAガール達は轟雷とあおの関係になれるような
マスター捜しの旅に出ると言い出す。

突然の別れに泣きそうになる轟雷を御して楽しい別れになるようにお別れライブショー。
沢山の充電くん達が応援するステージでアーキテクトの作った歌を唄うFAガール達。w
20170619f_41.jpg
思い々々の足で元気に旅に出るFAガール達。
見送るあおと轟雷、轟雷は別れで生まれる感情も様々だと感じる。
そして感情は学ぶものではなく経験するものだと知る。

一方、ラボでは新たなFAガールの目覚めが・・・
20170619f_51.jpg

前半バトルは王道展開でした。
でも金色に光るとか「百式」か「暁」か?
結局、フレズヴェルクの暴走はメーカー調整のミスだったということで
特に裏は無かったようですが。

後半パートはなんとライブ。w
轟雷はあおの名字をもらい他のFAガール達は自分達も名前を求める旅に。
フレズヴェルクも含めて全員残ってキャッキャウフフとなると思っていたので意外。
でもやっぱり轟雷とあおの関係は特別だとみんな認めているんですね。
しかし旅に出る前にメーカーへ戻らなくて良いのか?

最後に二期?OVA?と思わせる新キャラの胎動。
「イノセンティア」と言うそうですがツインテでまた可愛らしい。
彼女の活躍は素体付きBDの売り上げ次第ですね。
(まだCGモデルも作られていないようですし)

こういった自立行動型プラモデルアニメは時々ありますけどなかなか楽しめました。
CGと手書きがわりとハッキリ違っているけど、CGはCGで上手く使っているし
アップでもなかなか表情豊かで違和感は少なかった気が。
そもそもプラモ素体だから当たり前かも知れないけど。

せっかく布石も打ったことだしもっと色々なFAガール達を見たいですね。
期待しています。
スタッフとキャストの皆様、お疲れさまでした!








最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告