fc2ブログ

ComicStudioの話題

デジタル派の漫画家の先生達の中でかなりシェアを持つという
セルシスの「ComicStudio」が収束製品となると騒ぎになっているらしい。

かなり昔からあるソフトなのでマルチスレッド化や64ビット化などの
改善などがし辛くなってサポートコストもかさんでくるので
メーカーは新エンジンのソフトウェアを薦めたいけど、利用者は
ワークフロー(要は慣れ)が変わると自分やアシスタントへの
再教育などもバカにならないので文句のひとつも出てくるというもの。

自分もこういった製品に関わっていたことがありますが
企画者や開発者の「良かれ」が必ずしも顧客の「良かれ」には一致しない。
会社の方向性にもよるけど極力声を聞いて機能を拡張していくのも
新しいものを常に見せていくことを至上とするのもある。
(自分がいたところは限定された業界だったので、どちらかというと前者)

記憶に新しいところだとAPPLEのビデオ編集ソフトのファイナルカットを
タイムラインに縛られない感覚的に使える画期的なものとしたけど
1フレームをカチカチに作ったり未だVTRなどを多く使う
国内のビデオプロダクション関係者の中では倦厭されて全バージョンを
使い続けていると言った話もある。

ウィンドウズもバージョンが変わるたびにありますよね。

「サポート継続しろ!」と言っても延々と無償ではバグフィックスも
限界があるだろうし、どのように収束するか注目です。




USB3.0が10Gbps拡張される

久しぶりにパソコンパーツのお話。

USB 3.0の転送速度が10Gbpsに拡張。'13年半ばに規格策定へ (AVWatch)

USB2.0や3.0の上位互換を維持しつつ倍の速度を実現するらしい。
もともと理論値が5GbpsということだけどWindows7では実質3Gbps程度
でてくれれば良い方で、Windows8だと4Gbpsくらいまで伸びるようですね。

個人的にはThunderboltの10Gbpsもストレージには既に足りないと感じる。
とにかく超速いリムーバブルドライブが欲しいと思ってもeSATAは
SATA-II相当の3Gbpsが上限みたいだし、SSD×2のRAID-0でもういっぱい。

一応、Thunderboltは20Gbpsの上位規格も予定されているらしいけど。
あとはせっかくこれくらいの速度が出ているならTCP/IPoverUSB(逆?
USBoverIP?)とか出てこないかな?
10Gイーサネットボードもハブもまだ高いからUSB3.0関連機器を使って
擬似LANのファイル共有とか。
ハブを使って3~4台繋がってくれれば十分だから。
I/O DATAあたりがやってくれないでしょうか?

そういえばUSB3.0の光ケーブル規格って完全に無くなったんでしょうか。








Windows8発売

マイクロソフトの新OS「Windows8」が発売されました。
各メディアで大きく取り上げられているので今さらですが。

個人的にはPCを買い換える動機がないしメインマシンはWindows7で
安定しているので様子見。
新しいデバイスを持った最新のPCだとWindows7よりも性能を引き出せる
事もあるというのでPCを新調するなら魅力的なんですけどね。

ただ早めに購入しておくと安く購入できるというのも魅力。
ほとんど使ってないVistaのノートになら3000円のダウンロード版なら
投資価値が出るかも。ネタとして。w
と、思ったらメモリが足りなすぎてアウト・・・

アップルのiなんとかもいっぱい出たし、Kindleも投入されたし年末は
デバイスが熱いですね。

でも一番面白かったのは普通のモニタなのに「Windows8を入れてもタッチ
対応にならない!
」とクレームが殺到しているという話。
もしかして釣り!?








まだしばらくはななみさんのお世話になります。

タクシーにiPhone

久しぶりにタクシーに乗ってみた時のお話。
最近のタクシーは殆どカーナビ標準装備だけどそのタクシーには
正面に小さなカーナビらしきものがもうひとつ。
広域用と交差点の進路用にかなと思って「2つ付けているんですか?」と
話しかけてみたら、運転手の人が「iPhoneですよ」といろいろ話してくれた。

個人タクシーではないけどあまり大手でもないらしくナビがDVDで地図更新も
滞っているので私物をダッシュボートに固定して置いているらしい。
ちょっと画面が小さいけど機能は充分、地図も最新とお気に入りとのこと。
わりとお年の人だったけどここ数年でiPhoneを中心にAPPLE製品で
固めだしてLION(マックの新OS)のアップデートもやっちゃっているそうだ。

iPhone4Sも予約済みらしいけどちょっと遅れてしまい一箇月待ちとなって
いるらしいけどより快適に使えるようになる事に大きな期待をしているらしい。
でも、ついでに他を見るとアンドロイド系にも興味は尽きないらしいが・・・w
基本的にこういったものが好きな人のようですね。

そういう自分は未だガラケーのまま。
本は読むけどスピリッツ、サンデーやモーニング等などのマンガ雑誌が主体で
通勤途中で購入してモーニングとコーヒー片手に読むという形なので、同じくらい
種類と購入の気軽さが電子化で実現されないとブックリーダー的な用途には
食指が動かない。(自炊は出来るけど面倒だから殆どしない)
仕事も座っている時間が長くてメールはディスクトップで受けるので、携帯メールも
最小限だしね。ノートPCなども持ち歩かない。
何となく乗り遅れていつまでも「見」のままという消極ユーザー。
でもDOCOMOが新機種をまだ発表してなかったとはいえ、先日CEATECで見た
端末に揺らいだのも事実。こんな「紺屋の白袴」な状態はいつまで続くかな?








3Dクラフトツール発表

無限の想像力をカタチにiModela iM-01発表
ローランド ディージーがパソコン上でデザインされた3Dモデルを削り出す
装置を発表、発売は2011年11月9日とのこと。

もともと大型カラープリンタやカッティングプロッタなどの製品を多くリリースしており
今回のような3D入出力(スキャンと削り出し)装置も販売済みですが、今回のは
従来製品から比較して一桁安い家庭向け製品となります。
昔は20~30万円くらいのもあった気がしますが長く販売終了済みだったようですね。

削り出せるサイズは86mm×55mm×26mmと石けんくらいでしょうかね?
でも慣れてくると3Dモデルツールで分割掘削して大きなモノも作れるようになります。
そのまま樹脂などを立体にしても良いし、メス型を作って型抜きにすることもできます。

だけど昔の製品の印象だと歯が移動した軌跡が残って削り仕上げを別にする
必要があるとか、(発熱しないようにゆっくり削るので)時間が掛かるとか、
五月蠅いとかホコリがスゴイとかありましたがどうなんでしょう?
まぁ、どれも工作機械だからしょうがないんですが。w

個人的には安いことと収納がし易くなったのは良いですね。
またUSB接続できめ細かな制御やセッティングもできそう。

その他にもローランドDGではシートカッティングもあって一番安価なモデルで38,000円。
車やバイクでオリジナルステッカーを貼りたい人はお奨め。
よくネットで登場している痛車とまではいかなくてもワンポイントくらいなら充分。








ただし消耗品のランニングコストも考慮が必要です。 :-)
最新記事
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告