FC2ブログ

チリトマチーズ麺

節骨麺たいぞうの前を通ったら期間限定新メニュー「チリトマチーズ麺」というのが
出ていたので、とりあえず食べてみた。
価格は880円、大盛りには対応してないらしい。

上記のHPを見て貰えばだいたいイメージがわくと思うけど、とろみが
付くくらいかなり濃いめのトマトスープに、蒸し鶏を裂いた具、バジルと
粉パルメザンチーズがかかっている。
麺は通常のやや太め、若干縮れありの麺だ。

味は...トマトスープ。でもそれほど酸味は強くなく、スープのとろみと
麺の縮れのおかげで絡みやすくバランス良く食せる。
イタリアンテイストがかなり優勢。
私的にはトマト風味にはタマネギやニンニク風味がしっかり利いている方が
好みなので、常設されているニンニクを入れたい衝動にかられたが、
さすがに生ニンニクをクラッシャーで直接入れるのは強すぎるかな?
と、思って自制した。

なかなか意欲作なのでトマトジュースなどがダメとかでなければお試しの価値あり。
ただしカレーうどんと同じく服が汚れないように注意しましょう。

スポンサーサイト



フジテレビのCSチャンネル

CSやCATVで配信している「フジテレビ739、721、CSHD」が2009年4月1日から
それぞれ「フジテレビONETWONEXT」と名前を変える。
それぞれの内容も若干変わるらしい。(e2ではチャンネルも変わる)

いままで739+721契約者はCSHDが無料で視聴できた訳だが、
CSHDも有料化となり次のような価格設定となるそうな。

ONE+TWO+NEXT 3chセット 月額 1,575円(税込)
NEXTのみの単独 月額 1,260円(税込)
http://www.fujitv.co.jp/otn/index.html

F1の生中継などがNEXTのみに移動するようなので、ONE+TWOが
総合エンタメといってもニュースやリピートなどが中心になるのは目に
見えてますな。
1,050円+525円ではなくて、1,260円+315円と思えば納得か?

定額給付金

補正予算が成立して定額給付金が出ることは確定指定しました。
仮に反対だとか非難していたとしても、出ることになった以上は
正当なルールとして給付を受けることができるので、遠慮なく受け取ります。

それより政治家が受け取るとか、受け取らないとか言ってるけど、
おまえら給付金に関係なく先頭切って消費しろよ。自腹で。

ゼロ (67)

愛英史先生+里見桂先生の「ゼロ THE MAN OF THE CREATION (67) (AA)
この巻では「ニュートンの遺稿」「妖刀・村正」などを収録。
スーパージャンプの中では最長シリーズかな。

とにかく主人公ゼロに匹敵するものがいない。
美術品などをうんちくで複製するだけではなく、瞬時に依頼者の
背景などもすべて見極めて本物を創造してしまう。まさに神の手。

オチを大きく分けると、欲を持って手痛くしっぺ返しをくらう人間と、
本質に気付いてゼロに感謝し頭を垂れるパターンがあり、
このへんのコントラストは比較的はっきりしている。

一見難しそうな内容ですが、者や物の背景が簡潔にゼロの思考で
説明されるので、理解しやすく楽しめます。


週刊少年サンデー 2009年14号 (2009年03月04日 発売)

表紙は松坂大輔。創刊号の表紙デザインのコピーです。
ロゴとかも古いのになっているし、コピーなども随分とシンプルなので
一瞬なんかの増刊号かと思った。

連動した企画としてWBC直前、松坂大輔インタビューと
「サンデー創刊物語~夢のはじまり~」を掲載。
週刊少年マガジンとの「初の週刊漫画雑誌」を掛けた熾烈な発売日競争、
価格の駆け引きなどが熱く語られてます。
50年くらい前なら本当にこれくらい熱かったんだろうな...
最近の漫画家の告白や暴露なども少なくないけど、
今の出版に携わる人間がこれを読んでどう思うか。
あとは少年マガジンがカウンターで創刊ドキュメント漫画を掲載するのか?

そういえばアニメの「ハヤテのごとく!! (AA)」第2期は深夜枠なんですな。
すっかり「絶対可憐チルドレン (AA)」の後に戻ると思っていた。


最新記事
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告