FC2ブログ

青い花 第10話 「幸福の王子」

杉本家次女の和佐と各務先生の結婚式当日になったアニメ「青い花」の第10話。

何人娘がいてもやっぱり嫁に出すのは感慨深い杉本パパ。哀愁漂ってます・・・
平静を装う恭己だが和佐はやっぱり気になる様子。

成り行きであきら兄の忍や京子のお兄さんまで結婚式に参列する事に。
あきら兄も出席する気ならもう少し服装をなんとかしなよ。
せめてスーツくらいは着てなければだめでしょう。
20090902a_01.jpg
三女の公理も実は各務の事が好きだったらしい。
本当にどこが良いのやら・・・余裕のある大人の魅力か?

バージンロードを進む和佐を見て女の子達がテンションあげるのは分かるけど
なんで忍が赤面してんだ。ww
20090902a_20.jpg
そして各務を見守る恭己。恭己を見守る京子。京子を見守る康。片思い連鎖の図。

式も終わって江ノ島で合流する事になったあきらとふみ。
忍の車で移動だがそこに同行してきた恭己だった。
20090902a_31.jpg
最初こそ姉の結婚式の挨拶はするが、あとは恭己を敬遠するふみとあきら。
あきらが兄を敬遠するのはいつもの事だけどね。つーか兄、送っただけでも帰れよ。ww

ふみの怒りの原因を忍に説明する恭己。
「私とふみは以前付き合っていたんですけどね、
 私がまぁこっぴどい振り方をしたというか・・・」
流石に驚く忍。
「やっぱりビックリしますよね。それが普通だと思います、
 私もこれが他人の話なら驚いたと思うんですよ・・・」

各務との出会いの頃の回想。
出会った時にはすでに姉の恋人だったが、見た目とは裏腹に
ざっくばらんな姉に近付くためにまず髪を切った。
しかしそんなことでは何も変わる訳もなく、寄ってくるのは女の子達ばかり。
女の子って簡単だな・・・
確信犯な所もあったんだな・・・
そしてどっぷり嵌ったのが京子。恭己を真似て髪を切り、追って演劇部に入る。
どこにでも付いて来る可愛い子だけど、鬱陶しい。
自分もそうだったのに、そうとは気付いていなかった。
20090902a_45.jpg
各務への告白。しかし断られてしまい傷心をアピールするために転校。
やることなすことが自分を誇示するための行動で子供っぽい。

そして場所を岩屋に移動する事に。
20090902a_55.jpg
暗い岩屋の道の中で「なんで今日来たんですか?」と恭己に問うふみ。
気を利かせてあきらを連れて先に進む忍。
ふみに会いたかったから
私は会いたくなかったです、先輩は勝手です。
 好きな人がいるなら、その人だけに集中して下さい

好きな人に相手にされない場合は?
潔く諦めて下さい。私は・・・ちゃんと諦めました。
 諦めます。もっと大人になって下さい・・・

はい・・・
キツイふみの一撃。置いてけぼりにされ涙目の恭己。
ふみ、ごめんね。ごめん・・・ごめんなさい・・・

従姉の結婚に傷心だったふみと、各務の結婚に傷心だった恭己。
実は立場が近いのに一方的にふみを救ったと思い上がっていた恭己のほうが
実は各務を引きずっていて結果自分でふみを放り出した訳だから自業自得ですね。

ふみは確かに恭己の存在があったとはいえ失恋を一度はきちんと乗り越えた。
恭己は失恋を引きずったままその場を離れて中途半端な状態。
ふみのキツイ一言はその経験の差なのか。

恭己の最後の涙がそれに気がついたのかどうか。

次回最終回 「冬の花火」

スポンサーサイト



最新記事
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告