FC2ブログ

CDじゃないとダメなのか?

「CD買おうぜ」 ネットに対抗、若手音楽家ら呼びかけ(ASAHI)
TKY201003080124x.jpg
ちょっとグラフを加工してみると08年の落ち込みが激しいとはいえ配信が
かなり埋め合わせているような気がする。
CDは生産額だから実際はもっと在庫ロスが出ているとは思いますが。

そもそもCDは数曲分セット売りして1200円前後。配信は曲単位で300円前後。
このご時世だからボーナストラックは割愛して最小単位で購入したいと思う人は
少なくないと思う。よくCDでボーカル二曲とカラオケ二曲とか入っているけど思い
入れが少ないと、いらない人にはいわゆるB面曲とかカラオケとかいらないもんね。
むしろこれだけ埋め合わせているのなら善戦してるのでは?

提供する側にとってはエコで配送コストや在庫ロスがない分だけ売り上げは
多少下がっても利益は出やすくなっている構造の筈なんだけどね・・・
その利益がアーティストに還元されてない可能性は否定しないけど。

自分もコミックスやDVDは買う方だからなんですが、本来の意味で持ち続けたいという
コンテンツやプレミアでもないとやっぱり現物は買いにくいです。
収納能力にも限界はあるし。

あるいはCDを買ってもらったところで中古屋に大量に並ぶようなら、配信でも
きっちりライセンスとして売り切った方が市場には良いんじゃないかな?

とか、考えてみたりした。
スポンサーサイト



ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第11話 「来訪者・燃ユル雪原」

梨旺が時告げ砦を離れた後のアニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の第11話。

積もった雪山をパトロールするカナタとクレハ、足跡の他にカナタが転んだような
跡があるけど、さすがに自分で遊んで飛び込んだ・・・って訳ではないよね?
ジャコットお婆さんの事を「諦めてない」とクレハが聞いたと言うことは、
前回は演出として死体を描いてない訳ではなくて足跡が消えて行方不明なままと
いうことなんでしょうか。

そんな中でカナタは崖下に倒れ込んでいる人影を見つける。崖の上に切れたロープが
残っているところから落下したようだ。警戒しつつも近寄り状況を確認すると生きてはいるが
コートも凍り付いているような危険な状態だったためクレハは介抱を始める。
しかしコートの下には敵国であるローマ兵の軍服が・・・
20100315s_02.jpg
倉庫で色もまばらながら足の揃ったタケミカヅチを見上げる考えにふけるノエル。
「アカデミー史上、屈指の天才少女だ」
「これで我々も勝てる、全ては君のおかげだ寒凪ノエル君」
なんらかの成果を大人達に誉められて無邪気に喜ぶ小さなころのノエル。
旧世代の技術を掘り起こして再生することはこの時代では戦果に大きく影響するらしい。

倉庫までノエルを呼びに来たフィリシアはローマ兵を収容した救護室へ案内する。
ローマ兵に明らかな動揺を見せるノエルだが凍傷の治療を自分から申し出る。
そして夜通しの看病を続ける。
20100315s_16.jpg
荷物を確認するフィリシアはラッパを見つける。「斥候なのかしら?やっぱり・・・」
ローマ兵とラッパを見て自分達と変わらないというカナタに、なにか言いそうになる
クレハ。その言葉を塞ぐようにカナタに時間を告げるフィリシア。
そして今後の処遇については保留するとクレハに説明する。

そのころ雪の中を侵攻する男達と戦車隊の影・・・

夜が明け目を覚ましたローマ兵は傍らで眠るノエルのハサミを取り上げようとする。
そしてノエルが目を覚ましていると分かると代わりに体温計で襲いかかる。
マウントポジションからのど元に体温計をあてがうローマ兵。
20100315s_35.gif
言葉が通じないローマ兵が周りを警戒していると、いきなり生乳を鷲掴みするノエル。
急に生乳を揉まれたので驚いて黄色い悲鳴を上げるローマ兵。
その悲鳴を聞いて救護室へやって来たカナタとクレハが見たのは、ベッドに戻ったローマ兵と
ローマ兵に「よかった」とほほえみかけるノエルだった。

三人でローマ兵に質問をぶつけるが言葉が通じてない上にやっぱり非協力的。
そこに現れたフィリシアに「分かったことは認識番号とアーイシャという名前くらい」と
伝えると、アーイシャに向かって自己紹介し「あなたとても良いおっぱいしているわね、
私好みよ。吸ったり揉んだりしても良いかしら?体中弄り回しても良い?」と卑猥な
言葉を投げかける。どうやら言葉が本当に通じてないか反応を見るためだったらしい。
へぇ~、頭良いねぇ。
ローマ後が通じる人を確保し尋問を完了するまでは砦で保護すると決めたフィリシア。
いつもの調子でアーイシャを迎えるカナタが「時告げ砦にようこそ」と話しかけると
「時告げ砦」にだけは強く反応するアーイシャ。
20100315s_37.jpg
カナタはともかく一緒になって甲斐甲斐しく看病するノエル。
フィリシアは「罪滅ぼし、なのかもね・・・」と言う。

街にカナタのラッパが響く中、ユミナ達に仕入れが無駄足になったとグチるナオミと
「砦といやぁ、嫌な噂を聞いたよ」というおじさん。
砦ではカナタが梨旺から受け継いだトランペットに興味を示すアーイシャ。
言葉は通じないけどアーイシャにトランペットを薦めると、彼女はなんと梨旺やイリアも
演奏していた曲「アメイジング・グレイス(AA)」の走り部分を吹き始める。
20100315s_54.jpg
敵国の少女も自分たちと同じ曲を知っており演奏していることに感動するカナタ。
音は響くんだよね、ローマもヘルベチアも同じに・・・

そして徐々にカナタはノエルに心を開くアーイシャ。
「ダンケ(ありがとう)」と感謝の言葉を伝える。
意味の分からないカナタとノエルに「ありがとうって言っているんです」とユミナ、
ナオミと二人で訪ねて来た。
ナオミは砦にローマ兵が連れてこられたことが目撃されていたことを伝える。
そしてヘルベチア軍がこの地方に向かって大規模に動いているという情報も。
とにかくアーイシャに事情を聞かないことにはとローマ後のわかるユミナに白羽の矢が。
まず軽く挨拶を交わす。(ユミナは訳してないけどアーイシャはなんか毒づいたのかな?)
まずここに来た目的を聞く(カナタやノエルの事情も付け加えた?)と「天使の化石」を
見に来たという。第一話でカナタが川に落ちた時に見た巨人のこと?
そして「私の祖母は時告げ砦の兵士だった、彼女は東部戦線で捕虜になり祖父と出会った。
私は彼女の話を聞いて育った」。さらに付け加えられた言葉にユミナは激しく動揺し
「それは間違った教えです!世界を滅ぼしたのは悪魔です!」と声を荒げる。
ナオミに諭され翻訳を伝えるユミナ「世界を滅ぼした黙示録の天使を見たかった」。
20100315s_66.jpg
ここで外から進軍ラッパが鳴り響く。「近衛第1師団第9独立機動部隊」の符丁。
ビネンナントの鬼神と有名なホプキンス大佐の部隊だ。旧世代の兵器を復活させて
一夜で街を三つ壊滅させたという超大物。
なぜか部隊名を聞いただけで恐れおののいて部屋の隅でうずくまるノエル。
そういえば冒頭の回想シーンのおっさんだね。

あまりにも急速な展開に「賭けは私の負け」と呟くフィリシア。
しかし梨旺の願いも含めて誰も犠牲にしたくないと訴えるカナタの言葉を聞いて
自分の責任でアーイシャを庇うという命令をするフィリシア。

砦にやってきたホプキンス大佐を迎えるフィリシア。
すでに別の場所でも斥候を確保したと言うが尋問中の事故(拷問による死)で
詳細は得てないという。そしてセーズでの目撃情報を得たのでやって来たという。
「心当たりは?」と聞く大佐に「ありません」と毅然と答えるフィリシアだが、
大佐の方が一枚上手で砦を強制接収し建物内を探索し始める。
20100315s_82.jpg
非居住区の方に身を隠すノエル達。ユミナはアーイシャに「炎の乙女の伝説」の事を
聞かされており、なにか変だと言いかける。
激しい探索が続く中、いよいよ非居住区の方にも兵士の手が伸びる。
「そういえばまだ名前を聞いていなかった」と言い出すアーイシャにユミナがノエルと
紹介すると「ノエルカンナギ?見えない死に神?」と驚く。

その言葉を聞いて昔の大量に死体が転がる風景と自分を睨む瀕死の兵士の視線を
フラッシュバックするノエルは、悲鳴を上げながら部屋と飛び出していく。
隠れている人員の存在を大佐に悟られてしまったフィリシア。
さらにここに緊急連絡が入る。
カナタが電話を取るとセーズ国境のノーマンズランドにローマの大群が現れたいう。
20100315s_96.jpg
飛び出したノエルを追って来たアーイシャは兵隊に囲まれてしまう。そして銃声。
次回 最終回 「蒼穹ニ響ケ」
web予告によるとタケミカヅチに電力が入る模様。

しかしフィリシアさんは何でも知ってるんだな。ww

なんだかここに来て事態が一気に動きすぎな感じが・・・
なんかサディストっぽい大佐まで出てくるし。
そしてノエルが小さい時から天才で「見えない悪魔」で敵国に恐れられた存在だったとは。
培養施設かなんかを復活させて細菌兵器でも作ったんでしょうかね。
そしてそれを存分に活用したのがホプキンス大佐だったと。
自分の成果がローマ人を大量に虐殺したことがトラウマになって僻地に逃げてきた。
ということは梨旺やクレハの親の命を奪った病気もノエルが復活させた旧世代兵器?
だけど1121小隊って皇族関係者とか天才とかキャラが集まりすぎだろ。

ユミナが驚いた伝承の話も興味ありますね。

あと一話でこれだけ盛り上げた事態をどう収集するのか?
梨旺が降臨して砦の出来事を全てを不問にし、交渉が成立したことで敵軍が突然後退して
休戦となる強引な引きにでもなるのかな?「アニメノチカラ」で目指した神アニメになるか?
意外と大ピンチで終わって本当の最終回はBDの最終巻(AA)で・・・だったりして。
これの化石だったりして。
ドミノバナーを貼っておいてなんですが、ピザハットの連動キャンペーン開始だそうです。

えぇ、注文しましたとも。ww やっぱりオマケがフォカッチャっていまいち。
しかもチーズフォカッチャですよ。メイプルシロップが付いてデザート的とはいえ
やっぱりピザのオマケにはなりませんよ。orz GIGAZINEの記事とほぼ同じ感想。
新しいピザでも耳まで味付きで食べられる工夫は評価しているんですけどね。
だけど低迷するアニメ業界にこういったタイアップで少しでもお金が落ちるように協力。ww

テーマ : ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
ジャンル : アニメ・コミック

ちゅーぶら!! 第11話 「彼女といた午後」

ちょっとアレな演劇部から衣装協力のオファーを受けた下着同好会、文化祭と
奈由の転校とドラマが盛り上がってきたアニメ「ちゅーぶら!!」の第11話。

アニメ作品の舞台化という意外と俗っぽい演劇部の出し物に
呆れた清乃は先に帰ってしまうが奈由は積極的に協力を申し出る。
さっそく6人分の衣装の準備をするために採寸などを始める奈由。
しかし演劇部からはもうひとつの協力の要請として足りない部員を補うために
下着同好会から舞台に上がって欲しいと言われる。
キャラクターの体型なども鑑みて検討してみると、珍しく遥も積極的に手を挙げる。
そして小町にまで配役が。(女の子役ww)
20100315c_01.jpg
家に帰ると先に帰った清乃が待っていた。
お茶をしながら話していると清乃は「京都」「引っ越し」「転校」とキーワードを並べる。
動揺する奈由、特に最後の「転校」を聞くと思わずカップを落としてしまう。
しかし滴が飛んだ清乃の服を拭いていた時に見えたポラリスの新作下着を見ると
すっかり意識はそちらに向いてしまう。
そして圭吾が帰ってきたところで話は終わり、清乃は奈由の家を後にする。
「無理するのは似合わないわ、あんたには」 奈由に一言残して。
夕食時に京都への転校を本当に良いのかと聞き直す圭吾。
奈由は楽しみだと言うが無理していることは圭吾から見ても明らかだった。

翌日、学校でクラスメイトからメイド喫茶のメイド服を作れないか協力を申し込まれる奈由。
最初は手芸部に頼もうとしたが下着の時と同じで「メイド服なんて」と断られたらしい。
演劇部の衣装もあるのに難しいと弥子達は断ろうとするが奈由は快く引き受ける。
そんな様子を面白く無さそうに見るいじめっ子三人組。
20100315c_22.jpg
放課後、採寸しているために廊下に追い出されている小町は清乃から奈由の転校の話を聞く。
帰宅時、楽しそうにする奈由達の後ろで考え込む小町。衣装を試着中も心ここにあらず。
小町の猫耳衣装・・・ww
いつもは奈由だけが別れる場所に来てなぜか今日は家まで送っていくという小町。
分かれた後の小町と奈由を見送る遥の思いは?
雨宿りをしていると小町は奈由に転校のことを確認する。何故みんなに言わないのか
問い詰める小町だが、奈由は文化祭が終わったら自分で言うからと涙を浮かべて小町に
訴える。それ以上は何も言えなくなってしまった小町。

文化祭当日、それぞれにクラスや部活の出し物に協力する下着同好会の面々。
ご機嫌な水野先生の前に不機嫌な顔をした塚本先生が近づいてきて、例の雑誌に
下着同好会が協力していたことを問い詰める。
奈由も担任も呼び出されて無断で校外活動をしたことを問い詰める塚本先生は
ついに奈由達が協力をした演劇部に対しても講演禁止すると言い出した。

文化祭当日の劇の中止というあまりにも厳しい裁定に奈由達の努力を認めてあげて
ほしいと激しく抗議する水野先生。担任の先生達も水野先生に協力的。
20100315c_34.jpg
先に塚本先生にダメ出しされていたのかガックリとうなだれる演劇部。
遅れて到着した小町達も揃ったところで、塚本先生と奈由が教室に現れる。
モデルをした清乃のことも責める塚本先生。その様子を影から「いい気味」と眺める
いじめっ子三人組に小学校の時の谷原先生が声をかけてきたので、その谷原先生にも
奈由について何かを訴えるいじめっ子達。

室内では出来上がった舞台衣装を塚本先生に見せることに。
手芸部の顧問だけあって丁寧な作りにはしっかりと評価をする塚本先生。
少し考え込んでいると教室に突然谷原先生が駆け込んできて塚本先生に頭を下げると
下着同好会を作った奈由をふしだらだと叱りつける。そして小学校の恥だと。
20100315c_50.jpg
まくし立てる谷原先生に最初に食いついたのは清乃だった。
「下着ってそんなにふしだらなものですか?あんたパンツ履いてないわけ?」
下着同好会の意義を声高に説明する小町、弥子、遥に「関係ない」と言い放つ谷原先生に
「下着は誰もが身につけているもので、やらしいものではないわ。
 それからあなたこそ関係ないんじゃないんですか?出て行って下さい」と
毅然とした態度で注意をする塚本先生。
「まったくこの学校の教師はどうかしている」と捨て台詞を吐いて出て行く谷原先生。

そして同好会は認めないとは良いながらも雑誌の件も不問、劇の上演も許可してくれた
塚本先生。最後の美味しいところ全部持っていったな。
20100315c_67.jpg
いろいろ注意事項は残ったが無事に舞台は行われた。
小町の代わりに弥子がネコミミ付けて・・・
って、小町が出ていたら今度こそ上演禁止になっていたかもね。ww

文化祭も無事終了、塚本先生にも一定の理解も得られて再び下着同好会として活動が
出来ることを喜ぶ遥達。そして「来年の文化祭も」と言ったところで奈由の顔が曇る。
清乃にはっきり言いなさいよと言われようやく重い口を開く。
以前も圭吾の栄転があったのに奈由のために圭吾がそれを蹴ったことが奈由の重荷に
なっていたと水野先生に説明する圭吾。そして転校は来月にはと・・・
そして奈由の転校を知った遥と弥子は?
20100315c_82.jpg
次回 最終回 「あなたに逢うまでは」

最後の最後で塚本先生が奈由達にある程度の理解を示してくれました。
まぁ若造のくせに中一の子供に公然と「男に媚びてる」とか「ふしだら」とか
「恥」だとまくし立てるような教師が目の前にいたら考えるわな、普通。
最後に明らかに自分より目上の教師に「どうかしてる」とか吐き捨てるくらいだから
本当に思慮が浅い若造なんだろうけど。
そして文化祭自体は無事に終わったけど奈由の転校が全員に知れることとなり
最終回でどうまとめてくるでしょうね。

テーマ : ちゅーぶら!!
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告