まんがタイムきららCarat 2009年06月号 (2010年04月28日 発売)

表紙と巻頭カラーは久しぶりにきゆづきさとこ先生の「GA 芸術科アートデザインクラス(AA)」。
DVD最終巻と同時にOVAがリリースされました。


ひょんな事から骨董品を巡るお話に。
自分はブランドとかに疎いのであんまり感性がよろしくないかも。
だけどキッチン実用品などは大好きなので、近くの商店街にときどき開いている
燕三条の出店などは面白くてかならず一度は覗きます。
ニッパーみたいな高い爪切りとかも持ってます。
本当は出身県にある関市のほうがなじみ深いんですけどね。

いつも二番手にいる平つくね先生の「ラッキー・ブレイク」はセンターカラーで真ん中辺。
舞台となっている「フジサワ産業」企画部のお仕事紹介。
気分転換にパラパラっとお絵かきできるって良いですね。
そしてビルの屋上にゴルフのネットが設置されているという設定ですが、
ゴルフボールは固いのでマジ危ないからネットの隙間は埋めないとな・・・
しかしこれって社長とかの趣味なのか?

そしてもひとつセンターカラーの蒼樹うめ先生「ひだまりスケッチ(AA)」。
期末試験休みを利用して彫刻野原美術館巡り。
元ネタは「箱根彫刻の森美術館」ですね。建物もそれっぽいし。
外にある彫刻も多くて開放的だけど酸性雨対策とか大変らしいですね・・・

今号は双見 酔先生の「空の下屋根の中(AA)」とカネコ マサル先生の「ふら・ふろ(AA)」が最終回。
どちらも独特の雰囲気の作品で好きだったんだけど残念。
まあ「空の下屋根の中」は内容的にあまりだらだらニートしてしようがないので、なにかが
出来るようになるために一歩を踏み出した主人公を素直に見送ってあげたい気分です。
「ふら・ふろ」はこのゆるさをもう少し続けて欲しかったな。
最近のきららは最終回ラッシュのせいか入れ替え戦のゲストが多すぎ。ww
ゲストにも掘り出し物の人はいるけど、やっぱり雑誌としての安定感はなくなるから考え物。

スポンサーサイト

テーマ : まんがタイムきらら
ジャンル : 本・雑誌

B型H系 第05話 「汗と涙のバレンタイン!山田より愛?を込めて」ほか

時は一気にバレンタイン「B型H系」の第5話。

「汗と涙のバレンタイン!山田より愛?を込めて」

クリスマスでのディープキスで経験値を上げたと慢心する山田。
しかし次の一手まで2ヶ月以上あけるとはなかなかゆっくりとしてますな。

バレンタインのこともすっかり舐めてます。さすがに呆れる竹下。
一方、偶然スーパーで宮野と出会った竹下はいろいろ相談に乗ってもらったり
料理を教えてもらったり。さらに小須田への初々しい思いなどにほだされて
すっかり気に入ってしまう。比較対象が山田だからね。
さらに小須田にの渡せぬバレンタインのチョコケーキを見せてもらう。
20100429b_01.jpg
さすがにバレンタインに何もしないと山田に警告する竹下。
山田も手作りチョコにチャレンジすることにするが、実は思いつき出来るほど
甘いものではなかった。阿鼻叫喚の末、どうにか手作りチョコを作り上げる。偉い。

学校では人目があるので夜に小須田の自宅で渡すと決意する山田。
一方の宮野も小須田の家に直接チョコケーキを持ち込むが、対応に出たお姉さんに
お裾分けのお返しだと勘違いされたまま受け取られてしまう。
相変わらず小須田姉はフラグクラッシャー。ww
可愛そうだけどまあ小須田本人も食べたんだから良いんじゃないかな・・・
山田も小須田宅前まで来たものの直接渡すことが出来ない。
テンパったうえでポストに放り込んで逃げ出してしまうが、名前も宛てもないことで
半ば不審物扱い。しかも怪しそうな細工。
20100429b_17.jpg
翌日、山田にチョコのことを聞いてみる小須田。山田は否定はするがバレバレ。
「かなり珍しい味ではあったけど全部食ったんだ。すごく一生懸命作ってあったから」
思わぬ小須田の男気にドッキリする山田だった。


「磨けエロパワー!こんな感覚、初めてなの・・・」
ある夜、山田の夢枕に立つエロ神に「近頃、エロパワーが落ちておるぞ」と指摘されてしまう。

と、言う訳でたまたま片瀬と三郷の会話から「ノーパン」というキーワードを得る。
エロで迫るならノーパン>>>>>ブラ見せ、という事でさっそく実践する山田。
セルフ羞恥プレイに戸惑いながらもエロパワーを充電していく。
20100429b_30.jpg
授業中にナニをする山田に気付いた竹下。さすがにこれは折檻。
これはドン引きされると警告する竹下だが、いまひとつ山田は納得していない。

二人になって確認してみようとする山田。
単刀直入に「ノーパンは好きですが?」と小須田に聞いてみるが、あまりの質問の
唐突さに言葉を失う小須田。まあ確かに脈絡なさ過ぎだな。
小須田の反応にやっぱりご開帳は見送る山田、もう帰ろうとドアの前に立ったところで
先に部屋を出ていた小須田と鉢合わせ。ドアの風圧で謀らずともご開帳してしまう。
油断したところで見られてしまった山田には精神的なダメージだけが残った。
20100429b_49.jpg
小須田はジョギングで悶々を発散するが、ティッシュ箱の山はなんだ?
ドジっ子まゆちゃんは小三のときにノーパン経験があるそうです。ww

次回はもう新学期。文化祭の美女コンでちょっとだけ登場した金城が再登場。

キスするまで半年以上、事故があったとはいえ一年進展がないってやっぱり進行が遅くない?
小須田が奥手なのもそうだけど、相変わらず山田も勢いだけで結局は攻めきれてないもんな。
変なプライドが邪魔しているのもあるけど。(チョコを人前で渡せないとか)
ところでノーパンになるにあったってちゃんと手入れはしたのでしょうか?ww

テーマ : B型H系
ジャンル : アニメ・コミック

けいおん!! 「夜のガールズトーク」

やっぱり女子高生くらいの女の子が大人の女性の話を聞きたいといったらこうだよね。

元ネタは第04話 「修学旅行!」から。
セリフはあの子供女子高生マンガから引用なんだけど肝心な子供がいない。
あずにゃんがいれば担当になっていたかも。ww
いよいよCD発売!

けいおん!! 第04話 「修学旅行!」

日常風景が京都近郊なのに修学旅行が何故か京都という大人の事情「けいおん!!」の第4話。
原作の掲載時期が一期放送開始直後くらいだったんですよねたしか・・・

ネタ「夜のガールズトーク」を追加。

ネタ「Angel Beats!「My Soul, Your Beats!」を律ちゃん伴奏でムギちゃんが熱唱」もどうぞ。
YouTubeに高画質PinP版もあります。

いそいそと旅の準備をする憂ちゃん。原作だと髪を上げるまで唯が自分で準備していると
思わせておいて・・・ってオチだけどアニメだと声で分かっちゃうんだよなぁ。おしい。

新幹線で京都へ向かう道中もテンション高い軽音部員達。さわ子先生も流され気味。
最も苦労しているのは和の手も借りられず、唯と律の面倒を見なければならなくなった澪。
20100427k_01.jpg
説明になると急にテンションが下がる律。それ以上に聞いちゃいねぇ唯。

まずは金閣寺を見学。
お嬢様だからなのか京都弁を流暢に操ったりお寺や史跡に詳しいムギ。
20100427k_17.jpg
ようやく宿に着いて一息付く。なにやら枕の堅さをチェックするムギ。
お食事タイム、唯と律はお菓子の食べ過ぎで食欲がなく。って、子供かよ!
申し訳ない程度のお風呂タイムに。髪が長い二人だからお尻も出ません。ww

一日目の就寝時刻、なんとムギが枕投げを始める。そのための事前チェックだったのか。
布団の上は一気に戦場になるが調子に乗ったところで見回りのさわ子先生登場。
強制的に消灯する時に報復として律を踏んづけ。ww
20100427k_33.jpg
しかし懲りない律はさわ子先生が退室するとすぐに点灯し枕投げを続ける。
そのうち疲れ切ってようやく就寝。みんな布団に入るが律の一言二言がツボにはまって
笑ってしまいなかなか寝付けない四人だった。

二日目は自由行動、相変わらず聞いちゃいねぇ唯。お前が一番危ない。ww
嵐山を目指す軽音部グループだが、なぜかまず楽器店見学。
付いたら今度はモンキーパーク。こういう時はムギも歯止めにならず引き回される澪。
しかしそれなりには楽しんでいるようだ。特にムギが。
20100427k_49.jpg
梓へのお土産も買って宿に戻る時間。
律の先導で駅に向かうが住宅街の中で迷ってしまう。
人に聞いても上手く駅に着かずテンパっていると和グループに出会う。
天の助けと駆け寄ってみると和グループも迷っていた。残念。ww
携帯電話のマップとかと合わせれば良いのにね。

紆余曲折あったがどうにか夕食には間に合ったらしい。
なんかいろいろと思い出しのツボにはまってしまっている澪。

軽音部メンバーのせいですっかり他の生徒にも「さわちゃん先生」と
呼ばれるようになったさわ子先生。まだ一晩見回りが残っていて大変。
20100427k_74.jpg
今夜も騒がしい軽音部メンバーの部屋を見回り他に回ろうとすると「お話ししよう」と誘われる。
最初は断るが結局はお菓子に釣られて・・・でも愚痴ばっかり。ww
そして寝付いていたら学年主任(?)の先生が部屋お扉を開ける。
そのまま一緒に寝てしまったさわ子先生を探しに来たらしい。

帰宅の新幹線の中、行きの時の唯と同じように膝の上のお菓子を落としてしまう澪。
思わず笑ってしまう四人、まわりはみんな疲れて寝てしまっているのに元気だな。
20100427k_95.jpg
次回 「お留守番!」
三年生のいない学校での梓や憂のいろいろ話。
やっぱり話数に余裕があるとこういった話が出来ていいですね。

今回も姫子ちゃん(仮名)が沢山登場してましたね。ww
かなりカサ増しされていたけどほぼ原作通りの修学旅行回。
澪がギャグのツボにはまる部分はオリジナルだけど、布団に入って誰かの
ギャグや寝言で笑えて眠れなくなるとかそれっぽくてよかった。
本当に「けいおん!!」ってオリジナルパートも安定していると思う。

そして全編にわたって軽音部の誰というわけでなくみんなの表情がスゴク良くて可愛い。
それでもあえて言うと、ムギがいつもは唯や律の脱線に賛成して付いていく役なんだけど
今回の枕投げに限っては自分が(事前確認までして)率先して行動する。
きっと家柄的に京都自体は慣れているんだろうけど、旅行前から「噂に聞く枕投げ」を
このメンバーでやってみたくてしようがなかったんだろうなぁ・・・。
いよいよCD発売!

テーマ : けいおん!!
ジャンル : アニメ・コミック

迷い猫オーバーラン! 第04話 「迷い猫、脱いだ」

脱いだというより最初から脱いでる、唐突に温泉回の「迷い猫オーバーラン!」の第4話。

サークル活動の打ち合わせの成り行きで梅ノ森家の温泉施設にやってきた一同。
女子はキャッキャッウフフで温泉施設を楽しみ、男子は覗きトラップで山に飛ばされサバイバル。
20100427m_01.jpg
さらに一人はぐれてしまった巧は雨で足を滑らせ気を失ってしまう。
そこに差し伸べられた手。

文乃達が卓球に勤しんでいる裏で目覚めた巧を介抱していたのは「竹馬園 夏帆
(ちくまえんかほ)
」という少女だった。千世とは面識があるという。
雨で山小屋に閉じ込められた濡れた男女となれば、起きるイベントはこれしかない。
裸で暖め合うことになる。なんか家康と大吾郎にも似たようなイベントが発生しているが・・・
20100427m_16.jpg
そんなこんなで雨も上がり無事山を下りることが出来た男子一同。
オマケのハッピーエロもあったりして。

帰宅の途につくヘリの中で騒ぐ文乃達を余所にちょっとアンニュイな千世。
親が忙しくて同行できなかったのが原因なのか?実は寂しんぼう?
20100427m_28.jpg
そしてそのヘリをSP達と見送る夏帆は何を思うのか?
次回 「迷い猫、泣いた」

結局は夏帆の出現イベントだったということかな。
冒頭から巧や千世達のことは監視していたみたいだから、迷ったというのも
狂言ぽいけどあそこまで巧に迫った理由はなんだったんだろ?
まあ今回はそれ以外にあまり意味のある内容ではなかったな。
話のネタ的にもテンプレで単調な感じだったしなぁ。

テーマ : 迷い猫オーバーラン!
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告