FC2ブログ

みつどもえ 第13話 「丸井さんの家庭の日常」 (終)

日常と言っても熱を出したりいろいろ日常じゃない「みつどもえ」最終話。
と言っても来年初めからの分割二期が決定しておりさほどの感慨はないけどね。

風邪っぴきのふたばだが、無理して登校。
なぜか不気味オーラを放つふたばを「三女さん」と挨拶する千葉。
それどころかなぜかチクビまでふたばに懐く始末。
ヤキモチを焼くひとははついふたばを突き倒してしまうが、
チクビからの思わぬ反撃にショックで自分もダウン。
20100926m_01.jpg
保健室で一眠りしたら全開するふたば。
逆に熱が出てしまい早退することになったひとはが教室へ戻ってくると
予想に反するうるうる美少女ぶりに男子一同ひとめぼれ。
花粉症とか紅潮して目がうるうるしている女の子が可愛く見えるってあるよね。
本人はそれどころじゃないけど。ww

橋の下で捨て猫を見つけた三姉妹。
草次郎に家で飼いたいと願い出るとなんだかんだ言って飼えることになる。
さっそくエサを買い込んで猫を拾いに行く三姉妹だったが、すでに猫は箱ごと
姿を消していた。大ショックでエサを袋とお盆でのループをさせるみつば。
20100926m_16.jpg
そんなみつばを慰めるために一計を案じるひとはとふたば。
ふたばに猫の真似をさせてみつばに甘えさせる作戦。徐々に猫になりきるふたば。
鼻噛んだティッシュを口にくわえたり微妙に汚ねぇ・・・
みつばに甘える猫ふたばが面白くないひとはは、マタタビ粉でふたばを引き寄せて満足げ。

その時、草次郎があの猫を連れて帰ってきた。猫を拾ったのは他でもない草次郎だった。

ガチレッドの人形。首が飛んで攻撃って・・・www
さっそく入手して首を飛ばすと猫が追っかけて冷蔵庫の下へシュート。(終~了~)
20100926m_29.jpg
家庭訪問週間。丸井家を前に憂鬱な矢部先生。
案の定、草次郎がおらずみつばの反応は冷徹。
しかしここでも猫が登場、矢部先生はなごむなごむ。

ここで草次郎帰宅、時間は聞いていたけど用件は聞いておらず、猫を可愛がる
矢部先生の声と、その猫を取り上げるひとはの会話から娘が襲われていると勘違い。
外からバットを取り出してきて殺意を振りまきながら二人を追う。
一方の矢部先生も相手が強盗だと勘違いしてひとはを連れて部屋へ逃げ込む。
20100926m_40.jpg
少しは男気を見せて強盗からひとはを守ろうとするがすぐにベッドへ逃げ込んでしまう
ヘタレな矢部先生。ここでようやく草次郎が父親だと分かって挨拶をかますが、
「変態」から「変態教師」になっただけで事態に変化はなかった・・・(いや、むしろ悪化)

商店街の福引きで遊園地のチケットを当てたみつば。
しかしチケットは二枚、だれと行くべきか頭を悩ます。
ひとはとふたば、どちらも一長一短で流れ的にひとはは行きたがらないだろうと思ったが
意外にもガチレンジャーショーがあると言うことでひとはも行きたいと言い出す。
ここで杉崎と遊ぶといって身を引く決断をするみつば。
20100926m_58.jpg
翌日の学校で杉崎は北海道へ行くと言う。そのため一緒に行くようなフリをするみつば。
ここでこのチケットはペアチケットで4人行けることを知らせるひとは。
それを聞いたふたばを真ちゃんを誘おうと言い出す。姉の心妹知らず。

と言う訳で当日、準備をする草次郎、ひとは、ふたばを見てられずひとり外へでるみつば。
しかしちゃんとみつばが遠慮していたことに気付いていた草次郎達。
土手でみつばを誘う草次郎の手には三枚分のチケットがあった。
20100926m_64.jpg
イイはなしだなぁ~。
エンディングの弾き語りも今回のエンドにはピッタリ。
で、最後のオチも。ww

チャンピオン掲載だし初期の話のせいでもっと汚ネタ系が多くなると思ったけど
意外と誤解が誤解を生むすれ違い系のギャグアニメとなってそちら方面で笑えました。
もちろん変態ネタは少なくなかったですけどね。
そして今回最後のエピソードのようにSだというみつばが意外と良い人だったり
良い姉だったりといい話系にしてみたりして。
ひとはも単に取っつきがたいと言うだけで酷い子でも無いし。
(でもなぜか矢部先生には今回冷たかったな、ガチを卒業したからか?)
むしろ周囲の方が真の変態だったり。(松岡とか好きで隊とか)

分割二期と言うことで直ぐに放送が再開されるのでまた楽しみは尽きません。
スポンサーサイト



テーマ : みつどもえ
ジャンル : アニメ・コミック

セキレイ~Pure Engagement~ 第13羽 「真実ノ絆」 (終)

塔で戦いを繰り広げる定番のクライマックス「セキレイ~Pure Engagement~」の最終羽。

皆人と結が最上階目指す中、ガードシステムや爆破を止めるために奮闘する松と草野。
しかし松がいよいよピンチというところで瀬尾一派のヘルプが入る。
瀬尾は氷餓の依頼でM・B・Iの隠しデータを火事場泥棒するように依頼されていた。
響と光がガードロボを押さえ込んでいるうちに松は氷餓へのデータ転送を始め、
どうにかガードシステムも沈黙させることに成功する。
20100926s_01.jpg
しかし停止したガードシステムには更なるトラップが仕掛けられておりガスを出す。
松は瀬尾達に草野を連れて脱出するように指示すると自分は爆破の停止作業を続ける。
脱出する瀬尾達だが草野は抱える瀬尾が僅かにふらついたスキをついて松の元へ戻る。
爆破装置の解除を続けていた松の頭上で崩れ落ちる天井、ギリギリで草野が間に合う。
しかし先に倒れてしまう草野、松も全ての装置を何とか解除するが画面上に現れた
The third stage began to move.
というメッセージを目にしたところで意識を失ってしまう。

爆破が止まったところで屋上に到達する皆人と結。
どうにか間に合って緊張感がない挨拶を交わした後に目的だった治療方法の記録された
メモリを受け取る。しかし爆破は止められたが既にビルは倒壊寸前。
御中は自分だけロケットで脱出してしまう。相変わらずヒデェ。
20100926s_20.jpg
下界では自分達は自由になったと歓喜のモブ。
しかし既に乱闘後で多くの葦牙と鶺鴒が死屍累々。

データを受け取りタワーの倒壊を見守る氷餓と柿崎。
さらに通りかかったユカリになにやら目を付ける氷餓。好み、って訳じゃないよね。

どうにかタワーからの脱出に成功する皆人と結。
しかし瓦礫中には月海達が倒れていた。意識を取り戻すが来るなと言う。
間に立ち塞がるのは鴉羽。「あたしはまだ楽しんでない」と結に刀を向ける。
20100926s_30.jpg
受けて立つ結だったが鴉羽との実力差は明確。頭上を取られ切られたと思った瞬間
どうにか白羽取りしていた結。しかし力はつきようとしていた。

割り込んで結を庇う皆人ごと切りつけようとする鴉羽に攻撃する月海。
風花、篝も手伝うがジャマだと矛先が彼女たちに向けられる。
20100926s_40.jpg
突然、結にスイッチが入り「絆を信じなさい」と何者かが皆人に語りかける。
そして目を覚ました結が「皆人さんの力を下さい」と唇を重ねる。

強い光を放つ鶺鴒紋、新たな力を得て鴉羽に向かう結。
結の拳と鴉羽の刀が交錯、結が見事に鴉羽の刀を砕く。
が、ここで力尽きてしまう結。再び庇う皆人をさらに庇うように月海達が立ちはだかる。
20100926s_50.jpg
ここで刀を引く鴉羽。

エンディング&後日談。
倒壊したタワーの撤去作業の監督をする高美。「M・B・Iは安全第一」って・・・www
鈿女に花を手向ける千穂、治療は成功したらしい。良かったなぁ。 つдT)
タワー発動に連鎖した第三段階の開始を唯一知る松。なにやらアイテムを見つめる。
その松、どうやら隠しプログラムを見つけた時に脱出ロケットの軌道を衛星軌道で
固定したらしい。そのため御中はしばらく地上には戻ってこれず。
20100926s_60.jpg
懲罰部隊もしばらくの間は開店休業状態。しかし結に折られた刀を見てほくそ笑む鴉羽。
M・B・Iのデータを得てしてやったりの氷餓だが瀬尾の機転で似せデータを掴まされていた。
鈿女の件を考えればザマーミロだね。

日常に戻り相変わらずの出雲荘。
結や月海だけでなく草野まで赤面するようなことってなにやらせてんだろ風花。ww
こういった場合には当然、美哉のストップが入る訳だが。
20100926s_70.jpg
(無事?)地上に戻る御中。「結局、アレを手にするモノは居なかった」と
先ほど松が見ていたものと似たようなオブジェ。よく見ると一本だけではない上に
球体の下には数字が浮いている?松が持っていたのは「8」。

御中の高笑いの中で続編フラグを立てまくりつつ終了。

終わり方のパターンが一期と同じ。www
やっぱり戦いを締めるのは結でした。しかも相手も同じ鴉羽。
違いと言えば結女がそのまま表に出続けなかった事くらい。
そのため結のチートは一瞬だったわけですが。

いずれにしてもまた1、2年空けて第三期狙いですね。アニメは大当たりとは
言えないけどスクエニ的にも看板作品のひとつだし手堅い作品と言えるから。
また粛々と再会を期待します。
キャストとスタッフの皆様、ひとまずお疲れ様でした。

テーマ : セキレイ ~Pure Engagement~
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告