FC2ブログ

SUPER GT合同練習日を見に行った

昨年まで短縮されていた距離が再び戻ったSUZUKA POKKA 1000Kmを前に
静岡県御殿場の富士スピードウェイでSUPER GTの合同練習があったので
見に行ってきた。
500クラスはかなり参加していたけど300クラスは半分くらいの参加と
言った感じでしょうか?初音ミクもイカ娘も残念ながらいない中で
目立っていたのはDIJON Racingのコルベット。w
あとはエヴァ紫電くらいですね。他はコミケ優先か?
SUPERGT
HONDA HSVがフロントから入れた空気をサイドへ逃がすといった独特の
デザインとなっているけど、ちょうど起こして面白い構図となっていたので
写真に収めてみました。

そして最近のレースで結果を残しているトヨタドライバー達(脇坂選手、
伊藤選手、立川選手)は比較的和やかな雰囲気でした。

以前はレースウィークの金曜日が練習日となっておりピット裏などに入っていける
雰囲気がとても好きだったのですが、景気が悪くなって土日のみとなってから
なかなか行くことも出来ず、合同練習日も結構直前にスケジュール発表されるので
予定が合わなかったりして久しぶりでした。
ピット裏のガスの匂いとか沢山並べてあるタイヤとか、監督やドライバー達の
雰囲気から調子などが見えたりしてやっぱり楽しい。

来週はいよいよ鈴鹿本番。御殿場は比較的涼しかったけど、天気予報では
夏日で暑くなることは必至。スプリント耐久の激戦が楽しみ。




スポンサーサイト



ココロコネクト #06 「気づいた時には また始まっていたという話」

新シリーズ、「キズランダム」は姫子が中心? 「ココロコネクト」の第6話。

人格入れ替わりが落ち着いて三週間、平穏な日々を送っていた文研部の5人。
でもバタバタとしているばかりで太一と伊織の関係は進んでいない。

部室でたわいのないやりとりをしていた太一と姫子。
突然姫子が立ち上がりおもむろにシャツのボタンを外して太一に迫る。
20120811k_01.jpg
自分の胸に太一の手を誘う姫子、驚いた太一が椅子から落ちたところで
太一が押し倒された形となるがそこに唯と義文がやって来た。
大きな反応をするまでもなく太一から離れてシャツを直す姫子、
激しく興奮して机を真っ二つにする唯。
しかし自分の手が出血していることに唯が怯える姿は尋常ではなかった。

伊織もやって来て事情を把握する間もなく部屋を後にする姫子。

その夜、何かの声に思い立って伊織に連絡を取ろうとする太一。
玄関で妹の莉奈に捕まっていると、逆に伊織から連絡が入る。
なにやら伊織も急に太一に連絡が取りたくなったという。
興奮した感じで話し出す伊織だったがすぐに落ち着いた調子に戻る。

互いになにかおかしな事が起こっているのではないかと感じる二人だが、
キスをした時の気持ちに変化がないか確認する伊織に、変化はないと
はっきり答える太一。甘酸っぱいねぇ・・・
20120811k_20.jpg
翌朝、教室に入るなり太一に近付く姫子。
唯と義文が補導されたという。状況が分からないところで困惑するが
意外にも情報を持っていたのは麻衣子だった。
どうやら他校の男子生徒に絡まれていた女子を唯が助けたのだが、それが
過剰防衛で警察に連れて行かれそうになった所を、義文が食ってかかった
ために二人とも補導されたということらしい。
父親がそこそこ階級の高い警察官だというコネクションを露わにした
麻衣子に妙に親近感を持つ姫子。後の標語がww

大事にはならないだろうということだが、男嫌いな唯が他校男子に
食ってかかるといった事態を重く見た姫子達。
そこにフウセンカズラが現れて頭の中で声が聞こえるとそのとき自分の
したいことをそのまま行動に移してしまう実験を始めていると説明する。

文研部の面々の反応が面白すぎるから今度は欲望の解放をしようという
フウセンカズラ。
なにが起こっているかということだけはようやく判明した訳だが・・・
20120811k_41.jpg
麻衣子の情報通り注意で済んで大事には成らなかった唯と義文。
だが唯は学校を休んでしまっている様子。
義文へ事態の説明をする姫子、思い起こせば唯が机を叩き割ったこと
姫子が太一に迫ったこともすでに影響を受けてのこと。
と、言いかけたところで太一の口を塞ぐ姫子。ww
「たまったま、エロい画像を見つけてしまったんだ!」と説明する姫子。
「どこまでやろうとしていたのか私にも分からん、ただそんな大層なことを
 しようと思った訳ではない。そう思う・・・経験無いし・・・」
ここで思わず処女宣言。ww

話を戻して、人格入れ替わりと違い自制が効かずに第三者へ影響を与えてしまう
可能性の強い欲望解放の危険性を説く姫子。
感情の起伏を押さえることと、適度なガス抜きを対応策だとアドバイス。

互いの協力も約束し教室へ戻ろうとするが、姫子だけは部室に残り
「私、どうしたら良いんだろう・・・」と呟く。

その夜、再び太一に連絡する伊織はしばらく距離を置こうと言う。
欲望解放という異常な状況で二人の関係が進んでしまうのは賢明では
ないからという。
一方で自分の心にまだ自信がないという伊織は欲望解放が本当の自分を
見つける切っ掛けになると期待しているともいう。
そういった客観的な視点を持つ伊織も伊織らしいと太一。
納得した様子で電話を切った伊織だったが
「今度こそ、うまくやらなくちゃ・・・」と独り言。
20120811k_61.jpg
次回 「バラバラと崩れる」
本音をぶつけ合って輪が乱れる?

「キズランダム」編の新エンディング「Cry out」。
やっぱり姫子中心のシリーズのようですね。

なんにつけても姫子の黒いブラのチラ見えが素晴らしすぎて。w
たまたまエロ画像を見ていうけど、太一で自慰ったことがあるなら
ふと太一に抱いて欲しいなんて事もあながち本能であることも。
それにしても唯は欲望解放すると暴力的に。
しかも力加減が利いてないみたいだから自分も他人もおっかない。
うる星やつら(AA)」の飛鳥みたいなものか。

唯に限らず自制が利かないという非常に危険な状態。
物語はどう進むのか期待。












最新記事
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告