FC2ブログ

中二病でも恋がしたい! #07 「追憶の・・・楽園喪失(パラダイス・ロスト)」

一気にシリアス展開へ突入。「中二病でも恋がしたい!」の第7話。

夏休み、十花に請われて六花と共に田舎へ同行することになった勇太。
さらには森夏、くみん先輩、早苗にオマケの誠。
すっかりくみん先輩のお気に入りというか取り巻きというか・・・
20121114c_01.jpg
ゲロ騒動など森夏がまとめてwwどうにか到着。
でも、道中六花の雰囲気がおかしいのも出迎えた祖父のようすからもうかがえる。
双方にあまり相手を歓迎していないみたい。

挨拶もそこそこに海に出る一同。
森夏は予想通り、くみん先輩は水着も清純派、早苗はペタンコ、
六花は大きくないけど想像以上に膨らんでいるぞ。w
20121114c_14.jpg
海岸から勇太を誘い何処かへ行こうとする六花、しかし十花に押さえられてしまう。

十花から父親の死のこと、それを六花が受け入れられていないことを聞く勇太。
20121114c_28.jpg
それでも勇太は六花の味方となって六花の求める場所へ行こうと協力する。
抜け出そうとした窓口で十花のトラップに引っ掛かり対峙することとなるが
なんとか脱出。勇太と六花は目的の場所へ向かう。

目的の場所とはかつて六花が十花と両親とで暮らしていた家。
しかしそこは既に空き地となっていた。
20121114c_46.jpg
ひとつの現実を前にした六花、その現実を打ち破るために十花と対峙する。

くみん先輩の余所行き着の白へのこだわりが素晴らしい。
軽井沢とかバッチリですね。(←古いイメージw)
それに反して森夏はいきなりゲロまみれってキャラ落とされすぎだろ。
ここまで来ると悲惨としか・・・

後半、いろいろな六花の背景が明らかとなり一気にシリアスな展開へ
突入する訳だが、中二病が現実逃避だとするのならあまりにも悲しい。
そして祖父との確執となり、色々とストレスに晒されていたために
さらなる現実逃避になっていたのでしょうか?

と言ってもやっぱり受け入れて乗り越えなければならないのも事実。
六花はどうなるのか次回も目が離せない。








スポンサーサイト



テーマ : 中二病でも恋がしたい!
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告