fc2ブログ

じょしらく 単行本第5巻OAD 「台無屋」ほか

テレビアニメの続きを単行本のOADと講談社定番のパターンに乗った
単行本第5巻限定版の「じょしらく」。

構成はまるっきりテレビ版と同じで、楽屋トーク二本と間に都内観光の
計三本構成という作り。

「台無屋」
オチの手前で拍手をされて怒り心頭の魔梨威さん。
しかし当人も散々いろいろなタイミングを外してきた張本人。w
20130212j_01.jpg
メトロノーム催眠で一応治療は出来たようだけど、手虎の突然の
解除で大怪我をしてしまう。実は原因は不整脈にあったというが・・・

「三軒本屋」
やって来たのは神保町、となれば先ずは挨拶って・・・小学館かよ!ww
集英社は軽く触れただけで講談社のある護国寺へ。
いや、最初から護国寺へ行けよ。w
20130212j_19.jpg
講談社の成り立ちなど詳しく解説。ここはちょっと勉強になりました。
ちなみに力石徹ってこのブログを読んでいる人なら名前くらいは知っている?

「びっくり集中」
練習に集中しすぎた木胡桃、集中しすぎで顔の部品がセンターに。w
で、リラックスして直そうと試みて顔は戻ったものの集中線が消えない。
20130212j_41.jpg
集中することの危険性を説く苦来。背景ww
時代は分散力だと・・・いつも首都機能も分散とか言うしね。
でも個室になってさらに集中してしまった木胡桃、病院の集中治療室で
どうにか回復は出来たけど、魔梨威の背景は取りようがありませんでした。


一本締めとか地方とかによって差があるので注意が必要ですね。

神保町は昔の仕事場が近くて冒頭に出てきた「キッチンジロー」とか
「いもや」とかにお世話になりました。もちろん各書店にも。
でも秋田書店は・・・・?

ネットで「なんにでも集中線」ってネタを以前見て結構面白かった記憶が・・・
その辺のネタってどっちが元か分からないけど繋がっているんですかね?

そのままテレビアニメのノリで視聴できて面白かった。
あえて出版社ネタを持ってきたのもテレビよりもコミック購入者の方が
ネタ的に分かり易くて狙ったのかな?
シリーズ化して是非次巻でも特装版をお願いしたい。

ちなみに本誌の方は一番頭にテレビ版最終話のウザンヌ回でした。












スポンサーサイト



テーマ : じょしらく
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告