FC2ブログ

ビビッドレッド・オペレーション #11 「つたえたい想い」

検査の時はやっぱり裸に剥かれたんでしょうか?
ビビッドレッド・オペレーション」の第11話。

「うそつき!」
あかね達がビビッドチームだったことを黙っていたことを責めるれい。
このへんはお互い様だという気がするけどね・・・

軍に連行されたれいはいろいろ調査される。
異なる世界から来たこと、アローンの誘導灯となっている事などが
明らかとなり「処分」を言い出すお偉い人も。
20130322v_01.jpg
あかね達はれいの行動には何らかの理由があることを常々の会話の中で
感じ取っていたのに話を充分に出来なかったことを憂い、さらに誤解を
解くために変身してれいのいる場所へ飛ぶ。
あかね達の行動に気づいた天城中尉、見守ることに。イイハナシダナ~。

れいの監禁されている施設へ侵入するビビッドチーム。
あおい達は雑魚wを押さえてあかねを送り出し、あかねはれいの元へ
辿り着くものの最後にシールドに苦戦する。
自分の身に衝撃が走るのに何度もシールドを破ろうとするあかねの姿と言葉に
ついにシールドの破壊と共に疑惑の心も砕かれる。

あかね達の行動を支持していた博士と局長も合流。
でもここには例のカラスも現れる。
示現エンジンを持つ世界の資質を問う存在として、れいを処分するような
世界であれば即失格にしていたとネタバラシ。
「では合格か?」と問うと結局他の世界を一切認めないと言い出すカラス。
20130322v_20.jpg
れいの矢を回収するといってパックン!!!
カラスそのものが巨大化してアローンとなる。

次回、最終回 「ビビッドレッド・オペレーション」

一色博士が見た目のわりにすごい人格者だ。
偉いさん達が即座に処分とか言い出しても、心を持ちあかね達の
友達であるれいを庇うなんてそうそう即断できるもんでない。
そういえば今回は天城中尉もイイ役でしたね。

一方、代弁者たるカラス。
目的を完全にはき違えというか、長い時を経て要らん学習をして
しまったというか・・・
こうやって滅ぼしては生き残りを他の世界へ送り、を繰り返して
いたのでしょうか?

で、れいを飲み込んだシーンは衝撃でしたね。
ちょっと「ヱヴァンゲリヲン(AA)」で使徒にレイが0号機ごと
食われたのを思い出した。そのあとの巨大化はセカンドインパクだし。w












スポンサーサイト



テーマ : ビビッドレッド・オペレーション
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告