FC2ブログ

物語シリーズセカンドシーズン #21 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹」

今回は総集編は挟みませんでした。
新章開始の「物語シリーズセカンドシーズン」の第21話。

新年、京都にいた貝木。
初詣などらしくないと思ったが、どちらかというと人間観察が目的らしい。
そんな貝木にひたぎから電話がかかってきた。
貝木相手に「あなたに騙して人間がいる」と依頼があった。

てきとうに沖縄にいると答えたものの、沖縄へ行くというひたぎとの
成り行きに興味が湧いた貝木は沖縄へ飛ぶ。
20131123m_01.jpg
互いに偽名でのやりとりのため空港の喫茶店で目印となる眼鏡をかけて
待ち合わせることになるが、すでになにかの勝負が始まっているらしい。
そして先に勝利したのはカジュアル貝木。

で、本題。
騙して欲しい相手は蛇の神力を得たラスボス千石撫子。
20131123m_14.jpg
贖罪や温情、報酬に訴えて貝木の説得を試みるひたぎ。
しかし贖罪や温情で動くはずはなく報酬もいくらかかるか分からない。
自分の体でもと最終的にひたぎは訴えるが・・・

ここで貝木のシンキングタイム。
そのままひたぎの要望に応える筋はまったくなかった。
しかし、ひたぎ→暦から臥煙の姪の駿河に繋がりそこになんらかの
理由が見いだせたことで貝木は撫子を騙すことを請け負うことに。
20131123m_29.jpg
BD発売が来年6月からって気が遠くなる・・・

ラスボス撫子に対抗するために少しでも怪異の専門家に頼らざる得ない
ところから貝木に頭を下げるひたぎの話から始まる。
何のつもりか鼻眼鏡(しかもバリエーションまで変えて)で迎えるが
アロハでカジュアルな恰好の貝木に瞬殺でwww。
けっこう貝木という男はTPOの切り替えが上手いのかも。
そもそも詐欺師というのは頭の回転が早くないと出来ないものだし。

でもこんなに水の掛け合いを店内でされたら店も迷惑だよなぁ・・・

撫子に対して貝木がどう動くのかちょっと楽しみなシリーズです。












スポンサーサイト



テーマ : 化物語
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告