FC2ブログ

甘城ブリリアントパーク #12 「未来は誰にもわからない!」

逆転の一手は熱意と人の繋がりだった・・・と、思ったけど・・・。
甘城ブリリアントパーク」の第12話。

50万人達成のための切り札だったサッカーの試合が始まったのに
入場者は250人以上も不足していた。
チケットを購入したのに来ていない客が予想以上にいたためだった。
残りはあと三時間・・・
バス停や駅前で入場無料でもと声をかけたり福祉施設などに
電話営業をかけたりしたが結果は芳しくなく監査人の
「そろそろ終わりにしてイイんじゃないんですか」と無情の声が。
20141218a_01.jpg
飛び込んで来たモッフル達、さべーじのタカミちゃんや身内、SNSのフォロワー、
取引先など個人々々の繋がりのある相手にお願いをする。
西也も第8話に登場した女リーダー「寺野睦美」に恐々ながら電話をする。

残り一時間を割ってあとは天命を待つのみの状態・・・
タクシーが乗り付けてきてタカミちゃんを始めとする人達が続々と現れる。
特にティラミーは身を切りすぎ。ww
20141218a_21.jpg
残り十分であと8人、睦美や香苗その他で5人プラス。
残りは3人で頭打ちとなり残り1分。

もうダメか・・・と絶望感漂う中でゲートの向こうを3組の母子が通過する。
その子供達がいすずを見つけるやいなや「オンナだぁ~!」とまっしぐら!!ww
逃げないように捕まえられたいすずに向かってゲートを飛び越える子供達、
これでちょうど50万人を達成した瞬間だった!
結局、お母さん達も含めて50万と3人の入場者をカウントすることになる。
20141218a_41.jpg
大歓喜の一同。
流石に腰が落ちた西也に手を差し出して「西也、認めるフモッ、お前はパークの
救世主だモフ」とモッフル。立ち上がった西也に精霊達が抱き付いてもみくちゃ。

皆の前に立ち今日の動員数の発表をして「今日でお役御免だ」と西也。
そして最初は酷いパークだったが最後に達成することが出来たのは
皆の力だったと礼を言う西也。らしくない態度に笑いが起きる。
さらに売却した土地の買い手が世界的なスーパーでこれから営業的に
後押しになると追い風の情報も伝える。
20141218a_61.jpg
盛り上がる会場の端で栗栖を見つける西也が駐車場に向かうと物陰から
出てきた栗栖が「さすがは信託で選ばれた勇者殿だ」と声をかける。
西也の魔法のことやラティファの呪いのことも知っている様子。
「一度与えられた希望が奪われる時、それこそが甘美な絶望の味よ。
 我はそれこそを味わいたい」と霧となり姿を消す栗栖、遅れて現れた
いすずとモッフルも栗栖が呪いをかけた魔法使いだったと知る。

あと10分でラティファは一年間の成長と記憶がリセットされる。
いすずにお礼と「出来たら明日からも私を支えてあげて下さい」と
モッフルには「オジサマ、お酒はほどほどにね」と言葉を残し最後に
「では、お元気で」と別れの言葉を伝える。
なかなか手を離せないモッフルをいすずは引きはがすように連れて行く。

ラティファは残った西也に改めて笑顔でお礼をするが
元気の無い西也を見て堪えていた涙がこぼれだしてしまう。
そして西也に会えたこと素敵な奇跡が起きたことを忘れてしまうことを
本当はイヤだと本音を吐き出す。
子供の頃に見たラティファの涙を思い出してつい抱きしめて
「今の俺にはこれくらいしかしてやれない」と西也。
そして秒針は刻々と残り時間を削り・・・
零時を指したところで頭上で花が開花、光る花びらが周辺を飾る。
20141218a_71.jpg
いすずとモッフルの元へ眠ったラティファを抱え連れてきた西也は
「また、ダメだった・・・今夜も俺は・・・」と呟く。

目を覚ますラティファ、「蟹江様・・・?」と西也の名を呼ぶ。
ラティファは記憶リセットをせずに乗り越えることが出来た。
喜びに言葉も無く震えるモッフル。

アニムスを養分として開花する気が満開になるほどのゲストの喜びを
得たことが結果としてラティファの呪いを緩和したのではないかといすず。

西也は支配人の腕章と制服を整頓し執務室を後にする。
裏口で「今日でおわりね」と声をかけるいすずに「せいせいしたさ!」と
西也だったが寂しそうないすずを見て何かを言いかける。
しかしなにも言うことなく自転車に乗って帰路につく。
道中、いろいろと思い出す西也。
20141218a_81.jpg
自宅でグッタリとする西也、帰ってきた藍珠にバイトを辞めたことを伝えると
「勿体ないなぁ、バイト始めてから何か楽しそうだったから。
 あんた自覚無いの?」
と、言われる。

翌日、二日酔いでグッタリするマカロンとティラミーに元気な妖精達。
準備を始めていると「怠けるなんてもっての外だ!!」と西也。
「気が変わった」と支配人継続宣言。
執務室で着替えて気合いを入れた所に現れたいすずはビックリ。
そんないすずにスケジュール確認をして執務室を出る。

迎えるラティファに「続けるよ、ま、問題が全部解決するまでつきあってやる」と
改めに継続宣言をしてキャスト達の前に立つ。そして開園宣言!!
20141218a_91.jpg
カウントをゼロにして新しい一年が始まる。

次回、最終話 「PVがつまらない!」。
こころなしか予告のテンションが高いのが草。
本来は今回が最終話で次回はオマケエピソードかな??

残りの250名を個人的なツテを使って集めるのは予想できたけど・・・
香苗ちゃん達の再登場まであるとは。
でも呼び出すのはやっぱりリーダー格の女の子なんですね。

そして予想できなかったのが最後の3人があのエロガキ共だった件。ww
奴らの運動能力なくして時間ギリでの入園は成り立たなかったかもね。

で、原作では来場者を達成して栗栖=魔法使いに悪態をつかれて
結局ラティファは記憶をリセットされてしまうことになるけど、アニメでは
回避にも成功してまた次の一年があると言っても取りあえず大団円。
(絶望させられると考えていた栗栖はどう思っているんだろうな・・・?)

でもアニムスが充分以上ならラティファの呪いまで軽減できるんなら
今までももっと頑張っていろよと・・・w

当面の資金の目処はついたとはいえ30円セールも終わらせて
週1万人ペースを確保しなければいけないこれからが本当の勝負。
マク○ナルドが低価格路線で一時的に経営回復したけどその後に
客単価を上げるのに苦心したのと同じ事になりかねない。
(雇われ経営者だと回復した部分だけど評価されるからね・・・)
残された呪いの件も含めて、その辺はアニメなりにも続きができる
余地があるということで期待します。

アニメにそったコミカライズ版と4コマが二ヶ月連続リリース。












スポンサーサイト



テーマ : 甘城ブリリアントパーク
ジャンル : アニメ・コミック

デンキ街の本屋さん #12 「隠者の書庫」ほか <終>

最後にもセンセイの女子力ネタ。「デンキ街の本屋さん」の第12話。

「隠者の書庫」

飲み過ぎたセンセイが自宅まで持ちそうにないので途中で降りて海雄のアパートへ。
センセイを部屋に入れる前に色々と隠蔽工作をする海雄。
40秒でどうにか出来るなら大したことないな・・・
20141218d_01.jpg
海雄が優しく介抱してくれるのでちょっと調子に乗って要求をエスカレートさせるセンセイ。
あたまを撫でて貰ったり膝枕をしてもらったり・・・

酔いが収まってきた所で計らずとも海雄がいろいろ隠した所にニアミス。
20141218d_21.jpg
すべて隠したつもりだったのに「お尻クッション」が出しっ放しだったことに気付いた海雄。
気付かれないように隠そうとするがセンセイを押し倒すような体勢になってしまう。
センセイの意外にあるおっぱいに目を奪われ手を伸ばした先はお尻クッション。
良い雰囲気だったのにぶち壊しでセンセイに没収された。
別にイイじゃん、彼女って訳でもないし・・・

「桜が咲いたら」

みんなで集まってコスプレ花見会。
大抵こういった集まりには参加しているつもりんは海外サイン会で欠席。
代わりにちゃんとコスプレしたGメンさんが参加(ソムリエにご招待)。
マメに楽しそうに動き回る海雄。
一方、微妙に雰囲気のソムリエと腐ガール。
20141218d_41.jpg
盛り上がってきた所でなぜかつもりん登場。
海外サイン会は台湾だったので日帰り強行軍だったらしい。

カントクが自分を誘ってくれなかったという怒りからいつも以上に飲みに走るつもりん。
速攻でカントク、海雄、ソムリエをノックアウトしセンセイやひおたんにも絡む。
だいぶんアカン人や・・・w
20141218d_61.jpg
つもりんも寝た所で飲んでいないカメ子と酔いから回復した海雄が
ゆっくりと飲み直す。
海雄がいろいろとまわりに気を使っているのを見て
「あんまり空気読んでいると自分が空気になってしまいますぞ」とカメ子は
席を離れる。「カメ子さんのことも見てますよ!」と声をかける海雄。

入れ替わり絡んできたセンセイは強引に膝枕要求。
みんな寝てしまっている中で桜散る穏やかな時間が過ぎる。
20141218d_81.jpg
「Welcoming morning」

馬の骨の他のスタッフさん達の朝礼の様子。
「○○には勝てなかったよ」ポーズは明らかにおかしいだろ。
女性店員もいるのに。w

順番は違ったけどエンディングは名作マンガ一挙公開のロングバージョン。

家は圧倒的に本とDVDなので絶対に短時間で片付けるとか無理。w
枕とかフィギュアとかは無いけど。

電車で酔っ払いと言えば大晦日に近くにいた人がヤバくて今回の
冒頭に登場したオジサンみたいな気分でした。
いやぁ、本当に迷惑。
飲み方を考えて欲しいと言っても飲む人には無理なんでしょうね。
でもセンセイも外じゃ無くてなんでトイレに飛び込まないかな・・・?

花見や飲みの席ではあまり飲めないのでわりと海雄的ポジション。
でもこんなに女の子達にモテないけどね。 orz

若い子達ばかりの職場で微妙な恋愛感情渦巻く中で結局進展したのか
していないのかという感じで終わってしまいましたね。
なんか後半は殆どセンセイの女子力ネタ+αみたいな話だったし。
アキバの本屋さんを舞台(半分くらいだけど)とした日常系で原作も
まだ完結はしていないようなのでこんな感じでしょうかね。

とにもかくにもスタッフとキャストの皆様、お疲れさまでした。

BD/DVDにはamazon限定版オリジナル2L型ブロマイド付きの設定があり。












最新記事
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告