FC2ブログ

生徒会役員共* 第16話(OAD)「KOUMON」ほか

コミックス第11巻限定版でまだまだ続く「生徒会役員共*」。
第10巻との間にOVAもあったので話数は「2#16」。

DVD付き 生徒会役員共(11)限定版 (講談社キャラクターズA)DVD付き 生徒会役員共(11)限定版
(講談社キャラクターズA)

(2015/02/17)
氏家 ト全

商品詳細を見る


2#16-A 「KOUMON」

朝に弱いコトミ、寒くなるとますます布団から離れにくくなる。
タカトシは生徒会の仕事で先に登校していたが遅刻してきたコトミ。
時計を五分前にするとか提案されるが・・・

落とし物の真面目な本とエロい本を教師に手渡すにあたっての
重ね方で議論となりタカトシに意見を求めることに。
20150217s_01.jpg
そのまま落とし物の管理などもすることになった生徒会。
意味深wなアルバムとカメラが届けられるが、どう考えても新聞部の
あの人しかいない。しかしカメラの中身を確認されて・・・

2#16-B 「光速のちちくらべ」

マラソン大会。
20150217s_21.jpg
シノとアリアのゴール前のデッドヒートを「胸の差」とならないように
秘策を繰り出すシノ。


2#16-C 「悪天登校」

生徒会の仕事のために早めに登校した生徒会一同だが大雪のため休校。
そのまま帰るのはなんだと昼食まで残ることに。
そこに横島先生も御一緒となり店屋物のあまった割り箸で王様ゲームに突入。
ゲームの状況を生徒会室の外で聞いていたカエデは卒倒。
20150217s_41.jpg
タカトシの三者面談に両親の代理でなぜか魚見さんが参加。
結構まともに面談をする横島先生に「お姉ちゃんは分かっていたよ
タカ君は理性的な子だと」と魚見さん。
洗濯カゴのパンツトラップに引っ掛からなかったのが理由らしい。


本を二冊重ねるならやっぱり真面目な本が上かな・・・
堂々とするのも悪くないけどやっぱりね。

田舎は雪はそれほど降らない地域だけど何度かは30cmくらい積もったことが。
でも休校とかは一回もなかったなぁ。都会みたいに雪かきがしっかりされた
わけでもなかったのに自転車で登校してきていた奴もいたし。w
よく話題になるのは大雪の時のデリバリー。
本当にご苦労様です・・・

次巻もOAD付き限定版が2015年9月発売決定。
津田家に自由に出入りしトラップを仕込む魚見さんがますます危険になり
タカトシの運命は?でも、正直羨ましい。w








テーマ : 生徒会役員共
ジャンル : アニメ・コミック

ユリ熊嵐 #07 「私が忘れたあの娘」

銀子の生い立ち、 「ユリ熊嵐」の第7話。

手紙を拾うために火に飛び込んだ銀子達は紅羽の家で治療することに。
紅羽への透明の嵐を完成させて満足気な薫だったが・・・
20150216y_01.jpg
銀子に対してなにやら妄想を抱いてしまい戸惑う紅羽。
母親が生きていた頃の友達がちらちら思い出されるがその友達の事が思い出せない。

薫が熊に襲われたことは学校で話題となる。
そのことで他のクマが潜んでいると先生。
紅羽の母親を襲ったことと「スキの証し」を盗んでいった敵だと怒る。

銀子を献身的に看病するるる。
銀子は過去の事を思いだしてうなされる。(走馬灯じゃないか?)
捨て子だった銀子、苛められていたが力で反撃することで弱肉強食に
目覚め「ヒトリカブトの銀子」の名で呼ばれるようになる。
しかし孤児の銀子は孤独だった。そんなある日、人間との開戦を機に
「クマリア様」に承認されるための最前線に駆り出される。
20150216y_21.jpg
戦闘の中で銃弾に倒れた銀子、仲間たちも見捨てて離れていった。
そこに現れたのは幼い紅羽。

目覚めた銀子が口にした「クマリア様」の言葉になぜ母の本のことを
知っているのかと疑問に思う紅羽だったが、手を握られ妄想の事を
思い出してすぐに部屋を離れる。

台所でハニージンジャーミルクを作っていたるる。
自分と友達が好きでお母さんが作ってくれていたことを思い出す紅羽。
「なぜあんなに大切な友達の事を忘れていたんだろう・・・?」

起きて玄関で歌を唄う銀子の声に誘われる紅羽。
「見つけた・・・あなたが私の友達、あの子だったのね・・・」
20150216y_41.jpg
銀子の願いが叶いつつあることを喜ぶるるだったが台所で投げ込まれた
手紙に気付く。「罪グマへ」と銀子に宛てられた手紙を読んでるるは驚愕。

母親のアクセサリを銀子がこれ見よがしに身に付けているのに・・・と
いうのはさて置き、母を襲った敵が持っているともうこれ以上ない布石が
打たれてしまっているわけで・・・
その銀子を一時は友達として過ごしたクマだと思い出した紅羽。
母の死と紅羽の無くした記憶と友情と復讐といろいろからんできてますね。












テーマ : ユリ熊嵐
ジャンル : アニメ・コミック

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 #19 「時の調律者」

教祖が女を囲うタイプの教団だな。 「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」の第19話。

脱出のために浮上させたアウローラをサリア達の砲火から逃がすために
立ち回るアンジュ達。アウローラは逃がすことが出来たものの最終的に
アンジュはサリアの凶弾に倒れる。
20150214c_01.jpg
目覚めたアンジュ、モモカと共にミスルギ皇国のかつて自分が住んでいた
城の一室だった。
そこに現れたサリアとその部下二人。
サリアに心変わりの理由を問うアンジュ、アンジュに墜とされ絶望するサリアを
救い手厚く扱うエンブリヲにすっかり心酔しているサリア。
親衛隊「ダイアモンド・ローズ騎士団」を名乗る。

毒を吐くアンジュにビンタをかますサリアだが逆に投げられて部屋を脱出される。
が、庭で今度は子供達に囲まれる。そこに居たのはエルシャ。
彼女もやはり子供を救ったエンブリヲに心酔し、また子供達のためなら
アンジュを殺す事もいとわないとポツリ。
エンブリヲの元への案内を買って出たクリス、自分を見捨てたヒルダに
怒りを抱え救ってくれたエンブリヲに忠誠を誓う。
20150214c_21.jpg
入った図書室では全裸のリィザをむち打つシルヴィアが。
「自分を殺しに来た」とアンジュに怯え、エンブリヲを「おじ様」と頼る。
そこに姿を現したエンブリヲ、アンジュと二人で話したいと言いサリアを人払い。

アウローラの中ではすっかり人徳を失ったジル。w
とくに船内の雰囲気を早く感じ取っていたのはヒルダ。
20150214c_41.jpg
車を走らせてアウラが閉じ込められている場所へアンジュを案内するエンブリヲ。
しかしアンジュは容赦なくエンブリヲを射殺。
・・・したはずだが、何度額を打ち抜いてもエンブリヲは素知らぬ顔で話を続ける。
そして空間を飛びアンジュに「ノーマが解放を望んでいるのか?」と問いかける。
エンブリヲの話しかけに徐々に意識が奪われていくアンジュ。
命令されるままに全裸にまでなってしまうがキスをされたことでタスクの事を
思い出して意識を取り戻す。

エンブリヲの唇を噛み千切りあくまでも抵抗の意志を示すアンジュだが
その意識の強さが返ってエンブリヲを喜ばせる。
20150214c_61.jpg
今後の作戦行動に関する話をするためにジルの部屋にやって来たヒルダ。
かつて蜜月にあったエンブリヲを振り払って戦場に戻った記憶にうなされるジル。
そして「ごめんなさい、エンブリヲ様」という寝言をヒルダが聞いてしまう。
20150214c_81.jpg
次回 「神の求魂」

エンブリヲが女囲いすぎでワロタ。
アンジュに対してはほぼ完全に催眠術的な感じだったけど
サリア達は実際どれくらい正気なんだろ?
でもアンジュに熱を上げるとサリアがまたヤキモチで暴走しそうだな。
ジルもなんか洗脳が解けきってない感じだし、アンジュにとって当てになるのは
男に全く興味のないヒルダだけか・・・?

そうそうシルヴィアがリィザに襲われた時に「助けてお姉様!」とか言っていたけど
罵倒しながら鞭を振るい、恐れおののく姿のクソッぷりがむしろ笑えるレベルだわ。








テーマ : クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
ジャンル : アニメ・コミック

アルドノア・ゼロ #18 「深い森を抜けて」

お姉ちゃんに命令できる弟などいない! 「アルドノア・ゼロ」の第18話。

マリルシャン伯爵に決闘を挑まれたスレイン。
他の伯爵にもスレインなりの筋は通しておく。

地上では強力な光学兵器を備えた火星型カタクラフトとの戦闘が繰り広げられていた。
カタクラフトに乗り込むユキ姉、韻子それぞれに伊奈帆へ思う所が・・・
ちなみに砂漠横断を満喫するマズゥールカ伯爵。ww
20150214z_01.jpg
スレインが決闘することを心配するレムリナ姫、しかしスレインは好機だと返す。
そんなスレインに蔑まれる存在からヴァースの実権を握る存在になることに
協力するという。例えアセイラム姫の代わりであっても・・・

再び地上戦、包囲を敷いて囮となり伊奈帆を高層ビルに配置する。
その伊奈帆が照準器となり地球の丸みに隠れ直進するレーザーが
当たらない海上からデューカリオンでの艦砲射撃を支援する作戦。
20150214z_21.jpg
通信機が破壊されてしまうが、何発か無駄撃ちさせての誤差補正と
ユキによる足止めによって砲弾を直撃させて破壊。

アセイラム姫にいつもの地球豆知識を披露して決闘に挑むスレイン。
20150214z_41.jpg
分離された無数の砲台に追い回されるスレインだったが、細い工事用通路に
誘い込んで一網打尽。最後にカタクラフトの首をはねると気密服も着ていない
マリルシャンはそのまま宇宙の藻屑となる。

立会人として結果を見届けるバルークルス伯爵。
マリルシャンの資産はすべてスレインのモノに。

一連の戦いを地上から見ていた伊奈帆。(スゲェww)
伊奈帆がマズゥールカの脱走を手助けした理由などを聞きたいけど
聞けずに隣で沈黙していた韻子。
その韻子に「ゴメン、巻き込みたくなかった・・・」とだけ伝える伊奈帆。
20150214z_61.jpg
決闘から戻ったスレインを見てなにかを決意した表情のレムリナ姫。
放送で語ったのはヴァース本星との決別、スレインを夫として迎え
地球圏での王国健立の宣言だった。

名目はスレインを手に入れたレムリナ姫、アセイラム姫の治療装置の
監視機能を次々とオフラインにしていく。
そして最後のボタン・・・は、押さずに「ウソよ・・・」とすべてを元に戻す。

レムリナ姫が退室した後、ゆっくりとまぶたを開くアセイラム姫・・・


高出力レーザーを備えたカタクラフトに対して伊奈帆が最初から作戦参加して
ほぼ損害ゼロって・・・w
もちろん初期にはなかったデューカリオンの火力があってのことだろうけど。
でも通信が途絶えてからでも照準を修正できたのは即座に伊奈帆の意図を
汲み取ったマグバレッジ艦長のキレもあってのことですけどね。
(あれってレーザーの正確さを当てにした三角測量ですよね?)

あとは度胸で囮になったユキ姉。
ビルのコンクリも蒸発させるレーザーに掠ってよく無事で・・・
でも「カエル頭」って即興であだ名を付けるのはやっぱり姉弟か。w
戦闘後のやりとりも良かった。
ぜひ柚木N'先生に界塚姉弟の薄い本を書いて欲しい。ww

一方、伊奈帆に地上から覗かれていた火星型カタクラフト同士の決闘。
調子よく追い回して罠にあっさりと陥るとか、スレインが冒頭で言っていた通り
やっぱり舐めていたのが敗因なんだろうな。
つか宇宙戦で気密服も着ないとか騎士道かどうか知らんけどアホかと・・・
まあ火星人対伊奈帆を見てもアルドノア・ドライブによる能力に頼り切り
ひとたび押さえられると棒立ちになる傾向もありますが。

そして姫の夫となり新王国樹立で国王に辿り着いたスレイン。
これってせっかく押さえていた他の伯爵達をまた混乱させるんじゃない?

さらに本物のアセイラム姫に復調の兆し、次回が楽しみすぎる。













下ネタという概念が存在しない退屈な世界 マン●篇 1 (BLADE COMICS)下ネタという概念が存在しない退屈な世界 マン●篇 1 (BLADE COMICS)
(2015/02/18)
赤城 大空、柚木N' 他
商品詳細を見る
生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている! (1)(チャンピオンREDコミックス)

テーマ : ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ
ジャンル : アニメ・コミック

アイドルマスター シンデレラガールズ #06 「Finally, our day has come!」

絶望した!客が少なくて絶望した!! 「アイドルマスター シンデレラガールズ」の第6話。

ユニット名も決まりレコーディングも順調。
20150213i_01.jpg
インタビューなどの広報活動、衣装決めなども着々。
20150213i_21.jpg
レッスンにも力が入りいよいよ当日を待つばかり。
20150213i_41.jpg
発売イベントの日、見学に来たメンバー達の激励を受けてスタンバイ。
いよいよ、ライブステージに立つ。
20150213i_61.jpg
が、様子がおかしい未央。
曲が終わりクラスメイト達の声援を受けても足早にステージを後にしてしまう。
満足げな美波とアーニャや初ライブの成功を祝う声もスルー。

異変を感じたPが声をかけると「お客さん、めちゃくちゃ少ないじゃん!」と未央。
十分ですとPは返すが美嘉のバックダンサーをした時の会場をイメージしていた
未央にとっては満足できないものだった。
少し戸惑うPだが「いえ、今日の結果は当然のものです」と言う。
卯月や凛も驚くがとくに未央は「ひどいよ・・・」と動揺し「アイドル辞める!」と
その場を走り去ってしまう。追いかける卯月と険しい視線を見せる凛。
三人にとってもPにとっても苦いデビューとなる。
20150213i_81.jpg
次回 「I wonder where I find the light I shine...」

前回と同じようにPの説明不足っぽい(会場規模とか)話ではあるけど
新人のCD発売のミニライブイベントを既に地位を確立したアイドルの
ライブを同列に考えるのもさすがに誇大妄想というか・・・

Pや部長さんは新人には十分以上の舞台を用意してくれていたのにかわいそう。
こういう会場が用意できたのも前回Pが言っていたタイミングの賜物なのに
変ないざこざでチャンスを逃さないようにね・・・













テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告