FC2ブログ

ユリ熊嵐 #06 「月の娘と森の娘」

紅羽への残酷な透明の嵐完成。 「ユリ熊嵐」の第6話。

紅羽を陥れようとする薫を食ってしまおうと呼び出す銀子だったが
正体を知っていた薫の罠に落ちてしまう。
20150209y_01.jpg
一月前に遡り、紅羽と純花の過去話。
純花の落とし物を紅羽が拾ったことで出会い。
親密になった純花が「透明の嵐」に逆らったことで紅羽の前に
ターゲットとされてしまう。
20150209y_21.jpg
隠し球の「ベア・フラッシュ」で脱出する銀子だったが深い傷を負ってしまう。

誰かによって動かされている薫だが着々と計画を進める。
いよいよ紅羽の誕生日となり銀子はケガを押して立ち上がろうとするが
るるが必至に止める。そこにライフ・クールからの電話。
20150209y_41.jpg
紅羽の誕生祝いと花壇の前に集まるクラスメイト達。
薫は純花からの手紙を紅羽に手渡す。
「紅羽ちゃん。今、目の前にいる娘があなたの新しい友だちです。」
意味を解釈に迷う紅羽に「泉乃純花からの別れの手紙」と言う薫
さらに「私たちも友だちにはならない」と突き放す。
花壇に火を放ち「私たちは悪を排除する!悪に友だちは出来ない!
悪は透明な嵐によって打ち砕かれる!」と声を荒げる。
そして純花の最後の手紙を奪い取り花壇の火の中へ。

紅羽が手を伸ばすと同時に燃える花壇の中に飛び込む銀子。
炎の中に人が飛び込んだことで怯えて逃げ出す薫達。
なんとか火の中から脱出した銀子はなんとか残った手紙を紅羽に渡す。
再び手紙の文面を読んだ紅羽の前には満身創痍の銀子。
20150209y_61.jpg
銀子が自分を「罪熊」と呼ぶ理由、蜜子が純花を襲う所を見ながら止めなかったこと?

薫の裏切りは予想できたけどやっぱりエグいな・・・
その薫も誰かによって動かされているようだけど、元々のターゲットが
紅羽だということはやっぱり・・・先生なんだろうな・・・

はたして今回の出来事が物語のように紅羽と銀子をつなぐことになるか?












スポンサーサイト



テーマ : ユリ熊嵐
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告