FC2ブログ

プラスティック・メモリーズ #04 「うまく笑えなくて」

今回の様な人情物語の方が泣けるな・・・ 「プラスティック・メモリーズ」の第4話。

同居生活を始めて初めてアイラから挨拶してもらえて歓喜のツカサ。
20150425p_01.jpg
新しいギフティアの回収割り当てがされる。

両親が早くなくなりギフティアが親代わりとなった家庭。
そういったケースの子供は「アンドロイド・チルドレン」と呼ばれる。

ツカサ達を迎える「マーシャ」、お茶を入れながら楽しそうに思い出話をする。
そこに帰ってきた「若苗ソウタ」だがマーシャの話は「ウソばっかり」と否定。
終始不機嫌な態度で「要らないから!」と回収のサインもすぐにしようとする。
20150425p_21.jpg
サインは保留にしてミチルに相談するツカサ。
「愛されていたって信じさせる必要がある」とミチルのアドバイス。

その頃、経費がかかりすぎって偉い人達に怒られる課長・・・

マーシャからソウタの写真を見せてもらったり思い出話を聞くツカサとアイラ。
写真の中で誕生日にタルトを囲む姿と今まで分からなかったレシピを見つけて
ソウタの誕生日祝うことを考える。
20150425p_41.jpg
実はミチルもアンドロイド・チルドレンでソウタの気持ちはよく分かっていた。
そしてサプライズ・パーティを開くことにミチルも協力することになる。
と、いうよりツカサ達があまり役に立たない・・w
20150425p_61.jpg
帰宅したソウタを「お誕生日おめでとう!」と迎える一同。
席に案内されるが「こんな事しても僕を置いて行ってしまうんだ」と声を荒げるソウタ。
「こんなウソばかりのお祝いなんて・・・」と顔を上げると思い出のタルトが。
一気にに自分が両親やマーシャに愛されていた思い出が沸き上がる。
そして泣きながらもタルトを口に運ぶ。
「マーシャ、ごめんね、ウソつきだなんて言って」
ようやく正直な気持ちでマーシャへの感謝と別れの悲しみを表に出すソウタ。
20150425p_81.jpg
回収日の前日、ソウタの元に怪しい男が現れてマーシャを回収すると言う。
折角の別れを最悪のモノにしてしまう予感。

小学生くらいの子供の親代わりのギフティアが回収されるってキツイな・・・
一話目の祖母と孫的ギフティアとの別れと同じくらい泣ける。
ミチルが大反対したと言うがそれが普通の反応。
多感な子供だからソウタのように突き放してしまうのもありそうだが。

そして最後に現れた偽のターミナルサービス。
どうしてギフティアを回収しているのか目的が定かじゃないけど
なんかロクな扱いをしなさそう・・・
ソウタが機転を利かしてなんとか回避をして欲しいけど・・・








スポンサーサイト



テーマ : プラスティックメモリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告