FC2ブログ

長門有希ちゃんの消失 #13 「長門有希ちゃんの消失 III」

熱いぜキョン! 「長門有希ちゃんの消失」の第13話。

有希ちゃんの記憶が徐々に沸き上がっていく中で人格が消えることを恐れる有希。
20150626n_01.jpg
試験が終わり有希に助けられたキョンは有希の希望する古本市に付き合うことに。
たわいのない話をしながら本を見たりお弁当を食べたり・・・楽しい一日を過ごす。

キョンと別れたあと涼子に「好きってことじゃないの?」と言われてキョンへの想いを
認識してしまう有希。
20150626n_21.jpg
「今日、好きな人が出来た。そして私は消える」
残り少ない時間を有益に過ごそうと考えた有希は涼子と共に散歩に出る。
そして夕方まで一緒に過ごすと有希は図書館に寄ると言って涼子と別れる。
「ありがとう、さようなら」

読んでいた本を最後まで読み切って思い残すことをひとつ減らした有希。
キョンへ想いを伝えていないことを心残りに思っていたらキョンから電話。
最初は本の返却についてとか内容についてたわいのない話をしていたが
「私はあなたのことが好き」という有希からの告白に一瞬固まるキョン。
記憶と人格が戻ることを聞いて急いで自転車に乗って有希の元へ走る。

キョンを待つことはなく眠りにつく有希。
20150626n_41.jpg
到着したキョンは突然の別れだけを伝えた有希に苦言をこぼすがすぐに隣に座り込む。
そしてしばらく間を置いて有希を起こす。
伝えられていた通り目を覚ました有希は前の人格に戻って、現状の理解も出来ていない。
「懐かしい反応だな。おはよう、長門。久しぶり」とキョン。

次回 「彼女の戸惑い」
今度は空白の期間の埋め合わせ、かな?

じわじわと記憶が戻っている時はすぐに人格が消える訳ではないけど
それが確定された消失へ繋がるというのは結構辛いものかな・・・?
そして最後の日、本を読み終え、キョンと話すことが出来たのは幸せではあったのか。

しかしキョンが有希を送ったあとの涼子の反応も複雑なものだろうな・・・













2015/10月発売予定のコミックス新刊はBD付き限定版あり。
スポンサーサイト



テーマ : 長門有希ちゃんの消失
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告