FC2ブログ

のんのんびより りぴーと #10 「すごく練習した」

駄菓子屋とれんちょんの話はほっこりする。 「のんのんびより りぴーと」の第10話。

越谷家を訪ねてきたれんげだが夏海達は留守。
たまたま居合わせたお隣のこのみが声をかけてきて一緒に遊ぶ事に。
庭仕事をしていたことで使っていた手袋を見て脱皮と勘違いしたれんげを
さらに「妖怪」だとからかうこのみ。ww
妖怪になるには勉強して国家試験に合格の必要があるというと
「教えて!」とれんげ、家に入って古文の教科書を見せてもらったり
かけ算を教えてもらって感動するれんげ。
20150907n_01.jpg
などとやっている内に越谷家の面々が帰宅。
れんげは夏海達にこのみが妖怪だと興奮して話すが、このみに真相を聞いた
夏海や小鞠はこのみがやったように親指切断マジックを見せる。
自分のまわりは妖怪だらけだと絶句するれんげ。

ちょっと遠出して遊びに行こうという話になるがいくら自転車があるとはいえ
補助輪付きでは大変だろうということを聞いて、れんげは補助輪を外す事を
決意して一穂に頼んで外してもらう。
20150907n_21.jpg
補助輪を外しての自転車の練習は誰かに見てもらう必要があるが一穂には
用があって見てあげられない、そこでれんげが選んだのは駄菓子屋だった。
とはいえ楓もお店の営業中で細かい練習の相手も出来ずれんげも承知の上で
邪魔にならないように一人で店先の道路で練習する。
が、「ガシャン!」と音がする度に気が気でない楓。
残念ながら夕方になっても練習の成果は出ずに、擦り傷だけが残った。
楓に治療してもらい一人で帰宅するれんげ、後ろから見送る楓。

注文品が届いたと一穂に連絡した楓はれんげが熱を出していると聞く。
しばらくの沈黙の後、店を閉じてお菓子を積み込んでバイクを駆る。
楓が到着すると見舞いに来ていた一同の中で夏海が楓をからかう。
20150907n_41.jpg
夏海達が帰った後も林檎を差し入れたり本を読んだりする楓だが
れんげが落ち着いたところで早朝からの仕事だったためにこたつで寝てしまう。
逆に起きてきたれんげは楓に袢纏をかぶせる。

日が変わり、れんげが自転車の練習のために駄菓子屋に行くと定休日。
お店の脇でバイクのメンテをしていた楓だが早々に切り上げて練習に付き合う。
押したりケガを治療したり・・・それでも夕方になるとれんげは一人で乗れるようになる。
20150907n_61.jpg
れんげ他、三人揃って駄菓子屋へやって来てお菓子を買う。
そのお菓子を持って自転車で遊びに行く四人。
れんげにとっては行動範囲の広がりはそのまま世界の広がりとなる。

次回 「甘えんぼうになった」
かわいいほたるん。

かけ算を教えてもらうけど脳内足し算で即答するれんげ。w
九九は全然問題ないみたいだけど二桁のどの辺まで可能なんだろう?

自転車を手に入れた事や補助輪を外した事とか自分も想い出にありますねぇ。
自分の田舎は家屋が横一列に並んでいる地域でちょっと離れたところに
新興団地があるような地域だったけど、歩きだとせいぜい左右の10件ほど。
保育園に上がる前くらいから自転車に乗るようになって補助輪があるうちは
まだまだ半径1kmの地域内という感じ、補助輪をなくし機動力が上がると
10Kmという感じに行動範囲が広がった感じですかね。
そのあとは遠出は電車だったり、都心に引っ越したりで公共交通を使うので
自転車は殆ど使っていないですが・・・

れんげが自転車に乗れるように見守る楓だけど、倒れる音がする度に
気になってしょうがなかったり、様子を見るにしてもあえて影から見守るだけに
するところとか本当に良かったなぁ。
こうやって地域の子供を大人や上の子が見守るのは古き良き田舎の人間関係ですな。
とくにこの作品の中ではこの二人の関係の話はハズレが無い。

でも最近の子供は練習場所もないしサポーターやヘルメットを着けてないと
危険だとうるさいし大変そうだな・・・












スポンサーサイト



テーマ : のんのんびより
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告