fc2ブログ

だがしかし #06 「超ひもQとおはじきと・・・ときどきまけんグミ」ほか

異性の幼なじみとお医者さんゴッコ・・・「だがしかし(TBS)」の第6話。
「だがしかし」公式サイト(小学館)。

「超ひもQとおはじきと・・・ときどきまけんグミ」

新体操なのか?巫女の舞なのか?神社でなぜか踊りに夢中のほたる。
日本の八百万の神々のなかにいるはずであろう駄菓子の神に舞を
奉納していると言うが・・・
20160218d_01.jpg
さらに「食べ物で遊んではいけない」という躾の中で遊ぶことを前提とした
駄菓子・・・とほたるが前振りしたところで豆が「まけんグミ(AA)」を取り出す。
パッケージを空けるとジャンケンの手はパー、でも豆は別の使用方法を思い立つ。
ココノツと共にサヤの背後に回るとおもむろにスカートをめくる。
その後の惨劇を分かっているのに・・・www

話を戻してほたるが舞に使っていたのは同じグミでも「超ひもQ(AA)」。
その長さを活かしていろいろ遊ぶことを推奨されているということでいくつか例を
上げてみるが、さらに新しい遊びを提案してみようということになる。
さっそくシカダ駄菓子を継ぐ継がないを賭けた引っ張り合い。(ヒモ相撲)
サヤは輪っかにしてからのあや取りで東京タワー作り。ww
20160218d_11.jpg
はたるは話を膨らませて超ひもQが30cm×3本から130cmへと進化したと賞賛し
ヌンチャクよろしく振り回す。が・・・激しすぎて切れてしまう。
すかさずカバーに入り地に着く前にキャッチするココノツ。
駄菓子屋の本能が自然に体を動かした。(つか手で受けろよw)

また継ぐ継がないを賭けての勝負で「おはじき(AA)」を取り出すほたる。
しかしこの手の勝負にはからっきしのほたる、対してルールは細かく知らないのに
なぜか才能を発揮するサヤ。
そんなサヤにほたるは「ココノツ君ちで働いてみる気は無い?」と訴える。
激しく動揺するサヤ。
20160218d_21.jpg
結局、勝敗の展開は変わらずほたるの残弾は0。
逆転の手として禁断のオハジキ「石けり(AA)」をポケットから取り出す。
ふつうのオハジキの一袋分で一個しか買えないという大玉に勝利を確信する
ほたるだが、スルリと指の隙間から落っことしてしまう。
そしてその自重ゆえ・・・簡単に割れてしまう・・・南無・・・


「ヨーグレットとココナツ・・・」

シカダ駄菓子に向かう道中のサヤ、ほたるの「働いてみない?」の言葉が耳に。
そして唐突にもう少し小さい時のことをふと思い出す。
ココノツの部屋に上がって遊ぼうと声をかけると「ヨーグレット(AA)」談議をはじめるココノツ。
栄養機能食品であることで親に買ってもらうための大義名分があることや
医薬品メーカーが作っているということでパッケージもそれっぽいと絶賛。
そしてお医者さんゴッコに使えるという話になると(主にサヤが盛り上がって)
お医者さんゴッコをはじめることに。
20160218d_31.jpg
最初はサヤが医者役となるが何かが違う。w
攻守交代してココノツが医者役となるが、どんな病状でもクスリ(ヨーグレット)を
出してさらり終わらせてしまう。

物足りないサヤの訴えで手術をすることになりココノツの前で横たわるサヤ。
おもむろに麻酔としてヨーグレットを手渡すココノツだったがここでヨーグレットが
無くなってしまって泣き出すココノツ。
そんなココノツをサヤが慰めるとバランスを崩して二人とも倒れ込んでしまう。
繋いだ手に接近するお互いの顔、初めての異性としての意識。
20160218d_41.jpg
・・・の、想い出に思わず足を止めてしまうサヤ。wwww
でもココノツは憶えていないだろうと気を取り直してシカダ駄菓子へ。
すでに遊びに来ていたほたるが迎えて「今日の駄菓子について語りましょ!」と
取りだしたのは件の「ヨーグレット」。
動揺するサヤ、しかしほたるの背後でココノツも赤面していた。
居たたまれなくて店を出たサヤだが、ココノツも憶えていたことがちょっと嬉しい。
ヨーグレットと同じ甘酸っぱい想い出。w

次回 「夏祭りとほたると・・・」ほか。
ほ~、星柄だったのか・・・

超ひもQとかああいうお菓子ってたしかにテンション上がる。
意味も無く結び目を作って食感を変えてみたりね。
正直、グミそのものはそんなに好きじゃないけど。
でも地面に付けないように意識はしていたけどあれだけ外で振り回したりしたら
やっぱり衛生的にはよろしくないと思うぞ。あと鎧とか・・・

今の子供ってオハジキで遊んだりするのかな?
見た目綺麗だからなんとなく持っていたりすることはあるような気がするけど。
通称「石蹴り」というのは知りませんでした。
あんなん指で弾いたら詰めが割れるんじゃ無いか?

ヨーグレット美味いよね。w
で、お薬っぽいという話からお医者さんゴッコへ。
サヤ氏がノリノリなのが笑える。ガキで朴念仁のココノツに対してやっぱり
女の子は早熟で肉食なんですね。小四くらいにもなると胸に聴診器とか
けっこう恥ずかしい年頃になっていると思うけど。w
でも子供の少ない田舎で同世代の男女の幼なじみにはこんな甘塩っぱい
想い出ができるものなのか・・・それが成長後にも続くかどうかは別だけど。













テーマ : だがしかし
ジャンル : アニメ・コミック

少女たちは荒野を目指す #07 「いつもと同じ、違うキミ」

スランプ脱出のために擬似デート。 「少女たちは荒野を目指す」の第7話。

息抜きをして荒野へ戻ってきたのに告白シーンのあたりでシナリオが
進まなくなってしまった文太郎。
経験が無いからと他のメンバーに聞いてみるが女子は全滅。
亜登夢の話は辛いことになりそうなので聞かないことに。
「北条君と恋愛しても良い人、いない?」との砂雪の提案にも手を挙げる子はなし。
20160218s_01.jpg
友達や身近な大人にも聞いてみるがあまり参考にはならず。
ぶるぅたすさんに相談してみると「リアルより妄想」とアドバイスを得る。
で、さっそく妄想してみるが今ひとつピンと来ない。
そしてみんなの協力でシナリオのシチュエーションをいろいろと実行してみる。
20160218s_11.jpg
やっぱりあまりピンと来ない。
帰宅した文太郎、一度は帰ってしまった夕夏だったが夜に訪ねてくる。
不機嫌な夕夏を見て文太郎は自分のシナリオが遅れているからと考え
夕夏の提案から気分転換のために取材名目のデートをしようと言い出す。
20160218s_21.jpg
文太郎と友香の二人だけでお出かけ。
いかにもなデートを楽しむ。
そして終わりが近付いて気分転換が出来たかと夕夏は文太郎に問う。
「なんつーかさ、俺には願望ってヤツが無いんだと思う」と言い
「つまんねぇヤツ」と自虐の文太郎。
そんな言葉を聞いて「わたしは好きだよ」と小さな声で呟く夕夏。

デートを終えて自分なりの「願望」ってものをぶるぅたすさんに話してみる文太郎。
「主人公がヒロインに好かれたら、うれしいじゃないか」とひとつの正解をもらう。
20160218s_31.jpg
文太郎なりに動いていた一日の終わり、進行をまとめていた砂雪はある結論に至る。
それは修羅場モードの発動、そして文太郎の「缶詰」。

次回 「閉じ込められて、夏」
亜登夢のメイドは蛇足・・・


前回から夕夏が(主に砂雪に対して)ヤキモチを焼いていた感じでしたが
今回の擬似デートで気分を直してしまったのかな?
まぁ、直っていなくてもそれを許さない状況になってしまうみたいですが・・・

自分は物書きじゃないからコレとは言い切れないけどシナリオライターとか
実体験でモノを書く訳でなく想像や妄想をペンに乗せていくのだと思います。
でもその想像などのベースは過去に読んだり見たものが少なからず解釈され
蓄積されたものの集合体だと思うんですよね。
文太郎はとても社交的に人と接していたので潜在的には経験は深いと思うし
うまくその引き出しを開くだけだと思うんですけどね。

ところでトイレでテルハが当ててたのって擬似チン○だけでなくパイオツもでは・・・









無彩限のファントム・ワールド #07 「シュレディンガーの猫屋敷」

前川みくさんがいっぱい。 「無彩限のファントム・ワールド」の第7話。

前振りはシュレディンガーの猫。
猫好きとしては絶対にやりたくない実験だけどね。

気だるい一日、晴彦だけではなくクラスそして学校そのものの雰囲気が
眠りに誘われ、さらにはなぜか無性に魚を食べたくなっていた。
20160217p_01.jpg
小糸も例外ではなかったが、ある建物に怪しい気配を感じ取っていた。

晴彦達は久瑠美から友人の猫探しを依頼される。
張り紙を作成しペットショップに貼り出してもらう。
20160217p_11.jpg
そこで猫の餌や猫じゃらしに異常に惹かれる晴彦達。

翌日、校内では生徒達の更なる猫化が目に見えて進んでいた。
ネコ耳とシッポという明らかな変化が現れたことで晴彦もさすがに気付く。
20160217p_21.jpg
運動部や睡眠をしっかり取っている人の進行が早いことから代謝が
影響しているのではないかと考える晴彦。
育ち盛りの久瑠美はすでに言葉も猫語になるほど進行してしまっていた。

小糸からファントムの気配があると廃屋に案内される。
そこから探している猫の鳴き声がしたため中の探索に入る。
かつて猫屋敷となっていて可愛がったいる生徒がいたことの気配もちらほら。
20160217p_31.jpg
ほこりっぽい建物の中を探索していた一同だが徐々に迷宮へと誘われる。
それでもある一室で目的の猫と遭遇するがすぐにファントムに取り込まれてしまう。

ようやく姿を見せたファントム、屋敷そのものがすでにファントムの
体内のような状態で迂闊に攻撃も出来ないし封印も出来ない。
20160217p_41.jpg
さらに奥に進むと建物を背負った大きな猫のファントムと出会う。
かつてこの屋敷で飼われ可愛がられていた猫が母体となっている様子。

もともど敵意など無いそのファントムの説得を試みる玲奈と久瑠美。
素直な願いが受け入れられて探していた猫も返してくれて異世界からも
解放してくれる。
20160217p_51.jpg
現実世界に戻った玲奈はひとつの提案をする。
放置された屋敷を掃除して再び賑やかさを取り戻す事。
それが優しい猫のファントムが望んでいることだったから。
アリス先生の協力も得て自由に使えるスペースとして解放されることとなった。

次回 「猿温泉を突破せよ!」
温泉回だけどスク水&体操着・・・

序盤から猫に感化されているということで口が「ω」になっていて可愛い。
可愛いのはみんな可愛いけど一番猫っぽいのは小糸かな?

猫って犬に比べて人に馴れないとかいろいろ言われるけど
そう言われているわりには実は飼い主に寄り添ったエピソードも結構ある。
とはいってもそれが本能によるもので人間に都合の良いように解釈したものかも
しれないけどそれは犬なども同じかな。

今回の話だと人というより家についた猫になるのかも知れないけど
可愛がってくれた生徒達への想い出を求めた行動には涙を誘う。
根本的にこういった動物エピソードには弱いんですよね。

四人が猫じゃらしを追う姿がかわいい。w








キャラソンとOST追加。

テーマ : 無彩限のファントム・ワールド
ジャンル : アニメ・コミック

JKめし!(#20) & 魔法少女なんてもういいですから。(#06)

2016年冬、月曜日ショートアニメ。

女子高生B級飯アニメ「JKめし!」の第20話は「春一番!はちみつ豆腐」。
暖かくなってきた公園で何かを追いかけるルリ子。
20160215j_01.jpg
相変わらず突飛な理由で春一番を捕らえようとしてみたいだが・・・

で、春らしいデザートを作ることに。
カットフルーツを賽の目に切って水気を切った絹ごし豆腐にオン!
仕上げにハチミツをかけて完成。
20160215j_11.jpg
豆腐とハチミツのマッチング次第だけどリンゴって春が旬のフルーツか?w


なにげにパパの会社のブラックぶりが・・・
魔法少女なんてもういいですから。」の第6話。
ミトンのことをパパに知らせたいと思うゆずか。
ミトンはリスクを考えると秘密にしたいと訴えるが食費に負けて承諾。
同僚が倒れたのを見舞うついでに珍しく早く帰ってきたパパ。
変身したゆずかとミトンの能力でパパに洗脳記憶操作してミトンがオウムに
見えるようにする。そしてついでにギリギリだった疲れも取ってもらう。
20160215m_01.jpg
疲れも取れてスッキリのパパさん、「今なら200時間は働けそうだ!」と意気込む。

もう同僚が倒れてとかヤバすぎ。ww
でも「魔法少女の戦闘よりも過酷」ってやっぱり魔法少女って戦うのか・・・?








「魔法少女なんて・・・」のコミックス第1巻は2016年1月12日発売

大家さんは思春期! #06 「大家さんは注目の的!」

弁当に生ハムはマズいですよ! 「大家さんは思春期!」の第6話。

教室でぼっちだったことに気付いてしまったチエがお弁当を切っ掛けに
クラスメイトと接点を持つことに。そして茶色いチエのお弁当をかわいい
キャラ弁とすべく麗子が立ち上がった!
そして約束通りお弁当を用意した麗子、普段は料理などしないために
まともな材料などあるはずもなくお弁当にはおつまみがてんこ盛り。
そして辛うじてケチャップによって描かれた顔・・・
20160214o_01.jpg
学校のお昼時間、インパクトのあるチエの弁当は好意的に注目の的となる。
そして改めて自己紹介、さらに前からチエに声をかけたいと思っていた
他の子達も集まってきてあっという間にグループとなる。
麗子の作ったお弁当の効果に素直に感動するチエ。

さすがに酒のつまみ弁当ではマズかったかと落ち込む麗子だったが
帰ってきたチエの感謝の言葉によってまずは安堵。
ちょうど帰ってきた前田に友達が出来た報告と一緒にキャラ弁を作る
約束をしたことを話すと「料理部を作ったら」とアドバイスを受ける。
20160214o_11.jpg
自分が部活を作ることにいくらか戸惑うチエだったが、経済的な利も
踏まえて部活を作ることを決断しさっそく先生に相談。
そして友達も集まり許可も得て「料理同好会」を発足する。


まぁ、材料が無い中では頑張ったかな・・・ww
おかずに加熱したものがひとつもないと言うか、暖かい御飯のまわりに
サラミか生ハムはマズい!赤味が強くて鮮やかだけどそれが更に怖い。

でも見た目のインパクトのお陰でお友達が集まって結果オーライ。
怒濤の流れで部活を始めることになるんだけど、アパートのお話と
学校のお話(さらに商店街のお話)と舞台が広がるのでますます
時間が短いのが辛くなるなぁ・・・




最新記事
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告