FC2ブログ

だがしかし #11 「コーラガムとヨウと・・・」

サヤ師のちっぱいにたっち。 「だがしかし(TBS)」の第11話。
「だがしかし」公式サイト(小学館)。

「コーラガムとヨウと・・・」

そもそもの話としてヨウをスカウトしに来たほたる。
正直言ってそこまで評価される理由の分からないココノツとサヤに
「見せてあげるわ、ヨウさんのスゴさを」ということで身を隠して監視することに。
20160324d_01.jpg
狭いダンボール箱の中で若い男女が密着するとちょっとしたエロハプニングが
あったりして・・・w
店に戻ってきたヨウを見ているとまたビンラムネを食べてトリップしているだけ。
ほたるもいい加減禁断症状が出てきたところで男女の子供がやって来る。

女の子にイイ格好を見せようと「コーラガム(AA)」を奢ろうとする男子。
しかしお金が足りず女の子をがっかりさせてしまう。
この辺は大きくなっても同じだね。ww
20160324d_11.jpg
そこで「あたり」を出せばと励ますヨウ、一縷の望みを賭けて男子がガムの包装を
解くと・・・残念ながら「はずれ」。男子は絶望の淵へと落ちる。
すかさず「はずれ」の紙を取り上げるヨウ、「あたり」を出したと男の子の顔を立てる。
見事にガムを当てた男子を女の子は賞賛、子供達は二人とも笑顔となる。

駄菓子屋の憩いの場以上の人と人との繋がりを作るヨウの笑顔
その才能と適正を説くほたる。
ヨウと子供達のやり取りを見てサヤは小さな時のことを思い出す。

それはやっぱりコーラガムひとつしか買えないときのやり取りの話。
当たりを出せば二人とも食べられるとココノツが言うと、ひとつを選び出すサヤ。
見事に「あたり」を出すが・・・次も「あたり」、その次も・・・
さすがに顔が引きつるヨウ。w
「あの時もオジサンが気を使って当たりを出してくれていたんだよね!きっと」
多分違う。
20160324d_21.jpg
相変わらずビンラムネを食べるヨウを見ながら今ひとつ納得しないまでも
今日のやり取りでちょっとだけ見なおしたココノツ。
ここでキレイに閉まれば良かったが、机の下に忘れていたココノツのマンガの
描きかけ原稿を勝手に読もうとするヨウ。
怒りのココノツが箱の中から飛び出す。


「都こんぶとラムネと・・・」

なぜかほたると二人で駅に座り込むココノツ。
炎天下の下、雨除けだけのベンチで一時間近く待つことになってしまった。
がっくりするココノツに「じゃあ、ちょっとしゃぶりましょうか?」とほたる。
健全な男子のココノツは当然あれのことを想像してしまう。
さらに「ココノツ君もしゃぶってイイから」と言われその豊満な胸に視線が。
20160324d_31.jpg
当然ココノツが想像したことなどなくほたるが取りだしたのは「おしゃぶり昆布浜風(AA)」。
「違う・・・」とガッカリするココノツにほたるが差し出したのは「都こんぶ(AA)」。
ここで中野のこんぶシリーズの話で盛り上がるほたる。w

しょっぱいこんぶを食べていると喉が渇くココノツの横でラムネを飲むほたる。
都こんぶを食べることを前提で準備していたという。w
やむなくラムネを差し出すほたる、これは間接キス?と興奮するココノツ。
照れ隠しでラムネの起源がレモネードの話題を振ると当然知っているほたるから
もっと掘り下げたラムネの歴史が披露される。
20160324d_41.jpg
そして最後にラムネとサイダーはビンが違うだけという話で驚くココノツ。
長い話で喉の渇いたほたるがラムネを返してもらって間接キスはオジャン。

ココノツは街の画材屋へ行くつもりだったが、ほたるは駄菓子屋巡りに
ついてきたつもりだったらしい。
久しぶりだということだがもしかしてシカダ駄菓子に来ているからでは?と
ココノツが言うと「店を継ぐ決心をしてくれないから!」とやぶ蛇。
とは言うものの強制的に継がせるつもりもないとほたる。
20160324d_51.jpg
ここでようやく電車が到着、乗り込んだほたるは「決断するときがきたら
答えを聞かせて、待っているわ」と言葉をかける。
扉が閉まりそのまま電車が発車。ホームに残されたココノツは叫ぶ。
「待つって・・・どこでだ?」

次回、最終回 「食べるんですHiとさくらんぼの詩と・・・」ほか。
最終回はほたるが帰ってしまう、とかって展開になるのかな。
当てたければ箱買いすれば良いと思います。
ほたるなら可能。でも外れたら立ち直れないな・・・

ほたるとサヤと三人で箱の中、視線はほたるの胸に行きながらも肘がサヤの
胸に接触。しかも服の上からとはいえ薄着だぜ。(多分、ノーブラだな)
うらやまシチュエーションすぎる。

しかも冷房が効いていても箱の中はJK+αの匂いでムンムンだよ?
ビンラムネよりはるかに麻薬性が高そう。w

当たりつきガムの話、十円とは言え薄利の駄菓子店としては普通はありえない話。
現実の店番のおばちゃんとかこういった事には厳しいよ。
そういった厳しさの中で子供が現実を学ぶといった面もあると思う。

都こんぶとかってたしかに時々食べたくなる。
PCで仕事をしてると飴とかガムとかスルメとかコンブとか長く口に留まるものが
欲しくなるんですよね。でも飴は糖分、スルメとかコンブは塩分が怖いので
歯磨きガム的なものが一番多いですが。

ラムネというと最近はすっかりプラスチック製のモノが多くなっていますが
田舎にガラス製のラムネ瓶を作っていた会社があって、そこの運動部の方に
部活の指導をしてもらったことがありました。

フォーマットはいつもの形に戻りましたが内容的には駄菓子よりも
登場少なめながら重要なキャラクターのヨウへスポット当てた話に。
終わりが近いせいかBパートもちょっとイイ話ドラマ的な感じでしたね。








O.S.T追加。




スポンサーサイト



テーマ : だがしかし
ジャンル : アニメ・コミック

少女たちは荒野を目指す #12 「少女たちは荒野を目指す」 <終>

六波羅の処女作、ついにリリース。 「少女たちは荒野を目指す」の最終話。

六波羅の「朝森さん家の24時」、タイフーンの「大河への背信」が発売され
多くのお店では並べて平積みされる。そして手に取るお客さん達。

発売日と言ってもいつものように授業を受ける文太郎達。
平静を装い日常会話を交わしながらもどこか浮き足だった雰囲気。
20160324s_01.jpg
先に部室に入っていた砂雪は販売状況の報告を受けていた。
電話を切ってから砂雪らしからぬ笑い。ww
3000本は即完売、6000本の追加生産が決定、タイフーンの方は初回生産は
4000本即完売と勝るが追加は2000本だったということで大勝利。
価格の安さなどが本数勝負では有利に動いたという予想通りの結果だった。

歓喜する一同、砂雪のスマホにメールが入りドアを開けるとケーキが置かれてた。
兄がお土産だけ置いて行ったらしい。すぐに追いかける砂雪、外階段で追いつくが
兄は「ありがとうな」とだけ言葉を残して立ち去る。
20160324s_11.jpg
勝利祝いは焼き肉店で。
ここぞとばかりに大フンパツして注文すると出てきたのは砂雪の兄。
借金は返済出来たので次回作のために割の良いアルバイトをしていると言う。
改めて皆にお詫びとお礼で頭を下げる兄。
せめてもと野菜盛りを奢るが「肉じゃない!」と女の子達に大不評。w
さらに亜登夢を「草食系」呼ばわりして怒らせてしまう。

焼き肉店を出てまったりしているところで改めて短期戦ゆえの勝利だったと砂雪。
「朝森さん~」は一年後には残らないが「大河へ~」は何年も語られるゲームに
なるかも知れないと言われ文太郎は「もっと頑張らないと」と決意。

改まって砂雪は「六波羅を解散しようと思っている」と言い出す。
次回作も考えていた一同は驚くが、砂雪は売れ行きも考えない、〆切りもない
自分達のために満足いくまでクオリティを追いかけたゲーム作りをしようと言う。
20160324s_21.jpg
しかし文太郎は拒否、〆切りも無いような生ぬるい仲良しゴッコの環境では
ゲーム制作は出来ないという。それは皆も同じ気持ちだった。
「ただ好きなだけでは生き残れない、野望を胸に燃やす者のみが
 この過酷な荒野で夢に挑むことが出来る!」
かつて砂雪に言われた言葉を返す文太郎。
そして次も勝つための戦いを始めることに満場一致。

ここで光輝から電話、勝負に負けた鯛子がごねていると言う。
譲らないと言いたいところだったが、砂雪が電話を変わって
引き抜きなどはナシで貸しすると手打ち。

その後、改めてゲームソフト売り上げランキングを見た文太郎は
細川さん(ぶるぅたす)が企画とシナリオのゲームが圧倒的に差を付けての
首位になっている事に驚く。
そして時の人となった細川さんだが・・・
調子に乗って忙しくなりすぎて文太郎への連絡を最後のドロンしてしまう。
その煽りをもろに食らってしまった文太郎。
20160324s_31.jpg
進路希望の提出を急かされる文太郎、結局「探している最中」と回答欄を埋める。
部室から屋上へと集まりまたこのメンバーで荒野を目指す。


タイフーンとの本数勝負もあっさりと勝利し兄の借金も返して次回作に向けて万々歳。
ここまでの過程を楽しむ青春ドラマということで楽しめました。

でもラストはいろいろと引っ掛かる点が。
やっぱり一番大きいのは兄の借金を返したなどの金銭面。
採算ラインなど詳しくはないけど、スポンサーが3000本と判断してリリースしたのは
当然利益などを加味してのこと。ハーフプライスでおおよそ定価4000円としてと
卸七掛け2800円の3000本で売上高840万円。
六波羅の人件費はかからないとしてもスタジオや声優さんへの支払いはあるし
製造(プレスや梱包)や流通などの原価、広告費などもろもろで手に残るのは
せいぜいさらに半分の2~300万円くらいか。
もし六波羅スタッフへの分配があったらいいトコ50万円だけど、フルタイムでは
ないから三ヶ月くらいの高校生のバイトとしてはまあまあ?

すると兄の借金は追加分がメインで返済したのかな?
追加分はほぼ製造と流通コスト、出資配当分となるので最初の3000本よりは
何割か利幅が大きくなるので1000万円くらいに達するかな?
(店頭で在庫となっても販売元が買い取りしてくれる可能性が大きい)
破産を覚悟していたというならこれくらいの金額だった可能性はある。

あと設備とか学校での部活動として使用しているのだから学校へは
どのように報告しているのかな?
金額が金額だから本来はいろいろ面倒な問題がはらむと思われる。

と、いろいろ踏まえてこの金額を笑って砂雪に託すって本当にみんな
良い奴すぎる。焼き肉特上どころじゃない。ww

業界モノとしても恋愛モノとしても中途半端感は残るものの、特にテルハの
行動とか自分が会社で経験した胃の痛いことなんかも重なったりして
妙に納得をしてしまったり。そういった「あるある」なところとかは楽しめました。

スタッフとキャストの皆様、お疲れさまでした!








最新記事
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告