FC2ブログ

響け!ユーフォニアム2 #13 「はるさきエピローグ」 <終>

最後に久美子に託すシーンは泣いた。 「響け!ユーフォニアム2」の最終話。

麗奈の告白、全国大会の結果、三年生達の引退、久美子の姉との和解。
そして北宇治高校吹奏楽部はなかなか賑やかになりそうな新部長の優子、
新副部長の夏紀が三年生達から推薦されて新体制となる。
しかし人数が減った以上の戦力ダウンに驚く優子。
また最初から作り上げることに不安を感じながらも教職者としては醍醐味で
あることを感じる松本先生と滝先生。
20161228e_01.jpg
全国大会前夜に秀一から久美子が何かを貰ったことをなぜか知っている緑輝。
たまたま通りかかった秀一に久美子をけしかける。
二人で歩いているところをあすかと葵に目撃されてからかわれる。
それほど話すことも無く帰ろうとするあすかを見て寂しい気持ちになる久美子。

帰宅をすると姉の麻美子からの手紙。

学校でユーフォの練習をしながらあすかの事を考えてしまう久美子。
思わず目が潤んでいるところにみぞれと希美がやってきて「あすか先輩に
そっくりだった」と感想を告げる。
20161228e_11.jpg
慣れない手紙に照れつつも姉に返信を送る久美子。
近況に加えて今度こそ後悔をしないために金賞を取りたいと気持ちを綴る。

そして卒業が近付く三年生達を送り出す会。
寸劇や上映会、そして三年生の演奏、後輩達の演奏と盛り上がる。
20161228e_21.jpg
しかし終わってしまうと再び寂しさが。久美子はいつもあすかがユーフォを置いていた
棚の空きスペースを見てさらに思いを強くする。

卒業式の日、あすかは卒業生代表の挨拶で壇上に。(主席だったのかな?)
先生、先輩、後輩、中にはロマンスも。w
その中であすかの姿を探す久美子だったがなかなか見つからない。
20161228e_31.jpg
春に吹部が新入生歓迎をしていた人気の少ない方の玄関から出て来たあすか。
いつものようにはじめはふざけた感じで話すあすか、久美子は真剣な表情で出会った
ばかりの頃のあすかにたいして苦手意識があったことを話し出す。
自分の事を苦手に思っていると久美子の様子に気付いていたというあすかだが
「分かってない!」と一括し「今は大好きですから!」と久美子。
そしてあすかのようにユーフォを吹きたいと訴える。
20161228e_41.jpg
あすかは鞄から父親から貰ったノートを取り出して久美子に渡す。
そして今度は後輩に聞かせてあげてよ、と願いを託す。

「さよならと言いたくない」という久美子に「またね!」と言って去るあすか。
20161228e_51.jpg
貰ったノートを開いた久美子の目に最初に飛び込んできたのは曲のタイトル。
「響け!ユーフォニアム」
初めて知ったその曲のタイトル、その音の暖かさを私はいつまでも忘れない・・・


あすかとの別れからノートの曲、エンディングに繋いで行くところが無茶苦茶グッときた。
やっぱ最後はくみ×あすだったか・・・
けいおん!(AA)」といい、やっぱ良い学園モノの卒業イベントは泣ける。
長い話の中でその別れを悲しんだり、喜んで送り出したりする背景が出来上がっているから。

あすかにとって父親のノートは数少ない絆だっただろうけど、子供から大人へというときに
自分の演奏を聴かせたことでひとつの区切りがついて、新たな絆へと受け渡されていく。
ユーフォを続けたとしても高校時代のように熱を持って演奏することは多分あすかには
ないのだろう。ならばあと1年半は頑張ってくれるであろう慕ってくれる久美子に譲り
曲そのものは世代を変えて受け継いでくれる方が良いと考えたのか。


三分の一くらいは回想の映像だったけど、やっぱりラストは泣かせてくれました。
ちらつく雪の中でのやりとりもさすがの演出と言わざるを得ない。
本当に良いアニメでした。これは夕方とかに再放送してもっと若い子に見てもらうべき。

とにかく感動をありがとう。
スタッフとキャストの皆様、お疲れさまでした!












スポンサーサイト



テーマ : 響け!ユーフォニアム
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告