FC2ブログ

亜人(デミ)ちゃんは語りたい #02 「デュラハンちゃんは甘えたい」

ライブカメラとARグラスがあればと思ってしまった。「亜人ちゃんは語りたい」の第2話。

やはり見た目のインパクトが大きいデュラハンの「町京子」と面談する高橋先生。
まずは気になる首から立ち上がる炎の温度を確認するが、なにやら京子の感覚に
影響がある模様。さらに頭と体がどのくらい離れても良いのか聞くと、なんと岡山と
東京でも大丈夫だった実績があると聞いて驚く。
2017014d_01.jpg
常に頭を安全に保つために親と共に工夫を繰り返してきたと京子。
しかしその見た目の特殊性から親睦を深めるのに若干苦労していると言う。
そんな京子に自分から冗談を言って距離感を先に見せるとアドバイスする高橋先生。

適切な大人の対応と逞しい腕っ節を見て京子は頭を抱きしめて欲しいとお願いする。
快く引き受けて抱きしめている所をひかりに目撃されてしまい、京子の
「これで先生もデュラハンの仲間(=解雇(クビ))」との冗談を聞いて大慌て。w
2017014d_11.jpg
クラスは違うがひかりのお気に入りの雪女「日下部 雪」。
一緒に帰ろうと誘うがやんわりと断ってそそくさと帰ってしまう。
そんな雪の態度を見て何かを思う京子。さらにひかりと京子の帰宅路が別れたときに
携帯電話をしゃがんでから鞄を地面に置いて取る京子を見て何かを思うひかり。
2017014d_21.jpg
男の人とデートがしたいとひかりに相談する京子。
自分がデュラハンということでなかなか踏み出せないでいる京子をひかりは後押し。
その相手は高橋先生、ひかりはすぐに連絡をして「実験」と称したデートをセッティングする。

女の子らしく気合いを入れた服装で現れる京子。
しかしデートするのは頭だけで体はひかりとお留守番。w

はじめはそわそわするばかりだったけど公園で落ち着いたりしていると
メモでひかりにお礼をしたりする余裕も見せる京子。
万事うまくいっていることは歓迎するべき事だけど、うまく行きすぎているのも
なんか面白くないと京子の体にお茶目なイタズラをするひかり。w
2017014d_31.jpg
ウィンドウショッピングなどを楽しんでいたが少し乗り物酔いの状態になってしまう京子。
喫茶店で休憩をしているときに雪の話をする京子。
真剣に話を聞く高橋先生だったが、京子はもうひとつのピンチに陥っていた。
それはトイレ、体が立ち上がったところで向こうずねを打ち付けたり小指を
ぶつけたりで半ばのパニック状態、それでもなんとかメモでひかりに訴えて
トイレへと案内して貰う。

夕方になり高橋先生も京子の頭の持ち方のコツを掴んできた。
ひかりの家で送ると京子は満足そうに帰宅の途につく。
そして残った高橋先生に京子のことで話かけるひかり。
2017014d_41.jpg
後日の学校で京子が常に頭を抱えていることで安全面からリュック使用の特例を
認めるように校長に願い出る高橋先生。たまたま居合わせてしまった佐藤先生は
さらに担任教師への配慮も忘れない態度に感心する。
そしてリュック登校に切り替えてきた京子達と楽しそうに触れ合う高橋先生を見て・・・

次回 「サキュバスさんはいい大人」
どちらかというとマイナスの印象からスタートだったけど、学園ラブコメではよくある話。

ひかりがいろいろ察することが出来て良い子なんだよなぁ・・・
今後の話で雪に対してもなんだけど。
でも、乳首アタックはイタズラにしても酷すぎ。w

他の亜人達と異なり見た目で明らかに一般人と異なるデュラハン。
でも不便さや問題点を両親と共に工夫して解決してきたということで
現実世界で言うところの障害者より下手をすれば不自由は少ないのかも。
それでもいわゆる健常者はそういった「違い」に対して悪気からで無くても
接し方はある程度距離感は持ったモノとなってしまう。(少なくとも慣れるまで)
「気にしてないよ」と言ってもそれが気にしていると逆に取られたりするし
高橋先生のアドバイスはかなり上手いものだと思う。

デュラハンといえば「モン娘(AA)」にもいるけどあちらの娘も厨二病の
印象が強いけどちょっと寂しがり屋な感じですかね。
というか、良く頭を落として主人公に男性に頼っていることが多いだけか。

しかしなんかIoTを活用すれば京子の環境は劇的に改善する気がする。
体にライブカメとスピーカーを装着し、頭には拡張現実(AR)グラスのヘッドセット装着。
頭の固定も食事の時のようなベルトではなくスタビライザーを着けるとか。
もちろんコストとか携帯性とか大変そうだけどそういった可能性も見いだせるかなと
コンピューター関連技術者の端くれとしては考えてしまった。w

でも、ひかりといい京子といい社会の受け入れ体勢が整っているのか?本人達に
悩みはあれど悲壮感が少ないのが良いですね。
まあ、これからの話の中心となる佐藤先生と雪の話がいくらか重くなっていくわけですが。

アニメではいくらか原作に補充していく形になっているようなので、やや高橋先生に
悪いイメージからスタートしたアニメの佐藤先生のエピソードをどう見せてくれるか楽しみです。












ひかりが言うところの「特殊なプレイ」の成年向けコミック・・・
スポンサーサイト



最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告