うらら迷路帖 #12 「千矢とくろう、時々涙」 <終>

女性ばかりのお風呂大会! 「うらら迷路帖」の最終話。

昇進試験合格祝いで棗屋+佐久+αみんなでスーパー占湯。
20170323u_01.jpg
先ずは入浴前に着物を交換したりしてワイワイ。
それは千矢達だけでなくニナ先生も佐久の制服を着てみたり。
20170323u_11.jpg
大人達はちょびちょびお酒を嗜みながらの入浴。
佐久は千矢が約束を守って九番地に入るために頑張ったことを誉める。
20170323u_21.jpg
大人達に酒が回ってテンションが上がり出す頃、つられるように子供達も興が乗ってくる。

長風呂で特にお酒を飲んでいた大人達は完全にグロッキー。
一方で千矢が「九番札が無い!」と騒ぎだす。
他の三人の持ち物からは札だけでは無く占いに必要なアイテムまで消える。

誰が何のために?偶然見つけたマツコさんの毛髪を辿り追跡を開始する。
マツコさんの毛髪が途切れた後は小梅がユレールに付けたみたらし団子の
甘い香りに千矢が気付き、紺が蟻の列に気付いて追っかけると池に辿り着く。
20170323u_31.jpg
最後に千矢が池に飛び込むと宝箱を探し当てる。
そして中には失われたアイテムの数々が。

犯人はニナ先生、あの池の滝でお清めと力を込めるために持ち込んでいたが
そのことをお風呂で説明する前に泥酔してしまったという。

「私の代わりに皆を守ってもらおうと思って・・・」
なにやら別れのような言葉。
千矢達が九番占になったことで棗屋を卒業して九番地の中にある学校に通い
他の合格者と共に更なる修行をすることになると言う。

「なにそれ!すっごい楽しそう!!」
ニナ先生が予想していた反応とは違うがニナ先生が自分達にそそいでくれた
愛情に感謝し、応えるために頑張ると四人。
20170323u_41.jpg
改めて自分が多くの人達に支えられていると言葉にする千矢。
探していた母親に一歩近付くことも出来た。

まだ謎は多いけど分からないことがあるのも楽しみだと紺。
これからも四人一緒で楽しい毎日が続くと小梅のノノ占いの予言。

待ちきれない千矢は今から九番地を見に行こうと飛び降りて声をかける。
千矢を追いかける三人。
本当の未来はまだ分からないけど、少女たちは明るい明日を目指して走る。

次回は「甘城ブリリアントパーク(AA)」の特別編。
20170323u_51.jpg
BD-BOXも発売ですし、久しぶりに投稿動画にコメントが付いたりしてます。
【ニコニコ動画】【MAD】 甘ブリでも恋がしたい! 【Sparkling Daydream】

BD最終刊とかの特典回として収録しても良いくらいの肌色回。
棗屋に佐久だけでなく大島、塩沢の二人も加わってが良いですね。
女の子達ばかりでハメを外して、男子的妄想を刺激します。w
しかし小梅の裸踊りは千矢から見えなくしていただけで
たしかに後ろが丸出しだったんですよね。これはけっこう恥ずかしい。

そして最後まで謎なマツコさん。
髪の毛が延びるだけでなく生え替わるって何だよ。
毛根ごと移植でもされているのか?
しかも箱から取り出された後にはなんか髪がツヤツヤしているし。(演出細かい)

最後に棗屋を出て学校にという感じだけど泊まり込みの寄宿学校ですかね。
でも九番地に入れるようになったからといって十番地に戻れない訳でも無いし
いつでもすぐに棗屋に戻ることは出来るんならそんなに寂しくはないかな?

シリーズ通して女の子達がワイワイと楽しい日常を送る「きらら」らしいアニメでした。
でもキャラの可愛さもさることながら作画の安定性も良かったですね。
まだ千矢の探し人である母親に関してはちょっとだけ触りを付けただけみたいな
感じで原作が進めばまだまだ見どころがありそう。
さらに学校となればキャラも増える訳だし。
でもニナ先生や佐久達があまり出番なくなるのは寂しいかな?

かわいくて癒され楽しめるアニメでした。
スタッフとキャストの皆様、ありがとうございました。そしてお疲れさまでした!









スポンサーサイト

テーマ : うらら迷路帖
ジャンル : アニメ・コミック

小林さんちのメイドラゴン #11 「年末年始!(コミケネタはありません)」

ちょっとだけどコミケネタありました。「小林さんちのメイドラゴン」の第11話。

楽しいクリスマスが過ぎればすぐに年末年始がやってくる。
商店街も賑やかになり抽選会が開かれる。商店街ユーザーのトールは何枚かの
抽選券を持って特賞の温泉旅行を狙うが・・・ティッシュばかり。
しかし最後にコタツを手に入れる。
20170322m_01.jpg
残念がってはいたもののすっかりコタツの魅力に取り憑かれてしまった三人。
お客が来るごとにコタツから離れるのはトールも面倒に。
そして年越しの話題となれば干支のこと、ドラゴンが他の動物に遅れを取る話など
面白いはずもなく。
20170322m_11.jpg
小林さんも正月休暇に入ってまったり過ごし、いよいよ大晦日。
リコの誘いでカンナも着物に着替えて二年参り。

近場でそこそこに大きな神社に顔見知りが続々集合。
屋台などで買い物、思い々々に楽しむ一同。
20170322m_21.jpg
ちなみに年末はコミケだった滝谷くん、人気の大手サークルで見事完売。
呪いアンソロ第二弾で参加したファフニールは今回も撃沈。w

おみくじで一喜一憂、トールは大凶ということで小林さんは説明に苦慮するが
内容はなんとなく今後の展開に含みがありそうな・・・
年をまたいだら小林さんちにみんな集合。
20170322m_31.jpg
カーテンの隙間からもれてきた光に気付いて屋上から初日の出も拝むとフルセットの年越し。

アニメもお休み、スポーツイベントも子供のカンナにはつまらない。
という訳で宿題の描き初めを始めることに。
20170322m_41.jpg
実家からの電話を受ける小林さん。
仕事についてあまり実家に帰るようなことはなくなったというが、両親との関係は良好だという。
家族の話でトールの頭に浮かんだのは・・・

仕事始めの日、忘れていたお年玉をトールとカンナに手渡す小林さん。
もらうのもあげるのも初めての経験。

翔太の初夢、いろいろ縁起が良さそうで。w
なんといっても神様だし。
20170322m_51.jpg
次回 「トールと小林、感動の出会い!(自分でハードル上げてますね)」
最終回ではないらしい。
いつもの京アニパターンで13話まで放送して14話はBD第7巻収録かな?

自分もそうだけど独り者で勤めに出ているとなかなかご近所などとの交流は難しい。
でも地元密着の商店街やマンションの他の住人ともすっかり打ち解けているトール。
最初の頃は相手と同じように愛想良く返すと円満な関係が出来ていた感じだったけど
前回のようにイベントに参加したりと本当に馴染んでいるんだよなぁ。

今週もコスプレで可愛かったカンナ。

小林さんが着付けが出来るという思わぬスキル。
凹凸が少ないなら着物をもっと着るように・・・ってそもそも外出しなかったのか。w
しかしルコアとかエルマの着こなしって、なんだ?
エルマは何着ても肩から落として胸を強調するスタイルなんだよね。
たしかに無理に押さえると苦しいのかも知れないけど。
ルコアは言うに及ばす。でも、寒くないのか?

自分ちは年中コタツですが、布団を掛けずにただのテーブルのまま数年。
マットを出したり布団を出したり片付けたり面倒なんだもん・・・











カンナ本出る!

ガヴリールドロップアウト #11 「楽しい日々はいつまでも……」

正直、犬の処遇は仕方ないものなのだが・・・「ガヴリールドロップアウト」の第11話。

いつものようにお気に入りのメロンパンを入手してご機嫌のサターニャ。
彼女にはメロンパン攻防戦で連敗中の宿敵がいて激しく警戒する。

その宿敵の犬が来ないことを不思議に思っているとなんと保健所に捕まっていた。
すかさず保健所のトラックを追いかけるサターニャ。
20170320g_01.jpg
どうにか救い出したサターニャは犬を飼うことを決意するがマンションはガヴ達三人も
含めてペット禁止物件。引っ越すにも両親には断られ、魔界通販で散財しすぎてお金はない。
やむなく他の人達から飼い主を探すとなった所で、サターニャは犬を連れて北へ逃れる。

もちろんラフィエルには追跡されていたけど。w
あまり興味なさそうにゲームをしていたガヴはある書類を見つけると買い物へ出てしまう。
残ったラフィとヴィーネは北端まで辿り着いていたサターニャを迎えに行くが
「こいつは私の使い魔だから、一緒に暮らさなきゃダメなんだから!」と駄々をこねる。

そんなサターニャの携帯に連絡が入る。
なぜかオーナーからペットを飼う許可が下りたという。
20170320g_11.jpg
後日、なぜかバイトのシフトを増やしていたガヴ。彼女は課金が増えたと言うが・・・
実はサターニャのマンションのオーナーは喫茶エンジェルのマスター。
ガヴがシフトを週二に増やすことを条件に友達の事だとお願いしたということだった。

人間界へ遊びに来たタプリス。
信号機の歩行者用ボタンのトラップにハマったりしながらも来る研修のために社会勉強。
そしてたまたま見かけた図書館でインターネットにチャレンジ。
20170320g_21.jpg
しかしパソコンに触ること自体が初体験のタプリスにとってはキーボードも未知のもの
マウスもハムスターと間違えてしまう程度の知識。
それでも画面上で蠢くカーソルをなんとか「E」マークの上に持っていった所で
インターネットが始まったと勘違い。
さすがに何も起こらないと思った所で画面にタッチすると液晶特有の波紋にビックリ。
職員のお姉さんに声をかけられて壊したと頭を下げるが、怒られる訳もなくお姉さんに
コンピューター関連書籍を紹介される。
しかし初心者向けとはいえパソコンの本、内容はちんぷんかんぷん。
パソコンの習得はとても難しいと挫けそうになるが、ガヴのために再び奮起する。

と、経緯を話したタプリス。
C言語とJavaを一通りマスターして次はPHPに着手しようとしていた。w
20170320g_31.jpg
タプリスのいるガヴの家にラフィとヴィーネが訪ねてくる。
悪魔であるヴィーネに対して警戒していると言いながらも気を使うタプリス。
さておきここで集まったのはたこ焼きパーティーを開くため。

まずはガヴが手本を見せるが大失敗。続いてタプリスがチャレンジするが
やっぱりうまく行かない。
20170320g_41.jpg
ここでヴィーネがちゃんとしたたこ焼きを焼き上げてタプリスに振る舞う。
完璧な球状となったたこ焼きに舌鼓を打つタプリス。

遅れてサターニャが登場、遅れた理由を聞かれ「主役は遅れてくる」というのと
魔界通販からの荷物を受け取っていたからと言う。
「闇鍋」ならぬ「暗黒鍋」を取りだして暗黒物質鍋パーティを開こうと言い出す。
当然、今回はタコパ。一同に却下される。
20170320g_51.jpg
天界に帰るために皆に挨拶をするタプリス、そしていよいよ後に仕様という時に
ガヴへの言付けとして「明日、お姉さんが来られるそうですよ」。
ガヴリールに激震走る。

特に気にしていなかったけど野良犬だったんですね。
でも保健所に捕まったのにどうやって助け出したのやら。
多分、単に引き取るというだけでは絶対に解放してくれないはずなんだけど。
その後も首輪しないわヒモに繋がないとかダメダメなんですけどね。

でもマスターって正直あまり客の入っていないこだわりの喫茶店とか
割りとデザイナーズマンションぽい良い感じのの不動産持ちとか富豪かな?
ガヴももっと取り入ってしまえば一生安泰だな。w

パソコンを始めって触ってから僅かの期間でC言語とJavaをマスターしたタプリス。
ドジっ子で次に人間界へ留学出来るような優等生か疑問があったけど
天然なだけで実はやっぱり優秀なのかな?
天界でプログラム教室とか開けば良いのかも。

電気たこ焼きプレートって意外と安いし良いですよね。
学生時代は鉄板のを使って一人タコパ(?)したけど大食いだったので
50個くらい食べたりするので焼くのが面倒で・・・
しかし最近は変わりたこ焼きだけでなくホットケーキミックスでボールカステラを
焼いたり、アヒージョをしたりと利用範囲も広がっている様子。

どうやらガヴに取って最大の天敵となりそうな姉来日。
最終話に相応しいドタバタになりそうですね。












テーマ : ガヴリール ドロップアウト
ジャンル : アニメ・コミック

亜人ちゃんは語りたい #11 「亜人ちゃんは支えたい」

やることもやって、なお頑張ってですね。「亜人ちゃんは語りたい」の第11話。

夏本番直前、特に熱さに弱いひかりと雪のために暑さ対策を考える高橋先生。
しかし亜人ちゃん達が高橋先生にばかり頼っているのは、頑張りすぎだからと
教頭に指摘されてしまう。
20170318d_01.jpg
その様子に立ち会っていた男子(「佐竹」、「太田」)とかつて雪の陰口をたたいて
ひかりに叱責された女子(「井森」、「木村」)の四人は改めて亜人に対する
付き合い方について語る。
「普通の人と同じように」という話の中で「他人と違うと認めた上で・・・」との意見。
高橋先生がその辺を上手くわきまえているからひかり達は頼るのだと考える。

一方の高橋先生は教頭の言葉を受けてひかり達と距離を置く態度を見せてしまう。
そんな先生の雰囲気が雪や京子を不安にさせる。
20170318d_11.jpg
佐藤先生に相談するために校内を探し回っていたひかりは佐竹から件の経緯を聞く。
そして佐藤先生も交えて高橋先生を励ます方法を考える。

教頭の言葉がグルグルと拡大されていき、自分の行動は無駄だったのではないかと
海岸で黄昏れる高橋先生に動画付きメールが届く。
20170318d_21.jpg
動画の内容は雪や京子からお礼、そして佐藤先生からの応援。
一通り動画を見たところにひかりが現れて動画を見たことを確認。
そして「頑張っている人に文句を言うことがおかしい」と高橋先生を慰める。
さらに海に向かって高橋先生の頑張りにお礼の言葉、そうしてもらった頑張りを
自分がまた誰かに返したいと叫ぶひかり。
ひかりの「よしよし」に高橋先生、泣きそう。
20170318d_31.jpg
後日、教頭に今まで通り亜人ちゃんの力になりたいと訴えようとした高橋先生に
教頭は自分の言ったことを保留すると逆に詫びられる。
窓の外を見る視線の先にひかり達と対話する佐竹達の姿が。
こういった生徒立ち通しの交流が高橋先生の行動が呼び水になって始まっているなら
止める理由はないと教頭自身が認めたためだった。
改めてひかり達のために暑さ対策の書類を取り出す高橋先生、季節は本格的な夏へ。

次回、最終話 「亜人ちゃんは泳ぎたい」
今回が実質の最終回といった感じだったのか。

高橋先生の行動が本業や他の生徒を蔑ろにしてなら教頭の意見ももっともだけど
この場合においてはひかりの言葉が全て。
雪のケースにしても短い青春時代を一人で抱えて悩むことで無駄にするのは
勿体なかったはず。

しかし現実世界だと誰かが頑張ると他の人も頑張らなければならなくなると
出る杭は打たれる意味でこういった指摘をする人間がいるのも確か。
幸いにも佐藤先生がフォローしていたように教頭もそういった意味ので注意で無く
かつ自分の非をすぐに認め謝罪したとことで高橋先生も救われたけど。

優しくて行動力があって、本当にひかりが良い子なんだよな~。








4月にコミックス第5巻出る。

うらら迷路帖 #11 「千矢とくろう、時々涙」

マツコさん、SUGEEEeee!! 「うらら迷路帖」の第11話。

九番占昇進選抜試験で最後の鍵矢の入試に成功した千矢達棗屋チーム。
その直後、千矢は謎の黒い手に拐かされてしまい、紺達もすぐに気付くが手遅れ。
20170317u_01.jpg
千矢は謎の部屋で壁から生えてきた黒い手にエッチな事をされまくり。
どうやら千矢を「裏切り者」の娘として監禁しているようす。
しかしそこに現れたのは以前姿を見せていた黒い兎、助けるかと思いきや
いきなり千矢を丸呑みしてしまう。
腹の中で抵抗する千矢だがなぜか安心を憶える。
そして黒ウサギと視線を合わせると千矢の目が赤く光り迷路町の風景と人物が見える。
その女性こそが千矢が探していたお母さんらしい。

色々なモノを見通す千矢の赤い目を恐れる黒い手は壁の模様の中に引っ込んでしまう。

千矢を探すものの千矢がいないことでトラップに大苦戦する紺達。
ノノだけ逃げ遅れそうになるが自らが柱となりピンチを救うマツコさん。w
20170317u_11.jpg
時江さんから残り時間わずかの放送が入って紺達と合流すべく動き出す千矢。
ふたたび黒ウサギ「くろう」の力を借りて三人の居場所を探す。
20170317u_21.jpg
小梅が罠に嵌まって絶体絶命の三人のもとに壁をぶち抜いて合流する千矢。
最初はくろうの頭に驚く三人だったが、正体が千矢だと気付いて改めてくろうを紹介される。

詳しい話をしている場合ではなく試験終了間近。
三度、千矢はくろうの助けを借りてゴールまでの道を見つける。
あとは一生懸命走るだけなのに、ゴール手前の扉の前で誰が鍵矢を使うかで、もだもだ。
20170317u_31.jpg
結局、四人で鍵を回して無事にゴール。四人の合格となる。

千矢にくろうの話を聞こうとする紺だったが、合格の嬉しさでそれどころでは・・・w
うれし涙のあとを互いに認め合うが、最も泣いていたのはニナ先生。
佐久に抱き付いて少し落ち着いたニナ先生は佐久の良い匂いに気付く。
隊長から良い匂いがすると知って大島、塩沢は悦に入る。
20170317u_41.jpg
次回 「お風呂とお祝い、時々笑顔」
最終回はお風呂回。いろいろ謎のまま「私たちの冒険はこれからだ!」かな?

今週も時江さんは楽しそう。w

ノノを助けるマツコさんを取り出そうとすると実は頭で支えていたから毛が抜けるって笑う。
「マツコさんがつるつるになっちゃう」って、そこまで一気には抜けないって。w

黒ウサギのくろうは千矢を影から守る守護神のようなものでしょうか。
でもいきなり丸呑みには驚いた。w
やや確信めいた事柄にも触れた回でしたが来週には最終回なんですよね。
もちろん原作はまだまだ続いているので二期にいろいろ繋げていけるので
次回は昇進祝いの閑話休題回という感じですね。








テーマ : うらら迷路帖
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告