ひなこのーと #01 「とくぎは、かかしです」

月刊コミックキューンで連載中、三月先生原作の「ひなこのーと」第1話。

オープニングテーマは「あ・え・い・う・え・お・あお!!(AA)」。
スゲェ、早口言葉な感じの曲。
20170407h_01.jpg
いつ、きららジャンプするのか待っていたら最後にジャンプした。
しかしよく考えたらコミックキューンだからきららじゃなかった。ww

高校進学を機に都会へとやってきた「桜木ひなこ」。
しかし彼女は方向音痴、さらに人前に出ると緊張で案山子になってしまうらしい。
20170407h_11.jpg
なんとか下宿先のひととせ荘に到着すると古本屋も兼ねている店内で本を食べる女の子が。
驚いているうちに店員の「夏川くいな」に声をかけられて店内に案内される。
彼女も二階の下宿に住んでいるらしく本が好きすぎて食べちゃいたいくらい愛しているらしい。

部屋に案内されると中には小さな女の子のメイドさんが。
彼女も住人の「柊 真雪」、メイド服は単なる私服らしい。
小さな女の子と思ったらなんと先輩だった。
20170407h_21.jpg
古本屋の奥にある喫茶店へ移動しティータイム。
なぜ自分達と同じ学校へ来たかと聞かれて自分があがり症で案山子になると前置き。
学校見学で演劇部を見て感動したので演劇部に入るために希望校としたという。

名門の演劇部だがなぜか廃部になっていると真雪に聞かされてひなこは大ショック。

(ホームシックと勘違いして)ひなこを慰めるため散歩に誘う、くいなと真雪。
鯛焼きを食べたあと桜の咲き誇る池の畔へと出る。
20170407h_31.jpg
対岸の劇団員達に気付くとそこには真雪の同級生で大家さんの「萩野 千秋」が。
簡単に挨拶を交わしベンチでお休み。
演劇部が廃部していた話をすると千秋は「(顧問不在のための)休部」だと言う。
部員達は個人々々でやりたいように活動しているということで、ひなこにも少人数で
劇団を立ち上げれば良いとアドバイスをする。
20170407h_41.jpg
お風呂場で慌ただしい初日を思い返すひなこ。
いろいろと考えているうちにすっかりのぼせてしまう。

次回 「ここからはじまる」
20170407h_51.jpg
エンディングテーマ「かーてんこーる!!!!! (AA)」。
オープニングもエンディングもぬるぬる。

ひなこの見た目が「ごちうさ」のココアで性格は「くまみこ」のまちといった感じかな。w
あっ、でもまちはネガティブ思考だけどひなこはけっこう前向きかな。
人前に立つと案山子になって固まってしまうのは割りと現実でもいるみたいだけど
まあ慣れればなんとかなるモノで。
でも演劇部で裏役じゃなくてステージに立ちたいということなら克服しなければね。

田舎でネットが来ていないとか言っていたけど、実は田舎の方が難視聴対策やら
なんやらでインターネットは繋がりやすかったりする。
とはいえ名門の演劇部がそんな簡単に廃部するなんて思わないし調べないよね。

コミックキューンだけあってキャラもカワイイしてアニメもなかなか良い感じ。
吉祥寺という舞台もいろいろ見ることが出来るかも知れないし、先が楽しみな作品です。








スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告