ひなこのーと #03 「ともだちかんちがい」

いよいよ学校へ、「ひなこのーと」第3話。

新しい学校に不安いっぱいのひな子。
くいなや真雪は応援してくれるが、やっぱり自己紹介では案山子になってしまう。
でもこれがウケ、さらにくなのフォローもあってクラス内ではそこそこ親睦を深める。
20170421h_01.jpg
千秋に演劇同好会の誘いが。
さっそくひな子達にも話をするとひな子も乗り気になる。

千秋が立ち去った後、ひな子に詰め寄るクラスメイトの「中島ゆあ」。
彼女は千秋を目標として心酔しているらしく仲良く接するひな子に嫉妬、きつく当たる。
が、ひな子が泣きそうになると慰める悪人にはなれないタイプの人らしい。

演劇部の部室で千秋に泣きつくひな子を引っぺがして演劇同好会に入ろうとする
ひな子を牽制する。タジタジのひな子、千秋が来てどうにか危機を脱する。
20170421h_11.jpg
真雪の入れる紅茶でホッとするひな子、劇団ひととせの座長やら演劇同好会やら
掛け持ちで忙しくなることの心配もするが、その前に人の目に耐えることが必要になると
喫茶店のお手伝いをすることに。

事あるごとにひな子の行動に割って入るゆあ。
お婆さんの道案内にまで割って入ってそつなく熟すゆあを見て「なんて良い子」と感動の
涙を流すひな子。一方でゆあはひな子のダメダメっぷりを際立たせる作戦だった様子。
20170421h_21.jpg
喫茶店のお手伝いの日、嬉々としてメイド服を勧める真雪。
さらに猫耳メイドやらチャイナやらと着せ替え人形よろしく遊ばれるひな子。

結局、普通(?)のメイド服に落ち着いて外を掃除していたひな子は小鳥とおしゃべり。
そんなひな子を見つけて寄ってきたのは迷子だという女の子だった。
小さな女の事はいえ緊張してしまうひな子だったが小鳥の腹話術を通じて対話する。
そしてスマホでお母さんに連絡して迎えに来てもらうことに成功する。
20170421h_31.jpg
残念ながらお母さんと幼女が帰る時にしっかりと挨拶が出来なくて落ち込むひな子。

結局お客さんとは満足にしゃべれなかったと反省するひな子。
頭に浮かんだのはゆあの姿、最初の一歩として彼女と仲良くなろうと決心する。

そして朝一に声をかけてみる。
一応、ひな子のことを心配していたゆあ。
ひな子に友達になりたいと告白されて「キュン!」。w
先生に呼ばれひな子の前に割り込むゆあ、しかしお手伝いは二人ですることに。
20170421h_41.jpg
次回 「かかしひろいん」
なんで今回も予告の背景が妙にエロイんだよ。ww

千秋はいろんなファンがいるみたいだけど、ゆあは熱心というかコアというか濃い
ファンなようで、仲良くするひな子に嫉妬をぶつける。でもこれって下手をすると千秋に
嫌われるパターンだよね。根っから悪い子ではないようで早々にひな子と友達になって良かった。
友達ならひととせ荘にもご招待されるだろうし。

小鳥を介した腹話術であればどうにかお話できることが分かったひな子。
でも挨拶とかでとちったりしていたけど、ひととせ荘の面々とはすぐに打ち解けたし
クラスの中くらいならすぐに慣れそうな気が。
幸いにもクラスメイト達も面白がって温かい目で見てくれているようだし。

メイド服などコスプレのひな子だけど意外とグラマラスなんだよね。
お風呂シーンでもかなり胸がたわわ。
あがり症を克服すれば舞台にも映えるんじゃないでしょうかね?








スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告