サクラクエスト #20 「聖夜のフェニックス」

オーディション三分で終了・・・「サクラクエスト」の第20話。

真希が駆け足で上京して参加したオーディション、結果は落選。
悔しさはあったもののひと区切り付いて大臣の仕事に本腰を入れることに。
一方で給食会も誰も来ないというさんさんたる結果。
閉校なったときにイベントなども無く区切りが付いていなかったのが
思い入れがない原因ではないかと考え閉校会を企画することに。
丑松にそのことを話すと祭の復活と並行でと許可が下りる。
20170816s_01.jpg
喫茶店でかき氷を食べるサンダルさん、雪のせいで外での芸術活動が
できないと困っていた。
歌を公開していた凛々子だったが好評ではあるが、今ひとつ意味が伝わらないと
指摘を受けてガーン。
浩介が店に入ってきて友達と間野山に残る残らないの論争をしてお疲れの様子。
間野山に強い愛着を持つ浩介を見てエリカもガーン。
20170816s_11.jpg
サンダルさんに学校の美術室を貸し出すとサンダルさん大喜び。
音楽室や体育館、学校には再利用出来そうな設備がいっぱいあることを再認識。

閉校式の企画書を真希の父親に提出する。
幸いにも教育委員会にも顔が利くことから協力も得られることとなる。
父親の協力には複雑な心境な真希だったが、クリスマスへ向けて腹を決める。

協力者も集まり閉校式、特に劇の準備を進めていく一同。
20170816s_21.jpg
台本から劇に関わることのなかった真希は苦労しながらも楽しそうに取り組む。
そんな真希の姿を見て「一部だったんだね」と由乃。
真希は仕事でも何でも好きに引き寄せていけるようにしたいと決意したという。
由乃は真希のことを羨ましがるが「もう、見つかっていたりして」と真希。

いよいよ閉校式、卒業生が続々と集まってくる。
貼り出された集合写真を見て思い出を語ったり、新しく記念撮影をしたり。
体育館では間野山太鼓のあとについに劇が始まる。
20170816s_31.jpg
楽しそうに演技をする真希。
「血まみれサンタ」というタイトルの割りには綺麗にまとめる。ww
ラストには大きなモザイク画を披露して拍手喝采。
20170816s_41.jpg
閉校式の終わりの挨拶に立つ由乃、しかし学校を文化の発信地として再利用する
提案と共に「閉校式」のロゴを「開放式」に変形させる。
これも拍手を受けて指示される。

会の成功を祝う由乃達、そこで真希は間野山で劇団を立ち上げると宣言する。
凛々子の歌の元となった伝説を劇にしていくことも考えて。
20170816s_51.jpg
さらに破れていた大太鼓が修理業者に引き取られていく。
事情が分からない由乃達だったが、料金も支払い済みということで依頼者を見せてもらうと
「三田 九郎」とサンタクロースをもじった名前だった。
真希にはなんとなく思い当たる人物が・・・

次回 「氷の町のピクシー」
エリカちゃん回かな?

真希のオーディションがすごく簡単に終わったけど、半ば演劇から離れていた真希が
ここであっさりと合格してしまうってのも変な感じだし、むしろ都会での役者生活に一端の
区切りを付けるという流れと閉校式という区切りという流れを印象付けるためでしょうね。

たしかに新しいことをするためにはなんか区切りがあるほうが乗り換えやすい。
学校の設備に新しい息吹を吹き込んでいく切っ掛けにもなるしサンダルさんに限らず
音楽室や、調理設備などいろいろと立派な設備を有効活用出来ると良いね。








コミカライズ版第2巻と凛々子視点の新刊出た。
スポンサーサイト

NEW GAME!! #06 「あぁ……すごいなあ……」

これぞ大人の都合ってやつです。 「NEW GAME!!」の第6話。

お疲れながらも充実の仕事の日々を送る青葉。
そろそろ新作ゲーム「PECO」の顔となり各種広告媒体などでも使われるキービジュアルの
仕事があると言われるが、売り上げなどにも大きく影響するため逆にプレッシャーを感じることに。
20170815n_01.jpg
兼ねてから作っていたゲームが完成し青葉に披露するねね。
青葉とほたるの二人でチャレンジしてみると、ちょっと理不尽なバランスがありつつも
なかなか夢中となってしまい、騒いでいたらお店の人にチクりと注意されてしまう。
ねねが一人でゲームを作っていたことも驚きだし、さらに青葉が驚いたのは
ねねがうみことコンタクトを続けていたことだった。
20170815n_11.jpg
とにもかくにもねねが頑張って作っていたことは青葉に伝わった様子。

一方の青葉はキービジュアル作成のプレッシャーを打ち明ける。

クリスティーナがしずくの元へ、新作の社内評価は高いと言うが浮かない顔。
20170815n_21.jpg
スケジュール確認後、キービジュアルの話となるが新作タイトル故に知名度を
活かすためにキービジュアルをコウに描いて欲しいとクリスティーナ。
食い付くコウ、青葉も最初は納得する態度を見せるがそれがさらにコウを苛立たせる。

さらにコウがしずく達に食い付いていると青葉が本心とせめてコンペをさせて欲しいと訴える。
しずくは「出来レースとなる」と宣言した上で青葉の願いを受け入れる。
20170815n_31.jpg
翌日からややピリリとした雰囲気で仕事に取り組む青葉。
先輩達も心中では応援しながらもなかなか声をかけづらい状況。

残っていた青葉にコウが声をかける。
面倒事に巻き込んでしまったことを詫びるコウに、これも自分の選択だったと
強い口調で返す青葉。その強い視線にコウも真剣勝負だと改めて宣言。
20170815n_41.jpg
気合いを入れ直した青葉、自宅作業を始めるがその集中は続かなかった。
しかししずくの言葉を思い出すとイメージがわき出して筆が進むようになっていく。

〆切り間近、最後の仕上げに残っていた青葉に再びコウが声をかける。
コウはすでに完成させているというので見せてもらうように願う青葉。
コウが快諾してディスプレイに完成イラストを表示すると青葉は泣き出してしまう。
「あぁ・・・すごいなぁ・・・」

残った作業をするために自分の席に戻る青葉。
そして気合いを入れ直して自分のイラストの仕上げに入る。
20170815n_51.jpg
ロゴなどを若干修正されて雑誌掲載されたコウの描いたキービジュアル。
結果を受け入れて納得した青葉の表情は明るい、そして次のチャンスは
掴んでみせるとコウに宣戦布告をする。

雑誌掲載時に読んだ時もなんとも言えないエピソードでした。
ここまで極端でなくてもチームで行動しているとどうしても代表的な存在に評価が
集まりやすくなってしまったりすることは多々ある。
もちろんリーダーや上司がそれらを支えるメンバーを正しく評価していれば多くの
場合は問題ないのですが。
今回は対外的なネームバリューといった点を営業面から考慮した上での決断で
これも現実的に少なくないと思われるが、これも社会の一面であるのも事実。

青葉にとっては辛い経験となってしまったが、反面では貴重な経験にもなったと思う。
もちろんふて腐れてずっとこういった事情に甘んじるようになってはいけないけど
憧れていたコウの実力を前回共に再認識したことでそんな事にはならないと思う。
とにかく青葉ちゃん、これからも頑張れ!!












テーマ : NEW GAME!
ジャンル : アニメ・コミック

異世界食堂 #07 「カレーライス」「チキンカレー」

カレー特集、 「異世界食堂」の第7話。

神妙な面持ちで店主に別れをする男、元海軍将校の「アルフォンス」。
20年前にクラーケンと戦い無人島へと生き延びそこでねこやと出会う。
しかしたまたま漂着した舟に助けられることとなり最後のねこやとなった。
20170814i_01.jpg
しかし扉があちこちにあると知っていたアルフォンスは帰国後に探し回り
三ヶ月後にようやく扉に辿り着く。(ハインリヒが偶然辿り着いた山小屋?)
そして飛び込んだアルフォンスが注文したのはカレーライス。

1000回も食べてきたカレーライスの味を噛みしめながら出会いを思い出す。
そしておかわりを頼んだところで、店主から新しいカレーの味見をお願いされる。
20170814i_11.jpg
六柱と呼ばれるドラゴン達の中で月(?)に住む黒いドラゴン。
自分が望まぬ死を呼んでしまうと誰もいない月を縄張りとしてしていた。

そんな黒い竜の元に隕石が落ちたと思ったら扉が。
20170814i_21.jpg
新しいカレーは豚肉以外と要望を受けてのチキンカレー。
いつものカレーとは異なりルーが分けられ、具材は肉のみ、スープ気のある
見た目、そして香りは強めということでまずスープをひと口。
その辛さにビックリするがゴハンと合わせてみると驚きの美味しさ。

これはこれで気に入ったアルフォンスがおかわりを注文すると「私もそれ・・・」と声が響く。
店内に現れたのは黒髪ロングでエルフ姿の美少女。
服を着て欲しいと願うとアレッタのメイド服を見て魔法で服を纏う。

少女にチキンカレーを奢るとアルフォンス。
席に着いた少女を見てその正体におおよそ見当が付いたことで恐れおののく
アルトリウス。とりあえず静観を決め込むことに。
20170814i_31.jpg
注文していたチキンカレーが届く。
アルフォンスのマネをしてカレーを口にするとその美味しさからスプーンが進む。
あっという間に平らげてしまい、アルフォンスとおかわり合戦が始まる。

しかし赤の女王同様にドラゴンの食欲は人間のそれとは比較にならず。
アルフォンスがリタイアした後も延々と食べ続ける少女。

そのうち、いつものように赤の女王が現れて少女に気付いて話しかける。
対面に座ってまずはねこやでのお気に入りメニューがビーフシチューでないことを確認。
その上でお店で料理を食べるためにはお金が必要だと教える。
20170814i_41.jpg
月面で孤独に住んでいる少女がお金の存在など知るはずもなく手持ちもない。
そんな少女に「人間は働いて金を得る」と教えた上で店主に「クロ」という名前と
店で雇ってくれるように望む赤の女王。
給金はチキンカレーの余りで良いという条件でさすがに困惑する店主がクロに
新ためて確認すると「良い」と即答するクロ。
その場で即採用と言うことで激しく動揺したのは解雇危機のアレッタ。
20170814i_51.jpg
次回 「ハンバーグ」「クッキーアソート」
クッキーアソートって何かと思ったら詰め合わせだった。(無知)

ねこやの扉って基本入って来た人が開くと出て行く時もその場所へと繋がるけど
誰か別の人が帰る時に空けてついていくとか出来ないんですかね?
そうすれば無人島から即脱出となるような・・・それともブロックされる?

ねこやは結構古くからある洋食屋だからポークカレーがメインなようですね。
たしかに最近の流行りだとスパイスの利いたチキンカレーも選択肢にあると
とても良いかも。
でも洋食屋だと当然ハヤシライスもあるわけで常連なら合い掛けとかも出来そう。

半ばにしてようやくクロが登場。
彼女もカレーの魅力に取り憑かれちゃったみたいだけど、これからねこやで
働くとなると賄いなどで他のメニューも口にすることがあるような気が。
そこでビーフシチューとかを気に入ったりしたら赤の女王と命のやり取りを
することになりそう。w
でもアレッタの一日のバイト分の銀貨十枚で一万円くらいの価値らしいから
いくら飯代だけだったとしてもあれだけの皿数を食べられてしまったら
お店が大赤字になってしまうような気がする。








Re:CREATORS<レクリエーターズ> #17 「世界の屋根を撃つ雨のリズム」

大作戦開始! 「Re:CREATOR」の第17話。

アルタイル達の姿を確認してモニターは前日譚からライブへとスイッチングされる。
まずアルタイルに対してはセレジアと瑠偉から戦いの口火を切る。
20170812r_01.jpg
セレジアとアルタイル、瑠偉とアリステリア、そして優夜には翔と徐々に相手が固まる。

しかしアルタイルと距離を取った所でアリステリアは瑠偉にコンタクト。
板額を失っている優夜は翔に対してはじめは動揺こそ見せるが新能力でどうにか対応する。
20170812r_11.jpg
三対の激しい戦い、特に優夜と翔の戦いはイベント会場の女性達を沸き立たせる。
それはまりねも同じ、駿河に同意を得ようとするが駿河はロッカールームで一人・・・

そのうちにメテオラが結界を完成させて、より本格的な戦いへ突入。
しかし会場にいた颯太に真鍳が接触してくる。
20170812r_21.jpg
フォーゲルシュバリエを得て攻撃力が上がったはずのセレジアの攻撃を凌ぐアルタイル。
新しい必殺技を繰り出しアルタイルを消滅せしめたと思われたがコクピット内に
転位しセレジアの背後を取る。しかし自分のより高める承認力のためにセレジアを
見逃し戦いを続けようとアルタイル。
20170812r_31.jpg
今までなら優夜とマッチアップしていたブリッツは会場に姿を現していた。
そして一人で居た生みの親である駿河の元へ現れる。
まずは質問をしようとするブリッツの言葉の一字一句間違えずに合わせる駿河。
自分は神だから当然とばかりにトーカーの意を読み取る。
そしてなぜ娘を殺したかの問いには「あれで話が面白ろなった」と笑ってみせる。
駿河の腹を撃つブリッツ、吹っ飛んだ駿河を「外道め」と吐き捨てる。
少なくともアルタイルの生みの親には同調出来るものがあるとブリッツは言うが
駿河は今ですら成功者とはなっているがクリエーターとして読者の望むものを
苦しみながら生み出してきたこと、いまでも(まりねに対して)コンプレックスを
持ちながら必死に描いていると反論する。

それでも駿河の言い分は理解出来ないとブリッツ、頭に銃口を向けてその後は
会場で暴れると宣言する。その行動を「面白くない」とした駿河はトブリッツを動揺させて
娘のためにアルタイルと敵対させると返す。
20170812r_41.jpg
ここで自衛隊が突入、ブリッツを包囲すると背後から一人の少女が姿を現す。
それはブリッツの娘のエリナ。
「ブリッツ、さきうちなんて言いうた?うちはあんたの神様や・・・」

なんだか攻撃力の向上ではアルタイルを倒せそうにないなぁ。
それどころかアルタイルは同人キャラだったけどこのイベントでメジャーキャラになることで
もっと強くなってしまうような気が・・・
一方でアリステリアは原作者の読み通りには動きそうだし、ブリッツも娘の登場で動きが
押さえ込まれそう。ただアリステリアの要望で動く真鍳の動向や、ブリッツは今は娘が
人質同様だから「娘のためにアルタイルと戦う」までにはもう一押しが必要そうだけど。

ただ残り五話ほどだとこれだけ大がかりな仕掛けを仕切り直すことも出来ないし
結界の内外での混戦がまだまだ続くようですね。








コミックスは8月発売。

サクラクエスト #19 「霧のフォークロア」

まさしくクエストから始まる、「サクラクエスト」の第19話。

次の祭具の大太鼓を探して廃坑となった学校へやって来た由乃達。
しかし最近はお化けの噂もあって深夜の校舎に戦々恐々。
そこに現れた強面の男、映画撮影の時にお世話になった真希の父親だった。
肝試しにやって来る若者達などを警戒して見回りに来ていたという。
そして目的の大太鼓のところへ連れて行ってもらうと皮が破れてしまっていた。
20170809s_01.jpg
明るくなって改めて太鼓を回収した由乃は校舎の壁のモザイク画に目を奪われる。

ついに「瑞池祭り実行委員」を立ち上げる事に。
まわりからは書店街に遠慮して「(仮)」を付けた方が良いとアドバイスされる。
そして祭を終わらせた張本人の丑松も連れて町へ。
水の張られた池の方にも行って祭の移動ルートや由縁などを勉強する。
20170809s_11.jpg
母へのプレゼントをもって実家へ帰った真希。
すぐに去るつもりだったが父は帰りが遅いからと弟に引き留められる。
そして卓に付いていると母へ送る花束をもって現れた父。w

案の定、雰囲気が悪くなってしまうが母の一括で収まる。
帰ろうとする真希に弟が封書を手渡すとそれはオーディションの案内。
20170809s_21.jpg
廃校利用の記事を色々と調べていた由乃と早苗。
宿泊施設の流用も考えてみるが手続きなどが大変そうということで給食会を思い立つ。
エリカはかなり懐疑的だが大人にとって給食というのは懐かしいものだとしおりと早苗。
そこにやって来た浩介は真希について由乃達へ相談ごとを持ちかける。

一方で凛々子に呼ばれた真希、凛々子は間野山チャンネルをもっと知ってもらいたいと
歌を披露することを考えるが思ったようにならず、役者経験のある真希を頼る。
そのあと駅に立ち寄るとサンダルさんが子供達に紙芝居を披露しているのを見かける。
後ろから見ていた真希にたまたま降りてきた父親が目線を配る。
そして帰り道、父は「あんな顔をして紙芝居を見るヤツがあるか」と言い「昔は良く笑う子
だった」と付け足す。そして役者を続けるように勧めるが・・・
しかし真希はそれだけで食べていけずアルバイトなどもしているうちに東京へ出て行った
理由さえ分からなくなってしまっていたと打ち明ける。
「食べていけとは言ってない、好きなものを好きで居続けるのがそんなに苦しいことなのか?」
その言葉が真希を考えさせる。
20170809s_31.jpg
寮に戻ってきた真希に由乃と早苗がオーディションを無視していたことを叱る。
車で送っていけばまだ間に合うという早苗の言葉を聞いて・・・真希は準備を始める。
そして最終電車に飛び乗った真希。

次回 「聖夜のフェニックス」
真希のオーディションも凛々子の歌も気になります。

学校の設備って実際かなり良いもんなんですよね。
運動場とか体育館とか広いスペースもあるし、避難所とかを想定しているから
建物そのものが頑丈だし。
たしかにじゃあ維持費と秤にかけるとどうかというのはありますけどね。

しかし真希のお父さん、役者に反対する頭の固いだけの人かと思いきや
思ったよりも思慮深い人みたい。さすがに校長先生ってところかな。
さらにお母さん強い。w もしかしてお母さんも先生なんだろうか?

急ぎ上京した真希、さて飛び込み同然のオーディションはどうなるんでしょう。








コミカライズ版第2巻と凛々子視点の新刊出た。
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告