ヴァイオレット・エヴァーガーデン #04 「君は道具ではなく、その名が似合う人になるんだ」

初出張、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の第4話。

初めての使命を受けてご機嫌のアイリス。
出張先は地元で凱旋気分だったが階段で足を踏み外してしまい・・・
20180131v_01.jpg
腕を痛めたアイリスにタイピストとしてヴァイオレットが同行することになる。
田舎の駅前でアイリスを迎えたのは親族一同。
アイリスの誕生日に合わせて亡き祖母の名前でアイリスを指名したとのこと。

気を取り直して正式にパーティーの招待状の依頼を受けるアイリスとヴァイオレット。
しかしアイリスは名簿にあるある男性への招待状を頑なに出さないように指示する。
20180131v_11.jpg
パーティー当日、誕生日の集まりとは娘に見合いをさせるための催しだった。w
そこに現れた男性を見てアイリスはヴァイオレットに食ってかかる。
ヴァイオレットは本来の依頼主である母親に従っただけだと答えるが
アイリスはパーティーもそのまま家の中に籠もってしまう。

アイリスの部屋へ赴いたヴァイオレットは「任務を遂行しただけ」と説明するが
過去に告白をして振られた相手だとアイリスは怒りながら説明をする。

階下に降りたヴァイオレットは家族にアイリスの事を説明する。
今度は母親がアイリスに話しに行くがアイリスの怒りは収まらない。
そこへ食事を持ち込んだヴァイオレット、ヴァイオレットに「いつも人に気持ちが
分からない!」と怒鳴りつけるとヴァイオレットは素直に頭を下げる。
その姿を見たアイリスは冷静さを取り戻す。
20180131v_21.jpg
アイリスの告白をした時の事を聞いてヴァイオレットは「『愛してる』はとても勇気の
いる言葉なんですね。受け入れられないとそこに居られなくなるくらい」と。
それは少佐も同じだったのだろうかと考える。
少佐の事と「愛してる」知りたがっているヴァイオレットのことを聞いて少しだけ
ヴァイオレットのことが理解出来たアイリス。

少し間を置いてアイリスはヴァイオレットに代筆の依頼をする。
パーティーのお詫びを招待された人達に、そして自分の両親に今伝えたいこと。

まずは両親の寝室へと初めての手紙。
今のアイリスの感謝の気持ちを読んで両親はアイリスの気持ちを汲むことに。
20180131v_31.jpg
見送りの両親はアイリスに鉢植えを手渡す。
それは名前の由来であるアイリスの花、車窓からも群生するアイリスの花が見える。
話を聞いていたヴァイオレットは少佐に自分の名前を貰った時のことを思い出す。

都会でキャリアを積もうとしている年頃の娘を田舎に呼び寄せて結婚させようと
画策する今の日本でも普通にありそうな話。
娘本人にしてみれば親心知らずとは言え余計なお世話な訳で。
でもこの作品の世界観の時代ならもっとそういった傾向は強いんだろうなぁ・・・

今日はリアルで月食だったりしましたが、ヴァイオレットも心奪われるような
月夜の風景や、アイリスの田舎の様子など相変わらずの美術。
そして挨拶をするヴァイオレットのシーンがすごく印象的。









スポンサーサイト

テーマ : ヴァイオレット・エヴァーガーデン
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告