FC2ブログ

宇宙よりも遠い場所 #12 「宇宙よりも遠い場所」

いよいよ報瀬回、今週も泣けた! 「宇宙よりも遠い場所」の第12話。

学校にいた報瀬に突然の報せ。急いで家に帰るとうなだれる祖母達の姿。
それから帰ってこない母親を待つ日々の始まり。
20180320u_01.jpg
さらに内陸へ雪上車で行くということではしゃぐマリ達。
しかしいよいよということろなのになぜか行くのを躊躇う報瀬。
そんな報瀬をマリは気遣い無策に声をかける。

改めてみんなで報瀬の話を聞くことに。
南極まで来たのになぜか感情が動かないと報瀬。
そしてゴールについて何も変わらなかったらどうしようかと恐れ。
20180320u_11.jpg
藤堂隊長に問いかける報瀬。
いろいろな気持ちは混じっているけど南極へ来たのは自分が来たかったと。
それが貴子、報瀬の母親の希望だと勝手に思い込んで目指してきたと。
「人なんて思い込みでしか行動出来ない。思い込みだけが現実の理不尽を
 突破し不可能を可能にし自分を前に進める。私はそう思っている」
それは報瀬もずっとそうしてきただろうと逆に問いかける隊長。

当日、集合場所に姿を見せる報瀬。
雪上車かと思ったらまずはヘリで移動、最初のミッションは積み込み。
20180320u_21.jpg
そして雪上車に乗り換えて極へと向かう。
そこは夏なのに呼吸をすれば痛くなるほどの寒さ。
藤堂隊長達の身の安全も保証出来ないことから、定時交信も憶えておけと
無線機を渡される報瀬。
嵐の予報が出ている夕方、赤い太陽の柱が目を引く。報瀬の母親も見ていた光景。

夜は予報通りのブリザード、白が全ての視界を奪う。
報瀬の母親を失った時のことが思い出される藤堂隊長。

そして眠れない報瀬は雪上車の中で藤堂隊長と母親が楽しそうに話す姿を見る。
報瀬に声をかけてきたのはマリ。
報瀬はマリに「南極、好き?」と問いかけるとマリは大好きだと答える。
しかしそれはみんなで一緒だったからだと。そして報瀬に感謝の言葉を。
母親に「友達」が出来たと報告する報瀬。
20180320u_31.jpg
ようやく三年前の場所に戻ってきた隊長達。
朽ちた部分の修理から土台、建物、望遠鏡、まだまだやることは多く
「小淵沢天文台」への先は長い。
藤堂隊長は感慨深さから涙をこぼす。

そんな様子を見ていた報瀬自身の気持ちはまだ動かない。
それを見たマリ達はかつてのテントの中に入って報瀬の母親の痕跡を探す。
必死に探して日向と結月が見つけマリが掘り出したのは・・・
報瀬と母親の写真が貼られたノートパソコン。
20180320u_41.jpg
基地に戻りノートパソコンのスイッチを入れる報瀬、何度かパスワードで
弾かれてしまうが写真を見て思い浮かんだ数字を入力するとログインに成功。
そして大量のメールの受信が始まる。
「国立極地研究所」の既読メールに続くのは報瀬からの未読メール。
数がどんどん増えていき100件、300件、1000件と超える。
感極まった報瀬は部屋の中で「お母さん、お母さんと」と叫ぶ。
そしてマリ、日向、結月も部屋の外で大泣きする。


いやー、ブリザードの中での就寝中の報瀬とマリのやり取りあたりから
目頭が熱くなってきて、報瀬の母親へのモノローグ報告、そしてマリ達が
痕跡を探すために必死になる姿を経て、ノートパソコンに届くメールの山を
見て泣き出す報瀬を見てつられて大泣きだったよ・・・
またエンディング曲のかぶせがズルイ。泣くわ・・・

母親がブリザードに巻き込まれた理由で「忘れ物」みたいなことを言っていたけど
もしかしてこのノートパソコンだったのだろうか?

タイトルも改修したし最終回みたいな感じだったけど
まだ彼女達の南極での活動が終わったわけではない。
次回の最終話で日本に戻った後日譚とかもあるんでしょうか?








からかい上手の高木さん #11 「ネコ」ほか

本人が知らないうちにカウンター入ったぁ!「からかい上手の高木さん」の第11話。

猫に触ろうとテレビで見たこと実践する西片だったが、高木さんが現れてオジャン。
しかしその高木さんは空き地の猫とフレンドリーに接する。
人なつっこい猫だと聞いてもプライドがジャマして素直になれない西片。
しかし肉球まで触らせてくれるということで、猫好きを認めるが時既に遅し。
20180319t_01.jpg
恋バナを求めるユカリ。
勇気を出して好みを聞いてみると意外にも話に乗ってきたミナとサナエ。
でもそれは男子ではなく犬の話ダッというオチ・・・

互いに似顔絵を描く授業。
高木さんを正視出来ない西片、さらに自分の顔に何かあるのでは?と疑心暗鬼。
20180319t_11.jpg
高木さんがこう見えている、とわざと怒らせるような似顔絵を見せるが
これも高木さんの変顔の方が面白く。
今度は高木さんに描いたものを見せてもらうが視線が斜め上。
さらに頬を赤く染められて・・・

居残りで掃除をするという西片を待つと高木さんからジャンケンを挑まれる。
そのジャンケンに勝利して喜ぶ西片だったが、これって高木さんの
負け条件しか提示されてなかったし完全に高木さんの掌の上・・・
20180319t_21.jpg
朝の占いが星座、血液型共に一位だったことで強気な西片。
友人のゲームの誘いまで断って高木さんと一緒に帰ることに。

高木さんに理由を聞かれ「高木さんと帰りたかったし・・・」とポツリ西片。
20180319t_31.jpg
表情の固まった高木さんに慌てて理由を後付けして走り去ってしまう西片。
実は高木さん、クリティカルヒットを受けていたけど、表情を崩さず我慢していた様子。


自分も猫好きだけどむやみに近付かないのが一番猫のため。
でも都心と放し飼い猫の多い地域だとやっぱり人なつっこい猫が多いから
高木さんみたいに仲良し猫って作りやすいけど。

男子には全く興味が無さそうなミナだけど真っ先に彼氏を作りそう・・・

男女で似顔絵とか授業であったけどこれ本当に気恥ずかしい。
画力が無いのはもうしょうがないけどそれでもあまり特徴を捉えすぎてもダメだし
不細工なのもダメだし・・・
でも高木さんも西片をよく見ている。w

クリティカルヒットを受けてもポーカーフェイス高木さん。
こりゃ西片が真っ向勝負で勝てるわけ無いわ。

なんだかんだ言いながら、最初の頃よりは西片もいろいろ意識はしているのかな?
というわけで、次回最終話。








テーマ : からかい上手の高木さん
ジャンル : アニメ・コミック

ラーメン大好き小泉さん #11 「おいしいラーメン」ほか

大阪編。 「ラーメン大好き小泉さん」の第11話。

なにやら思い出の味のラーメン再現に挑む悠。
小さい時に大阪で食べたきりなので記憶も曖昧のところ、潤のアドバイスで
兄に聞いてみると「おいしいラーメン」と的外れな感想が。
20180315k_01.jpg
校内のラーメンの香りにつられて小泉さん登場。
心当たりがあるということで一緒にやってきたのは新宿歌舞伎町。
お店は大阪発祥の「神座(かむくら)」、そしてメニューには「おいしいラーメン」が。
兄の返答は的外れではなかったと、さすがにお詫びをする悠。

白菜の甘みの特徴的な味に舌鼓を打つ二人。
そして食べ終えた小泉さんはあることを考える。
20180315k_11.jpg
少しお酒が入った感じのアンニュイなお姉さん。
その脇でラーメンを平らげて満面の笑みを見せる小泉さん。

場所は大阪、ナンパに掴まって進めなくなっていた小泉さんをお姉さんが助け出す。
大阪にはラーメンのイメージが無いというお姉さんに違う事を力説した小泉さんは
そのままなんとなく誰かと印象が被るフレンドリーなお姉さんとラーメン店巡りをすることに。
20180315k_21.jpg
話しているとお姉さんは仕事を辞めて明日には大阪を離れるという。
彼女にとって思い出のラーメンの話を小泉さんにすると、小泉さんはあるお店に。
そのお店はお姉さんの思い出のお店が移転してきたお店だった。

そして最後にはお酒の飲めるラーメン屋で門出の一杯。
20180315k_31.jpg
別れ際、東京でもよろしくと連絡先を渡されると見覚えのある苗字。
帰りの新幹線に乗る小泉さんと、引っ越しの手伝いに来る従姉妹を
迎えにと一緒に新大阪駅へ。
現れた悠は従姉妹をスルーして小泉さんの元へ走るが小泉さんは
華麗に流して改札をくぐる。

次回 「名古屋」ほか。
大阪の次は名古屋編。

神座といえば渋谷のお店が古くからあってよく行きました。
たっぷりの白菜から出る甘みが確かに美味しい。
でも最近、川崎駅内に新しいお店が出来て寄ってみたら緑がやや多めで
芯に近い方が好きな自分としてはちょっと残念だった。
でも美味しかったですよ。(葉先とか芯とか好みの問題なので)

たしかに大阪ってあまりラーメンの印象はない。
出張で何度も行ったことがあるけど「じゃあラーメン!」ってなった記憶がない。
もちろんここ何年だと続々と新しいお店やラーメンが開発されているんでしょうけど。
そういった意味では次回の名古屋もそうかな?
スガキヤと台湾ラーメンくらいしか印象にない。
麺類だときしめんとか味噌煮込みが強すぎて・・・








ヴァイオレット・エヴァーガーデン #10 「愛する人は ずっと見守っている」

アカン、こんなん泣くわ・・・ 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の第10話。

ヴァイオレットが出張で訪れたのは病弱な母親と元気な少女の家。
父親も戦時中に先立っているようだが、それなりに裕福ではある様子。

人形遊びをしていたアンが真っ先にヴァイオレットを見つけるが
人形のような姿を見て「良くないもの」と警戒する。
20180314v_01.jpg
母親のクラーラの依頼で七日間滞在するというヴァイオレット。
しかしクラーラは仕事の開始早々に体調を崩してしまう。

それでも体調と相談しながらヴァイオレットとの作業を進めていく中で
作業中には近づけないアンはヤキモキする。
20180314v_11.jpg
それでも母親が療養している合間にアンはヴァイオレットと打ち解けていく。

しかしある日、アンの寂しさは爆発してしまう。
ついクラーラに厳しい言葉を浴びせて家を飛び出していってしまう。
20180314v_21.jpg
アンを追いかけて慰めるヴァイオレット。

そして別れの日、最後までヴァイオレットを人形だと思い込んでいた
アンはキスをした時の頬の柔らかさから勘違いだったと気付く。
20180314v_31.jpg
翌年の夏にはアンは一人になっていた。
そんなアンに届いた手紙、それはクラーラからの誕生日を祝う手紙だった。
それから毎年アンに届く手紙、少女から女性となり母となっていっても届く。
20180314v_41.jpg
その手紙は50年分用意されていた。
アイリスがアンにとって楽しみな手紙だと言う一方で、ヴァイオレットは
愛する娘を残していくクラーラのこと、幼くして母親を失ってしまうアンのことを
憂い泣き出してしまう。
屋敷ではアンやクラーラと接しながら涙を堪えていたというヴァイオレット。
そんなヴァイオレットに「届くのよ、あなたの手紙が」と慰めるカトレア。

母親の先が長くないこととか流れは読めていたけど
やっぱり手紙が送られるシーンで泣けてしまった。
そして母娘の二人を憂いて泣き出すヴァイオレットを見てまた泣き。

しかし50年は長いなぁ。普通10年とか成人までとかって感じだけど。
しかも一日10年分くらい書いていたわけだけど、多分自分の年よりも
生きる娘への言葉をよく考えついたというか、娘への気持ちがスゴイなぁ・・・

ところで公式からダイジェスト第2版が公開された。
けど、ヴァイオレットが戦渦に巻き込まれるような締めがされていて不安。








テーマ : ヴァイオレット・エヴァーガーデン
ジャンル : アニメ・コミック

宇宙よりも遠い場所 #11 「ドラム缶でぶっ飛ばせ!」

今までさんざん「ポンコツ」とか言ってゴメンよ。今週の報瀬は最高だった。
宇宙よりも遠い場所」の第11話。

雪焼けで狸のようになってしまったマリ、中継スタジオの家族にも笑われてしまう。
しかしそのスタジオには日向の過去のトラウマの元凶が・・・
20180313u_01.jpg
いつものように明るく振る舞う日向だったが変化に気付いていたのは報瀬。
席を外した日向を追って外へ出ると珍しく声を荒げて雪山にあたる日向の姿が。

四人の輪に戻ればまたいつものように振る舞う日向が気になる報瀬。
20180313u_11.jpg
麻雀の面子に呼ばれた報瀬のジャマをするマリ。
「予備の白いの混じってるよ」とか聞いたりするもんだから報瀬に怒られて
追い出される。「ヒドイですね」とマリに同意する結月。ww
ちなみに報瀬は「雀帝」と呼ばれた母親を卓を囲んでいたらしい。

そんな事をしていると共有のパソコンに日向宛てのメールが届いたと聞く。
悪いと思いつつも日向のメールを開いてしまう報瀬。
すぐに日向が現れて報瀬を問い詰めると、報瀬は日向が一人で怒っていたのに
何も話してくれないと逆ギレ。
20180313u_21.jpg
自分が部活を辞めてさらに学校を辞めた経緯を話す日向。
その原因となった陸上部の女子達が友達としてコンタクトを取ってきたという。

その後も作業の移動先で絶景に触れてはしゃぐ日向。
むしろ話を聞いてテンション下がりまくりのマリや結月を元気付けるほどに。
20180313u_31.jpg
それでも納得行かないのは報瀬。
日向とテントの外へ出た時に自分の気持ちを打ち明けると
日向は報瀬の手を取り「手だけでいい」と自分の頬にあてる。
そして抱きしめると「連れてきてくれて、ありがとう」と報瀬に言葉をかける。
20180313u_41.jpg
中継の準備中、彼女達を許せるかと日向。
その様子を見ていた報瀬はカメラの前に立ちカメラの向こうの自称友人に
「三宅日向にもう関わらないで貰えませんか!?」と強い口調で話しかける。
そして学校を去った後、日向が辛い思いをしていると考えていたかも知れない。
けど・・・マリが「けど、そんなことないから!日向ちゃんは今、私たちと最高に
楽しくて超充実したそこにいたら絶対出来ないような旅をしているの!」と叫ぶ。
そして報瀬も日向が新たな一歩を踏み出していること、日向を見捨てた相手に
モヤモヤとこの先も生きていけと訴える。
それが「私の友達を傷つけた代償」だと。
20180313u_51.jpg
白夜で迎える昭和基地の新年。
マリの提案でドラム缶の鐘を用意して最初は四人で突くことに。

「極道(ごくどう)13」って最初呼んだけど「きょくどう」なんですよね。w

麻雀を知らない人を見学させたときのあるある。
ぶっちゃけマジな時だと指詰めモノだよね。w

出る杭で打たれちゃった日向。
まあ友達の前と先輩の前で建前を使い分けるくらいはともかく
部活を辞めた後も追い打ちをかけて学校まで辞めた後も放置していて
「トモダチでぇ~す!」ってよく顔を出せたな。
まあイジメもそうだけど加害者ってのはこんなもんか。

日向のために三行半を突きつけた報瀬の行動は拍手モノ!
彼女も怒りをパワーにするタイプだからこういう時は強いね。
本当に良い話しだった。








最新記事
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告