FC2ブログ

おとめ妖怪ざくろ 第04話 「きょり、怖々と」

女の子グループには必ずいそうな人見知り少女の薄蛍回、「おとめ妖怪ざくろ」第4話。
あにてれはこちら。

テキストはあと。

前回、景と一夜を共にしたことをネタにされ続けるざくろ。
薄蛍もなんだかんだ言ってこういう話題好きなのね。
しかし自分の事となると奥手以上の奥手、未だ利劔のことを正視することもできず・・・

まだ前回の話の翌日と言うことだけど改めて妖人に対する自分の不甲斐なさを痛感し
せめてざくろ達の足手まといにならないようにと鍛錬に取り組む決意をする。

一方、新たに調査依頼を受けたざくろと景以外の5人は依頼主の古物商の元へ向かう。
道中、やはり町人の注目を浴びてしまう薄蛍。「ずっと下を向いているんだな」と
聞く利劔に「人間と目を合わせるのが怖くて・・」と答えると薄蛍の前に立って
「俺の後ろを歩けばいい」と言葉少なに配慮する利劔。格好いいねぇ。
20101025z_01.jpg
お店で出迎えてくれたのは可愛らしい子鬼の女の子、「麦(むぎ)」。
案内されたところでお店の主人「折形 綾(おりかたあや)」登場。この人は人間。
あまりに自然に要人と接する綾の態度に感動さえ憶える妖人省の面々。

そして本題、綾は一本の刀を取り出し、先日女性が持ち込んだ刀を引き取ったものの
曰く付きのものなので店に並べることもできず妖人省に相談したという。
妖刀にあてられる薄蛍、利劔が触れようとしたのを制止すると気を失ってしまう。
20101025z_15.jpg
丸竜達は一旦店を離れて別の調査に出る。
どうにか回復した薄蛍に薬を持ってきた麦が母親の櫛を持っており自慢して差し
出したので触れてみた薄蛍は、櫛の持つ記憶から妖刀から麦を庇って切られる
母親の記憶を見てしまう。麦はどうやらその時の記憶は失ってしまっているらしい。
「いつか迎えに来てくれる?」と言う麦に「良い子にしていたらいつかね・・・」と
優しい嘘を付く薄蛍。

刀を箪笥に片付けようとして落ちてしまう麦に近づいた薄蛍は落ちてきた妖刀を
つい受け止めてしまう。一気に薄蛍の精神を支配する妖刀、薄蛍は刀を鞘から
抜いて利劔に襲いかかる。そして麦に斬りかかろうとする所を見かけて麦を庇う綾。
20101025z_27.jpg
母親の死がフラッシュバックする麦の前に利劔が割って入る。
綾と麦が逃げたところで風呂敷一枚で刀を受け止める利劔の血と、声によって薄蛍は
正気を取り戻すとそのまま気を失ってしまう。

刀を預けた女の住処を調査したが成果なく戻ってきた丸竜達。
奥の間では自分が傷つけた利劔の手を申し訳なさそうに手当てする薄蛍は、利劔から
伝わってくる優しさや暖かさ、そして自分が力を秘密にしていたために招いた事態に
さらに心を痛める。

そんな薄蛍の手を取り「自分は言葉が足りないから感じ取ってもらったほうがありがたい。
そのほうがお前への気持ちが正しく伝わるだろう
」と語る利劔。
私の心も利劔さまへ伝わってしまえばいいのに・・・
20101025z_40.jpg
刀は妖人省へ引き取って麦との別れ。
記憶は戻ったけど「ママがどこにいてもガッカリしないように良い子にするね」と
気丈に振る舞う麦の気持ちが読めてしまった薄蛍。「麦は良い子ね・・・」

帰路の汽車の中、利劔のお陰で気持ちに余裕の出来た薄蛍。
そんな二人の様子を見て行きとの雰囲気の違いを不思議がる丸竜。

妖刀の登場を何モノ化の意図する事かと心配する櫛松。
そんな櫛松にざくろを妖人省の一員として同じように扱うようにたしなめる天竜寿。

「もうすぐよ、ざくろ・・・」と、夜の町を徘徊する怪しい女性。妖刀を預けた女性?
20101025z_51.jpg
翌朝、雪洞と鬼灯のみならず利劔に手ぬぐいを手渡す薄蛍に驚くざくろ。
一人置いてけぼりになり帰って意固地になる?

エンディング「二人静」、ようやく薄蛍と利劔のデュエットバージョン。

次回 「わな、粘々と」
今度は雪洞と鬼灯回となるようです。

寡黙な者同士だけど思慮&配慮深い利劔の意図を汲み取ってくれる薄蛍はお似合い。
ざくろ以外は早々とカップリング成立と言うことかな?
雪洞と鬼灯はどっちかを選ぶとかなさそうだから両手に花で現状維持?
それとも次回に何かあるのかな?

鬼っ子の話はちょっと可哀想だったな。トラウマでなくしていた記憶も同じシーンの
再現で戻してしまったようだけど、これからも明るく力強く生きて欲しい。つдT)

今回ざくろは出番がなく謎の二人の半妖も姿を見せただけだったけど、新たに驚異と
なりそうな存在がチラホラと見え隠れ。二人の半妖と関係があるのか分からないけど
前半のうちに絆を固める下地のエピソードを置いて後半は一気に戦いとなるのでしょうか?
スポンサーサイト



テーマ : おとめ妖怪 ざくろ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎おとめ妖怪ざくろ第四話「きょり、怖々と」

アゲマキと、リケンが裸で訓練してた。それをザクロみてると、ホタルさんに一夜をともにした仲だものいう。クシマツさんがみんなを集める。アゲマキとザクロはいいよといわれる。そ...

おとめ妖怪 ざくろ 第4話「きょり、怖々と」

人の心を読める能力、それは諸刃の剣。 相手への気持ちをうまく言葉に出来ない不器用な二人。

おとめ妖怪 ざくろ#4

第4話「きょり、怖々と」 薄蛍の能力と、利劔さんが格好良すぎるお話(笑) 骨董店折屋に持ち込まれた曰くつきの刀を調べる事になった薄蛍達 その刀を見た薄蛍は‥‥ 妖人を雇っている事より、はだけた着物のほうが驚きだ(笑) あぁ‥、私は薄蛍に触られたらダメ

おとめ妖怪 ざくろ 4話レビュー

獣人と言っても髪にミミ的なものが存在している以外は少なくとも外見はそこらの女の子と何ら変わりないし、人間にだって変な奴は一杯居るわ...

おとめ妖怪ざくろ 4話

第四話 「きょり、怖々と」 今回は、薄蛍と メインのお話。 『折屋』と言う道具屋(?)に持ち込まれた刀の調査が妖人省へ持ち込まれま...

おとめ妖怪 ざくろ (第4話)

おとめ妖怪 ざくろ  第四話「きょり、怖々と」 骨董品屋の折形綾から、曰く付きの刀を見て欲しいと頼まれ、薄蛍と利劔、雪洞、鬼灯、丸竜の5人は折屋に赴く。妖怪の鬼っ子と骨董品屋を営む折形綾から刀を見せられると、あまりの狂気に薄蛍は気絶して

おとめ妖怪 ざくろ 第4話 「きょり、怖々と」

おとめ妖怪 ざくろ  第4話 「きょり、怖々と」 『やぁ~おはよう~昨日は良く眠れたかい?』『ふん!』総角&利剱の 朝の鍛錬…イヤイ...

おとめ妖怪 ざくろ #4

前回は、西王母桃と総角のラブラブ話でしたが、今回は薄蛍と利劔がいい感じでした。本編冒頭から、いきなり総角と利劔が上半身裸で登場。これは、腐女子ホイホイの投入です

おとめ妖怪ざくろ 第四話:きょり、怖々と

 俺の後ろを歩けばいい・・・。ンハー!!!!「口で語らず背中で語る」かっけぇ。自分不器用ですから。って言わないでもこれなら公然と手を握れちゃったりとかね。         ...

おとめ妖怪 ざくろ #4

【きょり、怖々と】 おとめ妖怪ざくろ 3 (バーズコミックス)著者:星野 リリィ幻冬舎コミックス(2009-04-24)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る いい加減慣れなさいよ!(未だに櫛松には慣れません・・・) 

おとめ妖怪 ざくろ #4

「きょり、恐々と」 初っ端から上半身裸サービス!ゴチソウサマデス! いやガン見でしたけどね。 乙女だなぁ(ニヤニヤ) 提供バックが可愛いくて和む~。 お休みなんだ。 あぁ和む~。 ギャップにときめくじゃないの!

おとめ妖怪 ざくろ 第4話「きょり、怖々と」

『「人から譲り受けた“曰くつきの品”を調べてほしい」という依頼が入った。 薄蛍(すすきほたる)、利劔、雪洞(ぼんぼり)、鬼灯(ほおず...

おとめ妖怪 ざくろ 第4話 「きょり、怖々と」 【感想】

「私の心も、利剱さまに伝わってしまえばいいのに…」 思い…。そこには、ある物事に対する一定の感情が含み隠されているものですが、そ...

おとめ妖怪 ざくろ・第4話

「きょり、怖々と」 妖人省に新たに加わった任務。神隠し事件の休養で、総角とざくろは館に残り、他の面々で依頼先へ向かうことに。その依...

おとめ妖怪 ざくろ #4 「きょり、怖々と」

「自分はこの通り言葉が足りないから  感じ取ってもらえたほうが有難い。  その方がお前への気持ちも正しく伝わるだろう」 Y E S ★ ...

おとめ妖怪ざくろ 3、4話

ドラッグストアへ行ったら、手元に給料が残っているうちにアイシャドウも買っちゃおうかな、という誘惑に駆られた。 似通った色だが、乗せてみると微妙に色が違ったり、ラメが違っても色の印象が違うので、候補の二つを入念にチェック、比較検討の上決定した色は… ...

おとめ妖怪 ざくろ 第4話「きょり、怖々と」

言葉より温かな想い。

おとめ妖怪 ざくろ 第4話 感想「きょり、怖々と」

おとめ妖怪 ざくろですが、総角と利劔は上半身裸で剣術の修行に打ち込みます。いつもざくろに助けられている総角は自分も少しは役に立とうと努力しています。 利劔と薄蛍は街を歩きますが、薄蛍は他人の視線が怖いのでいつも俯いています。利劔は自分の背中に隠れろと言

おとめ妖怪 ざくろ 第四話 『きょり、怖々と』

大きな背中。

おとめ妖怪 ざくろ 第4話 「きょり、怖々と」 簡易草子

「・・・俺の後ろを歩けば良い。」by利剱 「利剱様の手から伝わって来たのは、私を心配してくださる心ばかりで・・・。暖かくて、申し訳な...

BLEACH おとめ妖怪ざくろ 侵略!イカ娘

BLEACH ブリーチ『攻撃不能!?封じられた元柳斎!』294話を視聴。 山本さんの「なんじゃ,仕舞いか」は,圧倒していると思えてか,格好良...

おとめ妖怪ざくろ 第四話「きょり、怖々と」

おとめ妖怪ざくろ 第三話「かこ、哀々と」で す。 相変わらず、うちのブログでは『

(鬼っ子“麦”可愛い)おとめ妖怪 ざくろ 4話「きょり、怖々と」(アニメ感想)

-感想- 薄蛍と利劔の話がメインでした。 3話までがざくろと総角、主役格の二人が物語を牽引していきましたが 今回は薄蛍と利劔の関係を...

おとめ妖怪 ざくろ 第四話:きょり、怖々と

 利劔が格好良すぎですね。薄蛍がうらやましい……

優しい背中

{/kaeru_love/}省エネ! このふたりはもぅラブラブやねん{/heartss_pink/}{/heratss_blue/} 『おとめ妖怪 ざくろ』 第四話 きょり、怖々と 朝から竹刀を振って鍛錬している景と利剱。 それを冷めたような目で見ているざくろ。 ん~ 昔の女子は、男子の半裸なんか、恥...

おとめ妖怪 ざくろ 第4話「きょり、怖々と」

軍人さんの半裸きたー(゚∀゚) 目で語る芳野葛利剱(よしのかずら りけん)さんシブイ! 恥らう薄蛍(すすきほたる)に:;。+゜+。きゅん(*´U...

おとめ妖怪 ざくろ 第4話「きょり、怖々と」

薄蛍と利劔の担当回♪ 利劔さんは言葉は少ないですが思いやりのできる漢。 最近は目っきり見なくなった絶滅危惧種ですね(^^;    ▼ ...

おとめ妖怪 ざくろ 第04話 「きょり、怖々と」

水清ければ月宿る

[アニメ]おとめ妖怪 ざくろ 第4話「きょり、怖々と」

希望から絶望に変わるとき、また希望に変えていけるのか?

おとめ妖怪 ざくろ 第4話「きょり、怖々と」

回を重ねるごとに素晴らしくなっていく!

「おとめ妖怪ざくろ」第4話「きょり、怖々と」短感

ざくろのツンデレとしてのキャラは前回で完成したもよう。 スタートとラストを、ざく

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告