花咲くいろは 第03話 「ホビロン」

同じ喜翠荘で働く同年代の女の子達からどうもハブられてしまっている緒花。
そこに原稿紛失という事件まで起こってしまう「花咲くいろは」の第3話。

「うざい、小っちゃいクセに声デカイ、『死ねって言うな』って何なのあいつ」
大根の桂剥きは雑念が入ると上手く出来ないよ。

緒花の復讐の賄いに覚悟を決めて挑む民子と菜子。
しかし食堂はもぬけの殻、「あいつ裏切った!」と怒る民子だが大量の里芋を入れた
味噌汁と、刻まれた山盛りのほうれん草から単に放り出したわけではなさそう。
20110417h_01.jpg
そのお花は次郎丸の部屋で亀甲縛りされていた。
しかし本を見ながらの縛りはあまり上手くなく逆に緒花に慰められる始末。
温泉仲居、泡まみれの新人研修
実は売れっ子でも何でもなく迷走しながら書いている小説が今のタイトル。
「才能がないなんて自分で判断できることではないですし・・・」という緒花に
頼み事をする次郎丸。

お客もはけて緒花の失踪で騒ぎになっているなかで冷静に大掃除を始めるという女将。

急にピンクになる画面。どうやら次郎丸の書いている官能小説の場面らしい。ww
「そんなに声デカイですか?私」なぜ自分の事が書けるのかと聞くと「ウォッチしてたから」と
しれっと答える次郎丸。そして続きを読み進めるとピンクのなかの緒花が
「私、輝きたいんです」と訴える。その緒花に「大丈夫、ちゃんとここを磨けば・・・」と
指導するピンクの中の菜子。ww
20110417h_18.jpg
掃除のために次郎丸の部屋を訪ねてきた菜子を叱りつける次郎丸をさらに叱りつける緒花。
緒花が見つかり奈緒も監禁しようとするが、電六爺もおり巴まで来てしまったため
次郎丸は部屋から逃げ出してしまう。

次郎丸の狂言が明るみとなり警察を呼ぼうという従業員を「お客を疑うわけにはいかない」と
窘める女将。その言葉を影で聞いていた次郎丸は更に車を奪って喜翠荘を後にする。
20110417h_29.jpg
次郎丸を追って来た一同は崖の先頭に立つ次郎丸を見つける。
「人の善意にあぐらをかいていた」と黄昏れる次郎丸に「善意じゃないです、女将さんは
仕事だからそう言ったんですよ。女将さんにそんな優しい気持ちがあるはずありません」と
身も蓋もないことを言う緒花。「その通りですお客さん」と現れる女将。
「賞を取ってお代を戴くことが出来ればこっちはとんとんなんですよ。
 賞を取ることを諦めなければ、可能性を捨てなければお客様はお客様です」

それでも「無理なんです!」と飛び降りる次郎丸。
しかし溺れるだけで「死にたくない!」とじたばた。

「緒花さん!それ持ってて下さい!」
真っ先に飛び出して海に飛び込む菜子。(飛び込む時に回転付けてるしww)
女将が言うには小さな頃から水泳教室に通っており「かっぱっぱ」というアダ名らしい。
20110417h_42.jpg
太ももが眩しすぎる・・・
実際の所、まだ春先だから水泳が得意でも体力はかなり消耗するだろうね。

まだうだうだ言っている次郎丸にビンタ一閃の緒花。
「私、輝きたいんです」というセリフを引き出した自分を観察していた
次郎丸の目は小説を書くための才能だと訴える。
ようやく気持ちを入れ替えた次郎丸は旅館を手伝いながら小説を書き続けることに。
20110417h_50.jpg
そのまま海辺で食事をすることに。
仲居の仕事はともかく泳ぎには自信があるから教えようかと緒花に話しかける菜子。

出来上がった鍋には緒花が仕込んだほうれん草がふんだんに使われていた。
そのほうれん草をたっぷり民子のお椀によそう緒花。
ムッとしながらもそのほうれん草を食べた民子を見てはしゃぐ緒花に
ホビロン!と叫ぶ。

その夜、緒花の存在が次郎丸の件を何らかの方向に動かすことを予想していたような
事を言う女将と電六。「バカとハサミは使いようってね・・・」
さすがになんだかんだ言っても皐月を育てただけのことはある?
20110417h_66.jpg
「日本の宿 仲居教本 初級」で勉強する緒花。
ふと民子の布団の中のノートを見つけてしまう。それは「死ね!以外の言葉」をいろいろ
綴ったノートで、「ホビロン→(ほ)んとに(び)っくりするほど(論)外!」と書いてあった。
「アヒルのふ化しかけた卵、食用、気持ち悪い、生理的に受け付けないし無理、
 意味もあってるし・・・ →決定!」
ちょっと落ち込みながらも「ここまで一生懸命嫌われるとなぜかすがすがしいモノが・・・」と
開き直る緒花。そこへメールが。
今度こそボーイフレンドの孝一からの応援メール。東京にいた頃には分からなかった
嬉しいメールに気合いを入れ直す緒花だった。

次回 「青鷺ラプソディー」
みんち凄くモテるそうです。というわけで登校編へ。

う~ん、次郎丸は犯行重ねすぎですね。軟禁やら窃盗やら業務妨害やら。
とくに未成年を亀甲縛りとはうらや絶対にダメ。ww
しかもちゃんと股間に紐をわたしている。まあ縛り初級ならこれ見て勉強だな。
ナナとカオル 6巻 【アニメDVD付 初回限定特装版】 (ジェッツコミックス)ナナとカオル 6巻 【アニメDVD付 初回限定特装版】 (ジェッツコミックス)
(2011/03/29)
甘詰留太
商品詳細を見る

次郎丸の官能小説の映像化部分と菜子の濡れ姿は大サービスですね。
とくに菜子は映像化部分でもグラマラスな片鱗を見せている。
通学するから今度は学校のプールでスク水に着替えての大活躍に期待。
「かっぱっぱ」の設定がこれだけで終わるのは勿体ない。

菜子とはやっと少し打ち解けた緒花、民子とはまだまだかな?
「ホビロン」で「気持ち悪い」は無いなぁ・・・
でも料理に携わる人間が好き嫌いするなとは言わないけど、異文化の食べ物を悪口に
使うのもどうかと思うぞ。(現地では女性でもホビロンを普通に食べる)

スポンサーサイト

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 

「君に一つ頼んでいいかい?」 温泉仲居 失踪事件 波の間に消える緒花

花咲くいろは  第3話 「ホビロン」

花咲くいろは  第3話 「ホビロン」 よいではないかよいではないか

花咲くいろは第3話『ホビロン』

それぞれの人がそれぞれの場所で輝けるようにッ♪ 私もこの場所で輝きたいッ♪ この場所で輝けるようにッ♪☆キラ~ン☆ゞ

微妙になってきた・・・(花咲くいろは 第3話レビュー)

花咲くいろは 第3話「ホビロン」 ★★★★☆

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想

今回も面白かったですね。 エロシーンには、ビックリしましたが(笑) 「従業員として働きながら高校に通うこと」と、祖母である四十万スイから 厳しく言われ、スイが経営する温泉旅館“喜翆荘”で、新...

今週の『花咲くいろは』 第3話視聴

■あらすじ 長らく「波の間」に宿泊している小説家・次郎丸。 「この客の部屋は掃除しなくてもいい」という暗黙のルールを知らずに、張り切って掃除をしてしまった緒花。 そしてタインミグを計ったように発...

花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 感想

ストレートに、「働くとは?」を問う作品になりそう。 花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 のレビューです。

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

行方不明になった緒花を全員で捜索。緒花は小説家・次郎丸に捕まっていた、これって拉

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

「自分でも気付いてない私の事、分かってくれてました!」 私 輝きたいんです――! 嘘がばれて旅館から逃げ出した次郎丸を追う緒花達!    緒花の復讐のまかない と言う事で文句を言う民子に潔く復讐さ...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

「ホビロン!!」 緒花の言葉を受けて改良されて民子の柔らかな罵倒─ 民子は民子なりにいろいろ考えたようで確かにこれなら相手を傷つけないかもしれないけどこれじゃそもそも何を言ってるのか分からずポカーンな気がするけどなw 先週予告で出てきた時はザムディン的...

花咲くいろは 第03話 「ホビロン」

(C)花いろ旅館組合 自分自身を輝かせるために緒花は頑張る決意をします!

花咲くいろは 第3話

「ホビロン」 とんでもないドラマが私に降りかかっていたのです… ホントだぁww  こんな出来事そうそう無いと思われる((゚m゚;) 朝のまかないと途中に緒花が居なくなった? やっぱり波の間が怪しかったねww   軽く拉致というかこの状態じゃ、...

花咲くいろは#03

第3話 『ホビロン』 おのれ次郎丸…我らが緒花ちゃんに、なんて“うらやまけしからん”コトをww しかしナンだね、“この婆ちゃん”にして“この孫”あり。 婆ちゃんの正しさと優しさを、当の緒花ちゃんが一番理解してたのは さすがの血筋というか…『似たモノ同士

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

花咲くいろは 第3話「ホビロン」 縛られ、小説の中であんな事になり、次郎丸を助けるために菜子が飛び込んだりとサービス大目でしたが・・・まぁ、最後は物語上必要だったと思いますが、正直それ以外は無くても良かったんじゃね?この作品にソレを期待なんか微塵もしてま...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」の感想

 えっと、たしか、緒花が次郎丸の部屋を掃除してしまったことが発端だったんですよね。んで、次郎丸は小説が失くなったのは緒花のせいだから宿代をタダにしろと。緒花がゴミ袋の中に次郎丸の小説を見つけて読むも、それはなんと自分達のことを書いた官能小説だった。って...

花咲くいろは 3話 ホビロン

涙の雨が頬を叩く度に美しく。

「花咲くいろは」3話【ホビロン】

小説家さんです! 花咲くいろは 声優 松前 緒花:伊藤かな恵 鶴来 民子:小見川千明 押水 菜子:豊崎愛生 和倉 結名:戸松遥 輪島 巴:能登麻美子 種村 孝一:梶裕貴 松前 皐月:本田貴子 四...

花咲くいろは 【大サービス回!!】 第3話  「ホビロン」 (2ちゃん)感想

877 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 22:54:13.50 ID:atMxV7bK0                    ,'⌒,ー、           _ ,,..  X     ...

花咲くいろは #03 ホビロン

次郎丸に拉致監禁された緒花のピンチ!  縄・風呂・透けシャツと大サービス回でした。

花咲くいろは 第3話 感想「ホビロン」

花咲くいろはですが、民子と菜子は新参者の松前緒花に振り回されます。賄いには腹いせのほうれん草と里芋が大量に用意されていますが、肝心の緒花がどこにもいません。その頃、緒花は自称・小説家の次郎丸に監禁されて縛られていますが、あまり緊迫感もなく、緒花もまった...

花咲くいろは 第3話 (レビュー/感想)

第3話 『ホビロン』

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 嫌いなものてんこ盛りの賄いを覚悟した菜子と民子だが、作りかけの料理を残して消えた緒花。 緒花は波の間に監禁??次郎丸さんいきなり亀甲縛りはねーべwww ...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

■花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 脚本:岡田磨里 絵コンテ:安藤真裕 演出:柿本広大 作画監督:石井百合子 どうやら私はこの作品を見誤っていたようである・・・。「こうなるであろう」と勝手に...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 簡易草子

「私たちのこと嫌いになったんじゃないのかな・・・。私、緒花さんに酷いことしたし、東京に帰っちゃったんじゃないかな・・・。」by押水菜子 「こんなときでも常識を破れないからダメなんだ。殻を破れない...

花咲くいろは 第3話 ホビロン

民子の緒花に対する態度は、半分は八つ当たりですね。 菜子は心を開こうとはしているようですが、視線をまっすぐ向けてきて、声が大きいからまだ怖いと思っている感じです。 です ...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

OP「ハナノイロ」いろは最高! 今週は萌え豚にとってはブヒブヒ鳴ける神回でしたね(笑) それ以外の人でも、話の内容的にも満足できたんじゃないでしょうか?

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

花咲くいろは 第3話「ホビロン」です。 第2話までは、予想通りなかなか面白かった

花咲くいろは 第三話『ホビロン』

まさか「ホビロン」の意味がそんなんだったなんて・・・(笑) 緒花の言う通り、ここまで気合い入れて嫌われるといっそ気持ちイイかも。 相手をよく見て自分の気持ちと向き合わないと あそこまでノートに書き綴ることはできませんよ。 “好き”の反対語は“嫌い”じゃなく…

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

「温泉中居、泡まみれの新人研修」 やべぇー!これホント面白い!! 前回の引きから続いてるとは思わなかったな。 それも、期待通り?に拉致られてるとか・・・ 花咲くいろは 1 [Blu-ray]P.A.WORKS ポニーキャニオン 2011-07-20売り上げランキング : 11...

花咲くいろは 3話 《ホビロン》

バカとハサミは使いよう なんどでも言いますがOPの声が大好きです。 最初聞いたときはチャラさんかと思っちゃったけどね。

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

いい話 えちい話 ギャグ展開 …見事なブレンドでしたわw 一歩間違えばえらいことに(すでになってたけど)、どんと来い緒花ちゃんにはぴんく小説家も降参。 とんでもないいっぱい食わせ物でしたが、こ...

花咲くいろは 3話「ホビロン」

相変わらず、すごい出来ですよ! 花咲くいろは 1 [Blu-ray](2011/07/20)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る

花咲くいろは 第3話 ホビロン

ほんとにびっくりするほど論外!

花咲くいろは・第3話

「ホビロン」 明日の朝食で、嫌いなものを食べさせる。緒花の宣言に戦々恐々としながら、調理場へ向かう菜子と民子。しかし、そこに緒花の姿はなく、作りかけの食事が……。その頃、緒花は…… ……………………。 ...

花咲くいろは 3話「岡田磨里さんはエロイのかも」(感想)

「ホビロン!」 [ホビロン] 「ほんとにびっくりするほど論外!」の略の意味である。 -岡田磨里用語の基礎知識(2011年度版より)-  

花咲くいろは 第3話 ホビロン

花いろ 第3話。 小説家の魔の手が緒花に迫る―――。 以下感想

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

たくさんは縛れません。

花咲くいろは  第3話 ホビロン

 ほんとに  びっくりするほど  論外

アニメ 花咲くいろは 第3話「ホビロン」簡易感想

あれ?これこういうアニメなのか!?(*゚∀゚)=3ハァハァ(*゚∀゚)=3ハァハァ なんだこれww 縛りプレイとは高度だな(*゚∀゚)=3ハァハァ とりあえず緒花は縛られるんだから嫌がれよ!!まさか縛られるのが好k(ry 自分のことがエロ小説のネタになっているんだから...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

ほびろん!! あはは、面白いw 今度使ってみよう。

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

私、輝きたかったんだ――。 予想もできない面白展開(笑) サービスシーンまであって、本当にいたれりつくせりですね♪ お約束もバッチリだし(?) 旅館で起きた事件の解決はやっぱり断崖絶壁ですw    ▼ 花咲くいろは 第3話「ホビロン」  復讐のまかな

花咲くいろは #3「ホビロン」

このアニメはエロもやるのか 予想外でした  花咲くいろは 第3話のぶっきら感想どすえ

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

はじめに  「花咲くいろは」は日曜日を待ち遠しくさせるほど面白い作品ですし、今回は女の子がとても色っぽくかなり魅力的でしたね  それにしましても、「花咲くいろは 第1話 「十六歳、春、まだつぼみ...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

準備をしながら緒花に対して文句を言ってる民子が(苦笑) でもちゃんと緒花がいったとおり腹いせも受けて立つなところが潔いなぁw 菜子ちゃんは嫌いというよりも慣れないタイプで苦手だったんですね~ 意を...

2011年4月第三週のアニメ(花咲くいろは)

・花咲くいろは 第3話「ホビロン」 旅館に素性がバレ、次郎丸さんが逃走を図ろうとする話。 緒花が読んだエロ小説をイメージ&CV有りで見せて頂いたり、海に落ちた次郎丸さん救助後の菜子の濡れT姿を拝ませて頂いたり、個人的には満足な展開でしたな。 この次も期待...

花咲くいろは第3話「ホビロン」レビュー

今日3本目の更新です。 結構がんばりました今日は。 いきなりの路線変更なのかこれは? 個人的にはいろはにはエロ路線を取って欲しくなかった… やっぱりこれはストーリーで魅せて欲しかった。 これはさすがになぁ… たしかに見ててまあ…と思ったけどこー言う路...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想 あらすじ 小説の中身を見られた次郎丸は、なんと緒花を捕まえて波の間に捕らえてしまった。 民子と菜子は緒花の復讐のまかないに恐れていたが、姿の見えない緒花を探す事に。 そしてすぐに菜子たちに見つかり、次郎丸は

花咲くいろは 第03話「ホビロン」

「でも、お腹空かせておかないと」

『花咲くいろは』 第3話 感想

今作は今期トップクラスの面白さだと確信しました。 う~~ん!実に面白い。 エロ小説家・次郎丸の使い方が上手すぎです。 ようは「才能」を理由に勝手に諦めていただけなんですよね。 あとは自信が...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」 感想

亀甲縛りベイビー。 小説家の発言は総て狂言だった。 彼はまだ全然何も賞も取ってなかったし、原稿もただ単に緒花に対する妄想の産物でしかなく それを勝手に捨てられたのに怒っただけで、且つそれを利用して宿代を踏み倒そうとした。 っていうよりは只恥ず...

花咲くいろは #3

【ホビロン】 花咲くいろは 2 [Blu-ray]出演:伊藤かな恵ポニーキャニオン(2011-08-17)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 私輝きたいんです! 

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告