FC2ブログ

アキバでナポリタン

秋葉原でツートップやドスパラ、じゃんがらラーメン、ラホール、ベンガルなどの集まる一角の
たちばな書店が入るビルの地下にナポリタン専門店がオープンしたらしく行ってみた。

ナポリタン専門店パンチョ(渋谷店の食べログ)

オーソドックスなナポリタンが400gまたは600g(大盛)が同じ価格で¥650から。
オープン記念と言うことで目玉焼きやチーズのトッピング付きで¥500ということもあり大賑わい。
400gというと一般的なつけ麺屋でも大盛りクラス、600gともなるとかなりの量となります。
「初めての方は大盛りはお控え下さい。」の注意書きはごもっとも。

ちなみに自分は初めてだけどつけ麺を基準に汁気もないしなんとか600gなら
イケルだろうと大盛りを注文。(無謀)
出てきた時にはちょっと「しまった」を感じながらも、まず粉チーズをドカリとのせて
とにかくモリモリと食べ出す。ケチャップは魔物だね。結構進む。
表層の半分以上食べたところで、今度はタバスコ投入と粉チーズを追加投入。
なんとか完食できました。

かなりの太麺で柔らかめソーセージとタマネギとピーマンの具材もしっかり、
味はとても懐かしい感じ。普通にお家で作る感じ。
嬉しいのは粉チーズがテーブルに置いてあって使い放題ということです。
一気にかけることは物理的にできないので追加出来るのは良い。
(もちろんタバスコはデカ瓶で置いてある)

ケチャップ みんち
ケチャップと言えば・・・

看板に「改めてナポリタンは美味いと言わせたい」とあるけど、ぶちゃっけ
懐かしい味以上に特別工夫があるわけでもないようでまさに定番の味。
しかしこれこそがナポリの人が「ねーよ!」という真のナポリタンかも。

だけど中部圏な生まれの私としては実はナポリンタンは熱々フライパンの
周辺に溶き卵を流し込んだスタイルの方が嬉しかったりする。

あと懸念するのはこの場所は結構短いスパンでラーメン屋や担々麺の専門店が
撤退している。裏道と言ってもパーツ買いの人通りも多いし不思議。
近くのラーメン屋やカレー屋などは老舗ばかりなのでなかなか新参者は定着が
難しいのだろうか?
個人的には新たなジャンクフードとして健闘して欲しい気がする。








昭和の演出なのか映画のポスターが店内に沢山貼ってあって「うる星やつら」も。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告