FC2ブログ

たまゆら -hitotose- 第04話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」

今期のベスト・オブ・仲居さん。「たまゆら -hitotose-」の第4話。

夏休みに突入、それぞれに楽しみなイベントを思い浮かべる中で、
大崎下島の旅館を経営する実家への里帰りを楽しみにする麻音。
島にはぽっての祖父も居るということで香も含めたみんなで島行き決定!
麻音の家を訪ねるに当たって船の上で既に緊張MAXなぽって。
地図を読まない姉達を引き連れて目的地の旅館であり麻音の実家の「のどか亭」。
20111024t_01.jpg
お母さん、お父さんと迎えてくれてご挨拶。
そして仲居着で出迎える麻音。仕事着だから派手さはないけど可愛い。ww
上がってもらおうとするとなぜか居間を避けて二階へ案内する。

手伝いはあるもののお母さんのはからいで島を案内することに。
いろいろと廻っている中で「乙女座」に目を止める麻音。
改装されたばかりで綺麗な畳敷きと舞台に一同感動、その中で口笛を吹く麻音。
これらの行動から麻音が乙女座のステージに立ちたいのではないかとぽって達は
考える。でも旅館の跡継ぎも求められているだろうし板挟みではないかと・・・
20111024t_17.jpg
香が思い出してぽっての祖父と待ち合わせの時計店へ。
そこで偶然であったのはあの「戦う女の子」のこまち。やはり祖母がこの島にいるらしい。
こまちとのりえで香争奪戦を繰り広げていると今度こそぽっての祖父が登場。
(世界でも有名な時計の修理店へ)修理に預けていた時計を取りに来たついでだという。
でも挨拶でとちるところはさすがにぽっての祖父。w
そして落ち着いたところでお茶をすることに。

おなじみのスイーツに舌鼓を打っているとのどか亭を探している女性グループが声を
かけてきたので、麻音はすぐに走り寄って案内を買って出る。
こまちも祖母に呼び出し食らって撤収、ぽってたちも祖父と一緒にのどか亭へ戻ることに。

先ほど案内した女性グループのお客様相手に緊張しながらもお茶を出したり
荷物を部屋へ上げたり働く麻音。重そうな荷物を持っているのでぽって達が
手伝おうと身を乗り出すと祖父が「手伝ってはいかん、ここは旅館だ。おもてなしの
心を持った人がお客さんをもてなす所だからのう、あの子は一生懸命お客さんを
もてなそうとしている」と制止する。
麻音の頑張りを尊重するぽって達。
20111024t_39.jpg
祖父は帰り、夕げをいただいたぽって達。
麻音の両親が挨拶に来たところで、麻音の将来について話しをしてみるのりえ。
その会話に割り込んだ麻音は「この旅館が大切」と言い切る。
乙女座も演奏会で感動した大切な場所だけど、旅館も大切な場所で将来はぼんやり
しているけど両親を手伝いとは思っているという。

両親は好きなことをやって欲しいという。そして「また他にやりたいことも出来るかも
知れんし、小さい頃から結構コロコロ夢が変わるし・・・」とふすまに近付く。
父親を止めようとする麻音の態度に昼間の行動から思い当たる節のある
のりえたちはふすまの柱に描かれたラクガキを発見する。
漫画家やヌイグルミの中に入る人、手品師と子供の頃の麻音の夢の歴史。
20111024t_60.jpg
今は「口笛師」ということで麻音を応援するお父さん。
優しく娘を見る父の姿に自分の父親もそうだったのかなぁ?と、シャッターを切るぽって。

次回 「ちひろちゃんがきてくれたよ!なので」
夏休みなので東京のお友達が遊びに来るようです。

竹原町も素朴な雰囲気で良い風景の町ですが、今回の舞台の大崎下島はさらに
美しい海とモダンと素朴な建物があって良い所のようですね。でもぽっての祖父や
こまちの祖母とかこういった親戚筋などが集まっている感じなのでしょうか?
ということは現実は結構寂れちゃっているのかもなぁ・・・
でも、このアニメ効果で少しでも賑わうようになると良いですね。

今回主役の麻音ちゃん。
両親を手伝うというだけではなく、ちゃんとお客さんをもてなそうとする気概や良し。
まだまだご両親の言うように夢を沢山持つこともまだまだ出来るので、すぐに
結論を出す必要は無いし、両親の背を見て旅館を大事に思えることはご両親の
人柄も伺えますね。












前期のベスト・オブ仲居さんは当然・・・なこちですね。www
スポンサーサイト



テーマ : たまゆら
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

麻音は本当に・・・ 「たまゆら~hitotose~」 第4話の感想。

「いいお友達を持っているね」

たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 レビュー・感想

麻音の夢、見守る両親の想いは♪♪♪ー♪ 楓ちゃんが竹原に来て初めての夏休み、麻音ちゃんて一人暮らしなんですね。両親は大崎下島で『のどか亭』という旅館を経営中なのだそうで ...

たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

夏休み、なので。 良い家族だなぁ。

たまゆら~hitotose~「第4話 潮待ち島に聞こえる音、なので」/ブログのエントリ

たまゆら~hitotose~「第4話 潮待ち島に聞こえる音、なので」に関するブログのエントリページです。

たまゆら~hitotose~ 第4話 『潮待ち島に聞こえる音、なので』 感想

カメラを持って旅に出たいなぁ、という気持ちにさせる作品。 たまゆら~hitotose~ 第4話 『潮待ち島に聞こえる音、なので』 のレビューです。

たまゆら~hitotose~ 第4話

第4話『潮待ち島に聞こえる音、なので』たまゆら~hitotose~第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray]今回は ...

たまゆら~hitotose~第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

ご当地和み系アニメ。

たまゆら~hitotose~ #4

【潮待ち島に聞こえる音、なので】 たまゆら~hitotose~第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray]出演:竹達 ...

たまゆら~hitotose~ 第4話 潮待ち島に聞こえる音、なので

夏休みに突入し、麻音は実は一人暮らしだったようで、大崎下島の御手洗にある実家に帰省する事に。 瀬戸内海には島も多いですし、そうした島の出身者だと高校に通う為にこういう ...

たまゆら~hitotose~ 第四話 感想

旅館の女将か口笛師か 「たまゆら~hitotose~」第四話感想です。 おかえりなさい(初回限定盤)(2011/10/26)坂本真綾商品詳細を見る

たまゆら ~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」

第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 たまゆらは私の涙腺をどうしたいんでしょう?www 今回の主役はまおちゃん。 夏休みの帰省に合わせてまおちゃんの実家に遊びに来たぽってたち。 島...

たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

夏休み♪ みんなで麻音の実家の大崎下島の旅館に行きます。 のどか亭って名前が人柄を感じますね。 麻音は口笛師のようなステージの仕事に憧れてるんですよね。 旅館を継ぐかで迷うところ。 ▼ たまゆら...

たまゆら~hitotose~ 4話感想

サブタイトル「潮待ち島に聞こえる音、なので」 今回はみんなでお出かけです~。瀬戸内海の島、大崎下島は御手洗へ。 ここには麻音ちゃんの両親が経営する旅館「のどか亭」があるのです。麻音ちゃんは両親...

たまゆら~hitotose~ 第4話 感想「潮待ち島に聞こえる音、なので」

たまゆら~hitotose~ですが、沢渡楓たちは麻音の島の旅館に行くことになります。景色のきれいな島ですし、みんなで歓迎してくれます。旅館の客を見つけると麻音は案内しますが、仲居として荷物を運んだりもします。(以下に続きます)

たまゆら~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 簡易草子

「ちょっと待った、手伝ってはいかん!ここは旅館だ、おもてなしの心を持った人がお客さんをもてなすところだからのぅ。あの子は一生懸命お客さんをもてなそうとしている。」by楓の祖父 「違う、私、この旅...

たまゆら~hitotose~ 4話

ここが彼女の原点。 というわけで、 「たまゆら~hitotose~」4話 ピューと吹く!麻音の巻。 ついに来ました、我らが口笛さん回! この日をどれだけ待ちわびたことか。 いやまあ、一ヶ月も待って...

たまゆら~hitotose~ 第4話

麻音ちゃん、ご実家に帰るなお話。

たまゆら~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想

たまゆら~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想 たまゆらは画面から匂いが漂ってくる作品

たまゆら 第4話 感想「潮待ち島に聞こえる音、なので」

竹原に来て、初めての夏休み-------------!! それぞれのやりたいことを計画し、まずはみんなで麻音の実家の大崎下島の旅館に行くことに。 どうやら楓のおじいちゃんもそこに住んでいるよう。 久しぶりに会えることも楽しみ♪ みたらいにやってきた4人。 麻音?...

たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」の感想

 竹原に来てからはじめての夏休み、楓達はみんなで大崎下島へ行くことに。そこで麻音の実家の旅館に泊まることになったんだけど、大崎下島の人達はみんないい人ばかり。麻音は仲居姿がさまになっていて、旅館の手伝いを進んでやっているんだけど、麻音の本当にやりたい夢...

たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想

自分にとっての大切なこととやりたいこと 夏休みに入り大崎下島にある実家の旅館に帰省した麻音。 楓のおじいちゃんも同じ所に住んでおり皆で遊びに行くことに。 そこで楓達は今まで見ることのなかった麻音の一面を見ることになるのだが…。 今まで詳しく語られること...

たまゆら ~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想

今回は、麻音回。 麻音の想い、両親の想い、いい話でしたね。 ただ、麻音の口笛設定については、どうかと思ったり。 写真が大好きな高校1年生、沢渡楓。あだ名は「ぽって」。 この春、海と山に囲...

たまゆら ~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」

 麻音回でした。アヘビアーン。

たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

今回もほわほわっといい話、なので♪ 夏休みということで夏編突入です。 春夏秋冬3話ずつやってく感じでしょうか。 麻音ちゃんお当番回。 前回ののりえちゃんもそうでしたが、回想でミニ麻音ちゃんも。 ...

たまゆら~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想

やさしさにつつまれたなら それはきっと・・・ いろんな優しさがこの作品は感じられますよね、終始包まれっぱなしです! たまゆら~hitotose~ 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うむ、なこちだwwww
喜翆荘と違って潰れそうにはないけど、のどか亭も客は居なさそうだな。
最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告