のんのんびより #02 「駄菓子屋に行った」

蛍ちゃんの立ち位置が確定した。ww 「のんのんびより」の第2話。

かなり田舎の学校に東京から転校してきた蛍がクラスメイト(と言っても
学年も違うけど)と先生の簡単な紹介。
その中でも最高にお気に入りなのが女子の中では最年長の中学二年生
「コマちゃん」こと小鞠先輩。明らかに愛玩動物を見る目。ww
20131014n_01.jpg
頭を撫でてあげたいと思っていたら千載一遇のチャンス。
でも執拗に撫ですぎてかえって「チョークを練り込むな!」と夏海におこられてしまう。

たまたま小鞠が持っていた飴をもらって幸せ頂点の蛍。
しかし夏海やれんげの悲壮感を煽る作戦でせっかくの飴を取り上げられて
しまいそうになると、ガチに泣き落としで回避に成功する。
というか、この子はどこへ行こうとしているのか・・・w
20131014n_21.jpg
休日の蛍、ヒマを持て余していた小鞠から電話があってお出かけすることに。
おめかしして飛び出した蛍だったが、気合いを入れて大人っぽくした姿は
小鞠に蛍だと認識させなかった。
馴れ馴れしい知らないお姉さんの勢いに負けて、蛍を置いまま駄菓子屋へ向かう小鞠。
暗いトンネルも平気(小鞠と二人だから)、駄菓子屋さんでかなりお高い
宇治抹茶金時をなんの迷いもなく二つ頼み、しかも出したのは万札(お年玉)、
さらにちょっと苦い抹茶味を堪能する表情。
小鞠にとってはすべてが大人の振る舞いに見える。
20131014n_39.jpg
結局、最後まで蛍だと気付かなかった小鞠。
「あれが、大人の女性・・・かっこいい!!」と大絶賛。w
で、夜になって蛍にお詫びの電話をして・・・多分、気付いたんでしょう。
一方の蛍はついに手製の小鞠人形を作っていた。
次回 「姉ちゃんと家出した」

コマちゃん、可愛すぎる。
小動物を愛でる気持ちで見てしまうのが分かる気がする。w
普段着もピンクのワンピとかどんだけ愛らしいのか。

一方の蛍、服装が小学五年生のセンスなのか?
それとも頑張りすぎなのか?伊達メガネまでして。
というわけで、蛍のキャラ設定がだいぶん分かりました。ww

ところでかき氷はまぁ大奮発だけど、逆によくあの価格設定で売っているもんだ。
他のメニューの倍以上でほとんど大人は来ないだろうし需要あるのか?








スポンサーサイト

テーマ : のんのんびより
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

のんのんびより 第2話 「駄菓子屋に行った」 感想

蛍ちゃんが変な子可愛い。

のんのんびより 第2話

「駄菓子屋に行った」 大人らしく… 大人らしく… 私、お母さんや妹に知らない人には付いて行くな!って、言われてて!

のんのんびより 第2話「駄菓子屋に行った」

クラスにも慣れた蛍は、こまい小鞠に「かわいい先輩」と想い始める。 その愛しい小毬先輩から電話が来て二人で遊ぶことになる。 大人ぽい衣装で来た蛍が誰か分からない小毬。 誰だか分からないまま駄菓子屋に案内することになってしまう… 第2話は、かわいい先輩小毬ちゃんと蛍のデート(?) もうどっちが年上なのか分からないw  

のんのんびより「第2話 駄菓子屋に行った」/ブログのエントリ

のんのんびより「第2話 駄菓子屋に行った」に関するブログのエントリページです。

のんのんびより 第2話

のんのんびより 第2話 『駄菓子屋に行った』 ≪あらすじ≫ 「旭丘分校」への転校を終えた一条蛍は、クラスメイトとともに楽しい学校生活を過ごしていた。特に、身長が140cmにも満たない越谷小鞠には「かわいい先輩」だという想いで接していた。しかし、その想いはいつしか愛しさへと変わっていく。そしてある日、小鞠から電話が掛かってきて、2人で遊ぶことになるのだが… (公式HP すと~り~...

のんのんびより 第02話 感想

 のんのんびより  第02話 『駄菓子屋に行った』 感想  知らない人と  駄菓子屋に行ってはいけません  次のページへ

のんのんびより 第2話「駄菓子屋に行った」

2話にしてほたるんが予期せぬ方向へ^^; 可愛くて小さいものが好き、女の子らしくでいいじゃなイカ。 …なのですが、問題はその対象がコマちゃんということ。 れんちょんではなくて、あくまでコマちゃんのほう。 すでに溺愛状態で、ガチ百合まっしぐらなのが^^; いやあ、これには意表を突かれました。 担任の先生がれんちょんの実のおねーさんだったのにもびっくり。 サザエさんとワカメちゃんく...

のんのんびより テレ東(10/14)#02

第2話 駄菓子屋に行った 公式サイトから「旭丘分校」への転校を終えた一条蛍は、クラスメイトとともに楽しい学校生活を過ごしていた。特に、身長が140cmにも満たない越谷小鞠には「かわいい先輩」だという想いで接していた。しかし、その想いはいつしか愛しさへと変わっていく。そしてある日、小鞠から電話が掛かってきて、2人で遊ぶことになるのだが… 東京から引っ越してきた蛍、学校は全校生徒が5人。担任の先...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告