IS<インフィニット・ストラトス>2 第06話 「乙女の矜持(ザ・シークレット・ベース)」

一夏が狙われて・・・から、履いてない超絶展開へ。www
IS<インフィニット・ストラトス>2」の第6話。

前回話のネタ。

やっぱり、ラウラは可愛い。シャルはあざとい(良い意味で)。

「織斑まどか」と名乗る小っちゃい千冬姉に襲われる一夏。
ラウラが割り込んで撃退に成功する。
襲われた当の一夏は「ラウラの目ってキレイだな、宝石みたいだ」と
使いもしないフラグを立てる。w
20131107i_01.jpg
シャルのIS装備の護送任務に付き合う一夏。
族は比較的簡単に制圧するが、コンテナの爆発に巻き込まれそうになった
シャルを身をもって庇った一夏は白式の量子変換に異常を来してしまう。
不安定な白式を持つのは危険だと千冬に託した一夏のボディーガードを
買って出たシャル。

一夏にパンツの好みを聞くラウラ、今回も副官の入れ知恵らしい。
パンチラ・イベントが発生するってもラウラはスカートじゃ無いし・・・w

話をシャルに振ったところでミニ異常を感じるシャル。
なんと量子変換の異常でパンツが分解してしまうという素晴らしいことに。
20131107i_21.jpg
ノーパンで行動しなければならなくなったシャル、転んだ位置関係からは
あり得ない体勢
で一夏にご開帳。w
シャルはルームメイト時代にも同じようなラッキーエロを提供してましたね。ww

そのあともスカートの中を気にしつつの生活を送るシャル。
唯一の目撃者となったラウラは副隊長に相談するが、角度によって見えなくなる
「履いてない」現象だと説明する。って、副隊長が「履いてない」んじゃね?
20131107i_40.jpg
ちょっとしたミスから一夏の白式の異常を箒達に知られてしまう。
そこからボディーガードの立候補合戦が始まる。
廊下でのドンパチをたしなめたのは学園最強の楯無先輩。今回の出番はここだけ。

正直に告白することの大事さを幼い経験から思い出すシャル。
履いてないことをいよいよ告白しようと決意し、一夏の前でスカートを
たくし上げようとしたところにラウラが現れる。

良い思い出に酔っていたけど我に帰ったシャル。w
ついでにラウラが「履いてない」の状態をチェックするとパンツは戻っていた。
喜んで一夏にパンツをみせるシャル。(ヘソ上までまくっちゃって・・・)

量子変換の異常は爆発したコンテナに積まれていたオプションが
暴走したためだったと判別した。
20131107i_64.jpg
下着のみが強制的に量子変換されていたとラウラに打ち明けたシャル。
それを聞いたラウラは下着と認識されないモノを履いていれば良かったと
例えとしてブルマを勧める。
かつてフランス王妃は言った、パンツがなければブルマを履けば良いじゃない

エンディングはシャルでした。お話のメインキャラの交代制でしょうか?
次回 「シスターズ」

なんかファントムタスクの話はオマケのようですね。w
というわけで主題はシャルの履いてない話だったわけですが、消えたパンツが
最後に戻っていたときに部屋で履き直した二枚目とかはどうなっていたんでしょうか?
一夏の前で開帳した時は重ね履きになっていたとか??
オチとしてブルマが勧められていたけどシャルなら普通にパンツルックに
していれば良かったのに人間は冷静さを失うと簡単なことが目に入らなく
なってしまいますね。

あと今回活躍したのは副隊長。部下達も「そこに痺れる、憧れる」のネタ。
黒ウサ部隊はオタクの巣窟か。w

しかし今シリーズはシャル&ラウラ押しが強い気がするけど・・・












サンデーGX連載中のコミカライズ版もお奨め(2013/11/19発売)。
スポンサーサイト

テーマ : IS<インフィニット・ストラトス>
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

IS~インフィニット・ストラトス~2 第6話「」

IS2 Vol.2 [Blu-ray]『見て、これがボクの秘密///』 原作:弓弦イズル キャラクター原案:okiura、CHOCO 監督:菊地康仁 シリーズ構成:志茂文彦 アニメーション制作:エイトビット 織斑一夏:内山昂輝   篠ノ之箒:日笠陽子   セシリア:ゆかな 凰鈴音:下田麻美   シャルル:花澤香菜   ラウラ:井上麻里奈 更識楯無:斎藤千和   更識簪...

IS 2「第6話 乙女の矜持(ザ・シークレット・ベース)」/ブログのエントリ

IS 2「第6話 乙女の矜持(ザ・シークレット・ベース)」に関するブログのエントリページです。

IS2 TBS(11/07)#06

第6話 乙女の矜持 私は織斑まどか、一夏を撃つ。逃げる一夏、次の攻撃をラウラが守る。左目の眼帯を外して守るラウラ。エムはサイレントゼフィルスで逃走。 久し振りに見るラウラの左目、綺麗だな。IS装備の搬入警備を言い渡されたシャルロット。他のメンバーは皆忙しい。暇な一夏がお手伝い。 搬入装備を襲撃する者、ISが2期出撃。迎撃するシャルと一夏。何とか取り押さえるが、流れ弾でコンテナが爆発。シャルを...

IS <インフィニットストラトス> 2 第6話 「乙女の矜持(ザ シークレット ベース)」 感想

セシリアと縞パンの組み合わせはちょっと違う気もする。

(゚д゚)イベント『はいてない』発生 ~IS<インフィニット・ストラトス>2 第6話「乙女の矜持(ザ・シークレット・ベース)」~

   「通称”はいてない”が発生します」

IS〈インフィニット・ストラトス〉2 第6話「乙女の矜持(ザ・シークレット・ベース)

第6話「乙女の矜持(ザ・シークレット・ベース) おぱんちゅだけが量子変化するという謎のおいしい現象ってなんだよっ!w エム=織斑マドカに襲われた一夏を助けたのはラウラ。 完全に予想外でしたわ~ エムはサイレントゼフィルスとなり二人を攻撃。攻撃の最中に何かに気付いてたけど、何だったんでしょうね。 止めは刺さず、煙幕を張って姿を消したエム。何しに来たんだろうか? ...

IS<インフィニット・ストラトス>2 第6話「乙女の矜持」

IS<インフィニット・ストラトス>2の第6話を見ました。 第6話 乙女の矜持 「私の名前は織斑まどか、お前の命をもらう」 誕生日パーティーで箒達の怒りを買ってしまった一夏がひとりで帰っているとエムに襲われるが、2人きりなる機会をうかがっていたラウラに助けられる。 そんな中、IS装備の護送任務を行うシャルロットに付き合う一夏だったが、産業スパイの攻撃からシャルロットを庇...

「IS<インフィニット・ストラトス>2」第6話

パンツが無ければ、ブルマを履けばいい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311080000/ 【送料無料】IS〈インフィニット・ストラトス〉(5) [ 弓弦イズル ]価格:609円(税込、送料込)

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告