鬼灯の冷徹 #13 「雑談閻魔大王」ほか <終>

週刊モーニングで絶賛連載中、江口夏実先生が日本の伝統的な地獄での
日常をコミカルに描いた「鬼灯の冷徹」の最終話。

ナンジャタウンでは2014年4月12日(土)~6月29日(日)までの期間中に
鬼灯の冷徹 in ナンジャタウン」という催しを開くそうです。面白そう。

最終回の後半パートは主人公「鬼灯(ほおずき)」と
(一応)上司で地獄のメジャーネームである「閻魔大王」様の雑談。

稲川淳二は顔の登場だけでは無く前半パートのチョイ役に声を当てていたようです。w

そして何気なく作っていたジュース(?)の衝撃!!
今までのエンディングで人力車を必死にこいでいた「金魚草」のツガイが・・・
なんかエキスというよりミンチだよね。
エンディングのテンションで逃げ切れなかったとなると、確かに
飲んでしまった閻魔大王が言っていたように「後味が悪い」のも分かる。w
閻魔大王の顔が変わってしまったのも副作用というより呪いのような。
20140404h_01.jpg
捕まった金魚草がいなくなってエンディングもそれバージョン。
選定された鉢とあちこちに残る鮮血がなんとう惨状だったか!?

鬼灯が前半パートで「地獄はブラック企業ではない」と言っていたけど
最終回は思いっきりブラックでした。

原作も好きでコミックスも読んでいましたがアニメも面白かった。
最初は優男である鬼灯の思わぬ低い声に違和感も感じたけど
淡々と話す様子などジワジワと馴染んできましたね。
で、設定などで「大食らいの怪力」や「バリトンボイス」で納得。ww

日本古来の地獄や妖怪の話や画って怖い中にどこかコミカルな部分が
あると思うのですが、このマンガはそういった部分を地獄での生活という
視点から掘り下げて面白おかしくしているのが新鮮です。
また江口先生の画の雰囲気がまたピッタリなんですよね。
アニメはまたそういった部分を上手く再現していたと思います。

期待以上の作品として見せてくれたスタッフとキャストの皆様、お疲れ様でした。
まだまだ座敷童やマキ&ミキの話とかあるのでぜひ続きをお願いします。












そういえばコミックスで金魚草を乾燥して粉末にしたのもが
強壮剤になるって話しもありました。
スポンサーサイト

テーマ : 鬼灯の冷徹
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鬼灯の冷徹 第13話 (最終話) & 全体の感想 - 良かったと思う点を3つほど

「鬼灯の冷徹」 第13話 「盂蘭盆地獄祭/雑談閻魔大王」の感想です。 ひとりでお祭り堪能し過ぎな鬼灯さん ♪ 「お一人さま」にとって、鏡のような姿でした。 オールキャストのお祭りシーンは、あぁ最後だなと感じさせますね。 記事の後半は、鬼灯の冷徹の全体感想です。

鬼灯の冷徹「第13話 盂蘭盆地獄祭/雑談閻魔大王」/ブログのエントリ

鬼灯の冷徹「第13話 盂蘭盆地獄祭/雑談閻魔大王」に関するブログのエントリページです。

鬼灯の冷徹 第13話「盂蘭盆地獄祭」「雑談閻魔大王」

第13話「盂蘭盆地獄祭」「雑談閻魔大王」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

鬼灯の冷徹 TBS(4/04)#13終

最終回 第13話 A 盂蘭盆地獄祭 盂蘭盆は獄卒も休み。地獄は休みもしっかりしている、ブラック企業じゃない。でも盂蘭盆が開けると大変らしい。露店をシロたちと楽しむ鬼灯。猿がくじを引くと大当たりだが景品は巨大カニなのは祟りじゃないの。弓矢で景品を狙う鬼灯、でも自然と白澤を狙っていた。 広場では盆踊り、鬼灯が太鼓を叩いてお香が三味線。盂蘭盆も12時を回ると亡者が戻って来るから取り逃がさない様に。...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告