魔法科高校の劣等生 #12 「九校戦編 V」

タッちゃんに赤面の女子多数。 「魔法科高校の劣等生」の第12話。

達也が「遊び」で作ったというCADをレオンが試してみる。
柄の分の延長線上に固定されたブレードみたいなものらしいが相対位置の固定が
云々とか説明していた所を見ると摩利のバトル・ボードでの魔法が参考になった?

三日目のバトル・ボードでトラブルが発生する。
昨年も争った選手と摩利が接触事故を起こし庇う形となった摩利の方が
大きなダメージを負ってしまう。(「ヤムチャ」と呼んだ人、多数と思われ・・・w)
20140621m_01.jpg
病院で目を覚ました摩利は応急処置されていたものの競技は棄権。
相手を庇ったとはいえ自分が重症を負ってしまったことに消沈する摩利だが
達也がすぐに駆けつけて治療に付き合ったと聞いて赤面。

一方で達也は不正干渉の疑いを持ち一部の人間を集めて情報解析。
水中からの精霊魔法、CADへの細工などから大会委員の中に工作員が
居るのではないかと予想は立てながらも決定的な証拠までは得られていなかった。

摩利の棄権によって達也の力込みで大抜擢された深雪。
20140621m_21.jpg
縁の下の力持ちとしてほのかのレースを見に行くと気合いを注入する達也。
ちゃんと深雪のお墨付きのようです。ww

次に雫の道具を調整する達也。
いつも口数少ない雫だが「達也さん、やっぱりうちの家で雇われない?」と
スカウトしていたらしい。もちろん、達也はやんわりと断っているようだが。
その辺の話は置いといて「ガンバレ!」と言葉をかける達也。

調整と応援の甲斐あって雫は予選をパーフェクトで突破。
達也が本格的に調整したCADに改めて感心する会長達。
20140621m_41.jpg
技術者不足のなかで奔走する達也。
本戦を前に変更となる雫のCADを調整、雫は達也の調整した道具を手に
「優勝するためのお膳立ては全て達也さんが整えてくれたんだから
 後は優勝するだけよ。絶対、負けない」と勝利宣言。


摩利は達也に肋骨骨折の応急処置で裸を見られたとでも思ったのかな?
でもなければそんなに照れることも無いと思うのだが・・・
他の達也ラブ女子達と違って彼氏持ちなんだし。

ほのかの達也デレは毎度のことだけど、今回は雫がデレるデレる。w
いつもほのかに気を使っているのかな?
二人だけの時は口数も増えているしいろいろとアプローチもしているみたいですね。
でも、今回これだけスポットを浴びると次回に落とし穴にはまらないか心配。








スポンサーサイト

テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女を見て来ました。さすがです、お兄様

 当日記記事は、【mixi】劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女を見て来まし

魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編Ⅴ」 感想

大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかったところでアクシデントが発生。制御不能に陥って突っ込んできた七高選手を受け止めた摩利は、怪我を負って棄権を余儀なくされる。この事故が人為的なものだと推測した達也は、幹比古に協力を要請。摩利が巻き込まれた現象は精霊魔法で起こせると確認する。 ...

魔法科高校の劣等生 第12話 「九校戦編 V」 感想

競技とお話が淡々と進んでる…。

ヽ(・ω・)/滑って転んでヨイショして ~魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編Ⅴ」~

あらすじ(公式HPから抜粋) 大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかったところでアクシデントが発生。制御不能に陥って突っ込んできた七高選手を受け止めた摩利は、怪我を負って棄権を余儀なくされる。この事故が人為的なものだと推測した達也は、幹比古に協力を要請。摩利が巻き込まれた現象...

魔法科高校の劣等生 #12

『九校戦編 V』

魔法科高校の劣等生 第12話 九校戦編V

魔法科高校の劣等生 第12話。 九校戦中盤、第一高校にまさかのアクシデントが・・・。 以下感想

魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編Ⅴ」

「やはり第三者の介入があったとみるべきですね」 大会中に起こったアクシデントに何者かの魔法干渉の可能性が… 怪我を負った摩利の代わりに本戦に出場する事になった深雪    【第12話 あらすじ】 大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかったところでアクシデントが発生。制御不能...

魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編Ⅴ」

第12話「九校戦編Ⅴ」 摩利が出場した女子バトルボード準決勝でアクシデント発生。 減速するはずのカーブでオーバースピードで突っ込んで来た七高の選手を受け止めようとした摩利が巻き込まれ重傷。 これだけなら不幸なアクシデント終わりだが、そんな単純な話じゃなかった。 第三者の魔法干渉による意図的な事故と見抜いた達也。

魔法科高校の劣等生 TokyoMX(6/21)#12

EPISODE 12 九校戦編V 公式サイトから大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかったところでアクシデントが発生。制御不能に陥って突っ込んできた七高選手を受け止めた摩利は、怪我を負って棄権を余儀なくされる。この事故が人為的なものだと推測した達也は、幹比古に協力を要請。摩利が巻き...

魔法科高校の劣等生 Episode12「九校戦編V」

魔法科高校の劣等生 Episode12 「九校戦編V」です。 ワールドカップが始

魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編 V」キャプ付感想

見た目は劣等生、頭脳は名探偵なお兄さま(笑) 試合中の起きた事故の原因も推理してしまう達也さん。 女子のCADの調整でも活躍。 サポートしてもすごく優秀ですねw   大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と 呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかった ところでアクシデントが発生。 制御不能に陥って突...

『魔法科高校の劣等生』#12「九校戦編V」

「マリ、あの時、第三者から魔法の妨害を受けなかった?」 達也が持ってきた武器を、さっそく試すレオ。 これでテロリスト対策は万全かと思いきや、 バトル・ボードに出ていたマリが第三者からの妨害を受け、大怪我をおってしまう。 異変を察知した達也は、マリの手当ての指示を的確に出しつつ、犯人捜しに乗り出す。

魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編V」

魔法科高校の劣等生の第12話を見ました。 第12話 九校戦編V 「じゃ、始めるか」 「了解、行くぜ!」 達也のもとに届いた武装一体型CADを試したレオンハルトは刀身の上部が浮く刀という珍しいものであった。 「大成功だな、達也。効果魔法って繋がってなくても機能するんだな」 「効果魔法の定義内容は相対位置の固定だ。接触している必要はない。このデバイスの作動形態は飛ばす...

魔法科高校の劣等生 第12話 「九校戦編Ⅴ」 感想

一挙三反―

魔法科高校の劣等生「第12話 九校戦編V」/ブログのエントリ

魔法科高校の劣等生「第12話 九校戦編V」に関するブログのエントリページです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告