魔法科高校の劣等生 #21 「横浜騒乱編 III」

タッちゃんとほののんがゲスの勘ぐりで意気投合。w
実際、ラッキーエロ祭だけどな!! 「魔法科高校の劣等生」の第21話。

ネタ「魔法科高校の残念美女」もどうぞ。

コンペのための常温プラズマ発生装置の検証をする鈴音とサポートの達也、啓。
周りに集った生徒達の中でなにやら怪しい振る舞いをする女子生徒を
沙耶香が見つけて追跡する。
追い着いた所で沙耶香の方から名を名乗ると逃げていた女子のほうも
平川 千秋(ひらかわちあき)」と名を名乗る。
千秋の持っていたパスワードブレイカーを見た沙耶香は何者かの
手先になっているなら手を引きなさいと自分の経験を踏まえて話す。

しかし悪びれる様子もないことから沙耶香は武明とともに確保しようとするが
武器で反撃してきた上に催涙ガスで身動きが取れなくなってしまう。
じりじりと後退する千秋をレオンが押し倒して確保。
20140823m_01.jpg
レオンのタックルによって気を失った千秋は保健室へ。
保健室では花音が状況を聞いて一旦保健医の「安宿 怜美(あすかさとみ)」に預ける。

花音が実験場へ戻るとなにやら「関本 勲(せきもといさお)」がエリカ達と
トラブルとなっていた。その場は収める花音の顔を立てるように帰るエリカ達。
そして花音もその場を離れると机の上のタブレットに手を伸ばす勲だったが
鈴音がすかさず割り込んでシャットダウン、勲は無言でその場を離れる。
一連のやりとりを黙ってみていた達也。
20140823m_21.jpg
保健室に戻った花音達、「戦闘能力0」と言っていた怜美先生が千秋を押さえ込んでいた。
改めて事情を聞くと千秋は九校戦で事故った景子の技術担当で論文コンペを辞退した
平川 小春(~こはる)」の妹で姉が調子を崩したのは達也が九校戦で景子を
見殺しにしたせいであり、その報復として実験を失敗させようとしていたと言う。
もし責任があるのなら達也だけでなく技術スタッフ全員のものだと啓は説得するが
千秋の耳には入らず、そのまま怜美先生が預かる。

エリカはレオンには潜在能力があるのに「相手を殺せる技」という決定打が無いと言う。
これから達也の周りでトラブルに関わる場合にはいずれの機会があるだろうと
レオンに「秘剣・薄羽蜻蛉(かげろう)」を授けるというエリカ。

花音から千秋の事を聞いた達也だったが特に意に介することはなく
姉に説得を頼むという花音に「面倒事が増える」という。

学生を工作員に不安をうったえる大亜連合の男に学生に事情は
伝わってないと説明する男。
20140823m_41.jpg
翌日の昼食中、エリカとレオンが揃って休みときいて興味津々のほのか。
ほのか達がいろいろと二人の関係に想像を巡らせていた頃、レオンは何者かに
イタズラ(?)され湯上がり姿のエリカと鉢合わせ。ww
「案外レオンがエリカにしごかれている」と達也は予想するが
「し(ご)かれる」というか「し(ば)かれていた」。

さておいて道場でエリカの指導を受けるレオンは思うようにいかず。
九校戦の時のように道具の支援を達也に相談するかとエリカは考えるが
達也の手を煩わすのは本末転倒だと自分の手で何とかしようとする。
20140823m_61.jpg
警備隊の強化のための模擬戦を行う克人。幹比古も模擬戦に参加し
鉄壁を破るまで行かずとも克人に一目置かれる戦闘センスを見せる。

警備隊の食事に誘われた幹比古は配膳の美月と良い雰囲気に。
立ち上がってよろけた美月を助けようとするが後ろからオッパイワシ掴み。
20140823m_81.jpg
さらにテンパっった美月は群衆の真ん中でさらに醜態をさらして
道場を走って出ていってしてしまう。
女生徒にけしかけられて追いかける幹比古。
途中、一人の一科生男子生徒と肩をぶつけるが・・・


魔法科高校はカウンセラーとか保険医とかエロい先生ばっかやな。w

千秋が・・・完全に病んでる・・・
達也が後で不正を見つけたと言ったからって「見捨てた」とか言われても
かなわんわな。まあ、いいように吹き込まれと言うのもあるかも知れないけど。
あれだけ頑なに話を聞かないというのもおかしくなってる?

レオンとエリカが休んでいると聞いた時のほのかの反応にワロタ。
スッゲー嬉しそう。
達也も前回の生徒会長への返し方といいちょっとゲスっぽくなってる。w
(ある意味、本来の高校生らしいけど)

ラッキーエロその1のエリカですが水が滴るうなじがエロいです。
髪も下ろしているとまた印象が違って良い。
魔法科高校の劣等生
胸は寄せていたからなぁ・・・実際の所、どれくらいあるんだろ?

ちなみにレオンを嵌めた女性はどなたなんでしょう?

ラッキーエロその2の幹比古と美月。
ソフトに「ToLOVEる」ってた。w
美月のむっちりパンストには確かに目をひかれる。
そうでなくても制服のスカートは長いから男子には目の毒だ。ww












9月はコミックス新刊が多数リリース。
スポンサーサイト

テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第21話 「横浜騒乱編Ⅲ」 感想

いつまでも守られているばかりではいられない―

魔法科高校の劣等生 第21話「千葉エリカのシャワーシーン、柴田美月の胸モミ!!」感想

「横浜騒乱編III」学園ラブコメものに必要なものが達也には欠けてる。それに気づいたのかToLOVEるメーカーとして仕事を始める二人。ラッキースケベという魔法は存在した!!

『魔法科高校の劣等生』#21「横浜騒乱編III」

「あんたは決め手となる技を持ってないでしょう。 相手を確実に殺せる技」 論文コンペの準備が順調に進む中、それを見学するものの中にこの間の襲撃者が! 壬生紗耶香がいち早くこの不審者に気づき、市原の護衛をほっぽり出して後を追う。 なにやら相手は無線式のパスワードブレイカーを持っていたのらしい。

魔法科高校の劣等生21話の感想「カップル成立&ラッキースケベ回w」

魔法科高校の劣等生21話「横浜騒乱編Ⅲ」の感想です。 論文コンペ組は試運転に忙しいようですが、常温プラズマ発生装置に異常なし! 準備は順調のようです!ここで壬生紗耶香ちゃん再登場!そして前回登場した 女の子の不審な動きを発見!女の子も見つかったと分かり、一目散で逃げます!

魔法科高校の劣等生 第21話「横浜騒乱編Ⅲ」

「彼女は放って置いても問題無さそうですね」 八つ当たりとも言える理由で達也を狙っていた平河千秋 そして、今後の事を考え動き出したエリカとレオ    【第21話 あらすじ】 論文コンペの準備が進む中、紗耶香が実験機の傍にいる不審な少女を発見。エリカたちの協力を受け、その少女・平河千秋を捕まえた。花音が事情を聞いたところ、千秋の動機は八つ当たりともいえる達也個人への恨みだった。パス...

魔法科高校の劣等生 #21

『横浜騒乱編 III』

魔法科高校の劣等生 第21話 横浜騒乱編III

魔法科高校の劣等生 第21話。 論文コンペを控えた一高の面々の鍛錬。 以下感想

魔法科高校の劣等生 第21話 横浜騒乱編III メガネ感想

わざとじゃないんだ、話の都合なんだ!

魔法科高校の劣等生 21話「横浜騒乱編III」感想

あっちでもこっちでもラッキースケベの連発だ! レオさんがこんなに動揺してんの始めてみたw

魔法科高校の劣等生 第21話「横浜騒乱編 III」キャプ付感想

ラッキースケベがいっぱい(笑)  でも、お兄様成分が足りないと物足りなくなってる(^^;  さすがお兄様って言えないと寂しいですねw     論文コンペの準備が進む中、紗耶香が実験機の傍にいる不審な少女を発見。 エリカたちの協力を受け、その少女・平河千秋を捕まえた。 花音が事情を聞いたところ、千秋の動機は八つ当たりともいえる達也個人 への恨みだった。 パスワードブレイ...

魔法科高校の劣等生 第21話 感想

 魔法科高校の劣等生  第21話 『横浜騒乱編Ⅲ』 感想  深雪「あのアマお兄様が普段優しくないみたいな言い方しやがって」  達也「?(あれ?俺なんか変なことしたかな?)」  次のページへ

魔法科高校の劣等生   ~ 第21話 横浜騒乱編III

魔法科高校の劣等生 第1話 ~ 第21話 横浜騒乱編III かつて「超能力」と呼ばれていた先天的に備わる能力が「魔法」という名前で体系化され、強力な魔法技能師は国の力と見なされるようになった。20年続いた第三次世界大戦が終結してから35年が経つ西暦2095年、魔法技能師養成のための国策高等学校の一つ、国立魔法大学付属第一高校に、エリートとして将来を約束された「ブルーム(花冠)」...

魔法科高校の劣等生 TokyoMX(8/23)#21

Episode 21 横浜争乱編III 公式サイトから論文コンペの準備が進む中、紗耶香が実験機の傍にいる不審な少女を発見。エリカたちの協力を受け、その少女・平河千秋を捕まえた。花音が事情を聞いたとこ ろ、千秋の動機は八つ当たりともいえる達也個人への恨みだった。パスワードブレイカーという違法の品を持っていたことから、黒幕の存在は明らかであったが、達也は想定の範囲と意に介さない。一方、千秋の事件...

魔法科高校の劣等生 第21話「横浜騒乱編Ⅲ」

第21話「横浜騒乱編Ⅲ」 論文コンペは公開実験まで来たのかな。 見学する生徒に混じってなにやら怪しい動きを見せる女子生徒。

魔法科高校の劣等生 第21話「横浜騒乱編III」

魔法科高校の劣等生の第21話を見ました。 第21話 横浜騒乱編III 論文コンペのための常温プラズマ発生装置の検証を行う鈴音を達也と啓がサポートする中、紗耶香は周りに集まっていた生徒達の中で怪しい振る舞いをする女子生徒・平川千秋を見つけて追跡する。 「それ、無線式のパスワードブレイカーでしょ?隠しても分かるの、私もスパイの手先になったことがあるから。だから忠告するわ、ど...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告