異能バトルは日常系のなかで #08 「『戦争』 ホルムガングバトル」

鳩子の動向が気になる 「異能バトルは日常系のなかで」の第8話。

敵対する異能者と戦う灯代の兄の一、寿来達とは別の場所では異能者同士の
戦いが繰り広げられている様子。
戦いに敗れた者は死のうがケガをしようが無しになって記憶も失い日常に
帰るというルールで繰り広げられている。
一達のグループには精霊「リーティア」が付いておりいくらかの情報を
与えているらしく精霊達が人間に戦わせる今の戦争は「第五次精霊戦争」という。
20141124i_01.jpg
時期的には寿来と一の最初の出会いの頃。
20141124i_21.jpg
一は「究極の異能」とも言われる強力な仲間も(「ハ○チュウ(AA)」で)
手に入れて敵対組織を壊滅させる。

ここまでが数ヶ月前の話。

カラコン入れっぱなしでものもらいとなった一は寿来達の中の治癒能力者を求める。
で、連れて行ったのが鳩子。対象を間違えていた・・・w
20141124i_41.jpg
前回の続きで部室に戻り、覚醒するという彩弓。
「文芸部としてあるべき姿」に戻すと力を発動することによって鳩子を取り戻す。
目覚めた鳩子に平謝りの寿来、気にしていないと鳩子。

ここで灯代は自分がラノベ作家を目指しており寿来に相談に乗って
貰っていたとカミングアウト。鳩子を気遣っての告白。
寿来も皆の前で告白めいた事を言いかけるが結局は厨二的発言で誤魔化してしまう。
それでも寿来の手を取り嬉しそうな鳩子。

良い雰囲気のところで千冬がポテチ(AA)を差し出して割り込み。
なかなか破れないポテチを引っぱっているうちに「覚醒した!」と言い出す寿来。
「ダーク・アンド・ダーク・オブ・ジ・エンド」と呼ぶ能力を発動すると天井まで炎が広がる。
が、次の瞬間、寿来は悲鳴を上げる・・・
20141124i_61.jpg
次回 「『布告』 ガールズアプローチ」
期末試験→夏休みというと誰かが赤点危機という展開か?
でもタイトルを普通に読むと寿来を巡っての宣戦布告だよね??


妖精によって人間達に戦わせていると言うことらしいけど、リーティアみたいな
担当(?)が付く付かないとか、一定のグループとなるように異能者として
目覚めさせているけど美玲のような個人はどうしてできるのかいろいろ疑問。
一がああ見えてインテリのようだからどこまで実は分かっているのかいないのか
読みにくいですね。
とりあえず寿来達には敵対する一団ではないみたいで鳩子の誘拐も
間違いだったみたいだし。でも誘拐したのが彩弓だったら治療して貰ったあと
どうするつもりだったのかな・・・?

で、鳩子だけどあれだけキレまくったけどひと眠りしたら冷静に。
こういった溜め方はあまり良くないような気もするけど取りあえず
寿来は優しいし灯代との疑惑も晴れたからOKなのか?
一方で鳩子が寿来の手を取ってピクリと反応する他の女子達。
これから異能バトルとラブバトルのどちらがメインとなる??













スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異能バトルは日常系のなかで 第8話『戦争 ホルムガングバトル』 キャプ付感想

異能バトルは日常系のなかで 第8話『戦争 ホルムガングバトル』 感想(画像付) 日常が異能バトルの桐生サイドのお話。 眼帯は、カラコンつけたまま寝たせいだったという壮大なオチがw 覚醒って意外に簡単に出来るんですね?!(笑)   安藤たちの日常とはまた別の所で、異能者たちと異能バトルを繰り 広げている桐生とその仲間たちの日常。 桐生は『リーティア』という名の妖精と手...

異能バトルは日常系のなかで 第8話「戦争 ホルムガングバトル」感想

鳩子は安藤に必要とされていればそれで良かったんですね。 前回、先に帰らされたり、じゃけんに扱われたことで爆発しましたが、爆発自体でほぼすっきりしてたという感じでしょうか。 一方で文芸部以外の異能者たちが、妖精に仕組まれた異能バトルを行っていることが桐生をメインにして描かれましたが、 なぜ安藤たちがその枠外に置かれているのか、その理由にふれるバトル展開が終盤に待っているのかもしれ...

異能バトルは日常系のなかで テレ東(11/24)#08

第8話 「戦争」 ホルムガングバトル 公式サイトから安藤たちの日常とはまた別の所で、異能者たちと異能バトルを繰り広げている桐生とその仲間たちの日常。桐生は『リーティア』という名の妖精と手を組み、仲間たちと『F』という異端グループの殲滅を目論んでいた。 桐生一と対戦する湯川東平。一の異能「堕とし穴」ピンポイントアビスで勝利する。敗者は戦闘の記憶を失って元どおり。これは精霊戦争の実体だった。人間...

異能バトルは日常系のなかで 第8話「これが本当の異能バトル!なれど作品の本質は揺らがない」

異能バトルは日常系のなかで #08「『戦争』ホルムガングバトル」 別視点から見ることで判明する世界の真実。 それでも文芸部の日常は揺らがない。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告