結城友奈は勇者である #10 「愛情の絆」

東郷さんから見た地獄への道、おさらい編。
結城友奈は勇者である」の第10話。

号泣する風を慰める樹、それを静かに見ているしかない友奈と夏凜。
突然けたたましく鳴り出す端末。
「樹海化警報」ではなく「特別警報発令」と表示がいつもと異なるが・・・。
一方、その場に居なかった美森、「これでみんなを助けることが出来る」と。
20141212y_01.jpg
神樹様にお仕えできるかも知れないと東郷家期待の幼い美森。
しかし目を覚ますと約二年の記憶と両足の筋力を失っていた。
「鷲尾須美」から「東郷美森」に名札が戻される。
車椅子になれた頃、親の都合での引っ越先の隣に住んでいたのが友奈だった。
人なつっこい友奈とすぐに打ち解ける。
中学に上がり、風と出会い設立したばかりの勇者部へ。
20141212y_21.jpg
やがて樹も加わり勇者部の活動は周りにも認められていく。
「そして私達は本当の勇者となった・・・」

乃木園子の言葉を検証するために自害を試みる美森。
割腹を始め数々の手法を試すがことごとく精霊に妨害され
「勇者は死なない」ことが実証される。
20141212y_41.jpg
再び園子へ合いに行く美森。
ここまでの情報から至った自分の見解を話す。
勇者の適正があった美森は鷲尾家に養子に入りお役目に付く。
そして記憶と両足を失う。
園子が言うには大赦の身内だけで足りず外部から勇者を集め出したらしい。
引っ越し先が友奈のうちの隣というのも大赦の計らいと言うこと。
友奈は血縁ではないが勇者の適正値が極めて高いことから
勇者として組み入れられるように画策されていた。

家への援助など両親も承知の上で勇者とされていた子供達。
信じていた神樹様からの仕打ちに打ち震える美森に「壁の外の秘密」を
話そうとする園子だが、友奈からの電話で話の腰が折れる。
結局「真実は貴方自身の目で確かめるのが良いと思う」と園子。
さらに本来は自分は勇者の暴走を押さえる役目だが美森の味方だと言う。
寝たきりの体だがなんと精霊を21体も持ちかなり強いと自慢する。
それゆえ普段は端末を取り上げられて病院内の異様な部屋(社)で奉られている。
20141212y_61.jpg
園子に言われたように壁の外へ踏み出す美森。
自分達がいたのは宇宙規模の巨大な結界の中だと知る。
外には不気味なバケモノが大量に浮遊しているが
これらがバーテックスを再生(生成)しているのだった。
12体を倒して終わるかと思われていたのにまた繰り返し攻めてきて
そのたびに散華して体の機能を失うことに絶望する美森。
結界内に戻って出した結論は・・・
20141212y_81.jpg
友奈達の冒頭のシーンに戻ると樹海化する世界。
美森は結界に穴を開けバケモノを引き込む、そして友奈達を巻き込んだ
神樹様を倒してしまおうと銃を向ける。

次回 「情熱」
もうなんかどうなるのやらって感じ・・・
大赦の指示は美森を止めることなんだろうけど、仲間同士で衝突!?

前回の犬吠埼姉妹の裏で繰り広げられていた美森の話。
早々に大赦を疑い、身を挺しての検証で得た結論は両親も知った上での
生贄という残酷な現実。
たしかに昔話などに出てくる人身御供の話なんかでも村の中で
こどもを差し出した家は名誉を得たり優遇されたりしますからね。

でも美森にしてみれば自分は血縁だけど無縁な友奈達を騙すようにして
巻き込むのは許せなかったでしょう。(でも親も共犯なんだよな・・・)
風が樹を巻き込んだことで大赦をぶち壊す衝動に駆られたけど
美森も同じ事を考えるのは当たり前と思われ。
(美森は風より理論的に考えを導いたけど)

この状態で風や樹が美森に立ち塞がることはないと思うけど
意外と友奈が止めに入りそうな・・・
ネットの分析では「友奈黒幕説」もあるようだけど、実は美森の隣に住んで
再び勇者として戦うようにリードしたと考えても不思議じゃない・・・?

本当に次回が待ち遠しい。
関西が先行しているのが歯がゆい。w












書籍は前日譚ノベル、同コミカライズ、コミカライズ、日常系四コマの順。
スポンサーサイト

テーマ : 結城友奈は勇者である
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結城友奈は勇者である 第十話 

愛情の絆 「大赦は 身内だけじゃやっていけなくなって」 大赦は、この絶望的な戦いを「身内だけ」でずっと続けてきた、という事かな。 前話までは大赦ひどい‥と思ってたけど、大赦としても、そうせざるをえない所まで追い詰められている訳か‥。 でもその結果、もはや世界の命運を彼女たちに託す以外に道がないのなら、もっと彼女たち自身のサポートやケアをしてあげればいいのにね。 真相隠して使おうとした結果が...

結城友奈は勇者である 第10話「明かされた世界の真実!東郷美森の狂気は全てを終わらす引き金となるか」

結城友奈は勇者である #10「愛情の絆」 終末に向けて既に動き出していたのは世界そのもの。 知ってしまった世界の真実は残酷。

結城友奈は勇者である #10

『愛情の絆』

結城友奈は勇者である TBS(12/12)#10

第10話 愛情の絆 公式サイトから勇者部にびっくりする事がおこる。 風の怒りを抑えた友奈と樹。突然、樹海化警報が鳴り響く。これで皆を助けることが出来る。 東郷は歴史施設を良く訪れていた。東郷家にも大赦関係者がいるらしい。目覚めると2年間の記憶と足を失っていた。新しい家に引っ越して直ぐに隣の友奈と仲良くなった。デザート作りが好きな東郷、毎日でも作って欲しいよと友奈。 チアリーダー部を断って押し...

■結城友奈は勇者である 第10話「愛情の絆」

 「家の食事の質が上がった」とか、そういうの、泣けて来ます…。  せめてもの罪滅ぼしってことなんですもの。  にしても、娘に過酷な試練を課すのはともかく、それを

結城友奈は勇者である 第10話『愛情の絆』 キャプ付感想

結城友奈は勇者である 第10話『愛情の絆』 感想(画像付) 予想を超えて酷い世界観でしたね…。 日本を外敵から守るための勇者システムかと考察してたけど。 世界そのものがすでにもう滅亡寸前だったとか…もう絶望しかない。 勇者にされた友奈たちに救いはあるのでしょうかね? 世界は神樹に守られた宇宙規模の結界だった。 再生して再現なく現れるバーテックス。 友...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一応一つだけ。東郷さんのは「絶望による無理心中」だから。
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告