異世界食堂 #01 「ビーフシチュー」ほか

最近本当に多い異世界モノと食モノ。合わせてみた「異世界食堂」の第1話。

いかにもちょっとしたオフィス街にあるような洋食屋、人気も歴史もあるようです。
洋食のねこや」が土曜の深夜となると・・・
20170704i_01.jpg
オープニングテーマ曲は「One In A Billion(AA)」。

傭兵や賢者、獣人などが一同に集まる食堂でライスに合うおかず談議。
エスカレートしそうになるが店主に料理が作って貰えなくなると脅されて沈黙。
20170704i_11.jpg
積み上げられた黄金の山に現れた紅い竜、美しい女性の姿に変化して
ぽつんと置かれたドアをくぐる。
そこはお客の捌けた後の食堂、彼女の「いつもの」はビーフシチューらしい。
出て来たシチューの香りを堪能しソース、付け合わせ、そして牛肉を口にして悦に入る。
ひと皿分を平らげると金貨と入店時に担いできた鍋と交換で新しい鍋いっぱいの
ビーフシチューを持ち帰る。そして竜の姿に戻りチビチビと食事の続きを楽しむ。

最後の客を見送りお疲れの店主の翌朝も早い。
階下のキッチンへ降りると女の子が寝転んでいた。
角があることから異世界の住人ではあるようだが、事情を聞くとその角のせいで
仕事を失って食うにも住むにも苦労している状況で、空腹も限界のところで
匂いにつられて迷い込んできてしまったという。
20170704i_21.jpg
そんな魔族の彼女「アレッタ」に朝食へ同席するように勧める店主。
これ以上は迷惑をかけられないと遠慮しながらもタダ飯につられてアレッタ。
手際の良い店主の調理に驚き、モーニングメニューの一品一品に舌鼓を打つ。

朝食が終わった所で店主は給仕経験のあるアレッタを七日に一度のアルバイトに勧誘。
休憩時間があるとはいえやや長めの勤務となるが、今までのアレッタの収入で考えれば
破格の給金と三食賄い付きという条件に即決のアレッタ。

まずは研修ということだけど食品を扱うお店なのでまずは身ぎれいにすることに。
お湯の出るシャワーの気持ちよさと泡立ちよく体の汚れを落とす石けんに驚くアレッタ。
そして店主が用意した給仕の服に着替えたアレッタは研修を受ける。
20170704i_31.jpg
食堂を「我が財宝」と覗いていた紅い竜はアレッタを受け入れ加護を与える。

エンディングテーマは「ちいさなひとつぶ (AA)」。
20170704i_41.jpg
次回 「メンチカツ」
神保町近くで務めていた時はキッチンジローのメンチカツをよく食べた。

放送時間帯が25時過ぎなのに結構ガッツリ系の飯テロアニメ。
同作品の原作は小説のようですが自分は最近発売されたばかりのコミックス版で知りました。
だから基準がこちらですがアニメの絵柄は文庫版イラストに近いのかな?
正直アニメの店主はテラフォーマーズのスズメバチ艦長(?)みたいなかんじ。w

あと食事のシーンがちょっとあっさりした感じかも。
コミック版でも赤の女王がシチューを楽しむシーンはもっと官能的に表現されていた。
(オープニングの中にそのワンカットが含まれているから別の機会に出るのかな?)
この辺の表現は今後に期待。
さすがに定食メニューを夜中に食べに行くことはないけど翌日の昼食くらいには
食べに行きたくなるくらいには楽しませて欲しいですね。

制作は実力派のSILVER LINK.だしコミックス版はとても楽しく読んでいるので作品としては期待したい。

しかし異世界食モノは群雄割拠ですね。
既にアニメ化が決定している「居酒屋のぶ」とかかなり話題になった「ダンジョン飯」などなど。




大きく分けると表口は異世界で裏口は現世界に繋がっていて食材などの
多くは普段自分達が口にするものと同じような料理を振る舞うもの。
「異世界食堂」や「のぶ」なんかはそういった意味ではかなり近い設定ですよね。
そして現地で材料や調味料を調達して現世界の料理(に近いもの)を再現するもの。
「ダンジョン飯」はそちらですね。
ラノベのハーレムものと同じで同じようでもそれぞれに見せ方を変えて楽しませてくれおり
実はアニメの「異世界食堂」も「居酒屋のぶ」も個人的にはすごく楽しみにしています。












スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異世界食堂 第1話 『ビーフシチュー/モーニング』 異世界転生...してなかった。

ここでの異世界→現代日本のこと。最初現代の料理人が異世界で食堂開いて大繁盛!というのを想像していました。実際途中までそう思っていた。店も主もそのまま、扉だけが週に一度の土曜日に別の世界と繋がる。不思議な老舗洋食屋「ねこや」が舞台です。 胃袋を握ったものが一番強い。登場キャラには贔屓の食べ物があり、そればかり食べている様です。食べ物の事で喧嘩を始めるも、店主の一言でダンマリ。暴れたら...

異世界食堂 #1

新番組のお試し視聴です。なぜか異世界とつながってしまう洋食屋さんを舞台にした作品みたいです。 老舗洋食店「洋食のねこや」は、普段は普通の洋食店として営業しています。ところがなぜか、週に一度このお店の扉が異世界とつながってしまうことがあるのでした。そしてその時には、このお店の味に魅せられた異世界の住人たちが、このお店を訪れるのでした。 なんとこのお店には、炎をはく赤いドラゴンまで常...

異世界食堂 第1話 「ビーフシチュー/モーニング」 感想

異世界に飛ばされた食堂かと思ってました。

異世界食堂「第1話 ビーフシチュー/モーニング」

異世界食堂「第1話 ビーフシチュー/モーニング」に関するアニログです。

異世界食堂 第1話「ビーフシチュー」「モーニング」

うん、合格だ(カワイイ) 週に1日だけ異世界と繋がる洋食屋、で良いのかな?既にそういう世界観が出来上がってて、何故そうなったかは謎。後に語られるかも知れないが、取り敢えず色んな種族が異世界からやってきて食事を楽しんでる。初回は大方そんな感じだが、どういうストーリーなのかまだ分からないな。 料理は美味い美味いと食うだけで、変なリアクションが無いのは好印象だが、深い言及が...

【異世界食堂】 第1話『ビーフシチュー/モーニング』 キャプ感想

異世界食堂 第1話『ビーフシチュー/モーニング』 感想(画像付) 毎回異世界のお客に料理を出す作品かw こちらの料理が異世界ではご馳走になるのか面白い! アレッタちゃんが給仕のバイトの仕事が貰えてよかったですね♪ メイド服とは店主いい趣味ですよw

異世界食堂 第1話「ビーフシチュー/モーニング」感想 良作の予感しかしない。お腹が空いた分だけ、優しさでいっぱいになるのかな。

アレッタちゃんの笑顔とエンディングが癒しすぎる。 洋食屋のねこやを舞台にした癒しファンタジーなのでしょうか。 料理を作る店主と店を訪れる様々なお客さんやそこで働く者たちが、これからどんなドラマを見せてくれるのか、ちょっぴりお腹も減るけど期待でワクワクしてきました。 それにしても料理の作画が素晴らしくてどの料理も美味しそうに見えて仕方ないんですが、舌鼓を打つ者も、じっくり...

異世界食堂 第1話 『ビーフシチュー/モーニング』

洋食屋で角煮とは、珍しいです。 洋食屋といえば、オムライスやパスタを思い浮かべます。 『洋食のねこ屋』の客は、とても変わっていますね。 格闘家? 哲学者? ライオン? トカゲ? なんだか、カオスですね。 兵達が料理人の一言で、喧嘩を辞めるとは とても美味しい料理なのでしょう。 向こう側の人間? ああ...

異世界食堂 テレ東(7/03)#01新

第1話 ビーフシチュー、モーニング 洋食屋なのに豚の角煮を提供する。海の向こうから来たのなら洋食。それにランチの白ご飯に合うから角煮もあり。 白ご飯に合うのは、照り焼きチキン、ロースカツ、カレー、 カツ丼と互いに言い争う異世界人。自分の主張は曲げないものばかり。オムライスが好きなもの、カツカレーを試す者まで居た。洋食のねこやは週に1度異世界と通じる扉が出現する。その日は異世界の人々に料理を提...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告