FC2ブログ

青い花 第07話 「若葉のころ」

藤が谷女学院の演劇祭も終わって一息付くのか?の、アニメ「青い花」の第7話。

まだ演劇祭の当日。あきらは京子とともに康の車で送ってもらっていた。
劇の終了後に各務先生に声をかけらたヒースクリフ恭己が感極まって
泣き出してしまったと他の部員から聞いた京子。
20090812a_01.jpg
車内での話も耳に入らないほど考え込むが・・・

恭己の過去の片思いの告白を聞いたふみは学校を休んでしまう。
そして演劇祭の振り替えで休校のあきらを誘い横浜まで遊びに行く。
中華街や赤煉瓦倉庫を楽しむ二人。補導されないようにね。
20090812a_10.jpg
「明日は久しぶりにバスケ部の部長やるよ、見に来てくれる?」と
言っていたのにふみは来てくれなかった。
「振られたか・・・」
文芸部の部室前で残念そうな恭己。

あきらの家に泊まりたい気分だというふみ。
「あーちゃんって、優しすぎる・・・突き放してくれないと、どんどん甘えてしまう・・・」
「杉本先輩となにかあった?」 突っ込んで聞いてしまって良いものかどうか悩むあきら。
結局、泊めてあげることに。
寝る前に恭己に酷いことをしたと反省していることをあきらに伝えるふみ。
あきらにとっては恭己はモテ過ぎだから別に良いと言うが、仲直りはしなと言う。
20090812a_26.jpg
シスターに怒られる声を聞いて、みんなあきらじゃないかと言うが案の定・・・
もうそういうキャラとして認識されているらしい。ww
掃除している部屋で恭己の姉の絵画を見つける。元教員だったという。
線の細い綺麗な人だったという。杉本四姉妹というちょっとした有名人だったと。

恭己にお詫びのメールを出すふみ。
そしてタオルを持って水飲み場で恭己を待つ。
「今度の土曜空いてる?」
「じゃあ、デートだ。家族にも紹介したいから家に来て」
ご家族への紹介イベントキター!
しかしほとんどふみと目を会わせず、笑顔もないし、どことなく素っ気ない?
20090812a_42.jpg
だけど再びのデータのお誘い、しかも自宅への招待にビックリしながらも浮かれるふみ。
「それじゃあ、杉本四姉妹とご対面だね。お姉さんが三人いるんだって」
あきらから姉の存在を聞く。楽しみでしょうがない。

デート当日。なかなか現れない恭己を待つふみ。
道が混んでいたので、ちょっと遅れて登場の恭己。運転手付きの車でお出迎え。
ちゃんと後部座席の人もシートベルト着用してます。

到着した恭己の家はものすごく大きな旧家みたいで使用人もいる。
「先輩って・・・先輩ってお嬢様だったんですね」

玄関でふみを迎えたのはお手伝いらしき女性と、若い女性だった。
「姉の姿子(しなこ)です。長女です~」 ちょっと軽くて柔らかそうな感じの人だ。
20090812a_59.jpg
「あら、いいわね。大きい娘って大好きだわ」
「家はみんなデカイのよ~」
案内された客間にはお母さんと三女の公理(くり)が待っていた。
恭己の手招きに従ってそそくさと隣に座るふみ。
お母さんも娘時代にずいぶんと慕われていたらしい。
やっぱり藤が谷女学院で女の子にだよね・・・?

最後に例の絵画の主、藤が谷の先生をしていたという次女の和佐(かずさ)が登場。

「やっちゃんがお友達を連れてくるなんて珍しい。本当に仲が良いのね」

「そのことでさ、みんなに話しておきたいことが・・・」 ちょっと重そうに口を開く恭己。
私、いま、この子と付き合ってます
いきなり家族にカミングアウト。隣に座っているふみもビックリ。
母と姉たちも絶句するが公理が口火を切る。
公理 「それは恋人関係にあるということ?」
恭己 「そうなるかな?」
姿子 「やっちゃんはレズビアンなの?」 言葉に僅かに反応するふみ。
公理 「本当にその子が好きなの?」
恭己 「好きよ」
公理 「今はその子が好きなの?」 ムッとする恭己。
公理 「本当に今好きなのはその娘さんなのね?」
恭己 「しつこいな、そうだと言ってるじゃない」
しかし視線をそらしたり動揺は隠せない。
公理 「じゃあ、恭己はバイセクシャルなんだわ
20090812a_78.jpg
公理の言葉に決定的にカチンと来た恭己は自室に籠もってしまう。
公理はかなり毒舌っぽい。
「ああやって、すぐ駄々こねる。すねて出て行く。
 誰かが慰めてくれると思って、まったく家の御姫(おひい)様は・・・」
外では男前で余裕のあるように見える恭己だが、家出は末娘なんで子供扱いらしい。
お母さんや次女が公理をいさめるが・・・

恭己を追って部屋へ行くふみ。
簡単に手玉に取られてしまうと言う恭己、一人っ子なので羨ましいというふみ。
自分も昔付き合っていた女性がいたと恭己に告白するふみ。

恭己は、ふみが自分のことを疑っているのではないかという。
昔の気持ちを引きずっているのではないかと・・・
では、ふみは?ふみも振られて寂しい時に
たまたま近くにいた自分に好意を寄せたのではないか?
お互いに一目惚れした気になっているのではないか?という恭己。
その言葉に涙を浮かべるふみ。
20090812a_98.jpg
「そうだとしても、いいじゃない。やっちゃん。
 相手のせいにして追い詰めるのは良くないわね。
 正しい先輩のやり方じゃないわ・・・」
柔らかい物腰で現れた姿子だが、鋭い表情と言葉で恭己に苦言を則して
ふみを恭己の側から連れ出す。グゥの音も出ない感じの恭己。
「今日はそこで反省しなさい」
うーん、大人らしいというか長女らしい威厳のある態度だ。

食後?いきなりふみも交えて麻雀。「泊まっていきなさいな」と勧めるお姉さんズ。
一応、卓に付いているということは、ふみって麻雀打てるの?

自分が恭己に食事を届けるといって卓をはなれるふみ。
20090812a_114.jpg
公理は「今夜、恭己が一線を越えられるかどうか」賭けないかという。
戒める和佐に「なに、後ろめたいの?」と返す公理。
ただ優しいというだけではなくて、なにかあるのかな?

それにもう一線は超えたのかもしれないしね・・・
お母さ~ん!ww

再び食事を持って恭己の部屋へ行くふみ。
気持ちの整理が付かないことをふみのせいにして酷いことを言ったことに詫びる恭己。
20090812a_126.jpg
今のままじゃ、付き合えない
恭己の口からこぼれた思わぬ言葉。
外はふみと恭己の関係のように荒れていた。

次回 「恋は盲目」

演劇祭が終わると藤が谷を舞台とすることは少なくなり松岡女子内が
メインになると思いきや、恭己のお姉さん達の登場で思わぬ方向に。
このお姉さん達もただおっとりとか、毒舌だとかという訳ではなさそうですね。
三女が次女に言った言葉もちょっと気になるし。

ふみと恭己のように互いに元カレ(カノ)の影を見ることは少なからずある感情だけど、
ふみはあきらとの再会と、恭己と出会うことによってかなり吹っ切れていたようだから
恭己にああ言われてしまうとキッツイだろうね。
むしろ恭己が引きずっているような態度はありありで、ふみの不安は当たっているのに。
結局は恭己が気持ちの整理を付けないとどうにもね・・・

家に招待されて家族に紹介(付き合っているとまでは想定外だけど)ウキウキ気分から、
一転どん底に突き落とされたふみはこの事態にどう向き合うんだろ?
なんか連敗してかなり再起不能な感じだけど・・・

スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 青い花 第7話 「若葉のころ」

青い花 第2巻 [DVD]クチコミを見る 藤が谷演劇祭翌日、あきらとふみは横浜に出かけて一日遊ぶことに。その日、あきらの家に泊まったふみは、恭己との関係が少しぎくしゃくしていることをあきらに相談します。あきらの助言を聞いて恭己と仲直りしようと決意するふみ。そん...

青い花 第7話「若葉のころ」

今日はあーちゃんと横浜デート! 全部実際にある場所なのかな。 あーちゃんは、ホントにいい子です(≧∇≦) ふみちゃんは杉本先輩と気ま...

青い花 第7話 「若葉のころ」

演劇祭の次の日、杉本先輩と顔を会わせ辛いふみは学校をさぼり、あきらとデート(?) ふみを気遣うあきらは、泣かないならと家に泊めます。...

青い花 第7話

「若葉のころ」 先輩とふみのあいだに決定的な亀裂がΣ(゚д゚lll)ガーン 噂の杉本四姉妹 長女能登 次女福井裕佳梨 三女中原麻衣でお送り...

青い花 第7話「若葉のころ」

若葉のころいつもあいつのことを思い出す同じ時を生き 同じ涙を流し 同じ命を生きていたあのころ俺はずっと考えていた生きることの意味 死ぬことの答えそしてあいつと 俺のことを・・・月「その”若葉のころ”じゃねーから!」せ「いや、それ以前にこのネタ...

青い花 #07 若葉のころ

あーちゃんとのデート。そして先輩宅へ。 ついにおひいさまの本音が明らかに。

青い花 第7話「若葉のころ」

青い花 第7話「若葉のころ」 「今のままじゃ付き合えない」 自由奔放=わがまま? 自分はこれまで杉本先輩は自由奔放だというイメージ...

「青い花」第7話【若葉のころ】

{{{: 藤が谷演劇祭翌日、あきらとふみは横浜に出かけて一日遊ぶことに。その日、あきらの家に泊まったふみは、恭己との関係が少しぎくしゃくしていることをあきらに相談します。あきらの助言を聞いて恭己と仲直りしようと決意するふみ。そんなふみを杉本家に招待する恭己...

青い花 第7話「若葉のころ」

この人のフォローがあるとは思わなかったwww 待った甲斐がありましたね! 悶々のふみちゃん、学校サボっちゃいました。 いよいよ恭己との関係が… あーちゃんの学校はおやすみなので、 ふみちゃんデートに誘ったー! この二人が一番自然ですね。 甘...

青い花 第7話 「若葉のころ」 【感想】

「あーちゃん、泣く子は嫌いだよ」 今回は見所はAパートとBパートの対比ですね。奥平家と杉本家でのふみの心境の描き方が際立って対照的...

青い花 第7話「若葉のころ」

「先輩って……お嬢様だったんですね」 ふみちゃんが杉本先輩の家に招待される話。 今回は新たに杉本四姉妹として、能登さん達が参加。 ...

青い花 第7話「若葉のころ」

青い花 第7話「若葉のころ」の感想記事です。 ↓妄想詩人の手記(本館) http://coffeemonster.at.webry.info/200908/article_26.html ※この記事は、FC2...

青い花 第7話 「若葉のころ」

 恭己にはいろいろと驚かされました。そしてその家族にも。前半のあーちゃんが凄くいい子でまともなだけに、杉本家が少し変わっているように見えました。

青い花 第7話「若葉のころ」

「先輩家のご招待」

青い花 第7話 「若葉のころ」 感想

女子高の中では王子さまのように崇拝されている杉本先輩が、家ではワガママな末っ子扱いだったという話。青い花 第7話 「若葉のころ」 の...

青い花 第7話 「若葉のころ」 感想

女子高の中では王子さまのように崇拝されている杉本先輩が、家ではワガママな末っ子扱いだったという話。青い花 第7話 「若葉のころ」 の...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告