FC2ブログ

青い花 第11話 「冬の花火」 (終)

恭己が好きだった各務先生と姉(次女)の結婚式。
その後、あきらとふみの江ノ島観光に同行したものの、
恭己はふみからの決定的な拒絶を受けてしまう。
アニメ「青い花」の第11話。

季節はすでに秋。そういえば藤が谷は冬服でも白セーラーなんですね。
二度寝してしまい、いやいやながら兄に車で駅まで送ってもらったあきら。
ふみとのいつもの電車通学。
江ノ島での出来事からそれなりに平穏無事に時は過ぎているらしい。
20090909a_01.jpg
「文芸部の税金」と言う事で、図書室の本の入れ替え作業にかり出される文芸部のふみ。
恭己が演じた「嵐が丘」につい反応してしまったり、恭己と初めてのキスした思い出の
場所で立ち止まってしまったりやや後遺症はあるようだ。

和佐の元で絵画を習っていた京子は、ひょんなことで恭己が留学するという話を知ってしまう。

電車のホームで偶然に恭己と鉢合わせしたふみ。
互いに軽い会釈をするだけで近付く訳でもなく、話す事もない。
しかし恭己が乗った電車をやり過ごし目の前を過ぎ去る恭己の後ろ姿に
つい反応してしまったふみ。
入れ替わるように駅にやって来たあきらに吹っ切れてない自分に驚いている事を話す。
20090909a_19.jpg
恭己の参加する松岡女子バスケ部は全国準優勝。
ふみとの別れの後、いろいろ吹っ切って集中したのかね?

時は更に過ぎて冬。
あきらが発案したクリスマスパーティに松岡演劇部トリオを誘う。
京子は残念ながら康との約束が優先で参加しないという。

帰宅した所にふみの初恋の相手で従姉の千津からの引っ越しの便り。
ねぇ、ふみ。初恋を覚えてる?」 恭己の問いが頭を巡る。
20090909a_36.jpg
そんなある日、あきらと康は京子へのプレゼントを選んぶために二人で街へ出ていた。
偶然同じ店にいたふみは、仲良くプレゼントを選んでいる所を目撃してしまう。
つい隠れてしまったふみ。自分でもよく分からない不思議な気持ちに捕らわれてしまう。

ショッピングの帰りに自分とふみが通っていた小学校を見に立ち寄ったあきら。
老朽化した校舎を建て直すという計画になっているらしい。
20090909a_52.jpg
家に帰ってもあきらと康が一緒に買い物をしていた事、
自分がつい隠れてしまった事を考え込むふみ。

そしてクリスマスイブ当日。
忍は相変わらずあきらに邪険にされているようだが・・・

あきらの古いアルバムをみんなで拝見。
みんな最初は小さい方の女の子をあきらと思ってみていたが、逆だと聞いてびっくり。
ふみはスケッチブックを見て小学生の二人の絵や押し花を見つけた。
そしてあきらの口から思い出の校舎が取り壊しされると初めて知る。
20090909a_55.jpg
京子と康は二人でパーティ。なんだかんだ言っていい雰囲気じゃん。
そして互いのプレゼントを交換するが、康のセンスらしからぬプレゼントに思う所があった。
つーか、あきらの選んだプレゼントって鎌倉土産じゃないのか?ww

京子からあきらへプレゼントを選んでくれた事へのお礼のメールが届く。
そしてお店の事の真相を知って安心し思いっきり笑ってしまうふみ。

演劇部トリオが帰る時、美和だけ忍にプレゼントを渡す。美和、頑張った!
忍も妹スキーは卒業して恋に目覚めるべきだね。ちょうど妹みたいな子だし。

あきらの家に泊まったふみは、寝付けないあきらと二人で外へ出た。
引っ越しの日にふみが泣きじゃくった木の下。そして取り壊しになる小学校へ。
20090909a_70.jpg
敷地内の渡り廊下と花壇の前に来た時にファイルされていた押し花の事を思い出す。
そして、とっても大切な事を思いだしたふみ。
そうだ、どうして忘れていたんだろう?
 私が最初に好きになったのは、私の初恋の人は・・・



折り返しで留学してしまう恭己との関係とかどう片付けるかと心配してたら
ほぼ気持ち的に清算できていたといったちょっとビックリの展開。
でも実際の恋愛と破局のあとなんて、こういうのもありなんかな?
恭己と急に縁を戻して留学を止めたり、遠距離恋愛するのも変だし。
そのまま友達関係なってなあなあというのもおかしいしね。

突出したインパクトはありませんが、全般的に非常に高い水準で安定したストーリー、
人物の心象表現、作画など非常に好感の持てる作品でした。
原作未読なのでどれくらいカットされたのか?あるいは忠実なのか?分かりませんが、
ふみと恭己を中心とした少女達の恋愛と友情を変に重々しくでもなく軽々しくもなく
絶妙なバランスで構成できたのではないでしょうか?
やっぱり恋愛事情に疎いのに渦に巻き込まれてしまったけど、常にいっしょに悩み
明るく励ますあきらの存在が(ふみにとっても京子にとっても)大きかったですね。

とにかく次回が常に楽しみな作品でした。

20090909a_99.jpg
「(大きなお兄様方、)ごきげんよう!」 ww

スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青い花 第11話(最終話)「冬の花火」

秋からクリスマスイブまでのストーリーでしたね。 恭己への心が完全にはふっきれていないような様子のフミは、学校帰りの駅のホームで卒業後のイギリス留学が決まっている恭己と偶然に出会うが、軽く会釈をしただけで、その後は何もなく、ちょっと私の予想とは違っていた...

青い花 第11話 「冬の花火」 

恭己はロンドンへ留学することになっていましたが、唐突のことで理由もわからずじまい。本人から伝えられもせず、一方的に置いていかれる井汲が可愛そうな気がしました。そんな井汲はクリスマスを名ばかりの許婚である康と過ごしており、あの雰囲気を見るとなんだかんだで...

青い花 #11[最終回]「冬の花火」

そうか、ふみちゃんの中の人はグラビアアイドルなのですね。 全然知らずに視聴シテマシタ^^  ↓  ↓

青い花 第11話「冬の花火」(最終回)

アバンからあーちゃんの寝起きとはヽ(゚◇゚ )ノ あーちゃん最終回も大サービスw ふみちゃん視点での最終回って感じでした。 恭己はロンドンへ留学という鉄板退場。 ふみも京子もまだ引きずっているのがもどかしい。 確かに気にはなるよね。 この距離感が

青い花 #11 冬の花火

思い出した…初恋の人。 穏やかで綺麗な最終回でした。

(アニメ感想) 青い花 第11話 「冬の花火」

青い花 第2巻 [DVD]クチコミを見る 夏はあっという間に終わり、季節は秋。恭己のバスケ部での活躍はめざましく、全国大会へ出場することに。そして恭己は卒業後イギリス留学をするとの噂が学校中を駆け巡ります。その話を和佐から聞いてショックを受ける京子。一方ふみは...

青い花 第11話 「冬の花火」

 あーちゃんに始まりあーちゃんに終わりました。最後にふみとあーちゃんが手を繋いで歩いていくところが良かったですね。

青い花 第11話 「冬の花火」

秋も来て衣替え、日々は平穏にすぎていきます。 そんな中、恭己が留学するとい話が…。京子はショックです。 ふみは駅で恭己に会って平気な...

青い花 第11話(最終回)「冬の花火」

「青い花」

青い花 第11話(終) 「冬の花火」 【感想】

「私が最初に好きになったのは、私の初恋の人は…」 恭己への気持ちにきっぱりと区切りを付けたはずのふみの動揺が彼女が確かに恭己を見...

青い花 第11話「冬の花火」

え、そこで終わり!? という感じでしたw EDの入り的な意味で(ノ∀`*) 私の中ではお兄ちゃんの衝撃が大きかったです。 今後どうなるのか...

青い花 第11話 「冬の花火」

ふみちゃんのはつこいのひと。それは… 全11話。少ない時間の中でどのように纏まるのか。 回を重ねるごとに次回が待ち遠しくなる、いい作品...

【最終話】青い花 第11話「冬の花火」

今回が最終回ということで、どのような形で終わるのか気になってたし楽しみだったんですが、原作を少しアレンジしオリジナル要素を組み込んで、何か凝りのような物を引きずる事なく上手く終わらせたなという印象ですかね。青い花の作風に相応しく綺麗に纏まったと思います。

青い花 第11話「冬の花火」

「私の初恋の人は…」 あーちゃん達がクリスマスパーティーをやる話。 本当に最後でふみちゃんがあーちゃんに告白するのかと思ったんです...

青い花 第11話「冬の花火」(最終話)&シリーズ感想

青い花 第11話「冬の花火」(最終話)&シリーズ感想 の感想記事です。 ※この記事は、FC2などの一部ブログへのTB送信が出来ない...

青い花 第11話(最終話)「冬の花火」

青い花 第11話(最終話)「冬の花火」 終わっちゃったなぁ…。 寂しい、というのが正直なところです。 今クールで最初に最終回を迎えた...

青い はつ恋

{/kaeru_snow/}季節は移り、秋の気配のする10月。 そして、雪降るクリスマスへ・・ 『青い花』 第11話 冬の花火 *最終回* 二度寝して、寝坊して、兄の車で駅まで送ってもらうあーちゃん。 こんな時でもふてくされたふうに、無愛想な返事をしています。 そりゃ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> この物語は4巻からが本番だと思うので、いつか二期が制作されると良いのですけど。
そうなんですか。
でもまだコミックスが4巻までしか出てないようなので二期には話を貯めるまで時間掛かりそうですね。そう言った意味では良い位置でまとめたのかな?

No title

原作にかなり忠実に映像化した方だと思います。
全11話、3巻分しか尺がないので削ったところもありますが、主に今後の伏線になる部分なので問題ないかと。
場面を入れ替えたりオリジナルを混ぜて繋いだりもしてますが、話の筋や雰囲気を変えてしまわないよう上手にこなしてました。
原作だとふみの初恋相手は誰なのか?については、先輩が最初に問うた時に気づいてるんですよね。
初恋があーちゃんと自覚した上で先輩と付き合っていたか、無自覚だったのかで印象が違ってくる気もしますが・・・・・・
ここで区切りにするために、「初恋」というテーマを前面に出してきたんだろうなと。
この物語は4巻からが本番だと思うので、いつか二期が制作されると良いのですけど。
最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告