FC2ブログ

宙のまにまに 第11話 「それは白い雪のように」

アニメ「宙のまにまに」第11話。

高見女子天文部との合同冬合宿のために極寒の地にやってきた蒼栄高校天文部の面々。
しかし「痛い」レベルの寒さを知らない一年生達(特に姫と江戸川)は軽装で来てしまった。
私もありますよこういう経験。11月後半くらいの時期の出張で北海道に厚手スーツだけで
コート無しとかで、昼はともかく夜は激寒。ww
まあ市街地だし、遊びに出なければホテルとタクシーと仕事場の往復なので大丈夫でしたが。

主に蒼栄部員の面倒を見てくれるのは3年生の川村さん(ロング)と三波さん(メガネ)。
部長の座も譲って本当は隠居だけど推薦だから余裕らしい。
(路万部長は近江さんと同じ大学を目指して受験勉強真っ最中なのでお留守番)
20090915m_01.jpg
しおりを見なかったのかと怒られる朔達。しかし萌え絵の「やまねこ座たん」がいろいろ
誤解を招いてしまったようだ。「(下半身)毛皮」っていっても股間の部分はレオタード(?)やん。
朔が「下半身丸出し」って解釈の方が正しい。ww

特に防寒対策がなってないのがやっぱり姫。
三波ファッションショーにて解説。ナイスバディでインナー姿がなかなか素敵ですね。ww
しかもここでメガネを取ると美少女という鉄板事項が発覚!

高見女子の現役部員達とご挨拶。しかし江戸川は高天ネットでの乱心が響いて
男慣れしないない高見女子のお嬢様達に恐れられてしまう。
ちなみに新部長さんの活躍は最新刊「宙のまにまに 6 (AA)」にて。

合宿所まではさらにバス移動。
男慣れしていないのは学生だけではなかったらしい。草間にラブな高見女子の先生。ww
20090915m_17.jpg
父親の一件以来、更に良くなったように見える朔と美星を遠くから観察する姫。
どうしてもお節介な美星に素直な態度は取れない。

江戸川の目的はすでに高見女子の女子を捕らえる事に・・・
わかるよ~、なかなか粒ぞろいだもんね。
しかし防寒のための重装備。江戸川残念!
20090915m_26.jpg
一方、姫は予備の衣類で重ね着をしようとするが、組み合わせ的に無理な事を悟る。
バス移動途中で見つけたコンビニでせめてインナーだけでも確保しようと考える。

ミーティングの時間。
「手先足先を冷やさない事、自分用ライトを持つ事、出掛ける時は行き先を誰かに言う事」
しかし手遅れ。姫は誰にも声をかけずにひとりで宿を飛び出してしまう。

ここで不穏な予兆。
地方のコンビニなので夜には閉店してしまっていた。
「どこも24時間じゃないの~?」 田舎舐めるな。
そして戻ろうとする姫を襲う突風。
20090915m_34.jpg
合宿所では姫がいない事が発覚する。
しかも出て行く姫を目撃していた美星は姫を追いかけて飛び出してしまった。

唐突に「八甲田山 (AA)」の世界に突入してしまった姫。
視界はホワイトアウト、雪の吸音効果と風の音で声も届かない。
本来なら手袋してないというだけでも相当ヤバイ。
そしてテレビでも警報が。悪化する状況。

ロング 「落とし物でも探しに行ったか、街に行ったかったのか?
メガネ 「何の事かしら?←前科あり。
20090915m_46.jpg
いよいよ挫けそうな姫。朔に助けられる幻を見たり、走馬燈を見たり・・・ ヤヴァい。
美星がポケットに忍ばせていたカイロを見つけて「美星せんぱーい」と泣きを入れる。
つーか、泣く前に使えよ。
そこに姫を追ってきていた美星が現れる。合宿所へ向かおうとするが美星は足を踏み外してしまう。

二次遭難の恐れもあるのでうかつに捜索も出来ない状態。
場所を知らせるためにフラッシュを焚く江戸川をみて何かを思いついた三波さん。
20090915m_60.jpg
一方、転げ落ちた美星と姫は雪洞に待避していた。
雪洞の中で捉え所のない美星の態度に対してズルイと気持ちを打ち明ける。
先輩が雲なら、私は雪だ。どんどん積もって固くなる
自分のことを認めてライバルとして見て下さいと美星に訴える姫。
「うん、わかった。でも私も負けないよ」 真っ直ぐな瞳で答える美星。

そんな話をしていたら吹雪は止んでいた。
雲の晴れた空を見上げる二人。今までのどの観測会よりも鮮やかに光る星々に感動する姫。
そして星空を横切る光の矢。望遠鏡でカメラのフラッシュを飛ばした光だった。

視界が開いてしまえば合宿所はすぐ近くだった。でもスキー場でもよくあるみたいですね。
20090915m_74.jpg
うかつな行動を叱られる姫と美星。
気を取り直していよいよ観察の準備に入る。
しかし「ライバル」の意味が朔に対するものではなく観測に関することと美星は解釈していた。
相変わらず苦労の絶えない姫・・・orz

最後にしてお風呂回。ww しかも高見女子もいるので盛り沢山(のハズ)!
20090915m_86.jpg
路万部長と近江さんの進展も気になる最終回 「星空ループ」
ああっ!この流れだとフーミンの出番がもうないのか! Σ( ̄Δ ̄|||)

姫はとても良い子なんだけどトラブルメーカーだなぁ・・・
寒さを読み違えるのは不可抗力だけど、こういう時に単独行動がダメなのは常識。
雪山でなくてもね。
そう言った意味では結果オーライだったけど、飛び出した美星もダメですが・・・

まあその辺に関してはちょうど今発売中の「月刊 アフタヌーン 2009年 10月号 (AA)」で
合宿ではありませんが、姫達の天体観測スキルの成長が拝めます。

さて原作はまだ結構ストックがあるので二期を意識すると次回で朔と美星と姫の
三角関係が片付かない終わり方をすると思いますがどうでしょうかね。

いくつかのエピソードが「別の話(えんぞうとくてん)」になっているせいか展開早いなーと感じます。


スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宙のまにまに 11話「それは白い雪のように」

一気に冬です!高見女子と合宿を行うことになりました。 宙のまにまに Vol.2 (初回限定版) [DVD](2009/09/25)前野智昭伊藤かな恵商品詳細を見る

『宙のまにまに』#11「それは白い雪のように」

「先輩、もっと私のこと認めてください!ライバルとして――!」 高見女子天文部と3泊4日の合同合宿を行うことになった朔たち♪ 受験を...

宙のまにまに 第11話「それは白い雲のように」

高見女子の冬合宿に誘われ、ご相伴に預かることになった蒼栄高天文部。 三波&川村コンビ再び! …部長おるすばんなのは受験以外にも、 歩ちゃんとのロマンス進展 のためですね(コラ …うどんうまそうw さて肝心の本編は、 姫ちゃんお当番回が… ...

宙のまにまに 第11話 「それは白い雪のように」 感想

変わらぬ安定感のまま最終盤。

宙のまにまに #11

【それは白い雪のように】 装備かる!?装備おも!? 擬人化された星座って流行りそうですね(゚∇゚;) 高見女子天文部と合同冬合宿を行う事になった朔達。 当日合宿地に到着した蒼栄高校1年生の面々は予想を超える寒さに凍えていた。 部長と近江部長が居ないです

宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」

宙のまにまにの第11話を見ました。宙のまにまにDVDVol.1(初回限定版) 宙のまにまにDVDVol.2(初回限定版)第11話 それは白い雪のように高校天文ネットワークで知り合った高見女子天文部の星猛者達と、合同冬合宿を行なうことになった蒼栄高校天文部。当日、合宿地に到着し...

宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」

雪山で美星達は高見天文部と三泊四日の合同合宿。 浮かれ気分で現地に着くと予想を超えた寒さに凍える1年3人衆。 冬山を舐めてますね。

宙のまにまに 第11話「それは白い雲のように」

あっという間に季節は冬。 観測会です。 しかし冬の寒さをなめていた面々。 他の高校の方に怒られる面々。 メガネの娘がメガネ外したらマ...

宙のまにまに 第11話「それは白い雲のように」

宙のまにまに 第11話「それは白い雲のように」の感想記事です。 ※この記事は、FC2などの一部ブログへのTB送信が出来ない本館に...

宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」

高見女子天文部と合同冬合宿を行うことになった天文部。 でも現地の寒さを甘くみてた姫たちはガクブルです(^^; 高見女子からは服に関...

(アニメ感想) 宙のまにまに 第11話 「それは白い雪のように」

宙のまにまに Vol.3 (通常版) [DVD]クチコミを見る 高見女子天文部と合同合宿を行うことになった翔たち。当日、合宿地に到着した蒼栄高校1年生の面々は、予想を超える寒さに凍えていた。あまりの寒さに姫は軽率な行動を取ってしまい・・・ ↑ポチって押して頂けると励

宙のまにまに 第11話 「それは白い雪のように」

 美星の天然さが面白かったです。ほとんど姫回でしたけど。姫はいつでも女の子なのを忘れないなのがいいですね。寒くてもおしゃれのためなら薄着でも…。それが危ないのですけどね。

宙のまにまに 第 11 話

次回で最終回ですか…。

宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」

冬でも合宿! 冬の合宿、珍しいですね。 なぜか高見女子高校と合同合宿をすることになった蒼栄高校天文部。 3泊4日の冬合宿in長白鶴! ...

宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」

「大八木君を想う気持ちは、私だって負けない!」 高見女子との合宿中、姫が遭難してしまう話。 意味は間違ってますけど、美星が姫をライ...

宙のまにまに 第11話 感想

 宙のまにまに  第11話 『それは白い雪のように』 感想  来週は最終回  -キャスト-  大八木 朔:前野智昭  明野 美星:伊...

宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」

合宿といえば、夏、そしてなぜだかそこには水着!・・・みたいなイメージしか持っていなかった管理人でしたが、今回の合宿は雪の中でした。 ...

宙のまにまに 第11話 「それは白い雪のように」

宙のまにまに(ソラノマニマニ) 第11話 「それは白い雪のように」 高見女子天文部と、合同冬合宿を行なうことになった蒼栄高校天文部 ...

宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」

メガネを取ったら美人という設定はよくあるけど、にしてもビックリするくらいの美人さんでしたね。超美人なのに少しおばさんっぽい言動をするというギャップもいいですねw 黙っていればなんたらかんたらってやつで。でも黙っていないからいいのでしょうねw

宙のまにまに 第11話 「それは白い雪のように」 【感想】

美星への嫉妬と意地を張り続ける自分への嫌悪感が姫ちゃんの現在の胸の内を上手く表していました。自分の大切に想う人の気持ちが他の人に...

■宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」

 455系の塗装が、以前の東北色から、磐越西線っぽくなりました(^^)。  前照灯周りは、原型を留めた作画になっていますねん。  床下の辺りから湯気が吹き出して

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告