fc2ブログ

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんの企画、
今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」に便乗させていた戴きました。

ちなみに前期は「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?5

詳細は本家にお任せして、私が視聴していた作品の一覧。
涼宮ハルヒの憂鬱二期
プリンセスラバー!
シャングリ・ラ
かなめも
咲-Saki-
GA 芸術科アートデザインクラス
宙のまにまに
蒼天航路
狼と香辛料2
うみものがたり
青い花
ファイト一発!充電ちゃん!!
東京マグニチュード8.0
バスカッシュ!
大正野球娘。
Phantom ~Requiem for the Phantom~
化物語
ハヤテのごとく!!
CANAAN
真マジンガー 衝撃!Z編
よくわかる現代魔法
懺・さよなら絶望先生
戦場のヴァルキュリア


==== ここから =======================================
◆ 涼宮ハルヒの憂鬱二期
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4
計:22
なんだかんだ言って底堅い。個人的には「七夕・・・」のオチはツボ。
「エンドレスエイト」は悟りを開いて細かい演出の違いを楽しめればまぁまぁ。
原作は読んでなかったけど4,5回目になんとなくアレじゃないかな・・・と
偶然ですが読めていた。逆に「・・・溜息」ではハルヒの性格のイヤな面が
強調されすぎで萎えた。(シリーズはそれなりに楽しめたけど)


◆ プリンセスラバー!
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
計:19
逆シンデレラ&ハーレムの王道。巨乳で可愛く、魅力的なお姫様達が沢山登場。
まあ、それだけかな・・・
独特の絵柄は世界観の設定に合っていたような気がする。


◆ シャングリ・ラ
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
計:20
村田蓮爾デザインの制服少女の派手なアクション、炭素経済社会や格差という
現代に兆しのあるテーマ性、GONZO起死回生の大作になるハズだったんだろうけどなぁ・・・
國子とモモコの掛け合いは面白かったけど、國子の全体的な印象が薄いのが
全体的な印象の薄さに繋がったのかな?


◆ かなめも
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
計:22
原作好きですがちょっと方向性は違ったかな?
だけど、あくまでも「かなの成長物語」として目先を変えて見るとちゃんと
ホロリとさせてくれる話もあってこれはこれで好感。
もっと他のキャラを掘り下げてもと思わなくもないが、
原作でもあまり掘り下げてないのでしょうがない。
1クールしかないのにいきなりミュージカルとかワロタ。


◆ 咲-Saki-
ストーリー:4
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:5
計:25
なんだかんだ言って話題に事欠かなかったアニメ。
キャラクターもあれだけ登場しているし、いろいろなカップリングもあってネタ満載。
個人戦のオリジナルキャラがいきなり弱個性だったり、咲がオカルト過ぎたりと
いろいろあったけど全ては過ぎた事。良い思い出。
心はみんな全国大会へ。ww


◆ GA 芸術科アートデザインクラス
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:3
総合的な評価:5
計:24
実はかなりの高評価。
独特の画風、実写を混ぜる演出など全てがそれらしい。
ちゃんと芸術に関する知識のフォローも楽しく押さえてあったし。
芸術課に集まるちょっと特異な生徒や先生達の魅力がいっぱい。
「混沌鍋」の回は最高。


◆ 宙のまにまに
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:5
計:23
秀作。深夜枠には勿体ない。U局のこの辺のアニメは内容で時間帯を設定する
訳ではなく空いてる枠(深夜)に放送するのだからしょうがないけど。
原作の星を愛して止まない少女と振り回されながらも星の魅力に嵌っていく
部員達の話がアニメでも充分に表現できていたと思う。
ちょっと「別の話(えいぞうとくてん)」が多いのは商売上手すぎ・・・


◆ 蒼天航路
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
計:18
途中から見ただけって感じに・・・もともとさほど好きな分野ではないので・・・
なんかエヴァ二号機みたいだったり、「戦国BASARA」みたいだったり・・・
印象に残るのはそんな事ばかり。


◆ 狼と香辛料2
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:4
計:21
目的地であるホロの故郷がちらほらと見え出して、ホロとロレンスの関係を
再確認するようなエピソードが中心だったけど、あまりホロの活躍がなくて
ちょっと消化不良。なんか賭けの対象だったり、質草だったり・・・
相変わらずホロの仕草は可愛いのだが、全体的に一期ほどのパワーは
感じられなかったのは残念。


◆ うみものがたり
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4
計:22
パチンコのキャラからアニメ化という移植。
マリンちゃんも萌え要素満載なデザインだったけど、これが始まってみると
意外や意外にちゃんとした癒し系アニメ。「ARIA」のスタッフの真骨頂。
「ARIA」と違ってバトル要素はあるけど海(水)と音楽が和む。
でも、沖縄の人ってあんなイントネーションなんですか?


◆ 青い花
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:5
演出:5
音楽:3
総合的な評価:5
計:25
突飛な設定の登場人物はいないけど、感情表現や人間関係の機微を丁寧に
しかも大変安定したクオリティで描ききったのではないかと思います。
鎌倉といった風情のある背景も演出としてバッチリ。
まわりの難しい事情に振り回されるあきらと、KYなあきら兄が暗すぎない
ようにするための良いバランス。


◆ ファイト一発!充電ちゃん!!
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4
計:21
おもらしアニメ。
ぷらぐのがんばりにホロリすることもあったけど、やっぱりおもらしアニメ・・・
細かい事は、いいんだよ。


◆ 東京マグニチュード8.0
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:5
計:22
シミュレーションを元にしたフィクションということで時には残酷な展開も。
だけどHOW TOよりもドラマに主体をおいた作り。
だから過剰な演出はなく結果としては平均的な出来だけど、こういった作品は
意義深いものだと思う。だから総合で加算。
もっと家族で見て問題定義をするようにした方が良いんだけどね・・・


◆ バスカッシュ!
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
計:17
見るには見たが、だからどうだったの?という感じで・・・
ほうNIKEが協力スゴイね・・・


◆ 大正野球娘。
ストーリー:5
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:5
計:24
初期は絵柄と萌えキャラが野球する話かくらいにしか見てなかったけど、
大負けして意識を変えてからの真剣な取り組みをするようになってからの話が
俄然面白くなってきた。最後の試合なんて思い入れも強くなっていたくらい。
真のスポ根でした。


◆ Phantom ~Requiem for the Phantom~
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:5
計:24
三部構成で中だるみを押さえたストーリーは良いけど、日本編は年齢設定に
納得いかなかった。ww まあ舞台として学校というのは適当なんだけどね。
演技モードの江漣のギャップと、ちびキャルから巨乳キャルへのギャップに驚き。
キャルの死という悲しいシナリオもなんですが、最後の最後に玲二が暗殺される
バッドエンドに開いた口が塞がらなかった。(シナリオの善し悪しではなくてね)
でも、最後まで楽しんで視聴できた。


◆ 化物語
ストーリー:4
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5
計:26
パンもろに始まり、JCの裸ブルマとエロキャッチ!
キャラクターとキャラクター同士の掛け合いが最高に面白かった。
複線も含んでいたかも知れないけど掛け合い部分が長すぎて、
本筋の話は実はスゲー短いとか・・・
最終回の二人で見上げる星空のシメはすばらしかった。戦場ヶ原、蕩れ!
こでがちゃんと消化しての最終回ならなお良かったのに・・・


◆ ハヤテのごとく!!
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
計:23
鉄板。日曜朝よりも深夜枠の方が原作のエッセンスを活かせたと思う。
でも最終話のオリジナルも面白かった。


◆ CANAAN
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:5
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4
計:22
全体の話としてアルファルドはただ混沌を招きたかっただけなのか、
自分の名前を奪った目障りなカナンを虐めたかっただけなのか?
カナンも初期は率先してシャムの復讐という雰囲気でもなかったし。
だけどアクションが素晴らしく格好良かったし、妖艶なキャラを妖艶に
描くとか作画はかなり頑張っていたと思う。


◆ 真マジンガー 衝撃!Z編
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:3
計:21
永井豪の本来のエッセンスが好きな人には共感できたのかな?
自分はマジンガーZに神話を絡めたエピソードは今ひとつ好きじゃない。
あと話があちこちに飛んだり、キャラがあちこちについてというのもね・・・
そこそこのラーメンを大盛りで出すのをウリにしている店みたいな、
勢いが一番といった感じの作品。


◆ よくわかる現代魔法
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
計:19
現代では魔法はプログラムできるとか、どんな魔法も大ダライに変換などは
面白い設定だと思ったが、いかんせん美少女魔法修行ものから逸脱は
できてない感じが残念。


◆ 懺・さよなら絶望先生
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:3
演出:5
音楽:4
総合的な評価:5
計:23
ネタと演出で喰わせるアニメなのでオチてもオチなくても楽しめました。
学級閉鎖で自宅待機なのにラーメンを食べたくなって土地買収していき
いざラーメン屋に着いたら買収してオーナーが変わっていたので
味が変わっていたというネタはツボ。(ほぼ原作どおりだけど)
あと恒例の黒板のラクガキに三日くらい前の政治ネタが書いてあったりして
ネタの鮮度より、スケジュールが大丈夫かオイ・・・と心配になったり。


◆ 戦場のヴァルキュリア
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4
計:22
ゲーム画面と同じように影の部分に鉛筆画のような処理を加える独特の画風は斬新。
デジタルペインティングの技術発展の勝利ですね。
後半は戦争=死にも触れてかなり重厚な内容に。
ゲーム原作ものとしてはわりと良作に仕上がったのではないかと思う。


ベストキャラクター賞
「化物語」 戦場ヶ原ひたぎ
最終回で持って行かれました。

ベストOP賞
「Phantom」 戦慄の子供たち
まよいマイマイの電波ソングもインパクトがあって捨て難がたいが・・・

ベストED賞
「化物語」 君の知らない物語
これも最終回のいい繋ぎで持って行かれました。

ベスト声優賞・男性
ベスト声優賞・女性

あまりこだわりがないのでパス。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告