異世界食堂 #11 「カルパッチョ」「カレーパン」

クロちゃん、かわいい。 「異世界食堂」の第11話。

赤の女王の勧めでチキンカレー食べ放題の報酬として異世界食堂で働くことになった
黒い竜のクロ。今日も扉が現れるとすぐに変身して出勤。
実は赤の女王とお店で会った後に竜の姿で再会し店主とアレッタを守護するように
改めて頼まれていたらしい。
20170911i_01.jpg
で、本題は若いセイレーンのカップル「アーリウス」と「イリス」。
「キマイラ殺し」という人間がいると言われる島を新しい巣の候補に見に行くが
どうやらそのキマイラ殺しはすでにいなくなっているようで着陸。
キマイラ殺しが住んでいたと思われる洞窟も見つけるとそこにはなぜか
七日刻みの跡が見つかる。
さらに金貨や銀貨、「ドヨウの日」に付いて書かれた手紙を見つける。
しばらく島に居付いてドヨウの日を待つ。

そして現れたねこやの扉。
いつものように出迎えてメニューを取りに奥へ戻るアレッタ。
好奇心旺盛なイリスはピアノを見つけて音が出ると分かると嬉しくなって
アーリウスと共に歌い出す。
20170911i_11.jpg
しかしその歌は耐性のない者には強い眠気を誘う歌。
店主とアレッタがウトウトとしだすと気付いたクロはすぐに歌を止めて説明をする。

何事もなくアレッタが注文を取るが食堂に縁の無い二人にはどういったものが
食べたいのかと聞いて店主に相談した方が良いと希望を聞く。
普段から生魚を食べるセイレーン、逆に生魚を食べることのないアレッタは
驚きながらも店主に相談すると出て来たメニューは「カルパッチョ」。
一口食べると鮮度が良いこともさることながら、血抜きや切り方の工夫で
普通の生魚以上の味となっていることに驚く。
さらに香りのある野菜や酸味のあるドレッシングとの相性にすっかり虜。
20170911i_21.jpg
満腹になった所でカレーライスが店に入ってきた。
「アルフォンス」という名前を聞いてアーリウスは彼がかつてのキマイラ殺しで
ねこやと金貨を置いて行ってくれた主だと気付く。
すっかりねこやと島が気に入った二人は本格的にここに営巣することに決める。
そして日数を表す印はアルフォンスと同じように七日刻みとする。

最後の客、赤の女王を見送った後に賄いで見慣れぬものを用意する店主。
貰い物の冷凍カレーパンということで仕上げだけは店主自ら行う。
普段はチキンカレーを大量に食べるクロもカレーを食べたあとは店主や
アレッタと同じカレーパンに手を伸ばす。
20170911i_31.jpg
揚げたてあつあつのカレーパンと酸味のあるラッシー。
相変わらずチキンカレーが一番だと譲らないにしてもやっぱり手が伸びてしまう。

そして全ての仕事も終えて店を出る時間。
クロに「気を付けて」と声をかけるアレッタ。
クロを脅かすようなものなどほとんど存在しないが・・・
それでも「ありがとう、アレッタも気を付けて」と微笑みを見せるクロ。
20170911i_41.jpg
次回 「とん汁」「コロッケ」
股間の槍自慢のエルフかな?
最終話にしては地味目なメニューだけどこのアニメっぽい。

肉にしろ魚にしろ野菜にしろ料理というものは素材を素材以上にすることに
意味があって、さらに現代においては高い流通技術などによって支えられていて
アーリウスが生魚より美味しい料理に感動するのも当然ですね。
でもアーリウスはイリスの尻に敷かれそう。
ところでさすがのねこやでもさすがに寿司は無理かな?
もしかしたらちらし寿司くらいは作ったりも出来そうだけど。

カレーパンを自分で揚げるのは分かるけど合わせてラッシーを作るとか
店主はこだわるねぇ。w
カレーパンは私も大好き。揚げでも焼きでも美味しいですよね。
でも普通はやっぱり2、3個かな?
いきなり10個も揚げたのはやっぱりクロが沢山食べるのを計算してでしょうか。

いつも以上に表情豊かな食事中のクロ、そして最後はテレパスではなく
アレッタに声を出して答えたのはすごく良いですね。








コミックス版の第二巻発売近し。

Re:CREATORS<レクリエーターズ> #21 「世界は二人のために」

京浜東北線でしょうか? 「Re:CREATOR」の第21話。

颯太の仕込みと真鍳の後押しによって顕現したのはあの駅を舞台としてのシマザキセツナ。
かつてないほどに激しく動揺するアルタイルは一度はセツナに剣を向けるが
自分の愛する創造主であるセツナに初めて名前を呼ばれて受け入れる。
20170909r_01.jpg
本来であれば会うことは出来なかった二人。
互いに本物のセツナではないと分かっていても。
自分の死後も皆に認められて無双とも言える力を得たアルタイルを喜びながらも
自分が植え付けた呪いに縛られてしまった彼女を憂うセツナ。
20170909r_11.jpg
セツナの呪いではなく自分の意思だと返すアルタイル、そして自分の役割は悪役だと言う
アルタイルに「弱き者の騎士」として善悪に括られたものではないとセツナ。
そして手を取ると遠くから警報音が。

駅舎と共に顕界された列車が近付く。
セツナは自分の事を「歪んだ奇跡」と言ってホームの端に立つ。
アルタイルが世界に愛されていることを知って喜んでいることを伝えられたこと
そして自分もアルタイルが大好きだと伝えると最後と同じように線路へと飛び込む。

侵入してくる電車を止めに入るアルタイル、しかし先頭車両は破壊されても
復元してしまう。
20170909r_21.jpg
セツナは自分の救済は世界の滅びになるとアルタイルの救助を否定するが
承認力を最大限に得たアルタイルは創造の力さえ得ていると言う。
そしてアルタイルがセツナの手を取ると世界はまっ白となる。

二人は晴天の夜空と水辺の風景の中に。
アルタイルがセツナの物語を綴る、セツナがアルタイルの物語を綴る、とアルタイル。
20170909r_31.jpg
アルタイルがセツナのメガネを手渡すとセツナはメガネの元の持ち主について話す。
その話を聞いた颯太はかつての自分の行動を恥じ、改めてかつてのセツナと同じ
視点に立ってみると誓う。
20170909r_41.jpg
銀座の街も朝を迎えフェスも終幕を迎える。

創造されたセツナとはいえ分かっていても会話が成り立っていたということは
颯太のイメージするセツナはおおよそ正しいものだったという事なのかな。
普段は人当たりが良くても、なんかモノ作りしている最中はドロドロする人も居るし。w
でも颯太に見せるためにアルタイルを描いていたセツナはそんなことないか。

アルタイルはセツナと共に新しく創造した二人の世界へと籠もってしまった。
世界は救われフェスは無事に終了。
あとは残された被造物達の扱いがどうなるというところですね。








サクラクエスト #23 「雪解けのクリスタル」

正直、今度こそ詐欺だと思っていました。w 「サクラクエスト」の第23話。

間野山に怪しい男達の影。
劇団も動き出し由乃としおりの二人は廃校会に来ていたというOBの男性から
洋菓子店を商店街に作りたいとオファーを受けていた。
20170906s_01.jpg
盛り上がる観光課、千登勢に相談へ行くと和菓子屋に洋菓子屋の相談をするのかと
言われながらも商店街が賑やかになるのならと空き店舗探しを請け負ってくれることに。
しかし千登勢の顔を持ってしてもなかなか店を貸してくれる人は居なかった。
そして訪ねたのは秋山さん。
由乃達も以前お店を貸していたことがあると聞いて期待する。

廃校を活かしたお店作りを勧めていた野毛とサンダルさん。
20170906s_11.jpg
丑松と由乃も秋山さんを訪ねると延べも無く断られてしまう。

そんな時、千登勢から商店会と観光課に招集がかかる。
話は商店会の解散というショッキングなもの。
既に店を畳んだ者、それなりに頑張っている者、それぞれから意見が飛び出すが
どうしても互いの都合を押しつけるような雰囲気に。
20170906s_21.jpg
丑松から意見を言うように言われた由乃はそういった雰囲気にを否定。
皆の言うことは正しいことだが、結果押しつけ合っては町おこしでなく開発だと。
さすがに黙り込んでしまう一同、秋山さんは重い口を開く。
以前、若者に店を貸していた時に夜逃げされてしまった苦い経験を話す。

秋山さんの事情を理解した一同、由乃も改めて頭を下げる。
そんな由乃になぜ間野山のために動くことが出来るのかと尋ねる秋山さん。
由乃は「余所者の私を受け入れてくれたからです」と答える。

役場を出ようとする千登勢に少々照れながらも頭を下げる丑松。
さらに千登勢はホワイトボードに書かれた「みづち祭 実行委員会(仮)」の
「仮」の部分を消して商店会も協力すると言ってくれる。
20170906s_31.jpg
黄金の龍の飾り物は例のオモチャで代用することで三種の祭具が揃う。w
そんな由乃達の前に浮かない顔で現れた丑松。
「間野山市は消えてなくなるかもしれん」
隣の市との合併話が進んでいると言う。

次回 「悠久のオベリスク」
合併と言っても数年先でしょうけどね。

イベント開催の時も詐欺かと思ったけど本当にイベントだった。
今度こそ誘致詐欺かと思ったけどどうやら本当みたいですね。w

実際の所、有名店でも一店舗だけ出来てもダメなんですよね。
店としてはむしろ寂れた商店街よりも離れた所で一店舗の方がマシだったりして。
(隠れ家的なお店とか言って)

それでも一騒動を経てちょっとだけまとまったのか。
というところで地方都市にありがちな合併騒動の勃発。
大きな市になると動きにくくなることも出てくるしそれはそれで・・・








NEW GAME!! #09 「シャツくらい着なよ!」

やっぱデカイ・・・ 「NEW GAME!!」の第9話。

ヒーローショーに来ていたはじめとゆん弟妹。
ショーの後の握手会へ行こうとした所ではじめの高校時代の友達とバッタリ。
あくまでも子供達の付き添いと握手会はパスして友人と話し込むはじめ。
20170905n_01.jpg
ゆんが戻ってくると友人はすでにおらずはじめは自己嫌悪。
どうやら昔は友達に合わせてお洒落女子高を演じる隠れオタだったという。
はじめのカミングアウトにゆんも自分の昔の写真を見せる。
その姿は瓶底メガネの真面目学生そのもの。
東京に出て来てからお洒落を勉強した上京デビューだと告白する。
20170905n_11.jpg
互いの秘密を明かし合ったところではじめは自分がオタだと友人に明かすと言い出す。
そしてメールで告白をするが実は一人でアニメショップに行っているなどバレバレだった。w
それでもちょっとスッキリはしたはじめ。

ゆんのメガネの話や自分で髪を切っているというはじめの話。
翌日、お揃いのメガネで出社したはじめとゆん。
青葉に感想を聞くと・・・「頭良さそうに見えます」と言われてツッコミながらも
なんだか嬉しそうなふたり。
20170905n_21.jpg
紅葉とツバメが専門学校で作っているというゲームを社内で拾う。
派手な3Dの動きの音ゲーの出来にうみこも感心しきり。
そして紅葉もツバメもインターンながら実務へと関わっていくことになる。
一方のねねはまだ勉強中ということでミニゲームの課題が与えられる。

ツバメとねねの二人となった所でなぜゲーム制作をするようになったのかという話に。
画を描く紅葉と一緒に何かを作りたいとゲーム作りをはじめたというツバメ。
一方でねねの動機はテスターからなんとなく。
さらにうみこに拾ってもらってというところでツバメのかんに障ってしまった様子。
急に態度がよそよそしくなってうみこのことまで悪く言うツバメ。
20170905n_31.jpg
うみこが戻ってくると愛想良くするツバメにねねも困惑。
しかし自分がちゃんと力を認めてもらえばうみこの判断も間違っていないと
分かってもらえると考えるねね。

ひふみから仕事の割り当てをされる紅葉。
いきなりキャラは難しいかもと言われながらも「絶対良いものにしてみせる」と気合いを入れる。

半裸で湯上がりを楽しむ紅葉の横で晩ご飯を用意するツバメ。
北海道から上京しまだ学生の二人の生活は慎ましやかなもの。
20170905n_41.jpg
なんとかお給料が出ればお肉も食べられるようになると楽しみする。
ツバメが作った方が美味しいからと家でジンギスカンが食べられるように鍋も買おうと紅葉。

食後にツバメがお風呂に入ると紅葉の耳元でカサカサとヤツの足音が。
初めて家の中に現れた黒いヤツに激しく動揺する二人。
そして恐れながらもツバメが紅葉のお椀で捕まえたところで紅葉が殺虫剤を買いに行く。
ただ一人、半裸で部屋に残されたツバメ。
20170905n_51.jpg
翌朝、ツバメは風邪を引いてしまう。
一人で準備し出勤していく紅葉が会社に到着すると、そのラフな姿に青葉が気付く。
実は上着はパジャマのままだという紅葉、そして髪もカチューシャもしないままのボサボサで
さすがに「いけない!」と気付く。
さすがに何があったのか心配になる青葉。

昔は髪も長くてお洒落さんだったというはじめ。
というか、昔からおっぱいが・・・w
でも隠れオタなのを知っていても黙って見守ってくれるなんて本当に良い友達ですね。
しかし20も半ばに近付こうって女の子が自分の髪を自分でって・・・
たしかに小まめに手入れしようとすると男性以上にお金がかかってしまうんですけどね。
今度からはせめてゆんに切ってもらうとかどうでしょうか。

逆にゆんは真面目学生の抑圧されていたものが社会人になってから爆発したごとくの
可愛い系ファッション。でも仕事着としてはともかく東京都心の人だとこんなファッションの
人って珍しくないんですよね。
しかも年齢不詳で若く見えるから意外と違和感が無い。w

ゲームプログラマーを目指す動機の事でねねを敵視すようになるツバメ。
あとでいろいろ説明的なエピソードがあるわけだけど、正直行って大学生が
就職するのにコネとか紹介なんて当たり前じゃないか?
学業の合間の学内外で人間関係を作っていってそれを活かすわけだし。
紅葉もツバメもその辺はやっぱり人生経験が足りないというかなんというか。

知人の北海道出身者も上京して自宅ジンギスカンしていたようです。
特にジンギスカン鍋でなくても普通のホットプレートでOKのようですが
つけダレや味付きのものなど家庭やお店にこだわりはかなりあったようです。
でも焼き肉でもそうだけど部屋にすごく臭いが付いてしまうという・・・
ちなみに初めて黒いヤツを見た時はむしろ感動していました。












テーマ : NEW GAME!
ジャンル : アニメ・コミック

異世界食堂 #10 「クレープ」「納豆スパ」

豆の可能性は無限大だな。 「異世界食堂」の第10話。

ねこやの扉が妖精達のいる花の国に現れる。
調査のためにあえてドアをくぐる女王のティアナと側近の妖精達。
何人かの先客の中から一番魔力が強そうなオーラを放つヴィクトリアに声をかけ
場所の説明を求めると異世界食堂という調理された食材を食する場所だと教えてもらう。
花の国の蜜よりも美味しいのかとの問いに「美味しいと」即答のヴィクトリア。
ではとヴィクトリアが考えたお勧めはフルーツたっぷりのクレープだった。
20170904i_01.jpg
アレッタが小さく切り分けてまずティアナが手を伸ばす。
最初に口にした皮は甘さもあまりなくて反応が薄い。
しかしシロップ漬けされた甘さが増した果物を何個か口にしてクリームを舐めると
甘くない皮と合わせた時に真価を発揮する食べ物だと気付く。
いっぺんにクレープが気に入ってしまったティアナは部下達にも勧める。

部下達もすっかり虜になって頬張っているとティアナはヴィクトリアに礼だと種を渡す。
花の国の種は妖精達にとってはいくらでも手に入るものだが、人間にとっては大層な
価値があるものでヴィクトリアは今後の料金は全て持つと約束を交わす。
20170904i_11.jpg
ここで挨拶に顔を出す店主、当初の目的である扉の出現の目的を問われるが
いつものようによく分からないということで迷惑だったならと頭を下げる。
しかしすっかりクレープが気に入った彼女達は怒るはずもなく。
次回の来店を約束するとヴィクトリアから「ドヨウ」の事を教えてもらう。

出来るだけ多くの民を連れて来たいと思うティアラ、数ヶ月後にはすっかりクレープ通に
なった側近達と多くの民衆を連れてねこやを訪れるようになる。

父の紹介で森都を訪ねるエルフのファルダニア。
結界をくぐり村で住居を訪ねると奇妙な香りがする家だと教えてもらう。
そして父の友人のクリスティアンの家について挨拶を交わすと部屋へと案内される。
若くして聡明なファルダニア本人を「友人」として扱うことに。
まずは臭いに気付くファルダニアにクリスティアンは人間が作る獣の乳を使った
チーズから「発酵」という加工方法があると教える。
自分はその発酵をエルフ豆で行おうとしていると言う。
驚くファルダニアに「実物を食べたことがある」ということで話は異世界食堂に。
20170904i_21.jpg
二人でねこやを訪ねるとクリスティアンが注文したのは納豆スパの卵抜き。
豆腐ステーキ以外にもエルフの食べられる料理があると知って、ねこやの献立は
いくつあるのかと改めて疑問に思うファルダニア。
独特の臭いがあってあまり他の人は頼まないという前置きをしていると納豆スパが届く。
納豆の粘りと昆布だし、葱とノリの風味に舌鼓を打つクリスティアン。

何かを調べるように味わっていたファルダニアは食べ終わると納豆とライスを注文。
「うちは洋食屋なんだけどなぁ」と言いながらも注文に応える店主。
納豆がパスタソースだと考えていたクリスティアンは食べてみてパスタ以上の相性に驚き
この組み合わせを思いついたファルダニアの評価をさらに高くする。
20170904i_31.jpg
自宅に戻ったクリスティアンはライスを食べる文化のある土地があるとファルダニアに教える。
さっそく行ってみるというファルダニアに納豆作りの副産物の味噌が入った壺を渡す。
発酵という新しい道へと導いてくれたクリスティアンへ感謝しきりのファルダニア。
さらに探求の道を進む。

次回 「カルパッチョ」「カレーパン」
カレーパンはクロのお土産か?

ヴィクトリアがナイスチョイス。
でも苦いのが苦手といっていたけど甘くないクレープにも興味を持つくらいなら
カラメルのようなアクセントは全然OKなんじゃないかな?
じっさいプリンがのったクレープもあるし。

甘いが基準だと花の国の蜜が美味しいというものの今の日本のフルーツの甘さは
品種改良などの力でかなり甘くなっているし、それをシロップでさらに砂糖漬けする
わけだから美味しくないわけがない。
とはいえ酸味やクリームのまろやかさなどのバランスがあってのものだけど。

料理研究家のファルダニアが出会ったのは発酵食品。
取っかかりがあれば豆の発酵だけでもかなり広がりますよね。
それこそやりようによっては獣の乳でなく豆乳でチーズも出来るわけだし。
豆乳と言えばいつも食べている豆腐ステーキが豆から出来ていると気付いてる?

以前、ファルダニア初登場の時にペペロンチーノなんかどうかと思ったけど
納豆が食べられると言うことはニンニクなんかも大丈夫なんでしょうね。

しかし挽き割り納豆でなく注文後にわざわざ叩いて作るなんて店主はやるねぇ。








最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
Blog/Google/Amazon検索
プロフィール

arpus

Author:arpus
ゆる本ブログへようこそ!
ゆる~く更新中

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
アニメ公式リンク
バナー広告など
月別アーカイブ
アニメ公式2
BD、CD広告